モウズイカの裏庭2

秋田在・リタイア老人の花と山歩きの記録です。

南八幡平・源太ヶ岳と大深湿原を訪ねて。(2018年7月14日)

2021-07-16 | 八幡平/岩手側

(本記事は自ホームページの旧記事をブログ用にリメイクしてアップ。その後、内容を少し改め、再アップしたものである。)

大深岳、源太ヶ岳はアスピーテラインが走る八幡平山頂から南南東の方角、約8キロにあるピークだ。
大深岳(1541m)で一応、八幡平が終わり、隣の小畚山から裏岩手連峰が始まる。そしてその山なみは岩手山まで続いている。
前回、6月18日(こちら)は八幡平山頂から、畚岳や諸桧岳、嶮岨森を越え、片道約4時間かけて行ってみたが、両方とも山頂は踏んでいない。
今回(7月14日)は北斜面にある湿原(お花畑)の花が気になったので、山麓の松川温泉から直接登ってみることにした。


前諸桧から大深岳方面を望む。左から源太ヶ岳、大深岳、右手前が嶮岨森。(
2018/06/18撮影)


非合法マップ。黄色破線が今回歩いたルート。
 


登山口は県道212号線から県道318号線(八幡平樹海ライン)が分かれる場所にひっそりと有った。

峡雲荘隣の公営駐車場にクルマを置き、薄暗い道を歩き出す。初めは導水管が露出した坂道が続くが、
道が平らになると、水量豊富な丸森川を立派な橋で渡る。
道の両側のブナ林はみごとだった。
 

源太ヶ岳登山口                                                                        丸森川を渡った後のブナ林の登り
 


季節柄、林の中に花は少ない。

サンカヨウの実などはそろそろ青くなりかけていたが、ギンリョウソウはまだ咲き残っていた。 
   
ギンリョウソウの液果はゲゲゲの目玉おやじみたい。                                            少し上に行くと花が残っていた。
 


地図上にある上倉沼は林に隠れよく見えないが、付近で一箇所、岩手山がよく見えるポイントが有った。

途中で見えた岩手山。この日、岩手山が見えたのはこれが最後だった。
 


この山はあちこち水場に恵まれている。湿原分岐手前の水場は特によかった。 

 湿原分岐手前の水場にある
大きなダケカンバ。                                                 ゴヨウイチゴの地味な花。
 


湿原(お花畑)分岐点まで来ると高い木が急に少なくなる。
笹や灌木に覆われた斜面を登ると、目の前にコバイケイソウの大群生が。










これはおみごと。

今年はコバイケイソウの当たり年と聞くが、これほどの大群生に会うのは久しぶりだ。

コバイケイソウ群生地を振り返る。



コバイケイソウ群生の近くに咲いていた他の花たち。

ヒナザクラ                                                                                              ヨツバシオガマ
 


この斜面には、他にイワイチョウやハクサンオオバコ、カラマツソウ、ハクサンボウフウ、
イワカガミ、ベニバナイチゴなどが咲いていた。

そうこうしているうちに源太ヶ岳山頂(1545m)に到着。
この山は主脈から東に外れているが、大深岳よりも5m高く、展望がとても素晴らしい・・・と聞く。

源太ヶ岳山頂から大深岳を望む。



しかしこの日の天気は少し変わっていて、

源太、大深岳の上だけが晴れ、廻りの山は全て雲に包まれていたので、遠くの景色は何も見ることが出来なかった。
素晴らしいと言われる展望はまたの機会に。

源太ヶ岳山頂から大深岳にかけての稜線はハイマツがメインで、他にはコメツツジやハクサンシャクナゲがやたらと多かった。
写真は省略するが、希少種のサマニヨモギにも出会った。

コメツツジ                                                                ハクサンシャクナゲ
 


南八幡平の主峰ともいえる大深岳(1541m)の山頂は灌木に包まれ、展望は良くなかった。
大深岳山頂からサッサと戻り、縦走路出合いの分岐から大深山荘に向かう道を下って行く。

大深岳山頂からなだらかな北斜面を下って行くと、その先に素晴らしい場所がある。

そこは八幡平山域でも最高の花スポット(花の種類も量も多い)と言える湿原なのに、ちゃんとした名前が無い。
これはちょっと可哀そうというか失礼ではないかと思い、face book上で訊ねてみたら、
岩手の方から、正式名称ではないが、地元では「大深湿原」と呼ばれていると教えて頂く。

よって本頁では「大深湿原」として話を進める。
なおこの場所を訪ねるのは今回で二回目。初めて来たのは約一ヶ月前の6月18日(こちら)。

大深湿原北部のながめ。
奥に見える山は諸桧岳や八幡平。



ニッコウキスゲとコバイケイソウ



ハクサンチドリ                                    オオバミゾホオズキ
 


ここにも好い水場がある。
水場から奥(分岐点)の方に少し進むと、カラマツソウやコバイケイソウがびっしり茂る斜面が現れた。




カラマツソウとシナノキンバイ 



シナノキンバイはポピュラーな高山植物のひとつだが、

何故か東北では珍しく、私の知る範囲では八幡平と焼石くらいでしか見たことが無い。




他には・・・

ムシトリスミレ                                                                                                                                                          イワカガミ
 


さらに進むと、少し乾いたところには・・・ 

アオノツガザクラとチングルマ                                                          エゾツツジ(蕾)
 


意外な場所でのエゾツツジとの出会いに驚く(この付近では秋田駒ヶ岳に多い)。

お花畑を抜け、アオモリトドマツの疎林に入ったら、シラネアオイの咲き残りがいっぱい、




その後は「モミジカラマツロード」と呼びたくなるくらいモミジカラマツがいっぱい咲いていた。

林を抜けたら、マルバシモツケやコバイケイソウのお花畑。 

モミジカラマツ                                      マルバシモツケ
   


このように大深湿原は花の種類、量ともに豊富な場所だったが、

約十日後に訪ねた方の話では、ニッコウキスゲの花が増え、キンコウカも咲き出し、更に賑やかになっていた。
また東北ではここと早池峰山にしかないとされるミヤマアケボノソウも咲き出していたとのこと。
近々もう一度行こうかなと思っている。

小一時間ほどで朝に通った湿原(お花畑)分岐点に到着。ここのダケカンバは凄い樹形だった。




ここから先は朝、登って来た森林の道をひたすら下って行く。


モウズイカの裏庭(トップ)へ。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

八幡平を縦走往復。(2018年6月18日)

2021-06-21 | 八幡平/岩手側

(本記事は自ホームページの旧記事をブログ用にリメイクしてアップ。その後、内容を少し改め、再アップしたものである。)

6月18日は久しぶりに八幡平に行ってみた。
ただし今回はドラゴンアイ人気に沸く北の方ではなく、南側に連なる地味な小山稜線を縦走往復した。
このルートは遥か昔(1991年6月下旬)、諸桧岳辺りまで行っているが、その日は天候に恵まれず、景色はほとんど見えなかった。

今回は高曇りなので、まずまずの展望が期待できそう。
片道4時間±α、源太ヶ岳か大深岳のどちらかに登頂して戻って来たいと思ったが、
初っ端から少し躓いてしまった。

左奥の平らな山が源太ヶ岳、大深岳、真ん中の手前が畚岳。





畚岳の登山口近くを掠める八幡平樹海ラインが閉鎖されていたのだ。
8時半には閉鎖が解除されると書いてあったが、その時は7時。

時間がもったいないので、山頂レストハウス近くの無料駐車スペースにクルマを置き、舗装道路をテクテク歩くことにした。

非合法マップ(今回、歩いたルートは黄色破線)
 
                                                                                                                                                                       畚岳山頂

30分程度のタイムロスの後、畚岳山頂(1578m)に立つ。
この山、縦走路の一番先頭なのに、この日登る山としては最高峰。
八幡平そのものや岩手山や森吉山などの眺めが素晴らしかった。


畚岳山頂から焼山と森吉山(左奥)。



畚岳山頂から西側、玉川源流部を眺める。



秋田駒ヶ岳方面は霞んでいて見えにくかったので、写真は省略。鳥海山は手前の雲が邪魔して見えなかった。

畚岳を少し降りたところから、岩手山を。




畚岳周辺で見かけた花。
  
ウスバスミレ
 

                                            オオバキスミレ


(八幡平の黄色いスミレはもっこ岳を境に
北はキバナノコマノツメ、南はオオバキスミレばかりだった。) 


ムラサキヤシオ




諸桧岳が近づくと、アオモリトドマツの林が続くようになる。

林の下にはまだ雪がいっぱい残っていた。





諸桧岳(1516m)はどこが山頂なのか分からないくらい平らな山だった。

なお「もろび」とはアモリトドマツの方言名だそうな。
林内に花は少なく、有っても地味なものばかりだった。

ヒメイチゲ 
                                                                                                                                         コミヤマカタバミ


タケシマラン




ツバメオモト

 
                                              キヌガサソウ


八幡平では広大な山体のあちこちでキヌガサソウが見られるが、稜線の針葉樹林内にも少しだけ有った。

イワナシ 




他にはコヨウラクツツジ、ベニバナイチゴ、ショウジョウバカマ、ミツバオウレン、ミヤマスミレなど。

諸桧岳山頂を過ぎたら、つかの間、展望が開けてきた。

ここから先は自身にとって初めて足を踏み入れる場所になる。どんな景色が広がるのかワクワクしたが、
 (´π`;)また樹林帯に突入。うんざりした頃、割と大きな沼に出くわした。

石沼



そろそろ嶮岨森かと思ったら、手前にもうひとつ、前諸桧(1481m)というピークが有った。

その前諸桧から眺めると、嶮岨森はまだまだ先だった。左側の斜面に鏡沼が見えるようになった。

大深岳と右手前に嶮岨森。



嶮岨森と右奥に笊森山、乳頭山、湯森山、秋田駒ヶ岳。




嶮岨森は近づくにつれ尖って見えるようになった。




嶮岨森山頂(1448m) 
は標高こそ低いが、展望は素晴らしい。

嶮岨森山頂付近から岩手山、真下に鏡沼。



鏡沼



嶮岨森山頂付近から笊森山、乳頭山、湯森山、秋田駒ヶ岳。




嶮岨森山頂南部から北側を望む。

左から前諸桧、八幡平、茶臼岳。手前に鏡沼。



また樹林帯だが、今度はダケカンバが多くなる。




その後、アオモリトドマツが多くなり、小さな池を過ぎると、




避難小屋・大深山荘




今回の八幡平はどこを終点(折り返し点)にしようか迷った。
クルマで来ている関係上、同じ道をまた戻らなければならないが、

高低差がほとんど無い稜線歩きなので行きも帰りもほぼ同じ時間がかかる。

この日の朝はいつもより遅れて7時過ぎにスタート。
片道、四時間程度のコースタイムだが、行きは畚岳山頂に寄ったり、

花の撮影に時間がかかったため、終点近くの大深山荘に着いたら、正午近くになってしまった。
本来なら最終地点とすべき大深岳山頂は断念し、
源太ヶ岳の北中腹に有る湿原(大深湿原と呼ばれるらしい)のどっかで昼飯を食べて引き返すことにした。

大深湿原はまだ雪に覆われており、花は何も咲いてなかった。

大深湿原からの北の方の眺め。左から諸桧岳、もっこ岳、前諸桧のかたまり、八幡平、右に茶臼岳。



ニッコウキスゲの芽出し
 

                                             サンカヨウ


途中にある林の中では少しだけ花が咲いていた。

今回、到達した最終地点。
湿原の向こうに岩手山がドーンと聳え、歩道脇には花束のようなシラネアオイが咲いていた。




シラネアオイの大株



シラネアオイは初っ端からあちこちで咲いていたが、これが今年見た中では最も花付きの良い大株だった。

よってこの場所で打ち止め、遅めの昼飯とする。
至福とはこのようなことを言うのだろうか。
ところでこの日は人には誰も会ってない。もちろんクマさんにも。
独りで歩くには勿体ないほど登山道はよく整備されており、素晴らしい風景の連続だった。それは帰りも同じだった。


モウズイカの裏庭(トップ)へ。


コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

源太ヶ岳で草紅葉を愉しむ。(2020年9月22日)

2020-10-08 | 八幡平/岩手側

源太ヶ岳を知ってる方はあまり多くないと思う。
岩手県の西側、八幡平山群の南端にある地味な山ですぐ西隣、
秋田との県境にある大深岳(1541m)の方が若干知られているかもしれないが、
標高は1545mでこちらの方がホンの少し高い。主稜から突き出しているので展望は抜群だ。

9月22日は、早朝、姫神山から岩手山を眺めた(こちら)後、ある目的が有ってこの山に登ってみた。

山頂間近まで車で上がれる八幡平では珍しく麓からテクテク歩く山だが、
登山口の松川温泉でもはや850mくらいの高さなので、標高差は700m程度。
山頂までは私の鈍足でも二時間半程度だった。

マイナーな山なので自分独りかなと思っていたら、この日は大間違い。
8時頃、駐車場は既にクルマがいっぱい。山頂に着くまでに十人くらいに追い越された。


上坊牧野から見た源太ヶ岳



今回の非合法マップ



登山口 
                                                                                                    登山道に落ちていた栃の実
 


広葉樹林帯の道




樹林帯に花は何も咲いていなかった。

ユキザサの実                                                                                              ツバメオモトの実

 


途中に岩手山がよく見えるポイントがあり、その先に美味しい水場がある。




水場を過ぎると、ダケカンバの明るい林がしばらく続く。木は美しいが、道は険しくいつもしんどいなと感じる。

ダケカンバの明るい林                                                                               マイヅルソウの実
 



やっと湿原への分岐点に到着。横たわるダケカンバの下の枝は休憩の腰掛として使われる。




このお山、山頂からの展望は素晴らしかった。南東から岩手山、その陰に早池峰山、
南に三ツ石山、その奥右に笊森山や秋田駒、乳頭、南西に遠く鳥海山、
北には平板な八幡平、焼山・・・
と北東北の名山はことごとく見えるような感じ(今回、岩木山と八甲田は定かではなかった)。


源太ヶ岳の山頂とバックに三ツ石山



岩手山はでかい。




南側の山々。
前列は左から三ツ石山、覘標(てんぴょう)ノ台、小畚山。後列は笊森山、秋田駒ヶ岳など。




三ツ石山の山頂部はまだ紅くなっていなかった。今年の紅葉は遅れている(昨年はこちら)。




左、笊森山と右、秋田駒と乳頭山の重なり。手前は小畚山。右奥に鳥海山。



西側の眺め、手前から大深岳稜線と大白森、荷葉岳、右奥には太平山など。




八幡平はとにかくのっぺりと平らだ。左につんと尖がってるのは畚岳。




この日、山上から最後に見た岩手山と右奥に早池峰山。




稜線を大深岳の方に向かって歩いていたら、森吉山もちょろっと見えた。




今回、源太ヶ岳に登った最大の目的は大深湿原の草紅葉だった。

以前、真夏に訪ねた際、そこにはキンコウカが多かったので、そろそろ草紅葉が盛りかなと思い、来てみた。
それはほぼ予想通りだった。

大深湿原の北側。バックは八幡平。




キンコウカの多い斜面










キンコウカの草紅葉、アップで。                                                               
エゾツツジと思われる紅葉
 


ここにはチングルマも多く、こちらの方も色づき始めていた。

チングルマの群生



チングルマのアップ                                                                                チングルマの残り花。一個だけ見つけた。
 


源太ヶ岳、大深湿原は夏場、花が豊富だった(こちら参照)ので、秋に咲く花にも期待していたのだが、
いざ来てみたら、今回、花はさっぱり無かった。

先週、登ったばかりの焼石岳(こちら参照)とはえらい違いだ。
焼石ではうじゃうじゃ咲いていたトリカブトやアザミ類がここには皆無だった。

山頂近くと湿原にエゾオヤマリンドウが少し残っていた以外は草木の実ばかり。
同じ奥羽山系でも山によって違うもんだなと思った。

源太ヶ岳山頂東側のお花畑の跡。枯れ花はトウゲブキ。



エゾオヤマリンドウ                                                                                     ヒロハユキザサの実

 


モウズイカの裏庭(トップ)へ。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

真夏の大深湿原に咲く花は・・・。(2018年7月31日)

2020-08-02 | 八幡平/岩手側

本記事は自ホームページの旧記事をブログ用にリメイクしたものである。


7月最後の日は八幡平・源太ヶ岳と大深湿原に行ってみた。

ここは7月14日に来たばかり(こちら)だが、今回はある花を見たかったので、また来てしまった。


大深湿原と八幡平の眺め。




ルートは前回と同じく、松川温泉から。登山口出発は午前6時。




                                                                                                         ソバナ
 



サンカヨウの実

 


樹林帯を抜ける頃、突然携帯が鳴った。

実家でアクシデントがあり、その対応で一時間半ほど、足止めを食らう
(こんなに山奥なのに電波が届くとは夢にも思わなかった)。

源太ヶ岳山頂直下のお花畑に到着。
前回、爆発的に咲いていたコバイケイソウの花はすっかり終わっていた。今はトウゲブキが疎らに咲くのみ。

源太ヶ岳山頂直下のお花畑



実姿のコバイケイソウと岩手山


岩手山


10時近くに源太ヶ岳山頂に到着。今回は心身ともに消耗してしまった。

源太ヶ岳山頂付近から岩手山



源太ヶ岳山頂から裏岩手の山なみ。左から三ツ石山(1466m)、覘標ノ台(1448m)、小畚山(1467m)。

その陰の秋田駒ヶ岳や乳頭山は雲でよく見えなかった。

 

源太ヶ岳山頂から大深岳(1541m)。

 


今回は大深岳山頂には向かわず、分岐からストレートに大深湿原へ。

大深湿原。手前の白い花はオニシモツケ。
奥の山なみは八幡平。左から諸桧岳とモッコ岳の重なり、八幡平、茶臼岳。



大深湿原の北西部。



もう一週間早かったら、キンコウカの群生がみごとだったろうに。




キンコウカ                                                                                                  モウセンゴケとトンボの屍
 


今回、見たかったのはこの花。

ミヤマアケボノソウ



ミヤマアケボノソウ                                                                                        ミヤマアケボノソウ
 


ミヤマアケボノソウが生えているのは東北では早池峰山とここだけと聞く。

サマニヨモギ(前回、見ている)も東北では早池峰山と八幡平だけ。八幡平には珍しい高山植物が意外と多いようだ。

エゾツツジは前回、蕾だったが、今回はもう終わっていた。かろうじて残り花が一株だけ有った。


エゾツツジの残り花




他に見た花たち。

トウゲブキ                                                                                                    フキユキノシタ
 


ハクサンフウロ                                                                                          シナノキンバイの残り花(八重咲きタイプ)
 


大深湿原の南東部。



分岐点近くのキンコウカ群生。



クルマユリ                                エゾオヤマリンドウ
 


リンドウの花を見ると、もうすぐ秋なんだなと思う。

ところで、この日をひと区切りに、しばらくの間、山歩きを自粛することにした。
理由は老母の介護。

(-_-;)再開はいつの日になるものやら。

モウズイカの裏庭(トップ)へ。

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

盛夏の八幡平でオオタカネバラ。(2019年7月20日)

2020-07-23 | 八幡平/岩手側

本記事は自ホームページの旧記事をブログ用にリメイクしたものである。

オオタカネバラは以前から見たいと思っていた花。
近くの高山では八幡平に有り、開花は7月中~下旬頃と聞く。
今月は週二回ペースで山に行っており、家人からも少し行き過ぎではないかと指摘されていた。
それでも7月20日は、「(`◇´)オオタカネバラが咲くのはこの日しかないのだ!」とせがんだら、
山行きのお許しが家人から出たのが朝9時、
それから ε=ε=へ(+´π`;)ノ クルマを飛ばして黒谷地湿原入口に着いたら11時半、
駐車場はけっこう混んでいて残りスペースは三台くらいだった。
急ぎ車内で昼飯を済ませ、湿原に繰り出したら、ワタスゲやニッコウキスゲが丁度好いあんばいになっていた。


黒谷地湿原の入り口付近



今回の非合法マップ


ワタスゲ                                                                                                 ニッコウキスゲ(ゼンテイカ) 
 

ニッコウキスゲ(ゼンテイカ)



ワタスゲ。丸い葉はイワイチョウ。



トウゲブキが咲き出していた。

トウゲブキ                                                                                                      トウゲブキと蝶 
 




今日の黒谷地湿原の主役はニッコウキスゲとワタスゲだった。

今年は多くの山でニッコウキスゲがはずれ年。まともな花を見た記憶が無いので、ここでしっかり見て行こうと思う。

ニッコウキスゲやワタスゲ
 

ニッコウキスゲやワタスゲ 


ワタスゲは稀に見る豊作と言う人も居たが、ちょっと遅かったようだ。

湿原の中核部分 


ところで肝心のオオタカネバラだが、

ニッコウキスゲのようにすぐには見つからなかった。

最初に見つけたのは・・・


最初に見つけたオオタカネバラの蕾                                                          次に見つけた散ったばかりのオオタカネバラ
 

熊の清水付近でやっと見つけたが、蕾だった。
その後、茶臼岳への緩い登り道で散ったばかりのものを見つけた。

 「嗚呼、(T_T)今回はダメだったか。」と落胆した途端、
すぐ近くから、「有った。有った。」と女性の声が上がった。

駆けよってみたら、確かに有った。有った。
今日は私以外にもこの花が目当てで来ている人がけっこう居るようだ。
その後はこのような方々と互いに教え合いながら撮って歩いた。

やっと見つけた新鮮な花                                                                           最後に見つけたオオタカネバラ
 
 

花は思ったよりも小ぶりだった。また花の寿命も短い。

オオタカネバラ


この花は以前、大館の風穴でも見ている(記録はこちら)が、
高山に生えているものも是非見たいと思っていた。

今日、それが叶えられたわけだが、湿原に面した笹藪に半分埋もれて咲いている姿はちょっと意外だった。


湿原、木道脇に咲いていた他の花。


モミジカラマツの花のアップ                                                                        モミジカラマツ

 

ハクサンボウフウ                                                                                     ツマトリソウ
 


ゴゼンタチバナ




黒谷地湿原だけでは物足りないので、隣接する茶臼岳(1578m)にも登ってみた。

以下、茶臼岳山頂に続く緩い登り道(両側は低木林)に咲いてた花たち。

マイヅルソウ                                                                                           アカモノ(イワハゼ)
 


ゴヨウイチゴ



他には、ナナカマド、ウラジロヨウラク、ハクサンシャクナゲ、ベニバナイチゴ、ハクサンチドリ、
コウリンタンポポ(帰化植物)など。
昔来た時はキヌガサソウがパラパラ咲いていた記憶が有ったが、今回は特徴ある葉も見い出せなかった。
車道に近い場所なので盗掘されたのかはたまた私の記憶違い、認知機能の衰えか。

30分ほど歩いたら、避難小屋(茶臼山荘)があり、コメツガなど針葉樹林を突き抜けたら、山頂に到着した。

針葉樹林下にはギンリョウソウ                                                             山頂から熊沼を見下ろす。
 
 

茶臼岳山頂は八幡平でも屈指の展望所になっているが、残念、今日は靄で遠くまで見渡せなかった。


茶臼岳山頂から諸桧岳やもっこ岳、熊沼を望む。
 

 

モウズイカの裏庭(トップ)へ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする