モウズイカの裏庭2

秋田在・リタイア老人の花と山歩きの記録です。

ミズバショウの終わった大場谷地は?(2010年6月15日)

2022年06月30日 | 八幡平

大場谷地はミズバショウが咲く五月下旬にはよく来るが、
その後はパタッと来なくなる。
どうなったか確認しようと思い、6月15日に訪ねてみた。

半月前(こちら)に較べると、随分と緑が濃くなっていた。







ミズバショウもリュウキンカもほとんど終了。




今、湿原で旺盛に生育しているのは・・・




コバイケイソウだった。

 
                                            ミツバオウレン

 

ミツバオウレンは三つ葉がうまく撮れていないので、図鑑写真としては失格。  

瑞々しい緑にびっしり覆われた処もあれば、まだ枯れたままの処もあった。
枯草の間には、小さなコバルトの花が。




タテヤマリンドウだ。







水浸しの泥地では・・・

ミズバショウの葉とミツガシワの花



ギボウシの芽吹きの間から、何やら褐色の穂が突き出してる。

 


ワタスゲの古くなった花と言うことは、

もう少ししたら、こんなふうになるかも・・・

2009年7月上旬






この二枚は昨年7月上旬に撮ったもの。
この年はワタスゲが異常なほどにみごとだった(詳細はこちら)。

今年はどうだろう。

エゾノリュウキンカと・・・
 

                                         ツルキツネノボタン

ツルキツネノボタンは地味な野草だが、そうやたらとお目にかかれるわけではない。

私自身は八幡平と焼石岳でしか見たことがない。




上写真の白いアブラナ科は何だろう。
丈は5~10センチ。アイヌワサビにしては、小さすぎる。エゾワサビだろうか。

今回の写真では、根生葉の状態がさっぱりわからないが、
ひとまずエゾワサビとしておこう。

 



右上のスミレはミヤマツボスミレとしておく。


帰り道から。バックは焼山火山。



モウズイカの裏庭(トップ)へ。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

八幡平・焼山とキヌガサソウ聖地(2019年6月9日)

2022年06月19日 | 八幡平

本記事は自ホームページの旧記事をブログ用にリメイクしたものである(少し修正の上、再アップ)。

八幡平はキヌガサソウの名所だが、まずは焼山火山の登山から始めようと思う。




八幡平西部にある焼山火山には大昔一度登っているが、
一眼レフカメラを持つ以前のことなので写真記録は無い。

数年前、山歩きを再開してからも、近場の割とメジャーな山なのにずっと行かないでいたが、
その理由は人食いクマの出没。
今年も周辺の山麓では、山菜取りに関して厳重な入山規制が行われていた。
玉川温泉付近の国道341号線沿いにはこのような入山規制の標識があちこちに有った。
場所によってはおまわりさんも立っていた。




今回は、規制の無い東側の後生掛温泉から、登山者が比較的多いと思われる日曜日を選んで入山してみた。

早朝、蒸けの湯温泉付近から焼山東部にある栂森(1350m)を望む。
 


ところが初っ端から失敗。後生掛温泉からの登山口がわからないのだ。

間違って大湯沼や泥火山のある散策路の方に入ってしまった。
後で温泉の職員の方から教えてもらい、登山口は見つかったが、
それは何とバス停のすぐ脇から始まっていた。

一時間ほどのタイムロスが有り、7時から登山道を歩き出す。
日曜だから他にも登山者は居るだろうと思ったが、今回は誰も居なかった。
最近登られた方から獣臭を嗅いだと聞いたので、
クマ除けホイッスルをけたたましく鳴らしながら、小一時間ほど樹林帯を歩く。

樹林帯の小道。

 

樹林帯ではさいわいにもクマさんには逢わなかった。季節的なせいか、花も少なかった。

ムラサキヤシオ




上の方、針葉樹林帯に差し掛かると、登山道には残雪があり、たびたび踏み抜きに遭遇、
ひどい時は雪穴に腰まで嵌ってしまい、動けなくなった。

                             針葉樹林帯の登山道                                                                                   イワナシ
 


もうせん峠が近くなると、斜面は雪原に変わった。
振り返ると、雪原の向こうに八幡平やもっこ岳の姿が。




もうせん峠を着いたら、雪が無くなり、眺めの良い稜線歩きが続く。

ただし今日は視程がイマイチ。近場の山しか見えなかった。

もうせん峠
 


少し進んだら、焼山火山の核心部、鬼ヶ城や焼山山頂らしきものが見えて来た。

焼山山頂は左奥のピークのようだ。その手前の山小屋は焼山山荘で、後ろの小山が鬼ヶ城。


鬼ヶ城の麓を廻りこむと



目の前に荒涼たる火山風景が現れる。



火口斜面の道を登って行くと、
そこには安達太良山の沼の平か、蔵王の御釜のような景色が有った。

火口斜面上部から、火口湖を眺める。湖の左の方から盛んに噴気が上がっていた。




 

焼山火山の北側のピーク
 



名残峠に着くと、初めて西側の風景が展開する。

名残峠から西側、玉川温泉方面を望む。
 


森吉山 




焼山山頂まではあとホンの少しだが、今日は視程がイマイチで遠くの山が見えないので、
名残峠で引き返すことにした。

帰りは、20~30名の団体さん二組ほか数名の登山者と交差、
更に温泉近くになったら、山菜取りの方々が大勢居て、林の中は賑やかだった。
おかげで下山時はクマに怯えることも無かった。

焼山は予想した通り、花の種類は少なかった。
ただし火山地特有の花の量が多く、特にイワカガミの強烈なピンクは印象的だった。
ただし
今回(6月9日)はまだ咲き出したばかりで、噂に聞く爆発的な開花シーンには巡り合えなかった。


火口湖をバックに咲くイワカガミ



 

イワカガミ
 


イワカガミ以外の花たち

イワカガミとツマトリソウ



ゴゼンタチバナとツマトリソウ



     イソツツジは咲き出したばかり。                       イオウゴケ。
 


今回、イオウゴケに特徴的な赤い子器(モンローリップ)はほとんど付いてなかった。

ミネズオウは今がちょうど盛りだった。





6月9日は焼山を下山したあと、時間が余ったので、比較的近くにあるキヌガサソウ群生地に行ってみた。
キヌガサソウは予想通り、最盛期だった。

キヌガサソウの小群生
 



 


本数では神室山(こちら)には敵わないものの、群生の規模は比較的大きく、見ごたえがあった。

なおこの地のキヌガサソウは近年、盗掘の対象になっていると友人から聞いた。
公開にあたっては、盗掘防止の観点から詳細な地名等の公表は控えるよう要請があった。
よって今回は非合法マップも無い。

 
                             ツバメオモト                                                                                            サンカヨウ

 


この地にはキヌガサソウ以上にサンカヨウが多く、場所によっては、サンカヨウロードの様相だった。

地味な花を少し。
 

タケシマラン



白や地味な花ばかり続いてるので、色のある花を。

オオバキスミレ


  

                                     キクザキイチゲ                                                                             ショウジョウバカマ
 


ミズバショウ




このキヌガサソウ聖地は花の種類が豊富だ。クマさんが怖いけど、季節を変えてまた訪ねてみたい。

 

モウズイカの裏庭(トップ)へ。


コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

晩春の大場谷地(2010年5月31日)

2022年06月11日 | 八幡平

五月も半ばを過ぎると、低地に春は欠片も無くなってしまう。
一時期、スプエフェ開花ラッシュに湧いた里山はどこも鬱蒼とした草薮に変わり、
一歩踏み込んだら、ムッ( ̄π ̄;とした草いきれ、

それは我慢できるとしても、やぶ蚊の襲来にはたまったもんじゃない。
あの素敵に明るい春はどこへ行ったのだろう。
春の女神様は高い山の上に飛んで行った。
秋田では、5月末から6月始めの時期ならば、標高1000m前後の山上にいらっしゃる。
今回は深山の遅い春の様子をお目に掛けよう。
まずは、八幡平大場谷地。5月31日(月曜日)の模様。
この日は休日出勤の代休。前日同様、素晴らしい五月晴れだった。




一面の枯れ野原と思いきや
奥の方は、ハクチョウの飛来地ならぬミズバショウの群生地と化していた。










ミズバショウがいっぱい。




 


リュウキンカも負けてはいない。




ここのリュウキンカはエゾノリュウキンカ。

エゾノリュウキンカとミズバショウの混生
 



今盛んと芽だし中のものも有った。

エゾノリュウキンカの蕾



ニッコウキスゲの芽出し




コバイケイソウの芽出し




下界の暦では晩春初夏だが、林の中はまだ冬衣に覆われたまま。




此処は雪が消えた場所が春なのだった。

 









「六月中旬の大場谷地」に続く。


モウズイカの裏庭(トップ)へ。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

八幡平大場谷地のミズバショウ他(2017年5月22日)

2022年05月31日 | 八幡平

本記事は自ホームページの旧記事をブログ用にリメイクしたものである。

5月も下旬になると八幡平の大場谷地を毎年のように訪ねている。

此処は標高1000m近い高所なので春の訪れは遅い。
下界よりもひと月以上遅れて、今頃やっとミズバショウが咲き出していた。 

大場谷地から焼山火山を望む。



ミズバショウの群生






 
                                                                                         ミズバショウと・・・


この湿原は
ミズバショウの他にエゾノリュウキンカも多い。







この芽だしは何だろう。







ニョキニョキと突き出している元気な芽だしはコバイケイソウ。

 






湿原の奥の方にサンカヨウの群生地があるのだが、
今日のところはまだ雪の下敷きだった。
仕方ないので、鹿角市側に少し下り、ブナ林に入ったら・・・ 




サンカヨウ
 

                                               ニリンソウ

シラネアオイとオオバキスミレ 

 


後日談(1)
この湿原はアプローチしやすく(駐車場から徒歩5~30分)、花の種類がとても多い。
よって早々に花図鑑を作ってみた。 ⇒ 大場谷地の花図鑑1  大場谷地の花図鑑2

後日談(2)
2017年夏以降は木道の修復工事が始まり、立ち入りできなくなった。
それが終わったら、今度は人食い熊の出没により、入山禁止。

この規制はいつまで続くものやら。




モウズイカの裏庭(トップ)へ。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

春の八幡平アスピーテライン(2022年5月18日)

2022年05月30日 | 八幡平

八塩山に登った(こちら)翌日、5月18日は八つながりと言うわけではないが、八幡平に出かけていた。
理由は前日を遥かに凌ぐ晴天が勿体なかったから・・・
いつも私ばかり独り山に行っているので、たまには家内も連れて行こうと思ったものの、
家内は極めて足弱なので登山は無理。
しかし八幡平ならば歩かなくても山頂近くまで行け、雄大な山岳風景を満喫できる。
なおこの日は行く途中で珍しい水没林を見ている(記録はこちらの下半分)。

八幡平アスピーテラインを走るのは三年ぶりくらいだ。
雪のあるうちに来たのは、何年ぶりかわからない。
晴天なので、県境近くの展望場所からの眺めは素晴らしいものだった。

県境近くからの南側の眺め。

畚岳(もっこだけ)や遠く秋田駒ヶ岳を望む。



畚岳をアップで。



秋田駒ヶ岳をアップで。



南西側、鳥海山の方角の眺め。

しかし今日は鳥海山は見えなかった。手前の山は左の丸いのが曲崎山(1334m)、右に連なるのが倉沢山(1300m)。
その間、奥には荷葉岳(1254m)。




曲崎山をアップで。



西側、焼山と森吉山の重なりを望む。




手前が焼山、奥の方が森吉山。



秋田側を走っている間は車がほとんど無かった。
今日の八幡平は我々の貸し切りかと思うほどだったが、
県境に達した途端に車が多くなった。
八幡平は岩手側から入る人が圧倒的に多いようだ。

山頂駐車場から八幡平山頂方面に歩いて行く人も多かったが、

これは最近、話題のドラゴンアイが目当てなのだろう。
私は岩手の友人からのSNS最新情報で、まだ開眼していないと知っていたので、
無理に雪の中を歩いて見に行かなかった。
岩手側に少し下った場所の無料駐車スペースに車を止め、車中で昼飯(にぎりめし)とした。

南東に岩手山を望む。



八幡平から望む岩手山は南部片富士そのものだが、
個人的には右側に連なる鬼ヶ城の岩壁を背びれの列に見立て、ゴジラの横姿を連想している。




南側、八幡平南端の源太ヶ岳、大深岳を望む。
2018年の初夏、八幡平を縦走し、すぐ手前まで行ってみたが、遠かった(記録はこちら)。




少し西側、真っ平らな諸檜岳。



畚岳



北西側を見たら、妙な雪形が目に入った。





Zの雪形だ。おそろしや、プーチンが攻めて来たのかと思ってしまった。

おそろしやプーチンZ・横構図。



北側のダケカンバ



八幡平の帰り道は岩手に下りず、来た時と同じ道を帰った。

途中のブナ林は地面が分厚い雪に覆われているのに、浅黄色の若葉を展開し、
白いタムシバの花もさかんと咲いていて見事だった。
しかし路駐出来ないので、撮影出来なかった。
これは以前あった駐車スペースが全てロープで塞がれているからだ。
何故封鎖したのか。
タケノコ採りの人が熊に食われたため、
入山出来ないようにとの県の措置だ。
日によっては県や警察の人が立ってものものしく警戒にあたっている。

人食い熊の巣、焼山火山を望む。



全く歩かないで帰るのも味気ないので、クマさんの居ない大沼湿原を少し散策してみた。

まだ冬枯れの湿原には、疎らだが、ミズバショウやエゾノリュウキンカが咲いていた。

大沼湿原



コバイケイソウの芽出し



ミズバショウ






エゾノリュウキンカ



以上。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする