モウズイカの裏庭2

秋田在・リタイア老人の花と山歩きの記録です。

いにしえのジャングリッシュ・ボーダー(2010年6月上中旬)

2021-06-14 | ガーデニング/初夏

(本記事は「いにしえの晩春シェード・エリア。(2010年5月22,23日)」の続きのつもり。
自ホームページ旧記事をブログ用にリメイクしたものである。)

6月になると、うちの庭は二度目の開花ラッシュを迎える。
前年の秋から仕込んでいた一年草やその前から植えっぱなしの宿根草、ど根性こぼれダネなどが次々に開花する。
その花壇スタイルは、かつてガーデニングがブームになり出した頃、ハイソな雑誌グラビアなどでよく紹介されていた
イングリッシュ・ボーダーやコテージガーデンにやや似ている。




当時の私はデルフィニウムが庭に林立する様(ハイソな雑誌グラビア上の話)に吃驚したものだ。

何故ならその花は生花店、フラワーアレンジでしか見たことがなかったから・・・
あんな贅沢な青い穂花が庭に咲くなんて・・・!!
他にも名も知らぬ穂花やフワヒラと咲く花たちの洪水状態(ただし雑誌グラビア上の話)に驚き、
そしてうっとり溜め息つきながら憧れたものであった。
残念ながら、このタイプの花たち、日本では気候が合わなかったようで、
メンテナンスも大変でその後さっぱり定着しなかったが、

その植え方スタイルは当時のパンベマサコ(※)整列一辺倒だった日本の園芸界に大きな衝撃を与えたことは確かだと思っている。

  ※パンベマサコとは・・・
      パン = パンジー
      ベ = ベゴニア・センパフローレンス
      マ = マリーゴールド
      サ = サルビア・スプレンデンス(真っ赤なサルビア)
      コ = コスモス

うちの庭に現在、デルフィニウムは無いが、それ以外の穂花、フワヒラ花は何種類かある。
これらの花たちをテキトーに組み合わせ、
雰囲気的には欧羅巴アルプスのフラワー・メドゥや地中海地方のお花畑を真似たつもり・・・

それが今回、紹介するモ庭(の一部)なのだが、いかがなものだろうか。

2010/06/12



今年は3月から5月中旬頃まで、寒冷湿潤の天候が続いた。

この先どうなるものやらと心配したが、5月下旬頃から急に適温乾燥の天候に変わった。
おかげ様で、少なくとも梅雨入り(秋田地方は6月16日)までの半月間くらいはほぼイメージ通りの花風景を愉しむことが出来た。
先日、ご招待を頂いたたわらやガーデンこちら)のようにエレガントではない。バラは皆無だし、クレマも一本しか無い。
五月連休以降は本業が忙しく、草むしりをしていないので、ご覧の通りの荒れ庭だが、
まずは正面入口、キングサリ穂の垂れるパーゴラから、入ってみよう。

キングサリが盛りだった頃(2010/06/05)                           キングサリが下火になった頃(2010/06/11)
 

2010/06/19



2010/06/11



なんだ。毎年同じじゃないかと言われそうだが・・・ 

(^◆^;)その通りなので、敢えて反論しないが、参考までに去年一昨年・・・。

2010/06/11




個人的にはヤグルマギクは青と決めており、
毎年、自分で採種したタネから咲かせている。

2010/06/12
 
                                      2010/06/13
 
右上はメドゥ・セージことサルビア・プラテンシス。

15年以上、毎年欠かさず咲いている。一見、シャキッとしているが雨風には弱く、すぐ倒伏する。

一応、計算して植えたつもりだが、いざ咲けば・・・(^o^;)ドンジャラ以外の何物でもない。 

リナム `ブルードレス' 2010/06/09



オルレア・グランディフォリアやリナム `ブルードレス'。

ともに一年草。前者は去年から、後者は今年初めてお目見え。

2010/06/12
 
                                                 2010/06/12

右上の穂花はベロニカ `フォンテンブルー'。

デルフィニウムの無い我が家では、貴重なブルーだが、開花と同時に腰砕けになるのはいただけない。性質はすこぶる丈夫。

たぶんゲラニウム `ジョンソンズブルー' 。これも15年選手。
 
2010/06/19



古典的なフワヒラ花を紹介してみる。

アグロステンマ・ギタゴ `桜貝'(一年草)。
お行儀が悪いので、最近はコルセットのようなオベリスクに絡めて咲かせている。

2010/06/12

 

                                                                                                                                                                           2010/06/12

2010/06/12



ヒラヒ~ラ♪ヒナゲシ。

月並みな一年花だが、何故か赤一重だけを採種、育苗して咲かせている。雨にはとても弱い。

2010/06/05
 
                                                                                                                                               2010/06/12


2010/06/12

 
                                                                                                                                                       2010/06/12

ジギタリスも仲間入り。この穂花、苗を植え付けても、その年にはほとんど咲かない。
翌年以降は枯れたり、咲いたり。かと思うと何年かしてひょっこりこぼれダネから予期せぬ場所に咲いたり・・・
気まぐれな穂花だ。

このような庭はなんと呼べばいいのだろう。
ジャングリッシュ・ボーダー。
そうならないためにも、この植物量なら少なくとも倍以上のスペースに植え広げる必要がある
が(-_-;)そうなると片手間ではメンテ不可能になる。
 

2010/06/12



モウズイカの表庭(トップ)へ。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

梅雨入り日の庭花(2020年6月14日)

2020-06-18 | ガーデニング/初夏

6月中旬、うすら寒く日差しの無い朝。
咲いてる花はあまり無いが、庭の花や葉を思いつくまま撮ってみた。

トリフォリウム・ルベンス


これはアカツメクサの親類。
綺麗な花だが、雨に弱く(雨を吸うと花が重たくなって)、撮影後はぐったりと倒れてしまった。


ペンステモン・ジギタリス



クレマチス `アラベラ'                                                         これは何だろう。
 





ハニーサックルの花が抜けた後の苞だ。

一週間前に咲いた花はこんな感じ。



フェンネルの葉の間からスイセンノウ。


 

コルチカムの枯れかかった葉            アガパンサスの蕾
 

トラデスカンチア・アンダーソニア `スイートケート'


ムラサキツユクサの黄金葉品種だが、葉色はだいぶ緑がかって来た。

こちらはただのムラサキツユクサとヒメコバンソウ


ミズヒキの葉
 

下の方の葉はホスタ(ギボウシ)。

いろんな葉っぱ。



すっかりふてぶてしい感じになったハッカクレン。



撮り終わったら、雨がパラついて来た。
北国秋田市はこの日、6月14日が梅雨入りとの報道だった。


モウズイカの表庭(トップ)へ。

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

初夏のシェード(2020年5月31日~6月3日)

2020-06-09 | ガーデニング/初夏

うちの荒れ庭の一定面積を占めるシェード(日陰)エリアだが、その後どうなったんだろう。

五月中旬(こちらの下半分)とほとんど変っていない。強いて言えば、葉っぱや全体が少しでかくなった程度か。
しかし一段と成熟し、色気が出て来たようにも見える。この種の植物としてはもしかしたら今頃が一番いい時期なのかもしれない。

まずはハッカクレンから。



ハッカクレンの花                                                                                            ニシキシダ

 


ハッカクレンの傘の後方に控えるシェードは・・・


クサヤツデとよくわからん羊歯。


サニキュラ・カエルレッセンス(ブルーサニクル/中国青花ミツバオウレン?)。
この花、開花期間が異常に長い。四月からずっと咲いてる。




ホスタ `エルニーニョ'



ホスタ `グレートエクスペーションズ' 
 


玄関アプローチを挟んで向かい側。

クジャクシダ



 


ホスタ `デボングリーン'




お向かいの主要部分。

クルマバハグマ、斑入りアマドコロなど。


ホスタ `ハルシオン'



ハルシオンとキバナイカリソウ



これは何の葉かわかるかな。



モウズイカの表庭(トップ)へ。

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

青を継ぐのは誰?(2020年5月31日~6月6日)

2020-06-07 | ガーデニング/初夏

うちの荒れ庭は主の好みだろうか、ブルー系(青や青紫)の花が絶えない。
五月中旬はカマッシアやシラー・カンパニュラータなど球根花が咲いていた(詳細はこちら)が、その後はどうなっただろう。

手前左はトラデスカンチアらしき花、その奥に青い穂花が見える。


五月下旬以降、六月にかけて、我が荒れ庭で最も繁栄している植物は「トラデスカンチア=ムラサキツユクサや近縁の数種」のようだ。
個人的には後で登場する白花品種は別として、冒頭の青紫品種は買ってもいないし、植えてもいない。それなのに少なくともここ10年間は我が荒れ庭の優占種になっている。
その理由は追々語るとして、五月下旬以降、六月にかけての我が荒れ庭の様子を報告してみる。

ベロニカ `フォンテンブルー'



ベロニカ `フォンテンブルー'                                                                  ゲラニウム・ピレネカム

 


正体不明のサルビア                                                                              メドゥ・セージ(サルビア・プラテンシス)
 


リクニス・フロスククリ





うちではクレマチスは絶えたものと思っていたが、今年は思いがけなくピンクのダブルの存在に気づく。
大昔、植えた品種のひとつのようだが、隣家との境で隣家を向いて咲いていたので、気付きにくかった。

復活したクレマチス                                                                                       ツキヌキニンドウ
 


ツキヌキニンドウ



うちで繁茂しているのはこのタイプのトラデスカンチア。

植えた覚えも無いのに庭の彼方此方から芽吹き、あっという間に大株になる。

 

その奥の方に黄色っぽい葉っぱのトラデスカンチアが植わっている。



トラデスカンチア・アンダーソニア `スイートケート' 、ムラサキツユクサの黄金葉品種だ。

これは十数年前、通販で取り寄せた。






うちの庭にトラデスカンチアが蔓延るようになったのは、この品種を導入して数年経ってからだ。
たぶん`スイートケート'嬢のこぼれダネが原因だろう。タネから出るものは緑葉ばかり。
先祖返りしたのか。先祖返りしたものはすこぶる強靭だ。
うちの庭ではこの先も、「トラデスカンチア=ムラサキツユクサ」との根競べが続きそうだ。

白花のムラサキツユクサも一株だけ有る。何故か白花はこれ以外出現していない。





 

モウズイカの表庭(トップ)へ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

いにしえのパーゴラ花(2009年五月下旬)

2020-04-12 | ガーデニング/初夏

本ブログを始めて約三ヶ月。当初、園芸植物やガーデニングについてブログ上ではあまり語らないつもりでいたが、
春になり、庭先で何かしらの花が咲き出すようになると、そうも行かないようだ。
ブログにも慌てて「ガーデニング」のカテゴリーを追加してしまった。

カテゴリー立ち上げに当たり、昔の園芸ガーデニングの様子を少しばかり報告させて頂く。
なお本記事は自ホームページの旧記事(2009年初夏作成)をブログ用にリメイクしたものである。


関西方面では新型インフルエンザの嵐が吹き荒れている。

さすがにこの時期、東京に行くのは気が重い((-_-;)試験があるので特に・・・)
しかし社命には逆らえない。マスク装着で粛々と試験、会議に臨む。

22日夜、帰宅したところ、秋田はあいにくの雨だったが、我が家ではキングサリが瀑布のように咲き出していた。
翌23日はこれに風が加わる。折角の黄金の花房が横殴りの雨風に翻弄されていた。
24日は丸一日、重苦しい曇天だったが、さいわい風が止んだので、早朝から庭花の撮影に没頭。
 

2009/05/24



 




なんだ。キングサリばかりじゃないか。

と言われそうだが、今年の咲きっぷりがあまりにみごとだったので、

┌(=^e^=)┘ └(=^O^=)┐ ┌(=^c^=)┘キングサリ祭りだ!!

とはしゃいでしまった。

 

うちのキングサリはサ○タか○キイか忘れたが、
通販で苗木を買ったのは1993年頃(当時、秋田の園芸店では売ってなかった)

当時は借家住まいだったので、大鉢に植えていたが、高さ1m程度でも、翌年から1,2房、花をつけていた。
1995年末、現在の家にパーゴラを立てたので、その脇に地植えしたら、今度はさっぱり咲かなくなった
(樹木は狭い鉢から地植えに移行すると、安心して根っこを伸ばすようになり、しばらく花を咲かせなくなる傾向有り)ので、
(`◇´)咲かぬなら抜いてしまえ!と念じたら、また咲き出した。確か1998年頃だったと記憶している。
その後は蔓でもないのに藤花のスタイルを擬し、パーゴラに誘導したところ、しょぼいながらも年々房の数が増え、去年辺りからだいぶ見れるようになった。

(○´ε`〇)園芸ガーデニングは辛抱が第一。拙速ミーハーは後が続かん。
依然としてバラは皆無、クレマも乏しい我が庭で、(やるつもりはモウ頭更々無いが)もしオープンガーデンをやるとしたら、キングサリが銀幕ならぬ金幕になる今頃の季節が一番いいのかもしれない。 

バンズリーハウス(ローズマリー・ヴェレイ ROSEMARY VEREYの作った庭)なら、キングサリの下には、アリウムが咲いているが、うちは唯一生き残ったクレマチス `ヴィヴィアン・ペンネル'が次の出番を待っている。



またキングサリ。




黄金の瀑布の奥に見える青紫の穂花は 、
        メドゥ・セージことサルビア・プラテンシス                               カラスバニガナ
 

カラスバニガナを地面に放つのは勇気が要る。
 

今年は我が家で唯一?のアリウム、
アリウム・カラタビエンセ(広島から輿入れ)が咲き出した。



以下、地植えの草花たち。

オルラヤ Orlaya grandiflora
種子は関西の花友から頂く。                                               セイヨウオダマキとゲラニウム・ピレネカム
 


庭の主要部分では、ゲラニウム・ピレネカム(札幌の花友から頂く。うちは貰い物が多い)が猛威をふるっている。

 


他には 、
昨年と同じくアグロステンマ `桜貝'  。今年のヤグルマギクは種子から育てたもの。
 


当時、得意としていたスタイルはどんじゃらガーデン。



今年の初夏、覇権を握るのは何の花だろう。


というわけで一週間後の5月31日。
キングサリの下では、クレマチス `ヴィヴィアン・ペンネル'が咲き出した。

2009/05/31
 




アリウム・カラタビエンセ(広島由来)も咲き揃った。



後日談。
キングサリは2013年、突然、腐れて、いや枯れてしまった。(T_T)
後を追うように、`ヴィヴィアン・ペンネル' も衰退し、我が家からクレマチス類は姿を消してしまった。
その後、パーゴラには朝顔を絡めた時期もあったが、何ともサマにならない。今は骨組だけが残っている。

モウズイカの表庭(トップ)へ。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする