モウズイカの裏庭2

秋田在・リタイア老人の花と山歩きの記録です。

シラネアオイ咲く森吉山へ。後編(2022年6月8日)

2022-06-21 | 森吉山

(本頁は「シラネアオイ咲く森吉山へ。前編」の続きである。)

石森から森吉山山頂(向岳)を望む。
ここから望む森吉山は丸々と太ったゴマフアザラシのようだ。




石森から森吉山山頂までの間に見た花たちを列記してみる。

まずは木の花。

ミネザクラ。バックは太平山方面。



ミネザクラ



マルバマンサク



山頂では鮮やかなピンクのツツジが咲いていた。

ムラサキヤシオ



イワナシ
 

                                         この紅葉はハナヒリノキだろうか。


稚児平は名前からも推測されるようにチングルマの群生地だが、まだほとんど咲いてなかった。

今年は例年に較べると、今年は花の進度が遅れている。




咲き出したばかりのチングルマ



ヒナザクラは開花が早く、あちこちで可愛い花を咲かせていた。

ヒナザクラ




イワカガミ。下の赤い蕾はアカモノ。
 
                                           ショウジョウバカマ


ヒメイチゲ




ミツバオウレン。丸い葉はイワカガミ、元気な芽出しはニッコウキスゲとエゾオヤマリンドウ。



スミレ類二種。

オオバキスミレ
 

                                            ウスバスミレ


森吉山は花の百名山に入ってるようだが、

秋田駒や焼石、鳥海山に較べると高山植物の種類は少ない。
それでも1454mという標高にしては、花の量はかなり多いと思う。
1500m超の栗駒山や岩木山に較べても明らかに多い。

森吉山山頂付近からの眺め。
今日は南の方の高山が軒並み雲に包まれており、鳥海山は見えなかった。

男鹿半島を望む。



八幡平方面を望む。右奥の岩手山は雲をかぶっていた。



山人平方面を望む。そこへ行くには雪の斜面を下らなければならない。



山頂には20名前後の登山者が居たが、山人平まで降りたのは自分だけだった。

山人平にはヒナザクラの多い湿原とチングルマ、イワカガミが混生するお花畑が有るが、
まだ雪が融けたばかりで花は何も咲いてなかった(厳密にはミズバショウが数本だけ咲いていた)。


山人平の湿原から森吉山を望む。



山人平のお花畑予定地から森吉山を望む。




ここで昼飯とした。ほぼ貸し切りだった(二人の登山者が過ぎて行った)。

帰りは雪の斜面を森吉山山頂に登り返さなければならない。これはけっこうしんどかった。

ミズバショウ
 

                                      雪の斜面を登り返してる最中。


最後に下山途中で見かけたシラネアオイ。

花色がとても濃いように感じた。




以上。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

シラネアオイ咲く森吉山へ。前編(2022年6月8日)

2022-06-20 | 森吉山

六月に森吉山へ行くのは六年ぶりだろうか。

石森山頂近くでシラネアオイと森吉山の両方を撮ってみる。



この日は変なお天気。
秋田市を境に北は快晴、南は曇天(横手では雨だったとか)。

可能なら鳥海山や焼石など南側の山に行きたかったのだが、この日は雲の無い県北の山、森吉山に向かうことにした。

秋田市から向かうと、森吉山はずっと山の陰になっているので見えない。
その姿が見えるのは、阿仁前田付近。この姿を見て、今日はやはり晴れてるとひと安心。

阿仁前田付近から森吉山を望む。



森吉山の登山はいつも楽して阿仁スキー場のゴンドラを使用している。

ゴンドラ駅には7時半に着いたが、ゴンドラのスタートはナント8時45分とのこと。
周辺を散歩したり、ゴンドラ駅のマスコット犬、北斗君を眺めたりして時間つぶしした。

ゴンドラ駅周辺で時間つぶしに見た花や木。

花盛りのタニウツギ


ホオノキの若木
 
                                             北斗君のベロ姿。



ゴンドラからの眺め。
この後、カメラをしまったら、クマが下に居た。

 

                                       ゴンドラからの眺め。ホオノキの大木。

ゴンドラに乗ってる最中、下の方にクマを見た。

さすがマタギ発祥の地、阿仁・森吉山だ!と感心。
しかし
残念ながらクマの写真は無い。
撮影しようとカメラを準備しているうちに逃げられた。
クマの動きはとても素早かった。

こちらはゴンドラの中でよかった。登山道で出会ったらたまったもんではない。

今回のマップ



標高約1170mのゴンドラ上駅から登山が始まる。
森吉山山頂は1454mなのでここからの標高差は300mもない。
速い人なら一時間もかからず登れるが、デジ一眼で花を何百枚も撮影しながらの私はその倍かかる。

このルート、歩き出してすぐシラネアオイ街道が始まる。




ここのシラネアオイは大株が多く、みごとだ。
2013年初めてこのルートを歩いた時は、確か白花も有ったが、今回は見えなかった。
濃淡いろいろ有って、この山のシラネアオイは見飽きることが無い。




やや薄い系統。



やや濃い系統。



やや濃い系統。
 

                                             花のアップ。


少し歩くと、アオモリトドマツの樹林になる。

アオモリトドマツの樹林



この木は冬場みごとな樹氷を身にまとう。林の下はまだ雪原だった。

その前後で見かけた地味な花たちを。

ザゼンソウ
 
 


タケシマラン
 

                                            オクエゾサイシン


ザゼンソウは低山の湿地に咲くイメージがあるが、この山では亜高山帯の笹薮の中に生えていた。

次はノギランの芽出し。




さぞかし奇麗な花が咲くと思いきや、真夏に咲く花は至って地味な穂花だ。

石森(1309m)の山頂が近づくと、展望が開けて来る。

石森山頂手前から森吉山山頂(向岳)を望む。



今日は秋田駒と岩木山はここから見たのがよかった
(森吉山山頂に着いたら雲をかぶったり、霞んでよく見えなかった)。

岩木山



秋田駒には滝雲がかかっていた。




以上。

後編」へ続く。


コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

初秋の森吉山はいかがかな。(2014年9月6日)

2021-09-14 | 森吉山

(本記事は自ホームページの旧記事をブログ用にリメイクしたものである。)

森吉山は標高の割りには高山植物の豊富な山だ。
昨年は初夏から真夏にかけて三回ほど訪ねた(昨年の記録 ⇒ 初夏 真夏)が、
秋にはまだ行ったことがなかった。
今年は9月6日に訪ねる機会があったので、簡単にその報告をしてみる。

この日の天気は明るい曇り。

石森から見た森吉山



手前の原っぱの黄色いのは何だろう。




イワイチョウの黄葉                               エゾオヤマリンドウとミヤマアキノキリンソウ
 



こちらの黄色は主にミヤマアキノキリンソウだった。




ミヤマアキノキリンソウとエゾオヤマリンドウ



今の時期の森吉山はリンドウ(エゾオヤマリンドウ)がやたらと多いと感じた。

登山道の両脇には上写真のように常にリンドウが、場所によってはミヤマアキノキリンソウが混じって咲いているのだ。
このような花風景は阿仁ゴンドラ終点駅から山頂まで延々と切れ目なく続いていた。

森吉山では初夏~真夏にはシラネアオイ(こちら)やハクサンシャジン、クルマユリなどが、
八幡平ならばハクサンチドリやクルマユリなどが同じような咲き方をする。何故だろうか。

これはもしかしたら『登山道効果』かもしれない。
本来ならば明るい草原を好む草花が笹や灌木に負け、息も絶え絶えになっていたのが、
登山道を整備するため、笹藪が刈り取られたので、日光を浴びて息を吹き返したのか。

だとしたらこれら登山道脇の綺麗なお花畑は人手によって維持されているお花畑ということになる。


エゾオヤマリンドウ                                  エゾオヤマリンドウの白花品種
 



真夏の名残り

ハクサンシャジンの残り花                              花の終わったトウゲブキ
 


山頂に行く途中の池塘



この山ではあちこちで草叢が斜面を駆け上がる様子が見られた。




今の時期は綺麗な草紅葉になっているが、
その正体は・・・




キンコウカ




一応、山頂まで行ったと言う証に・・・

山頂標                                     マルバマンサクの部分紅葉
 


この日、八幡平や秋田駒など遠くの山は雲に包まれ、さっぱり見えなかった。

山人平を見下ろす。



山頂付近では一部の草木で紅葉が始まっていた。




チングルマもそろそろ。





ごく一部だが、
真っ赤になったのにまだ咲いてる株もあった。




他の草木はどうだろう。

オレンジがかっているのはネバリノギラン。
緑の丸い葉と赤い穂はイワカガミ。                            黒光りする葉はイワカガミ。
 



ノギラン。葉はオレンジに紅葉。



そろそろ草木の実も目に付くようになった。

ゴゼンタチバナの実                               アカモノ(実)とモウセンゴケ
 



下山時に見た森吉山



ゴンドラを降り、帰りの道路脇に咲いていた花たち。

ツリフネソウ



 


このエリアのツリフネソウは白花品種が多い。
黄色は別種。

キツリフネ
 



モウズイカの裏庭(トップ)へ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

真夏の森吉山は石森まで。(2013年8月3日)

2021-08-10 | 森吉山

(本記事は自ホームページの旧記事をブログ用にリメイクしてアップしたものである。)

今年(2013年)は森吉山に行くことの多い年だ。
6月16日、30日(記録はこちら)に続き、8月3日にも行ってみた。

ただし今回は足弱の家人と一緒なので、山頂には行ってない。
途中の石森まで行くので精いっぱいだった。

石森山頂手前から森吉山を望む。



今回の非合法マップ(ご注意:今回は山頂駅から石森までしか歩いていない)



石森の山頂近くには休憩場があり、ニッコウキスゲが盛りだった。

足が痛いと弱音を吐く家人もこのニッコウキスゲを眺めながらの昼餉(おにぎり)には満足していた。




ニッコウキスゲ                                       コバギボウシ
 



園芸品種のギボウシは白く初夏に咲くものが多いが、山のコバギボウシは紫味が強い。
この花が咲くと、秋近しと感じてしまう。




ニッコウキスゲの草原の下では、まだチングルマやイワカガミが咲き残っていた。




どちらの花も森吉山では6月に咲く花だが、今頃咲いてるということは、つい最近までここには雪が残っていたんだろう。

チングルマ




チングルマと森吉山                                  イワカガミとチングルマ
 



同じ場所には地味な花だが、
ハクサンオオバコも生えていた。

ハクサンオオバコ                                     イワイチョウ
 


イワイチョウはアップで見ると綺麗な花だが、花つきは良くない。丸っこい葉ばかり茂っていることが多い。
いずれも雪田に特有な花たち。

白と黄色、二色のニガナは低地のニガナとたぶん同じだろう。
高山で見てもあまり有り難味は感じないが、たまには採り上げてみよう。




6月に咲いてなかった花たち。いろいろ。

クルマユリ                                         ハクサンシャジン
 


ウゴアザミやハクサンシャジンなど。



この山のガイドブック等ではこのキキョウ科をハクサンシャジンとしているが、丈が高いので、低地のツリガネニンジンのように見える
(最近の図鑑ではハクサンシャジンを認めない、要するにツリガネニンジンと区別しないとの見解になっている)。

トウゲブキ                                      キンコウカ
 



ノギラン



ノギランは低山にも生えている。かつてユリ科だったが、最近はキンコウカ科として分離した。

地味な花が続く。

ヒトツバヨモギ                                   タカネアオヤギソウ
 


ミヤマホツツジ(奥の方にノギランの穂花)
 


花をアップで見ると、イチヤクソウの仲間に似ている(最近、イチヤクソウ科はツツジに併合された)。

秋が近くなると、草木の実にも多く遭遇するようになる。

アカモノ(ツツジ科)の実



オオバタケシマランの実姿。白いセリ科はたぶんハクサンボウフウ。
  



シラネアオイの実姿                               これはギンリョウソウの実姿
 



ゴンドラ山頂駅



ゴンドラ山頂駅付近では丈の高い黄色のキク科がいっぱい咲いていた。

ハンゴンソウかなと思い、近づいてみたら、キオンだった。秋田ではそれほど多くない。

キオン



キオン




キオンとヨツバヒヨドリ




キオン、ヨツバヒヨドリに高原の女王ヤナギランを加え、『ゲレンデ・フロラ』と名づけたい。


モウズイカの裏庭(トップ)へ。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

久しぶりの森吉山(2013年6月16日、30日)

2021-06-18 | 森吉山

昨日は山へ行っておりました。未明に出発したため、昨日のブログ更新お休みとさせて頂きました。
本記事は自ホームページの旧記事をブログ用にリメイクしたものです。)


今年6月は、1987年以来だから、ホント久しぶり、26年ぶりに森吉山に登った。

しかも二回も。
数年前から地場メディアの報道や知人達からも花が素晴らしいとの評判を聞いており、気になってはいたものの、
長年の山離れ不摂生で脚力はすっかり衰え、それ以上に心肺機能も不安でずっと躊躇していた。
しかし今回、一念発起し、6月16日、行ってみた。
そして驚いた。登山道を歩き出した途端に

(^◇^;)あるわあるわ!シラネアオイの大名行列。

ゴンドラ山頂駅付近のシラネアオイ群生







シラネアオイも凄いが、左下の丸っこい葉はナベクラザゼンソウ(珍しい)ではないかとのご指摘を頂いた。





6月16日は上の方は残雪ばかりで花はゴンドラ駅付近以外にほとんどなかった(天気も良くなかった)ので、
石森まで行って退却。

今回は二回目、6月30日の登山で撮った写真を主体に紹介してみようと思う。
その前に今回歩いたルートを。

非合法マップ。オレンジ破線が今回歩いたルート。




1987年以前は北側のコメツガコースを、( ̄π ̄;喘ぎながら登ったものだが、

今回は二回とも楽して西側の森吉山スキー場からゴンドラを使ってみた。
すると山頂駅から石森までは30分程度、そこから山頂までは一時間程度だった。

石森の山頂近くから見た森吉本峰。山全体がアオモリトドマツやササに覆われている。



6月16日、歩き出してすぐのところに咲き乱れていたシラネアオイは、
6月30日にはほとんど終わっていたが、

6月30日のシラネアオイ。茎から出る葉は三枚、下二枚は掌状に切れ込み、柄があるが、上の一枚は丸くて小さく柄が無い。 




かわりにニッコウキスゲが。




群生を見慣れた方には、少し物足りないかもしれないが、
パラパラと咲き出したばかりのニッコウキスゲも好いものだ。

旧ユリ科でまとめてみる。

コバイケイソウやタカネアオヤギソウも咲き出していた。

コバイケイソウ
 
                                            タカネアオヤギソウ


6月16日に訪ねた時はびっしりと雪に覆われていた稜線に、
6月30日にはこんな可憐な花が咲いていた。



 
『雪形の精』とも呼ばれるヒナザクラだ。
これがあのプリムラやサクラソウの仲間だと認識するには少々時間がかかるほど、小さく可憐な花だ。
世界中でも、日本、それも東北地方の限られた山だけに産する貴重な高山植物だ。

その近場で見た花たち(けっして高山植物ではない)。

オクエゾサイシン                                   マルバマンサク

 


この山の稜線の季節ステージはまだ早春なんだと認識。

他の登山客がワッきれい!!と声を上げていたのは、




意外にもタニウツギだった。
秋田では下界にもごくありふれた雑低木だが、
高い場所で咲くと、ピンクが凝縮され、園芸品種のように色鮮やかになる。

今の時期、この山にはピンクの花が多かった。

ウラジロヨウラク



イワハゼ(アカモノ)



コケモモ




森吉山(向岳)山頂へはそれほど労せず達した。折角だから、広大なお花畑のある山人平にも行ってみよう。
その前に山頂からの眺めを。視程はイマイチだが、秋田駒ケ岳。




北東方向直下に山人平(やまうどだいら)。




山人平に行くには雪渓を降りねば・・・
( (´π`; 帰りは登らねば・・・)  

 


山人平に到着。

山人平(やまうどだいら)から山頂を望む。手前の湿地に咲いているのはミズバショウやヒナザクラ。




更に少し歩くと、やや乾燥したお花畑に達する。




そこには森吉山で一番人気のチングルマの大群生があった。

チングルマとイワカガミ



チングルマとイワカガミ



チングルマ単体                                         チングルマの実とゴゼンタチバナ。
 


ゴゼンタチバナはちっこいが、形がユニークなので良く目立つ。

ゴゼンタチバナ、コイワカガミ、ツマトリソウなど。



ちっこいキンポウゲ科二種。

ミツバオウレン                                                                                                  ヒメイチゲ 
 


ラン科二種。

ハクサンチドリ                                 ノビネチドリ(下山後、山麓にて)
 


森吉山は花の百名山にも加えられたと聞いたが、種類数では秋田駒ヶ岳や鳥海山にはとても敵わない。
しかし東北の同程度標高の山としては質量ともに豊富だと思った。

その後、森吉山には時期をずらして何回か登り、早々に花図鑑を作ってしまった。
ご覧頂ければさいわいである。

⇒ 森吉山の花図鑑1  森吉山の花図鑑2



モウズイカの裏庭(トップ)へ。

 

 

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする