モウズイカの裏庭2

秋田在・リタイア老人の花と山歩きの記録です。

焼石岳・2nd紅葉【後編】(2021年10月14日)

2021-11-03 | 焼石岳/秋

(本頁は「焼石岳・2nd紅葉【前編】」の続きです。)

銀明水から先はしばし傾斜が急な草原を登る。
ここは初夏から初秋にかけて花の絶えない場所だが、眺めもいいところだ。

今日は胆沢平野の散村がよく見えた。この眺めはいつもならば午前中は霧や雲海に覆われて見えにくく、
もっぱら下山時に見るものだが、今日は登りの時からよく見えた。

胆沢平野の散村を振り返る。



名無しの滝                                  花の終わったオニシオガマ
 



経塚山がちらっと見えた。




銀明水方面を振り返る。




草原を登り詰めると、その先はしばらくの間、灌木帯が続く。こちらの紅葉はほとんど終わっていた。

またまた経塚山



灌木帯に入ったら、これが最後の紅葉となった。




姥石平が近くなると、目の前にひょっこりと焼石岳が見えるようになる。

この山は焼石岳の山塊の主峰であり、最高峰だが、控えめな性格なのか、途中からは全く見えない。
この姿が見えて来るとやはり嬉しくなる。

姥石平手前から見た焼石岳



六沢山と書いて「むざやま」と読むそうだ。




ハナヒリノキの残紅葉




サラサドウダンの残紅葉と実




草原越しに経塚山




姥石平は休憩無しで通過。泉水沼を絡めた眺めを幾つか。

泉水沼から見た焼石岳



泉水沼から見た東焼石岳




焼石岳に登る途中、泉水沼と姥石平を振り返る。彼方には胆沢平野。




ハクサンイチゲの残花                                ハクサンフウロの草紅葉
 


焼石岳と横岳の間の西斜面には、カール状の地形が有る。

この地形に名前は無いようだ。昔の大きな火口かカルデラの跡かなと思うが、
カール底は見るからに愉しそうな草原や湿原になっている。
しかし降りる道は無い。
何よりもそのバックの奥羽山脈が奥深く、人家など人工的なものが一切見えない点が素晴らしい。
運が好ければ、この地形の彼方には月山や朝日連峰も見えるが、残念、今日は雲で見えなかった。

カール状の地形の眺め



南西方向の山座同定



秋田最奥の山、虎毛山



西焼石岳



南側に栗駒山




南側、横岳と泉水沼




焼石岳山頂に到着。この日はよく晴れていたが、

鳥海山、月山、岩手山、早池峰山など2000m前後の高山には雲が懸かっており、よく見えなかった。

西側に西焼石岳と遠くに雲をまとった鳥海山



雲をまとった鳥海山



北側に雲のかかった岩手山




北側、旧・沢内村の方角を望んだら、遠くに森吉山が見えた。




北西側、三界山や横手盆地(仙北平野)を望む。





モウズイカの裏庭(トップ)へ。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

焼石岳・2nd紅葉【前編】(2021年10月14日)

2021-11-02 | 焼石岳/秋

焼石岳では、大まかに言えばふたつの紅葉が見られるようだ。
ひとつは9月下旬から10月上旬にかけての山頂部紅葉、こちらは赤が主体の紅葉。

もうひとつは10月中下旬の中腹の紅葉、こちらはブナ林の紅葉なので黄色がベースと聞く。
前者は三回ほど見ている(代表例は昨年のこちら)が、
後者はまだだった。厳密には・・・
昨年10月21日に行ったら、紅葉は終わっていた(記録はこちら)。

というわけなので、今回は後者のちゃんとした紅葉を見るべく、晴天になりそうな10月14日に決行した。

秋田県東成瀬村から国道397号線に入り、大森トンネルで県境を越える。
早朝なので色ははっきりしないが、標高約790mの胆沢橋から見る山々は紅葉が始まっていた。

胆沢橋から来し方(北側)を望む。



胆沢橋から東側を望む。奥の山は支峰の柴沢山(1241m)。           
胆沢橋から西側、県境稜線を望む。下は胆沢川。
 



その後は標高が下がるので、また緑に戻る。

途中、ちらと見えた焼石岳と横岳。



今回の非合法マップ



中沼コース登山口の標高は700m台。周囲の森は
まだ青々としていた。
歩き始めの登山道は中沼との標高差が200mくらいあり、短いわりにしんどい。
歩き出して約30分。いよいよ中沼が見えて来た。

 



中沼に到着。標高は約910m。予想通り、ここは紅葉していた。

中沼。バックは横岳。



みごとな鏡面風景だ。




ちょっと別角度を。




縦構図を二枚。

 



紅葉した樹林越しの中沼



中沼の次は上沼。こちらは湿原化が進み、限られた水面だが、紅葉を映し出していた。

上沼



上沼




上沼の先は登山道がいっとき渓流のようになる。
雪解け時期はもろ渓流だ。そのためか、焼石岳にはゴム長で登山する人が多い。

渓流のようになった登山道。
 


つぶ沼コースとの合流点が近づくと、小さな湿原が現れ、周囲のブナ林の紅葉もよく見えるようになる。

今回はこのあたり(標高は1000mくらい)が紅葉のピークだと思った。

ブナの紅葉






ブナの紅葉                                         
ブナの紅葉
 


ちらと横岳の一角が見えた。




 


銀明水が近づくと、樹林の切れ目から、屏風のような横岳が見えるようになる。

横岳そのものの真っ赤な紅葉はもう終わっていたが、黄や褐色の紅葉がまだ残っていた。

銀明水の手前から横岳方面を仰ぐ。






落ち葉が敷き詰められた登山道                              銀明水
 



銀明水が好い位置にあるおかげで、焼石に登る時は水の心配が要らない。
夏場はほんとに有難いと思う。

銀明水のナナカマド



銀明水の残紅葉                                 銀明水のシンボルツリー、ダケカンバの大木

 



銀明水の標高は約1150m。ここを境に高い樹木は無くなる。


【後編】へ続く。


モウズイカの裏庭(トップ)へ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

焼石岳・秋の陣。【帰り】(2021年9月25日)

2021-10-12 | 焼石岳/秋

(本頁は「焼石岳・秋の陣。【行き】」の続きです。)

いつもなら焼石の山頂を降りてまた姥石平に戻ったら、草原を東焼石岳方面まで歩き、

花を愉しむところだが、今の時期は笹や枯草ばかりだし、天気もイマイチなので、今日はこのまま下山することにした。
ところが帰り道は横岳方面も晴れ、登りの時、ガスで見えなかった紅葉もまあまあ愉しめた。

横岳の紅葉




横岳の紅葉と草紅葉



横岳の紅葉



ツツジ科の紅葉



オオカメノキの紅葉



姥石平の末端付近から焼石岳を振り返る。




ナナカマドの実



銀明水が近づくと、目の前に意外な風景が開けて来た。胆沢平野扇状地の散居集落だ。

いつもならば霞んでよく見えないのだが、今日は雨後で一時的に空気が澄んだのかクッキリと見えた。
秋は山の上から見る下界の稲田風景も素晴らしく、既に鳥海山や真昼岳(例えばこちら)などで見ているが、
今回コレクションがまたひとつ増えた。

胆沢平野扇状地の散居集落



胆沢平野扇状地の散居集落



銀明水が近くなったら、経塚山がちらっと見えた。こちらも紅葉している。




今回、焼石岳で遭遇した残り花を幾つか。
主に中沼から銀明水にかけて見たもの。量はかなり減ったが、種類は相変わらず豊富だった。

ゴマナ



チョウジギク



エゾオヤマリンドウ                               
オクトリカブトとミヤマセンキュウ
 


オクトリカブト



オニシオガマ                                       リュウキンカ
 


今頃になり、リュウキンカが咲いていた。これは残り花ではなく、狂い咲きだろう。

この枯れ植物はオオナルコユリか。




オオカメノキの実は2カラー。




上沼まで降下。帰りは横岳がしっかり見えた。




次いで中沼。

中沼の鏡面風景



帰りは横岳と鏡面風景が見えた。







中沼から見た横岳は紅葉していた。




秋田への帰り道、県境付近で振り返ったら、朝と同様、焼石岳と横岳が並んで見えた。




モウズイカの裏庭(トップ)へ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

焼石岳・秋の陣。【行き】(2021年9月25日)

2021-10-11 | 焼石岳/秋

山仲間からの情報では、今年の栗駒、焼石の紅葉は例年よりも一週間以上も早く始まっているようだ。
これはのんびりしてられないと焦ったものの、九月下旬になったら、天気があまり宜しくない。
9月25日はどうやら晴れそうだった。
この日は午前3時半に家を出たものの、栗駒と焼石のどちらに行くかまだ決めかねていた。

途中の(横手市)十文字から両方の山が見えるので、そこから見て天気の好い方に登ることにした。
栗駒はスッポリ雲に包まれていた。焼石は背景に雲が有るものの山頂が出ていた。
焼石岳は昨年秋は10月9日に訪ねており、
今までに見たことの無い素晴らしい紅葉シーンに感動した(詳細はこちら)。

2020/10/09 焼石岳山頂手前から西焼石岳と遠く鳥海山を望む。



今年はどうだろうか。

県境を越えて少し先から焼石岳と横岳を望む。



今回の非合法マップ



登山口の中沼駐車場には6時半に到着。紅葉シーズン土曜日ということもあり、ほぼ半分が塞がっていた。

中沼への途中の坂道                                  中沼の畔
 



今回、中沼では自慢の横岳鏡面風景が見えなかった。花もほとんど無かった。
銀明水を過ぎ、この坂道のあたりから急に紅葉が始まった。しかしその上はガスで何も見えなかった。




たまに見えても至近距離の紅葉ばかり。




ところが姥石平まで来たら、急に晴れ出した。

姥石平に到着。



泉水沼



泉水沼から焼石岳がパッと見えた。




焼石岳山頂に登るまでの間はガスが切れ、近場だけだが、紅葉風景を眺めることが出来た。

泉水沼と東焼石岳方面






西焼石岳方面を見ながら登る。




西側のカール状地形を覗く。




泉水沼を見下ろす。




ネバリノギランの草紅葉                                                                                                             
ハクサンイチゲの残り花
 


ウスユキソウの古花



この日はほぼコースタイム通り、四時間弱で登頂した。

途中、ガスで景色が見えなかったので、撮影のため、立ち止まることが少なかったせいだろう。

山頂標                                   三角点
 


山頂に着いたら、またガスにすっぽり包まれた。
昼飯を食べながら、煙待ちならぬガス待ちをしていたら、
ホンの一瞬だが、隣の西焼石岳と三界山方面が見えた。

山頂から西焼石岳を望む。



山頂から三界山方面を望む。



ミヤマダイコンソウのシックな草紅葉                         キオンの草紅葉
 


チングルマの草紅葉



しかしその後はまたガスに包まれ、雨がバラバラと落ちて来たので、逃げ帰るように山頂から降りた。

姥石平まで降りたら、雨はパタッと止んだ。


【帰り】へ続く。


モウズイカの裏庭(トップ)へ。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

焼石岳の晩期紅葉&落葉・後編。(2020年10月21日)

2020-11-08 | 焼石岳/秋

(本頁は「焼石岳の晩期紅葉&落葉・前編。」の続きです。)

10時半頃、山頂に到着。
前回やその前は山頂まで行くのに4~5時間もかかっていた。
今回は途中の銀明水での休憩タイムを入れても3時間半だった。
これはコースタイムよりも若干早いくらいだ。
花や紅葉など撮影するものが少ないとまだ人並みに歩けるのかな。


山頂から西焼石岳と鳥海山



山頂標                                 ハクサンイチゲの残り花

 



北西側、三界山や焼石沼を望む。



横岳と泉水沼を望む。



山頂は風が強くて寒く、ガスで(ときおり鳥海山が見えた以外は)景色も見えにくかったので、
さっさと降りて風の弱い泉水沼で昼飯にした。

泉水沼と焼石岳




姥石平から先は登る時、ガスが湧いて見えなかった廻りの山々が見えるようになっていた。
同じ道を歩いても行きと帰りでは景色が違って見えるものだ。


冬枯れの姥石平と東焼石岳




経塚山と天竺山の重なり



胆沢平野扇状地の散居集落を望む。



帰り途の銀明水付近。
太陽の位置も光の角度も変わっているので、登りの時とは少し違う風景があちこちにあった。

銀明水付近のダケカンバ疎林



銀明水のシンボル的なダケカンバ。                   リュウキンカの残り花
 



銀明水下のブナ林




銀明水下の小道
 



当然だが、上沼や中沼の湖水風景も朝とは少し違って見えた。

上沼



上沼



樹間越しに見た中沼                           ヒメモチの実
   



中沼の水面にはさざ波が出ていた。




登山口駐車場に戻って来たら、柿の種号が紅葉に同化気味だった。 




帰りはまた国道397号線を走って秋田に戻ったが、早朝に見た紅葉や景色を復習しながら帰る。

早朝、ちらと見えた猿岩は近くに寄って眺めてみた。

猿岩




焼石岳の南隣にある笹森山は早朝は素晴らしいモルゲンロートだったが、

帰りに見ると思ったよりも地味な紅葉だった。

笹森山



胆沢川にかかる橋から焼石岳の前衛にあたる山々の紅葉もめそっとした感じ。
曇って光量が足りないせいもあるかもしれない。紅葉はタイミングの他に光も重要なんだなと思った。

胆沢川の橋




胆沢川の橋から柴沢山を望む。




モウズイカの裏庭(トップ)へ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする