モウズイカの裏庭2

秋田在・リタイア老人の花と山歩きの記録です。

エンゴサクと〇〇ケマン

2022-04-19 | 野草/春

スプリングエフェメラルと言えば、カタクリやアマナなどのユリ科植物、
キクザキイチゲやニリンソウなどキンポウゲ科イチリンソウ属の種類が
よく知られているが、
ケシ科キケマン属にも幾つかの種類が有る。

本頁ではキケマン属の植物を取り上げてみる。

そのひとつ、エゾエンゴサクは、
北海道に行くと、青いカーペットを敷いたような花風景を作り、実にみごとである。

この仲間は本州、東北地方でも見られる。ただし北海道のように密生しないが、
その澄んだブルーの穂花は素晴らしい。
東北のこの植物は当初、エゾエンゴサクとされていたが、
約20年前から、別種のオトメエンゴサクとされるようになった。

写真は秋田県男鹿半島で見たものである。ここのものは素晴らしいコバルトブルーだ。

2011/04/13 男鹿半島にて。






次の二枚は仙北市(西木)のもの。こちらはやや濃いめの青紫だ。

2017/04/27 仙北市にて。



2017/04/27 仙北市にて。カタクリが少し混じっている。




オトメエンゴサクについては、ウィキペディアに詳しく記載されている。

少々長くなるが、ほとんどそのまま抜粋引用させて頂く。

『オトメエンゴサク(乙女延胡索、学名:Corydalis fukuharae)はケシ科キケマン属の多年草。 
従来、本種は南千島、北海道、サハリン、オホーツク海沿岸に分布するエゾエンゴサク (C. ambigua)と混同され、
日本国内においては、本州の中部地方以北にも分布されるとされてきたが、
本州の東北地方から北陸地方に分布するものは、別種のオトメエンゴサク (C. fukuharae)とされた。
これは、スウェーデンの植物学者 Magnus Lidén(1996)(英語版)によるもので、
M. Lidénは、先述のエゾエンゴサクを C. ambigua から C. fumariifolia の亜種に変えたことに加え、
本種について、「やや変異の多い種で、C. fumariifolia と近縁であるが、
基部が細くて長い距や蜜腺が細長い点などで区別される」、として新種として記載命名した。
エゾエンゴサクとよく似ており、地下に球形の塊茎がある。
茎は細く、直立して高さは10-23cmになり、鱗片葉の腋から茎を出し、まれに茎の下部につく葉の腋から枝を出す。
葉は薄く、表面は緑色、裏面はわずかに粉白色をおびる。
2-3回3出複葉となり、小葉は全縁か深く全裂し、最終裂片は倒卵形で、先は鈍形または鋭形になる。
花期は4-5月。総状花序ははじめやや密に重なるが、すぐに伸長して3-13個の花をつける。
小花柄の基部の苞は長楕円形になり、全縁かまれに最下が浅裂し、先は鋭形または鈍形になる。
近縁種のヤマエンゴサクの苞には歯牙または欠刻があり区別できる。
小花柄は細く、長さ5-12(-18)mm、苞と同長、弓状に半曲して果実をつける。
萼片は2個で、卵形から線形になり、長さ1-1.5mm。
上側の花弁の距は長楕円形、まっすぐで、基部はやや細く、花冠は青色から青紫色のものが多いが、
全体が赤紫色や白色のもの、距が赤紫色のものなど変異が多い。
花はエゾエンゴサクによく似るが、エゾエンゴサクの距は基部が太く、しだいに細くなる傾向が強いが、
本種の距は同種より細長く円筒形になる傾向があり、
上側の花弁の長さは12-16mmになり、蜜腺も細長い。
下側の花弁は長さ10-12mmになり、明確に突出する小距があり、
その基部には通常、小さな爪がある。
果実は蒴果で、長さ20-25mm、幅2mmになる線形で、種子は約10個ある。
なお、福原達人 (2016)は、「エゾエンゴサクとの区別点や分布はなお検討を要する」としている。
春先に花を咲かせ、落葉広葉樹林の若葉が広がる頃には地上部は枯れてなくなり、
その後は翌春まで地中の地下茎で過ごすスプリング・エフェメラルの一種。 
日本の本州の北部地方、中部地方に分布する。』

引用は以上。

その後、出版された平凡社の改訂新版・日本の野生植物(2017年、第2刷)にも、
オトメエンゴサクはウイキペディアの記述とほぼ同内容で記載されていたが、
『エゾエンゴサクとの区別点や分布はなお検討を要する』
との文言が有った。

face book自タイムラインや自ホームページ上では、
2017年以降、自分が東北で見たものについては、
オトメエンゴサクの名称を使用していた。
ところが、

2019年3月、植物に詳しい御方から、face book上で次のようなアドバイスが有った。
こちらもほぼ原文のまま、引用させて頂く。

『1996年に Lidénが本州のエゾエンゴサクをオトメエンゴサクとして新種としました。
タイプ標本は山内村黒沢のものです。しかし、このオトメエンゴサクについては多くの疑問点があり、
大曲の沖田さんが北海道産のものと秋田県産のものを花の形態、密線の形態、距の形態について調べました。
その結果は明確に区別できなかったことを秋田自然史研究(2015年)に発表しています。
望月陸夫氏の植物分布図(2017年)でもエゾエンゴサクとなっています。
以上のことからエゾエンゴサクとした方が、適切かと思います。いかがでしょうか。』

それに対し、私の方は次のようにレスポンス。
『そうですか。貴重な情報並びにご指摘ありがとうございました。
私自身は植物分類学者ではありませんし、また自身で確かめたわけでもありません。
趣味でやっている素人ですので、世の趨勢に従うまでです。』

その後、この問題に関して新たな情報は入っていないが、
自信が無くなったので、最近は「エゾエンゴサク?」と表記するようにしている。

エゾエンゴサク?を続ける。

2015/04/10 男鹿半島にて。
 

                                                                                                                                            2017/04/27 仙北市にて。

2016/04/21 湯沢市にて。



ほのかに紅味を帯びた個体もあった。

2017/05/09 青森市梵珠山にて。
 
                                            2017/05/02 秋田市高尾山にて。


いろいろ歩き回っていると、まれに白花個体にも出くわす。

エゾエンゴサク? 2018/05/01 岩手県東根山にて。



青森の浅虫温泉沖の湯の島では白ばかりだった。

エゾエンゴサク? 2019/04/13 青森市湯の島にて。



 


東北、特に日本海側地方では、エゾエンゴサク?をそのまま細く、ひ弱にしたような種類もよく見かける。

こちらはミチノクエンゴサク Corydalis capillipes で、一応、球根(塊茎)を持つ。

ミチノクエンゴサク 2015/04/16 横手市にて。






2016/04/21 横手市にて。
 

                                               2018/03/30 八峰町にて。

ミチノクエンゴサク 2021/04/03 男鹿半島にて。



キケマン属 Corydalis には、地下に球根(塊茎)が出来ないが、丈の高いタイプが有り、
〇〇ケマンと呼ばれる。

東北でよく見かけ、春に咲くものは、ミヤマキケマンとムラサキケマンの二種類である。
いずれもスプリングエフェメラルに入るかどうかは何とも言えない。
ミヤマキケマンは地滑りで崩れた斜面などに最初に侵入する先駆植物(パイオニア)の傾向が有り、
土壌が安定して他の植物が茂ってくると消えてしまう。
花は奇麗だが、茎を折ると乳液が出て、ひどい臭いだ。しかも有毒なので取り扱いには注意。
ムラサキケマンは柔らかい二年草で、人里の土壌が攪拌されるような日陰地でよく見かける。

ミヤマキケマン 2016/04/20 由利本荘市にて。



ミヤマキケマン 2018/04/28 男鹿半島にて。 
 
                                           ムラサキケマン 2014/05/13 由利本荘市にて。



この仲間には秋に咲く種類も有った。

ナガミノツルキケマン 2016/09/16 岩手県西和賀町にて。
 


この仲間は奇麗な花が多いが、何故か園芸利用されることは非常に少ない。

西洋では、一部の種類がロックガーデンなどに利用されている。
昔、一時期、我が庭にも居たので、一応、報告しておく。

コリダリス・ソリダ `ベスエヴァンス' Corydalis solida `Beth Evans'

2009/03/29 自宅にて。



2009/04/04
 自宅にて。



以上。



コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

君はアズマイチゲを見たか。

2022-04-12 | 野草/春

アズマイチゲはキンポウゲ科イチリンソウ属の多年草で、
生態的には典型的なスプリングエフェメラルのひとつだ。

秋田ではよく似たキクザキイチゲが極めて多い。
それに対し、アズマイチゲは少ない。
キクザキイチゲの群生のすみっこなどでひっそりと咲くことが多いようで、
特にキクザキイチゲの白花タイプと混生している時は見過ごしてしまうことが多い。

ところが、
2010年4月20日、仙北市の里山(私有地)でアズマイチゲばかりの大きな群生に遭遇した。

たまたま土地の所有者が近くで畑仕事をしていたので、
声をかけ、許可を得た上で群生の中に踏み込んで撮影した。

翌2011年は同じ場所を4月18日に訪ねている。
今回はこの里山に限定して報告してみる。




群生の様子




この土手の上は半分が畑で、
林に近い方は見渡す限りのアズマイチゲの群生になっていた。





アップで見ると・・・

 





よく見たら、上写真のアズマイチゲの中にキクザキイチゲも混じっていた。
橙の破線で囲った二個がキクザキイチゲだが、おわかりだろうか。




アズマイチゲとキクザキイチゲ(特に白花タイプ)はよく似ている。

その識別方法は、
改訂新版・日本の野生植物(平凡社)の検索表によると、
・茎葉の小葉は羽状に欠刻し、葉柄は広がる。・・・・・・・・・・キクザキイチゲ
・茎葉の小葉は鋸歯は有るが、深く欠刻することはない。葉柄は広がらない。
                     ・・・・・・・・・・アズマイチゲ
となっていたが、正直言ってわかりにくい。

よく参考にさせて頂いている
「森と水の郷あきた」のホームページ(こちら)によると、
『アズマイチゲはキクザキイチゲと良く似ているが、アズマイチゲは白色のみ。
両種を見分けるポイントは、アズマイチゲの葉・・・葉の先が丸く細かく切れ込まず、やや下に垂れている。
また、花の下にある茎に毛があればキクザキイチゲ、なければアズマイチゲ。』
とあった。

「西遊旅行」のホームページ(こちら)によると、
【葉の違い】
◇アズマイチゲの葉は、垂れ下がり、切れ込みが非常に浅く楕円形に近い印象
◇キクザキイチゲの葉は、横に広がり羽状に深裂し、先が尖っている
【花弁状の萼片の違い】
◇アズマイチゲは白色、白以外(紫、淡紫)はキクザキイチゲ
→ ただ、キクザキイチゲには白花もある
◇アズマイチゲは、花弁状の萼片の基部が紫色。。。これが最大の特徴。
【花茎の軟毛の有無】
◇アズマイチゲは軟毛はなく、キクザキイチゲは短い軟毛がある
→ アズマイチゲにも長い軟毛が残っているものもある
・軟毛が長いものがアズマイチゲ
・軟毛が短いものがキクザキイチゲ
とあった。
これは非常にわかりやすいし、的を得ていると思った。

他に、
Sapporo Nature Timesのホームページ(こちら)の解説もわかりやすかった。

私自身は、もっぱら葉(小葉)の切れ込み具合や垂れ具合、
(花弁状の)萼片の裏側がほのかに紅味を帯びる点などで識別している。




参考までに同じ場所に咲いていたキクザキイチゲの薄紫タイプを。




葉は深く裂け、シャキッと広がっている。
なお(萼)弁数はアズマより少なめだが、これは個体差があり、中にはアズマより数の多いこともある。


再びアズマイチゲ。




ここでは場所によって、他のスプリングエフェメラルも適度に混じって咲いていた。

フクジュソウと混生。




フクジュソウ



カタクリと混生。

 


カタクリ



キバナノアマナ
 

                                     キバナノアマナと混生。


以上。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

われ幻のオキナグサを見たり。秋田ケブケブ編。(2011年6月1日)

2021-05-31 | 野草/春

本記事は自ホームページの旧記事をブログ用にリメイクしたものである。

前頁(岩手ウブウブ編)で、
「秋田でまだ残っているのはO市くらいだろうか。しかし数は少ないし、株も貧弱で気息奄々・・・」と述べたが、
最近、秋田県内の意外な場所でとても元気に咲いてるとのヒミツ情報を得たので、急遽、立ち寄ってみた。







既に大半がケブケブ結実モードだったが、株がでかく、群生の規模も半端なものではなかった。

ただし事情あってこの場所の詳細は今ここでは書けないが、完全に自然なものとも言い難い。










 








帰って来てから知ったことだが、この場所でオキナグサが見いだされたのは、ほんの10年前頃とのこと。

ここは秋田市から遠いが、植物相の面白い処で、折に触れて何かと訪ね歩くことが多かった。

しかし、オキナグサには一度も遭遇していない。

今回、出会った群生は、何十年もの間、付近のどこかで細々と生き延びていたオキナグサの種子が
偶々この場所に飛んできて芽生え、
この地を気に入って増え広がったものらしい。

何故この場所を気に入ったのか。

ここの地面はこれまた深い事情あって、常に草むしりされている。
オキナグサは日当たりの良い裸地や芝地などパイオニア的な環境を好む。反面、他の植物との競争には弱い。
予め徹底的に草をむしられたこの場所は、オキナグサにとっては天国なのだろう。
もちろん管理者の側に、草は毟るけど、オキナグサだけはそのままにしておく
と言う特別なはからい(えこひいき)がなければ、このパラダイスは成立し得ない。










何だかオキナグサ専用の花壇みたいだ。 

オキナグサは連作を嫌うとの説もあるので、
この群生も永遠に続くと言う保証はないが、
可能な限り、工夫を重ねて残しておいて欲しいと願うのは私だけだろうか。




近くの原っぱで見かけた野の花を幾つか。

オキナグサ有るところにアズマギク有り・・・だが、この地にアズマギクの姿は無かった。
かわりに近縁種、ハルジオンが咲いていたが、これは北アメリカ原産の帰化植物で精力絶倫、とにかく増えまくる。
そしてとなりのケブケブはこれまた精力・・のセイヨウタンポポ。

ハルジオン                                 セイヨウタンポポ
 


以下は日本在来種。

キンポウゲ(ウマノアシガタ)



クサノオウ



スミレとスズメノヤリ                            これはワダソウ(ナデシコ科)だろうか。
 


他にもマムシグサやオオウバユリなど森林性の植物があちこちに残っているところを見ると、
この地は比較的最近まで森林だったのかもしれない。




「事情あってこの場所の詳細は今ここでは書けない」と書いたが、本頁掲載の写真を見れば、分かる人には分かると思う
もしお分かりの方でも、コメント欄には書き込まないようにお願いいたします

いつかこのエリアのオキナグサがウブウブの時期に訪ねてみたい。 


モウズイカの裏庭(トップ)へ。

コメント (7)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

われ幻のオキナグサを見たり。岩手ウブウブ編。(2011年5月28日)

2021-05-30 | 野草/春

本記事は自ホームページの旧記事をブログ用にリメイクしたものである。


この場所ならきっと有ると思った。




野生のオキナグサを見なくなって久しい。
(私の知る範囲で)秋田でまだ残っているのはO市くらいだろうか。
しかし数は少ないし、株は貧弱で気息奄々の有様。現在、
O市の現場でこの花を探すのは、けっこう根気を要する。

昨年8月、岩手の某高原を家内と訪ねた時、この場所ならきっと有るはずと確信した。
標高も高いので、開花は遅く、5月下旬頃かなと睨んでいたが、ちょうどその時期、本業で盛岡に出張が入った。
時間と天候が許すなら、立ち寄ってみようと思った。
28日午前中に空き時間が出来た。しかしこの日の盛岡地方は朝からしっかりと雨。
写真撮影には絶望的なコンディションだったが、行けばナントカなるのではないか。
そう念じつつ、某高原にたどり着いたら、あら不思議、雨が止んでいた。

 


草原の春はまだ浅い。火入れしたのか、焼け焦げたような痕が少しあった。

枯野の中に何やら白っぽい植物体が。




近づいてみると、それはニョロニョロ(ムーミンに出てくる不思議な生き物)じゃない、オキナグサだった。




私とオキナグサとの出会いはとても古い。昭和30年代、それも小学生になったかならないかの頃と記憶している。

以前、作成したホームページ『オキナグサ挽歌』(現在は消失)の中から、そのあたりに触れた一節を引用してみる。


私が子供の頃、最初に好きになった花は、オキナグサ Pulsatilla cernuaです。
それは少数ながらも、家(横手の実家)のすぐ近く、田んぼ道脇の芝地に咲いておりました。
全身を包むシルバーの長毛、赤とも黒とも紫ともつかぬ不思議な色合いの花、
それも何故かうつむき加減を選択したその心根、いずれも他の野草にはない高貴なサムシング♪を感じさせるには充分でした。

私は1本抜いて持ち帰り、自慢げにばあさんに見せました。
そしたら、ばあさんに、「(`◇´)そりは毒花だがら、ちょすな!(触るな) ガ●(チン○ン)腫れるど!」と叱られました。
だからと言ってこの花が嫌いになったわけではありません。
余計、興味が増し、その想いは、この花の属すキンポウゲ科全体にまで広がって行きました。

その後、例の田んぼ道は、水田の区画整理事業でなくなりましたが、オキナグサはそれより一足早く姿を消してしまいました。
・・・・・・・・・・・
それから20年以上の歳月が経ち、とある場所で偶然オキナグサに再会しました。
当時、オキナグサは絶滅寸前の悲劇のヒロインに祭り上げられておりました。
ところが、最近は、早春のホームセンターで、ポットに植えられたものがいっぱい売られてます。
種子から育てられたものだと思いますが、温室育ちのそれらを見ても、かつてのような感動はありません。

そんな私の思いとは関係なく、そこにオキナグサは咲いていた。










丈が低く、うつむき加減で咲く花の中を覗くのは至難の業だが、
折角の機会だからと、少し無理してみた。







この株の花色は赤味が強かった。
手前のチューリップのような葉はスズラン。  
撮影に当たっては今回、汗拭き用にと余分に持参していたタオルが役に立った。それを敷いて、寝転がり撮影したのが、この二枚。

 

毛々々の妖怪妖精










オキナグサあるところにアズマギクあり。

しかしその逆は真ならず。

アズマギクの咲き出しモード 


 
このエリアにはスズランも多かった。開花までにはまだ少し時間がかかりそうだ。




シラカバ



この地では、(スギとブナとナラばかりの)秋田では見られない素晴らしい森林風景が広がっている。
同じ東北とは思えない。

近くの林でカタクリの群生に遭遇。







おそらくこれが今年のラスト・カタクリになるだろう。

カタクリを写し始めたら、急に雨脚が強くなってきた。もう店じまいして、盛岡に帰ろう。

高原の春は、風の又三郎のように、猛スピードで駆け抜けて行く


秋田ケブケブ編」に続く。


モウズイカの裏庭(トップ)へ。



コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

トガクシショウマを見たくて某山へ。(2017年5月22日)

2021-05-22 | 野草/春

(本記事は写真を加えて再アップしたものである。)

今日は大場谷地の帰りにとある山のブナ林に踏み込んでみた。
目的はトガクシショウマ(トガクシソウ)。




ブナ林は新緑の真っ最中。

とても気持ちのいい林だが、何しろクマの多い山域なので、内心はビクビク。




 

                                                    このブナの木は、インドの神様「ガネーシャ」みたいだ。








それはブナの森の葉隠れにひっそりと咲いていた。

ササなど下草が無い、土がむき出しの傾斜地にパラパラと咲いていた。
















トガクシショウマ(トガクシソウ) 










今年も逢えてよかった。


近くで咲いてた他の花。
シラネアオイとショウジョウバカマ 。

 


モウズイカの裏庭(トップ)へ。

コメント (3)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする