モウズイカの裏庭2

秋田在・リタイア老人の花と山歩きの記録です。

月山でクロユリとキヌガサソウを見た。3(2021年6月30日)

2021年07月13日 | 月山/姥沢口

(本頁は「月山でクロユリ・・・を見た。2」の続きです。)

クロユリも見たので、いつもならばこれで終わりだが、今回はこの後、まだ続きがある。
この後、キヌガサソウを見たくて、湯殿山ルートの途中にある装束場という処に立ち寄ったのだ。
なお月山のキヌガサソウは2016年7月中旬にも見ている(記録はこちら)が花はだいぶ古くなっていた。
今回は新鮮なキヌガサソウを見たかった。

なお装束場は登りに通過した金姥(かなうば)という分岐点から一時間近く降下したところ。
更に降下すると湯殿山や玄海広場に至るが、クルマを拾えない。

したがって帰りはリフトを使って姥沢に下山する関係で同じ道をまた登り返す必要がある。
リフトは最終が16時半なので、それに間に合えばいいだろうと降下して行った。


金姥から装束場に降下する道




降下中に見た品倉尾根




再度、今回の参考マップ。




金姥の標高は約1620m、装束場は約1340mなので300m近い降下となる。ということは、帰りは300m近い登り返しになる。

降下中に見た花、ゴゼンタチバナ



降下中に見た花、アカモノ



ミヤマカラマツ                                   シラネアオイの残り花
 


この道にはミヤマキンポウゲがやたらと多かった。




なおその下草としてタテヤマウツボグサの芽出しがびっしりだった。
真夏以降、この道は青紫色に染まるだろう。
他にはマイヅルソウ、ノウゴウイチゴ、ミヤマツボスミレなども見かけた。

装束場に向けて降下していくと、目の前に突然、雪渓が現れた。
この雪渓、けっこうな傾斜で帰りはアイゼン無しでは登れないだろう。

最初の雪渓。奥に見える山は最近、湯殿山と呼ばれるようになったピーク。



更に降下して、清身川に到着。と言っても、そこは新たな雪渓で埋まっていた。

清身川の雪渓。



残雪の表面はみごとなスプーンカット模様。まだ早かったかなと思ったが、

雪渓周囲の笹薮の中を見たら、それは咲いていた。まだういういしいキヌガサソウだった。

ういういしいキヌガサソウ



キヌガサソウの蕾                             
ういういしいキヌガサソウ
 



ちゃんと開いたキヌガサソウ(後述の装束場にて)




キヌガサソウの花アップ                                イワイチョウ

 



キヌガサソウは見たものの、折角来たのだからと装束場まで降りてみた。
ここにもキヌガサソウの小さなコロニーが有り、ちゃんと開いた個体も二、三個有った。
装束場から、南側、朝日連峰方面を望むが、残念、雲が出ていた。



ウラジロヨウラク



装束場付近から、湯殿山神社の谷を望む。ここから望む湯殿山神社の谷は深い。
昔、若い頃、滝水を浴びながら月光坂を鉄梯子で降りて神社まで行ったが、年老いた今、その気力体力は無い。

 


何故かここではハクサンフウロが咲いていた。山頂や稜線ではまだ咲いてなかったのに、ここだけ異常に早い。


何やら賑やかな男の声が聞こえて来た。
それは山伏ではなく、タケノコ採りのオッサンたち(たぶんプロ)だった。

登山者が(今日は)皆無のルートなので、私の姿を見て彼らも吃驚したようだ。
「石跳(いしばね)川を登って来て、タケノコ採って、またそこを降りるつもりだが、
残雪で一部の道が塞がれており、けっこう難儀した。アンタはどっから来た。」と聞かれたので、
「キヌガサソウを見たくて山頂から降りて来た。帰りはまた金姥まで登り返してリフトで降りる。」
と言ったら、
「キヌガサソウ、そんな花知らねえな。リフトはまだ乗ったことがねえ。料金はいくらかかる。」との質問。

往復で1100円と答えたところ、
「それは安い。我々も乗りたい。でもタケノコ背負って乗ったらひんしゅくものだな。気を付けて帰りな。」

と言って笑いながら、去って行った。

装束場付近から、来し方、金姥方面を望む。



ミズバショウがちらほら咲いているが、これを登り返して、右側の姥ヶ岳を越えるのかと思ったら、疲れがドッと出て来た。

キヌガサソウを見た後の装束場から金姥への登り返しはとてもしんどかった。

休む回数も増えて来た。
雪渓をやっと登り終えて、最後の休憩。

 
                                            コバイケイソウ


このままでは最終リフトに間に合わなくなるかもしれない。そうなったらタイヘンだ~! ε=ε=へ(+´π`;)ノ

と金姥からは小走りで姥ヶ岳に登り、リフト上駅へと滑り落ちた。この間、ガスが出て来て涼しかったのがさいわいだった。

姥ヶ岳にはガスが。



ガス山に変身。




リフト上駅へと降下中。




リフトには最終の五分前、16時25分に乗れた。
リフト下駅で降りたら、ニッコウキスゲが奇麗だった。




モウズイカの裏庭(トップ)へ。


コメント (5)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

月山でクロユリとキヌガサソウを見た。2(2021年6月30日)

2021年07月12日 | 月山/姥沢口

(本頁は「月山でクロユリ・・・を見た。1」の続きです。)

牛首手前の最後の雪渓から月山本体を望む。山頂までの標高差はあと250mくらいか。




牛首が近づくと、登山道沿いの花の種類も少し変わって来る。

雪渓が近くにあるせいか、雪田性の種類が多くなる。

ウズラバハクサンチドリとアカモノ



アオノツガザクラ



ミツバノバイカオウレン(コシジオウレン)                                                                                    
ヒナザクラ
 



イワカガミ




雪渓を越え、月山本体の登りに取りついたら、どうしたことだろう。花がさっぱり無いのだ。

昨年6月22日に来た時、いっぱい咲いていた花たち(こちら)はことごとく終わっていた。
年が違うのでそのまま比較はできないが、一週間程度でも花の様子は大きく変わるものだ。

仕方ないので、来し方を振り返りながら、ひたすら急坂を登る。

月山本体に登る途中、姥ヶ岳や紫灯森を振り返る。



月山本体に登る途中、姥沢リフト駅方面を振り返る。




朝日連峰




鍛冶小屋跡の前後が一番しんどかったが、11時前に山頂台地に到着。
ここはハクサンイチゲやミヤマキンバイ、イワウメがまだ咲き残っており、

更に新顔としてミヤマシオガマが加わり、場所によってはけっこう賑やかなお花畑になっていた。

山頂神社を望む。



ハクサンイチゲの咲き残り



ミヤマシオガマやミヤマウスユキソウなど。



イワウメ                                        
ミヤマキンバイ
 



ミヤマリンドウ



ミヤマシオガマ。左にミヤマウスユキソウ、右にホソバイワベンケイ。



ミヤマシオガマ                                   ミヤマウスユキソウ
 


鮮やかなミヤマシオガマをもう一枚。




表題にも挙げているクロユリだが、山頂台地の頂上小屋周辺でやっと見ることが出来た。

その数は数年前、或いは昨年よりは明らかに増えていた。しかし残念だったのは、多くの花が雹で傷んでいたこと。

ミヤマクロユリ、雹で傷んだもの



今年はあちこちで雹の被害が出ている(神室山のキヌガサソウなど)が、月山ではクロユリがもろにその害を被ったようだ。
無傷のクロユリを探していたら、妖艶な蛾、オオミズアオに遭遇した。

オオミズアオとミヤマキンバイ(ホソバイワベンケイ)



傷だらけのクロユリにガッカリしていた登山者に、この蛾の方が珍しいよ
なんていい加減なことを言ったら、機嫌が直ったのか、こちらにもカメラの列が出来たのには笑ってしまった。
その後、懸命に探したら、遅れて咲いた個体の中には無傷のものが幾つか有った。

ミヤマクロユリ、無傷に近いもの                            ミヤマクロユリとミヤマキンバイ
 



クロユリ生育地より山頂を望む。



クロユリ生育地より西側を望む。



西側斜面ではハクサンイチゲが開花中。



コバイケイソウ



月山でクロユリ・・・を見た。3」に続く。


モウズイカの裏庭(トップ)へ。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

月山でクロユリとキヌガサソウを見た。1(2021年6月30日)

2021年07月11日 | 月山/姥沢口

6月30日は姥沢ルートから月山に登ることにした。
このルートを選んだのは、
今頃の月山の旬の花、クロユリの他にもう一種類、久々に見たい花があったからだ。
登山リフトの開始時間は確か8時半と記憶していたので、それに間に合うようにと午前4時少し前に秋田市自宅を出た。
日本海東北道を南下していたら、鳥海山がよく見える。ところが県境付近で雨がパラパラ。
それにもかかわらず、南の方に月山も見えていた。不思議な天気だが、そういうこともあるんだろう。
庄内空港インター~鶴岡インター間が夜間工事中だったため、一旦、高速道を降りなければならなかった。
工事は朝6時までなので、あと数分で通行が再開するというのに、情け容赦なく空港インターで降ろされてしまった。
ついてないと思ったが、高速道を降りたら、田園越しに鳥海山や月山が奇麗だった。
高速を運転しながら、山の写真を撮ることは無理だ。これはいい機会を与えられたと気持ちを切り替える。

朝6時頃、庄内空港インター付近から見た鳥海山






鳥海山に較べると、月山の山姿はイマイチ。しかし・・・

朝6時頃、庄内空港インター付近から見た月山



そのまま一般道を南下し、鶴岡インターから高速(山形道)に復帰。

櫛引パーキングから鳥海山を振り返る。



なんか鳥海山に登山するみたいだが、今日、登るのは月山だ。
登山口の姥沢大駐車場には7時20分頃、到着。今日の月山は予想通り、よく晴れていた。

姥沢(大駐車場)から月山を望む。



姥沢(大駐車場)から最初に登る姥ヶ岳、リフト駅を望む。




ここからリフト駅までは歩いて15分くらいかかる。

なおリフトの運転スタートは確か8時30分だとのんびりしていたら、他のお客さん達が7時40分頃になり、ゾロゾロと歩き出した。
 (´π`;)ワタシも慌てて附いて行ったら・・・

リフト駅に行く途中、ムラサキヤシオの残り花が奇麗。



途中のプレハブ小屋で入山料いや協力金200円を徴収しているお爺さんから、
リフトの開始は8時丁度だよと聞き、合点がいった。おかげでほぼ一番でリフトに乗ることか出来た。
リフトの通り道はニッコウキスゲが見頃だった。


リフト下駅                                   リフト乗りはじめ。下にはニッコウキスゲがいっぱい。
 


リフト通り道のニッコウキスゲ。下山後、撮影。



他にコバイケイソウやハクサンチドリもリフトに乗りながら十分愉しむことが出来た。

今回の非合法マップ



リフトを降りたら、まずは姥ヶ岳に登る。

リフト上駅から姥ヶ岳を見上げる。



姥ヶ岳や稜線を通らず、牛首に直行する道も有るが、そちらは今の時期、残雪に覆われ、花はまだ咲いていないだろう。

稜線は雪消えが早いのでいろんな花が咲いてるだろうと姥ヶ岳山頂をめざす。
しかし姥ヶ岳の斜面には雪がびっしり、下の方の雪渓は回避できたが、
上の方の雪渓はどうしても通らなければならない。傾斜が急なため、アイゼンを装着した。
この先も二回ほど雪渓を渡るが、傾斜が緩かったので、月山山頂までの間、再びアイゼンを履くことはなかった。

姥の登りから月山を望む。



姥の登りから朝日連峰を振り返る。                       
雪渓を終えたら、チングルマのお花畑
 


急な雪渓を登り終えたら、ご褒美のようにチングルマがいっぱい咲いていた。

チングルマのお花畑






姥ヶ岳山頂に着いたら、鳥海山が見えた。




鳥海山には少し雲がかかっていた。




姥ヶ岳から紫灯森にかけての稜線は花が多い。
ハクサンイチゲやシラネアオイ、チングルマは終わっていたが、他の花は健在だった。

エゾノツガザクラとチングルマ一個



ミヤマウスユキソウ


ミヤマウスユキソウ(下山時撮影)



ウズラバハクサンチドリ                          
うずら葉でないハクサンチドリとヨツバシオガマ
 



キバナノコマノツメ



稜線のヨツバシオガマや
ニッコウキスゲは咲き出したばかりだった。

ヨツバシオガマ                                    ニッコウキスゲ
 



品倉尾根方面の眺め



月山でクロユリ・・・を見た。2」に続く。


モウズイカの裏庭(トップ)へ。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

初夏の月山登山と朝日連峰の展望(2015年6月7日)

2021年06月12日 | 月山/姥沢口

(本記事は自ホームページの旧記事をブログ用にリメイクしてアップ。その後、内容を少し改め、再アップしたものである。)

再開した山歩き、鳥海山(記録はこちら)の次はその南隣に聳える月山だ。
今回の目的は早い時期に咲く高嶺の花、ミヤマシオガマとミヤマクロユリ。

当初、羽黒山ルートから入ろうとしたが、6月下旬まで道路閉鎖中とのことなので、志津(姥沢)ルートに変更。
こちらは秋田市から遠いが、リフトも有り、一気に高山帯に突入できる。
秋田市を午前4時に出発したら、早く着きすぎてリフトが動き出すまで1時間ほど空白が生じた。
時間が勿体ないので、大昔、一度だけ訪ねたことのある大井沢地区まで足を伸ばしてみる。
朝日連峰や月山のビューポイントを探してみる。

竜門山(1687m)だろうか。


 

寒江山(1695m)だろうか。



以東岳(1771m)



大井沢の奥を走っていたら、時おり朝日連峰の白く美しい山々が見えたが、名前は特定できなかった。

そうこうしているうちにリフトが動き出す時間が迫ってきた。
姥沢に向けてリターンの途中、月山がよく見えた。なんか思ったよりも雪が少ない

左から湯殿山(1500m)、姥ヶ岳(1670m)、月山(1980m)。 




左から姥ヶ岳(1670m)、月山(1980m)。



と思ったが、

リフトを降りたら、姥ヶ岳の斜面はまだびっしりと雪に被われていた。
驚いたのはスキーヤーやスノーボーダーの数の多いこと。 (´π`; ワタシのような登山者は圧倒的に少数派だった。


姥沢リフト上駅






姥ヶ岳雪原の上りから見た月山



姥ヶ岳の登りは (´π`; けっこうしんどい。ついつい立ち止まり、後を振り返ってしまう。
そこには朝日連峰が。

今日は異常なほどに天気が好い。
月山には過去に5,6回登っているが、いつもガッ山⇒ガス山、こんなによく晴れた日は初めてだ。

朝日連峰の主脈




朝日連峰北部の盟主、以東岳が目立っている。

 



(´π`; なんか山の眺めだけになってしまったので、軌道修正。

姥ヶ岳まで登ったら、やっと地面が踏めた。そこから金姥、紫灯(さいとう)森、牛首にかけての稜線、
そして月山の登りは既に雪が融け、あちこちでお花畑になっていた。

ハクサンイチゲの群生



近づいてみるととても初々しい。

ハクサンイチゲ                                    ウズラバハクサンチドリ
 


ハクサンイチゲ




チングルマとイワカガミ                                  イワカガミ
  

    


朝日連峰の眺め




ミネザクラ(タカネザクラ) 



月山山頂に到着。




山頂台地は夏場、広大華麗なお花畑になるが、さすがに今の時期はまだ寒々とした雰囲気だった。

ハクサンイチゲも枯草の間からようやく咲き出したばかり。

今回、見つけたミヤマクロユリの蕾                           ヒナザクラ
 


月山は黒百合の咲く山とのイメージがある。

今回、久々に初夏に登ったので昔見た場所を探してみたが、さっぱり見つからなかった。絶滅しちゃったのかな。
一本だけ見つけたが、まだ蕾は固かった。

もうひとつの目的の花、ミヤマシオガマも一所懸命探してみるが、 (´π`; 見つからない。

それでも下山時、紫灯森付近で咲きかけたのを二、三個見つけた。
こちらは明らかに早すぎたようだ。

今回、見つけたミヤマシオガマ。



 
月山には小さなエーデルワイス、ミヤマウスユキソウが多い。こちらもまだ咲き出したばかり。

ミヤマウスユキソウ(ヒナウスユキソウ) 



他には・・・

ミツバノバイカオウレン(コシジオウレン)                      エゾイチゲ(ヒロハヒメイチゲ)
   


月山は高山植物が豊富な山だが、
鳥海山におけるチョウカイフスマやチョウカイアザミのような固有種は残念ながら無い。
ミヤマクロユリは珍しいが、それは東北での話であり、中部山岳に行けばいっぱい咲いている。
エゾイチゲは北海道で見られるイチゲの仲間で本州には無いものとされていたが、月山にだけ生えている。
こちらの方が黒百合よりも希少価値があるかもしれない。しかし小さく地味な植物なので見過ごされやすい。
なお月山にはよく似たヒメイチゲも有る。

下山に当たり、再び朝日連峰の大観を。
太陽の角度からして午後には見えにくくなるものと思っていたが、
今日はどうしたんだろう。更に澄み切って来たような感じだ。

カジ小屋跡地付近から眺める。 

 



左から、小朝日岳、大朝日岳、中岳、西朝日岳、竜門山、寒江山。


 

朝日連峰越しにまた別の白い山並みが。飯豊連峰だ。

竜門山、寒江山の奥に飯豊連峰。 



朝日連峰最後は一番近くの以東岳をアップで。
いつかは登ってみたい山(2019年にやっと登頂。⇒こちら)。

以東岳 




ところで今回は北の方の眺め、特に鳥海山を報告していない。

理由は鳥海山にだけ執拗に雲がまとわりつき、よく見えなかったから。
こういった現象(月山は晴れているのに鳥海山は雲隠れ、あるいはその逆)はよく経験している。
それでも今日は姥ヶ岳近くまで降りてきたら、はらりと雲が取れた。




その後はよく見えるようになった。

酒田みなとIC付近より見た鳥海山。



鳥海山は秋田県に入ってもよく見えていた。

にかほ市郊外より。




 (´π`; 今回のレポートは月山なのか鳥海山なのか(はたまた朝日連峰なのか)
わからなくなってしまったが、これにておしまい。

モウズイカの裏庭(トップ)へ。


コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

紅葉する月山へ。(2015年9月21日)

2020年09月24日 | 月山/姥沢口

9月21日は紅葉を観に月山に行って来た。
いつもなら鳥海か月山のどちらにしようか迷うところだが、今回は迷わず、月山とした。
それは月山の方が鳥海山よりも少しだけ内陸にあるので、紅葉の時期がやや早く、色も鮮やかだろうとの読み。

今回、その読みは当たった。

姥沢の大駐車場から月山を望む。



今回は姥沢ルートを上下した。


今回の非合法マップ




姥ヶ岳への登りから月山を望む。




金姥付近からの眺め。

 


 



紅くなっていたのは主にミネカエデだった。











少し巻き戻して登山者の様子を。

手前に並んでいるのはコバイケイソウの実。奥に一般登山者の列。



一般登山者は登る人ばかりだったが、白い行列は下る人ばかり。




白装束の皆さんと交叉。







今日はいつになく登山者が多かった。

牛首と山頂の間などは登山者の列が途切れることはなかった。
長い交叉待ちに声を荒げる人も居たほど。


月山山頂



途中で出会った個々の紅葉を紹介してみる。


ミネカエデ                                                                                                 クロウスゴだろうか。
 


常緑と紅葉のコントラスト。
ガンコウランとチングルマ。                                チングルマの草紅葉
 

 

高山植物の草紅葉

ネバリノギランの草紅葉
 



ミヤマキンバイの草紅葉                                                                           ミヤマキンバイの残り花
 
 


ハクサンイチゲの残り花。山頂付近にて。                                                     意外と奇麗だったヤマブキショウマの草紅葉

 
 


木の実をひとつ。

このナナカマドは緑葉に赤い実がよく映えていた。ウラジロナナカマドだろうか。

 



残り花を追加。


ナンブタカネアザミ                                                                                      エゾオヤマリンドウ
 



樹木紅葉と草紅葉のグラデーション。








手前の枯草はコバイケイソウ



この日の紅葉は姥沢リフト上駅のすぐ下あたりから上が本格的になっていた。
ワタシ個人としては、今年初の紅葉狩りとなった。




下山後、リフト下駅付近にて。

ミヤマニガウリの実



月山からはほとんど見えなかった鳥海山が、帰り道ではよく見えた。

酒田みなとIC付近から。


上半分が赤っぽく見えるが、これは紅葉のせいなのか、日没間近の日の色のせいなのか

どちらか分からない。いずれにしろ、近く行ってみることだけは確かだ。


モウズイカの裏庭(トップ)へ。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする