モウズイカの裏庭2

秋田在・リタイア老人の花と山歩きの記録です。

早坂高原を朱に染めるのは誰?(2011年10月8日)

2021-10-31 | 早坂高原

(本記事は自ホームページの旧記事をブログ用にリメイクしたものである。)

早坂高原は昨年の真夏に偶々訪れ、ここは凄いぞ!と直感。
今年は5月下旬のオキナグサを皮切りにかれこれ10回以上も通ってしまった。
最近、本業がとみに忙しくなっているので、今回、10月8日が今年最後の訪問となりそうだ。
この日の某高原は、前回(9月26日)よりも明らかに赤味を増していた。

手前の紅葉はドウダンツツジ



ワラビもオレンジに紅葉していた。




ドウダンツツジの紅葉                                 ミソハギの紅葉
 



草紅葉と言えば、オレンジ色が主流のように思っていたが、
この高原の場合は、他の原っぱとはだいぶ違う。
何が違うのか・・・
まずはご覧あれ。







北海道道東のアツケシソウには敵わないが、この地の草紅葉はやけに赤味が強かった。

赤の正体は・・・

その正体はミソハギだった。                             ミソハギの紅葉をバックにズミの実
 



前回同様、木の実も紹介してみよう。

ズミ。葉はすっかり落ちていた。



マユミ。こちらも落葉済み。



ノイバラの実



赤以外の木の実も。たぶんヤマブドウだろう。

 


新手の草紅葉に出会った。

ナワシロイチゴ




意外にもそれはどこにでもあるナワシロイチゴだった。
この植物がこんなふうに紅葉するとは今まで知らなかった。高原ゆえに昼夜の寒暖差が大きく、紅葉も深い色になるのだろう。


10月になっても、しぶとく咲き残る花達。

ツリガネニンジン                                     リンドウ
 



再び
朱に染まるミソハギの草紅葉を。





草の実

ノハナショウブの実                                   スズランの実
 


この高原のもうひとつの顔であるシラカバ林はどうだろう。




良くて黄葉。おそらくは褐色で落葉or飛散するのではなかろうか。

カエデの仲間も少し色づいてきた。




ナナカマドは花も葉も実も愉しめる。

 



ヤマボウシも三拍子揃っている。

ヤマボウシの紅葉と実



早坂高原、今年はおそらく今日が最後の訪問となるだろう。
近くの草原に居るベゴ達にも挨拶してから帰ろう。

いつもは遠くで屯しているベゴ達が、今日は道路の近くに居た。




この三頭はしばらく並んで草を食んでいた。

 



秋田市と早坂高原は往復で約350キロ(全て一般道)。

それを10回以上も走った我が愛車(当時はプリ〇ス)。この時期の平均燃費は26.5km/l。




最後に

草紅葉と花が混在している風景をば。

まだ咲き残っているのはノコンギク。バックの針葉樹はドイツトウヒ(植栽)。






そしてシラカバの疎林。




何か油絵のような風景だ。


モウズイカの裏庭(トップ)へ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

早坂高原でこんがり枯色や赤い実を愉しむ。(2011年9月26日)

2021-10-29 | 早坂高原

(本記事は自ホームページの旧記事をブログ用にリメイクしたものである。)

今年の9月中下旬はみごとに連休が潰れた。腹いせに26日を代休とし、岩手の早坂高原に向かった。
今回は短めに9月下旬の高原の様子を報告してみる。
木々の葉はまだ緑色だったが、そこかしこに秋の気配が立ち込めていた。




草原はこんがりトーストの色合いに変わっていた。




オミナエシの花は終わってもまだ黄色を残している。

オミナエシの古花                                  ミソハギの草紅葉
 


ミソハギは今まさに草紅葉に変わろうとしている。

焦げて煤けたようなニョキニョキはアヤメの果実。




ところによっては野菊も混生。




ノコンギクとアヤメ(実)                               ネバリノギランの枯れ姿
 


野菊はまだ初々しいものも有った。

ノコンギク



前回(9月15日)、「ラストフラワー」と題したが、花はまだ咲いてた。


モリアザミ                                                                                                                                                 センブリ
 



リンドウは今が盛りだった。




 



表題に「赤い実を愉しむ」と書いた手前、幾つか紹介してみよう。

まずはズミ。

ズミ(エゾノコリンゴ)



次いでガマズミ、そしてマユミ。

ガマズミ                                        マユミ
 



マユミの全体像



他にはハマナス、スズランの実も有ったが、既に前回(9月15日)、紹介済みなので、今回は省略。

ナナカマドも有ったが、次回以降のお愉しみとしよう。

シラカバの木は夏姿のままだ。

 



牧野風景も少し。

北側の放牧地。ノコンギクの群生がみごとだった。





南側から北の放牧地を望む。





話はガラリと変わるが、
同時期(2011年9月28日)、秋田県内の某森林でトリカブトに遭遇した。
一般的なオクトリカブトと思われるが、白花は珍しいので、ここに挿入させて頂く。








モウズイカの裏庭(トップ)へ。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

初秋の早坂高原を駆ける。(2011年9月15日)

2021-09-26 | 早坂高原

(本記事は自ホームページの旧記事をブログ用にリメイクしたものである。)

9月下旬以降は本業が忙しくなりそうだ。少なくとも二週続く連休は全滅の予定。
ならば休みの取れるうちにと、急遽9月15日の木曜日に休みを入れてみた。

運のよいことにその日は晴れた。今年の恒例行事になった半月ごとの某高原参りに行ってみよう。




9月15日の早坂高原、さすがにオミナエシの花は終わっていた。

花は終わっても、黄色味はしばらく残る。それは茎のような花軸も黄色味を帯びているせいだ。
今の季節はこの花の持つシースルー効果がいかんなく発揮されている。

 



次いでミソハギの草紅葉だが、
お気づきだろうか。中ほどにオミナエシが立っている。

ミソハギ                                        ツリガネニンジン

 


このように前面に有っても、背景の植物や風景が透けて見える状態を『シースルー効果』と言う。

ツリガネニンジンもシースルー効果の持ち主だ。

秋になると、夏に活躍した花たちの第二ステージが始まる。

クサレダマの実



ハマナスの実                                         スズランの実

 



この白いパヤパヤは新顔みたい。
ヤマハハコだ。




ヤマハハコ                                                                                                                                                アキノキリンソウ

 



オミナエシの黄色の後任はアキノキリンソウだろうか。

秋になるとキク科の植物がとても多くなる。

アキノキリンソウ                                  ノコンギクとノハナショウブ(実)
 


この場所はもう数日したら、野菊のみごとなお花畑になることだろう。




ちょっと変わったアザミに遭遇。




根の漬物がヤマゴボウの名で売られているモリアザミだろうか。


こちらはたぶんノアザミの残り花だろう。タムラソウも残っていた。

ノアザミの残り花                                  タムラソウ

 


タムラソウに混じって正体不明のトウヒレン属も生えている。丈は30センチから1mまでと幅がある。




正体不明のトウヒレン属 
 


このトウヒレン属はいったい何者だろう。

手餅書籍等によれば、岩手県にあるトウヒレン属は、
イワテヒゴタイ、ナガバキタアザミ、ミヤマキタアザミ、ヒメヒゴタイ、ヤハズトウヒレン・・・。

秋の草原に咲く小さな草花たち。

ウメバチソウ。右の青白い蕾のようなものはセンボンヤリの閉鎖花。                    ウメバチソウ。真ん中辺にハナイカリの古花。
 



センブリも有った。ハナイカリはこれでも一応リンドウ科。花か実かよくわからん花だ。


センブリ                                         ハナイカリ
 


リンドウ科が続く。
いよいよ代表取締役リンドウのお出まし。

リンドウ。バックはアヤメの実。                                                                                              リンドウ。上から撮影。
 


意外に思うかもしれないが、私が野生のリンドウを見たのは今回が初めてである。

秋田の野山にあるリンドウはエゾリンドウやエゾオヤマリンドウばかりであり、花の先端(裂片)の開きはあまり良くない。
花の開くリンドウ Gentiana scabra var. buergeri は太平洋側に多く分布しているようだ。

ハマウツボ科も二種類有った。いずれも半寄生植物。

シオガマギク                                    タチコゴメグサ?

 


残念なり。今回、花の盛りは過ぎていた。

 
シラカバ林に踏み込んでみる。




林の下で見かけた花や実。
当初、ゴマナの貧弱なタイプかと思ったが、シロヨメナのようだ。

シロヨメナだろうか。
 



他にはアキノキリンソウやツリガネニンジンなどもいっぱい咲いていたが、既に出ているので省略。


秋の高原も良いもんだ。可能ならば、年内にもう一、二回来てみよう。

 


モウズイカの裏庭(トップ)へ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

初めての早坂高原・牧歌編(2010年8月23日)

2021-08-31 | 早坂高原

「本ページは「初めての早坂高原・盆花編」の続きです。」

お花畑の近くには牧草地が広がっていた。




こういうなだらかな地形は老年期の終わり、いや準平原だったかな。

北上山地はそのいずれかだろう。




あっ(^^♪モウさんだ。ここは牧場だった。




近くにはホルスタイン。




「盆花編」で紹介しきれなかった花たちを少し。

地味な花ばかりだが、私は無視したくない。




イブキボウフウ                                        オオヨモギ

 


ヒヨドリバナ。そして左隣に枯れかかったクガイソウがあった。




ズミの実                                        クサレダマの実
 



ナワシロイチゴの実








白樺林を散歩。





シラカバ                                         ツリガネニンジン

 



白樺と言えば、「高原」の代名詞。

私のような年寄りは「高原のお嬢さん」(舟木和夫)や「避暑地の出来事」((^o^;)映画ではなくて荒井由実の方)
などのメロディを思い浮かべ、
ロマンチックな気分になるのだが、
この樹が自然に生えるような場所は、そんな生易しいものではない。

夏は涼しいが、冬の気候は・・・・。

ちなみにこの高原の近くにある藪川は本州で最も{{{゚◇゚;}}} ガクガク寒い場所として知られている(詳しくは、こちらを参照されたし)
同じ緯度でも、秋田の同程度標高の山林ならスギやブナ、ミズナラ、カエデ類などに覆われている。
本来こういった樹林に覆われるべき場所が、
岩手のこの場所ではシラカバになっている。
いや、なっていると言うよりも、シラカバくらいしか生育できないほどの厳しい場所なのだ。

シラカバ林で見つけた草花を少し続ける。

ハンゴンソウ



ススキ                                            サラシナショウマ
 



これは花の終わったキキョウ。




秋田では絶滅に近い花だがここにはまだ残っていた。

うっ( ̄π ̄;この花は何だ?

 



もしかしてホザキシモツケだろうか。

もしそうだとしたら、
国内、自然状態では、北海道と日光戦場ヶ原、霧ケ峰高原にしかないと言われていたので、
今回の早坂高原は新たな生育地の発見と言うことになる。

こんなに簡単に、しかも行き当たりばったりで新生育地なんて見つかるものなのかな。
と思っていたら、
植物に詳しい友人から、
ホザキシモツケは、北海道・長野県・栃木県の他に、岩手県でも生育が確認されているとの情報を頂く。

ならば( ̄π ̄;この実は何だ?




正解は「ハマナスの実」。

海岸植物のハマナスがこんな内陸で、しかも標高1000m近い高原に生えているのは何故だろう。

最後に。




本来なら海岸にしか生育しないハマナスがこのような高原に分布しているのは、かつてここを往来した牛のしわざと推測した。

この高原は面白い。また時期をずらして何回か来てみよう。 


モウズイカの裏庭(トップ)へ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

初めての早坂高原・盆花編(2010年8月23日)

2021-08-30 | 早坂高原

(本記事は自ホームページの旧記事をブログ用にリメイクしたものである。)

今年(2010年)の夏は異常な暑さ続きだった。
こういう時は、高い山の上や北海道にでも行き、花を眺めたいところだが、諸事情あって出来ないでいた。

ところが8月下旬の平日、ひょっこり休みが入った。
隣県岩手ならそう遠くは無いし、鍾乳洞なら涼しかろうと、日帰りで龍泉洞に行くことにした。

途中、岩手県内のとある高原を通りかかったら・・・
意外や意外!そこには素晴らしいお花畑が広がっていた。その景色や花風景は信州の名だたる高原を髣髴とさせるものがあった。
こんな近場にこんな素晴らしい場所があったとは!!




結局、この日はこの高原を探索するだけで終わった。龍泉洞はまたいつかの機会としよう。

この高原にはオミナエシがやたらと多かった。




 





そして意外だったのは
ミソハギもやたらと多かったこと。










オミナエシとミソハギ。
ともに秋田では盆花として墓参りなどでよく使われているが、
両者が一緒に自生しているところを見るのは初めてかもしれない。

通常、オミナエシは乾いた草原に、
ミソハギは休耕田や沼地など湿ったところと別々に生えているものだが、ここでは一緒なのである。

ミソハギ                                          ヤナギラン
 



ミソハギが優勢すぎるせいか、高原の女王様、ヤナギランはここでは精彩を欠いていた。




他にもいろんな花が咲いてた。




タムラソウ                                        タムラソウにモンキチョウ
 






キク科・他の面々

ヤナギタンポポ                                       カセンソウ
 


ヤナギタンポポは男鹿の寒風山で見ている。   

ユウガギク



ヤマハハコ(キク科はここまで)                             ハナイカリ(リンドウ科)
 



ハナイカリは
30数年前、十勝の海岸で群生を見た以外は、数年前、美ヶ原でちらっと会ったきり。
秋田県では絶滅危惧種ⅠA類。

ウメバチソウ。奥の白花はゲンノショウコ。                       シモツケ(バラ科)
 


尊敬する植物学者、故・中尾佐助氏の著作、「花と木の文化史」(岩波新書)の中に、
氏が選んだ世界の「自然十景」というコーナーがある。

そのうちの一景が、今回、私の見た花風景に共通するように思ったので、いささか長文だが、該当箇所を抜粋引用してみる。 

『メドウ・ステッペ~追憶の花園』
中国東北部大平野の北辺、黒竜江の南側に小興安嶺と言うさざなみのように重なった丘陵性の山脈がある。
そこにメドウ・ステッペの花園がひろがる。

私は昭和15年の夏にそこを南から北へ一直線、黒竜江の岸まで旅行し、その美しさに一目惚れしてしまった。
丘陵の間の低地は湿地となり、流れや沼が連なり、

スゲの野地坊主(やちぼうず)が茂り、通過困難になっているが、丘陵の中腹は花園になる。
オミナエシ、キキョウ、ワレモコウ、ナデシコ、リンドウ、ヤツシロソウ、フウロソウ、シオン、トウヒレン、
カラマツソウ、ヤナギタンポポ、ツリガネニンジンなどのような、
日本の秋の七草そのもの、またはそのごく近縁種が一面に咲き出してくる。
オミナエシの多い所は黄色の原に、キキョウは紫色の原に、
カラマツソウは白い花園になったりしている。
花の間を歩き回るのは容易で、よく見ると下生えの小型の草の花も多い。

そして丘陵の上にはシラカバの疎林があり、その尾根の上にはウスユキソウの花が咲いている。
日本人の目から見て、奇異でもなんでもないありふれた花だが、みごとに集団美となっている。
これがメドウ・ステッペの花の群落である。

・・・ 日本国内では、いわゆる高原と言われる場所で、
これに似た花風景が少しだけ見られる(例えば、信州の高原、他には九州の阿蘇や九重山周辺、伊吹山、北海道の一部など)。

このような花風景、残念ながら秋田には無いが、直ぐ隣の岩手県には有った。







ススキ




牧歌編」に続く。

モウズイカの裏庭(トップ)へ。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする