肝臓病と共に生きる人たちを応援します

肝臓友の会との関わりで成長した肝臓専門医のブログです。2017.2.12より新規開始しました。

2015年新篠津 滝川肝がん検診予約受付中 きたえーるの医療講演も 道新でも紹介2015.5.30

2015年05月31日 | 肝がん検診
 
 道新でも6月20日の新篠津の肝がん検診ときたえーるでの医療講演、21日の滝川での肝がん検診のお知らせのせてくれました。とてもありがたいです。いつもありがとうございます。
締め切りは6月3日になっていますが、電話頂ければそのあとも受け付けます。
 
 
ポチッとして頂けたら幸いですにほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へにほんブログ村
コメント

ソバルディ服用患者様向け情報 ネットで公開されていましたー

2015年05月31日 | C型肝炎ウイルスの治療

←大きくみたい方はこちら
服薬道八四次ってなかなか楽しい気持ちになれるグッズが作られています。いろんな知恵を出し合ったのがわかりますねえ。
患者向けページからのコピペです。是非ホームページもみてみてくださいね。
本物は薬を処方してもらったらもらえるようになりますので、ちょっとつないでこんな感じってのを作ってみました。


「服薬道八十四次」を ともに歩むために

https://www.sovaldi.jp/pt/support/fukuyakudo/hachijuyontsugi
ソバルディ・リバビリン併用療法(以下、ソバルディ治療と略します)は、C型肝炎ウイルスが増えるのを抑え、体の中からウイルスを排除することを目的にしています。その効果を得るためには、3ヵ月(12週間、84日)の間、毎日お薬を飲むことが何よりも大切です。
ですが、「3ヵ月間、毎日お薬を飲むなんて・・・」と不安に感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな患者様のために、3ヵ月間のソバルディ治療を旅路になぞらえた服薬サポートプログラム「服薬道八十四次」をご用意いたしました。このプログラムには、患者様に最後までお薬を飲み続けていただくための、3つのサポートがございます。

ぜひこのプログラムへご登録いただき、ご活用ください。このプログラムが患者様の治療の旅の「おとも」となれば幸いです。
コメント (6)

名古屋医療講演&交流会大成功!!

2015年05月30日 | 医療講演
 
岐阜に続き名古屋で、医療講演をしてきました。
総勢20名の参加、交流会には16名の方が参加してくれました。
インターネットでのお仲間さんが多数参加してくれてとても楽しいひとときでした。B型・C型肝炎救済全国センターの方々も参加してくれて、お互いのがんばりを苦労を共有できて涙もうるうるな感動的な交流会となりました。
新しい治療に向けて、みんながんばっているところで本当にいい交流が出来たと思います。
これからもよろしくお願いいたします。

 
 
ポチッとして頂けたら幸いですにほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へにほんブログ村
コメント (2)

世界の山ちゃん名鉄太閤店に下見いってきました 修正あり

2015年05月30日 | 
 

 5月30日の名古屋での交流会に向けて、山ちゃん太閤店にしたみに言って参りました。お店で確認したところ20~30名かなといったら、30名で予約とっておいてくれたので、多くなっても大丈夫そう。って早く電話くださいねと言われちゃった。来た人達に参加確認しますね。
会場からはちょっとあるきますが、まだこの時間あかるいですねえ。わあ。
講演会の会場は、新幹線口をでると右手(左って書いてましたすみません)にホテルが目印に見えるのでたぶん大丈夫でしょう。
コメント (2)

ギリアドの「ハーボニー」了承、来月末にも承認 医薬品第二部会 いよいよです C型肝炎1型用

2015年05月29日 | C型肝炎ウイルスの治療

miyaさんのページから情報ゲットです。是非miyaさんのページ見てみてくださいねえ。

ギリアドの「ハーボニー」了承、来月末にも承認 医薬品第二部会( 5月28日 22:34 )
薬事・食品衛生審議会 医薬品第二部会
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000085118.html
日 時 平成27 年5月28 日(木)17:00~19:00
議題 (抜粋)
議題3 医薬品ハーボニー配合錠の生物由来製品及び特定生物由来製品の指定の 要否、製造販売承認の可否、再審査期間の指定並びに毒薬又は劇薬の指定 の要否について


ミクスonline

https://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/51631/Default.aspx
薬食審・第二部会 ジェノタイプ1型C肝薬ハーボニーの承認了承 ソホスブビルとレジパスビル配合(公開日時 2015/05/29 03:52)
-----------
【勝手な日程予測 】
毎年だいたいこんな感じで行っているのでそうそうずれないとは思います。(Kawanishi追記)
6月 : 承認認可
8月/?? : 中医協にて薬価決定
数日後の8月の暑い盛りを過ぎた頃?? : 戦略会議で助成について決まる
数日後(ここ数年8月下旬か9月初だが、報道で8月下旬らしい) : 薬価収載
8/?? : 発売

写真はハーボニーと畑準備したところこれからって意味を込めて
コメント (5)

限度額適用認定証交付申請書類を書きました Yukettaさんのページとmiyaさんからの追記

2015年05月26日 | C型肝炎ウイルスの治療
実際に書類を書いてみた患者さんのブログからのコピペです。とても参考になります。
ネットからできるか他はこの方法で、印刷などの方法が難しい方は直接窓口でかけるので、電話をまずはして相談してみてくださいね。
以下、Yukettaさんのページのコピペですー。

限度額適用認定証交付申請書類を書きました。
本日の流れ
会社の健康保険組合に電話(健康保険証に書いてある電話番号)

電話口の優しい声の女性に、会社の健康保険組合のWEBサイトを教えてもらう

サイトを開き、さらに申請書類一覧のページを開く

健康保険 限度額適用認定証交付申請書類をプリントアウト

必要事項を記入(すっごくカンタン)

組合の住所を書いた封筒に入れ、郵便局へ。
用紙はとてもシンプルでした。

通院に◯しましたよ!

我が家はちょっと複雑なことになっているので、書き方を間違えているかもしれませんが、それでもまだ時間があるから、とりあえず提出しておこう…今は、そんな軽い気持ちです。

捕捉
こちらにも厚生労働省の限度額認定証の紹介ページを貼っておきます。(くどかったかナ)

「高額な外来診療を受ける皆さまへ」厚労省

miyaさんから貴重な情報追記しておきますー。

先生、いつもありがとうございます。
気付いていることを補足させてください。私は、自身、家族、友人の代理で、違う機関で何度か経験があるので。

協会けんぽの場合は申請月から最長1年。

国保の場合は、前年の所得額が保険関係に反映され、限度額の認定に反映されるのが6、7月なので、7月ごろに一旦区切られるのだと思います。
よって、(7月まで他の治療で必要な場合は別として) ハーボニー治療予定の人は、事務係と自分自身の双方とも二度手間にすることはありませんので、ハーボニーの認可・発売時期見込みでは、8月に認定証を入手すれば大丈夫と思います。健保関係の事務は月の初めと末ごろが比較的混むようですので、時間に余裕を持ってお出かけください。

健保組合の場合は有効期間半年の所も結構あるようですが、組合に確認してください。確認事項は、その他、院外処方の取り扱い方、付加給付がある場合、公費助成(肝炎助成)が後日承認された時の扱い等々、組合の場合はそれぞれで違うようです。

限度額適用認定証というのは、その名の通り、その人の高額療養費の自己負担の限度額がどの区分なのか「認定」して、病院で、「この人はこの区分で扱ってくださいー」と通知する証書なので、事務作業的にはそう大変なことではないと思いますが、窓口が混むと、多少時間がかかるかもしれません。

なお、高額療養費は世帯合算出来る場合がありますので、合算が自己申告制の場合は、後日の申告し忘れにご注意ください。

また、ソバルディでは入院で開始するケースもあるようですので、ハーボニーも、通常は外来で開始できると思いますが、入院が必要なのか、念のため、ご自分の治療方法を主治医に確認してしてからの方がいいと思います。

留意事項はたくさんあって、書ききれないので、ご自分の場合を確認して、準備で疲れないよう(笑)、進めましょうね。
手続きする当方は一つのケースですが、受ける先方は、たくさんのケースがあるので、何をどうしたいのか明確に伝えて、みんなで気持ちよく準備できますように。

先生、長々と失礼しました~。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/kougaku_gairai/
コメント (7)

ソバルデイにむけて 本格的な準備が始まりました

2015年05月26日 | C型肝炎ウイルスの治療
 
いよいよ、C型肝炎のセロタイプ2型の方むけの新しい薬であるソバルデイが発売になりました。発売が決まって患者さんへの説明を続けています。自己負担で保険診療で3割負担が4週間で50万必要になるという話ですぐ治療しますと言える方はいませんが、助成がきてからお金がかからない状態になってからと希望される方も少ないですね。少しでも早い方がいいですよねと高額療養費を検討して6月初めには開始したいですという方が多いです。それだけ待っていたということになりますね。一人でも多くの人が少しでも早くウイルスフリーになってくれたらと願います。
写真は層雲峡の新緑です。
コメント

ララ参上 えーって感じ

2015年05月25日 | 動物
 
 
出張から帰ってきたら、なんと一匹増えてるー。ソックスの妹って、ララだそうな。ソックス2もありかと思ったけどそうは行かないらしい。
コメント (7)

○FMアップル B型肝炎訴訟応援枠 2015年5月25日月 午後4時から30分から

2015年05月25日 | FMアップル ニュースJapan
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
○FMアップル B型肝炎訴訟応援枠 2015年5月25日月 午後4時から30分 にいってきましたー
FMアップルでのB型肝炎訴訟応援放送も午後4時から有ります。
http://www.ustream.tv/channel/8155634
エリア外はインターネットで見れますので是非生中継みてください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2015年5月25日月 午後4時から30分 
今回はB型肝炎訴訟原告さんと
ニュース
C型肝炎の新薬 ソバルディについて 高額療養費の外来での利用
B型肝炎のテノフォビルテノゼットの長期処方が可能になる件について

これまでの取り組み
署名活動の状況。
5月2日は白老、安平での医療講演。
5月10日 小樽での街頭署名
5月13日石狩市議の片平議員のところで肝炎問題について話してきました。
5月16日静岡での医療講演 横浜の患者会の方と会ってきました。
5月21日国会への署名届けている その地域の議員さんへ持って行くように随時している
5月23日遠軽38名、24日北見42名受診、助成が復活した北見では20~40名と倍増、肝がん検診してきました。

5月から障害手帳の検討が始まって、ChildBから使える基準になりそう。

サポート集会全国で回ってきた、仙台にもいってきました。議員の方々の協力。
山口は小さい地域だが、現職の大臣が集会に来られた。
ブログ等はどうでしょうかと
忙しくて、一段落がついたところ

今後の予定です。
5月30日岐阜
肝臓を元気にするために B型ウイルス性肝炎の最新医療
演者
肝がん検診団 団長
札幌緑愛病院 院長 肝臓センター所長  川西 輝明

5月30日土 名古屋で医療講演と交流会
6月1日月 東京でサポート集会 1500人規模を目指している
6月7日日 午後1時半から 平岡 おいで会館 札幌市清田区平岡2条3丁目6ー30
     主催 平岡しんたく自治会女性部
6月14日日 午後2時~4時まで かでる2・7
6月20日土 午後2時から 豊平区 きたえーる大講堂(広いのでたくさんきてくれたらありがたいです。。。)
      住所 札幌市豊平区豊平5条11丁目1-1
元気の出る医療講演
肝がんの不安のなくなる世の中を目指して
やせるコツ伝授します?
 B型・C型ウイルス性肝炎の最新治療と
治ってきたらの脂肪肝対策に生活習慣病対策にもばっちりです
演者
肝がん検診団 団長
北海道肝炎患者対策協議会 代表代行
札幌緑愛病院 院長 肝臓センター所長  川西 輝明

6月20日新篠津、21日滝川で肝がん検診
6月27日土、午前和歌山、午後大阪で医療講演
6月28日日、B型肝炎の研究班で行う国際シンポジウムが大阪で行われます
7月18日北見枝幸、19日稚内で肝がん検診 18日稚内で原告さんたちと勉強会

シンガーソングライターあきのギター弾き語り付きは
あきらめないで
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
ポチッとして頂けたら幸いですにほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へにほんブログ村
コメント

2015年遠軽北見肝がん検診スタート 終了しましたー

2015年05月24日 | 肝がん検診
 
 
 
 
 遠軽38名、北見42名の予約にて、23日は遠軽の肝がん検診です。天気もよくて日中23度になるとか、暑いー。2015.5.23作成
遠軽では幸い肝がんの方はいませんでした。C型肝炎の方が10年ブリに受診、インターフェロン療法を勧められたとのことで治療方針について確認ができればときていました。以前慢性肝炎(C型)であった経過がある方なので、可能な治療を説明して副作用をなるべく減らす工夫などもできればよりよいことなどお話しいたしました。受診して治療に入りたいと行ってくれたのでよかったです。まだまだ治療を勧められていない患者さんがいます。ウイルスがいることが寿命を短くしているというデータもでてきているのでできるだけ早く肝炎ウイルスを排除できれば理想だろうなあと思います。
 北見の肝がん検診はじまりました。患者会の方々の努力で助成制度が再開しました。一人2000円の助成が実現して4000円で受診できるというもの。これにより20人から40人へと受診者が増えてくれました。一人でも多くの方が安心できるよう引きつづき頑張っていきたいです。
北見の受診者も42名すべてが受診してくれました。C型肝炎の治療について勧めたかたがいました。北見の保健福祉部の方も見に来てくれて来年に向けて助成が継続できるよう頑張ってくれると言うことでした。ありがたいです。
助成が復活して、肝がん検診があると言うことを知ったという方も増えてきました。過去の受診者の方も助成が復活してくれて受診できるようになったと話してもいました。2015.5.24更新
コメント

レンガ亭 遠軽での夕ご飯

2015年05月23日 | 
 
 肝がん検診の遠軽で前泊するときに利用しているお店です。今回も、鶏の胸肉を美味しく食べさせて下さいって感じで。おいしかったあ。
 
最初の四品は、野菜の煮物、蕗の煮物、鶏の胸肉福井のゼンマイいりミートローフ、サクラマス
 
つぎがプレミアムアボカドを使ったマグロとハマチの漬けおいしかったです。
 
最後の4品は、イワシの竜田揚げ、鶏の胸肉の唐揚げやわらかいのねえ、さつまいも天ぷらほくほくでした、厚焼き卵一切れが卵1個分という大盤振る舞いでした。今回もおなかいっぱい。肉豆腐あったら大変なことになっていたとホットした私でした。
コメント

ソバルディとコペガスの12週分について 費用について 高額療養費「限度額適用認定証」の活用も

2015年05月23日 | C型肝炎ウイルスの治療
 
 
いよいよ、C型肝炎の2型の方の飲み薬での治療がはじまります。5月25日から使える予定とのことでした。助成が活用できるまでには3ヶ月くらいかかっていますので、少しでも早くはじめたい方は、高額療養費などの制度の活用を検討して下さい。少しでも立て替える金額を減らしたいかたについてはこの制度で助かる方も多いので。。。2015.5.21
miyaさんからのアドバイスありがとうございます。この方がわかりやすいですね。追記2015.5.23
外来でも高額療養費の「限度額適用認定証」を使えるということをご存じ無い方が多いので、限度額適用認定証を治療開始時までに入手し病院窓口に提示されるようしてください。そうで無いと、結局、後からの償還の扱いになってしまいます。
「高額な外来診療を受ける皆さまへ」厚労省
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/kougaku_gairai/

実際の薬の量については
ソバルディ錠400mgが1日1錠毎日、コペガスが1日3~5錠を体重に応じて毎日内服する形になります。
体重        1日投与量 朝食後 夕食後
60kg以下      600mg   200mg  400mg
60kgを超え80kg以下 800mg   400mg  400mg
80kgを超える    1,000mg  400mg  600mg
もちろん患者さんの状態に応じてこの量とはならない場合があります。それはその方にあった量になるので調整はよいことですから普通量がいちばんいいという勘違いはしないようにして下さいね。
コペガスはリバビリンなので、貧血や皮疹などの副作用がありますが、インターフェロンを併用しているときよりは出方がかなり少ないことがわかっています。それでもないわけではないので副作用に気を付けながら(量の変更や副作用への薬を検討)継続します。

12週間内服した際の費用は
コペガス錠200mgを1日3錠飲む方は、12週で539万20円  1割負担の方なら53万2円 3割負担の方なら161万7006円
コペガス錠200mgを1日4錠飲む方は、12週で545万6312円 1割負担の方なら54万5631円 3割負担の方なら163万6894円
コペガス錠200mgを1日5錠飲む方は、12週で552万2605円 1割負担の方なら55万2261円 3割負担の方なら165万6782円
かかります。
保険の適用で1割から3割を負担することになりますが、それでも28日単位ので処方になるので、この3分の1
1回の処方での薬代は、1割負担の方なら
コペガス錠200mgを1日3錠飲む方は、28日で179万6673円 1割負担の方なら17万9667円 3割負担の方なら53万9002円
コペガス錠200mgを1日4錠飲む方は、28日で181万8771円 1割負担の方なら18万1877円 3割負担の方なら54万5631円
コペガス錠200mgを1日5錠飲む方は、28日で184万868円 1割負担の方なら18万4087円 3割負担の方なら55万2261円

どちらにしても大変高額です。助成制度が適応されてからと言う方は3ヶ月くらい待たなくてはならないので、少しでも早く治療をしたい方については高額療養費の制度を活用して下さいと話しています。保険の種類によって方法が変わりますので、確認の上手続きをしてできるだけ早く薬を始めることができるように出来たらと思います。それでも高額になるので難しい方は遅くても8月頃には助成を使えるようになるのでその準備に入ってくれたらと思います。

高額療養費制度を利用される皆さまへ 厚労省のページです写真もその一部を引用しました
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/juuyou/kougakuiryou/index.html?utm_source=echofon
コメント (8)

2015年 石狩地区新篠津、空知地区滝川 肝がん検診予約受付中

2015年05月22日 | 肝がん検診
 
2015年 石狩地区新篠津、空知地区滝川 肝がん検診予約受付中

肝臓専門医にかかったことのない方、B型肝炎やC型肝炎ウイルスのキャリアの方、
脂肪肝や肝機能障害を言われたり、家族に肝臓病の方がいる方、は是非肝がん検診を受けましょう。
肝がんにならないためのアドバイスも肝臓専門医から受ける事ができます。

肝がん検診について
肝炎の治療はここ数年めまぐるしく進歩しています。
肝臓専門医にかかったことのない方や、医療機関を受診されていない方はぜひ受診されることをお勧めします。
また、脂肪肝といわれた方やメタボリックシンドロームが気になる方も是非受診されることをお勧めします。
5.石狩 新篠津肝がん検診 5月21日木から受付開始
○検診日時 2015年6月20日(土)午前9時~午後1時
○検診場所 新篠津村保健センター 
 住所 北海道石狩郡新篠津村第47線北13番地
 電話 0126-57-2111(場所の確認用のものです、問合せには使用しないで下さい)
○検診費用 対象者 6000円(助成制度が適応になる方はその制度の自己負担分)

6.空知 滝川肝がん検診 5月21日木から受付開始。
○検診日時 2015年6月21日(日)午前9時~午後1時
○検診場所 滝川市保健センター 2013年とは会場が変わっています
 住所 滝川市明神町1丁目5番32号
 電話 0125-24-5256(場所の確認用のものです、問合せには使用しないで下さい)
○検診費用 対象者 6000円

新篠津滝川共通
○検診内容 問診、採血、腹部エコー、肝臓専門医による療養相談
○予約が必要です。先着50人
申し込み締め切り 2015年6月3日(水)
 受診のお勧めの封書が送られた方は返信ハガキで、そうでない方はお電話にてご連絡ください。留守電にて対応しています、平日の日中に連絡の取れる電話番号とお名前を録音下さい。
のちほどこちらからご連絡いたします。
 お問い合わせ先 肝がん検診団 事務局
  電話番号 011-350-1008
  受付時間 午前9時~午後5時 留守番電話対応(月土日祝日休み) 
 折り返し受診時刻などの記載した予約票を発送します。万が一6月18日木までに届かない場合には事務局に再度お電話ください。
 
ポチッとして頂けたら幸いですにほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へにほんブログ村
コメント

C型肝炎新薬に助成 患者負担、月1万から2万円 道新2015.5.19記事

2015年05月19日 | C型肝炎ウイルスの治療
 
C型肝炎新薬が医療費助成対象に 月の患者負担1万~2万円
05/18 17:45

 厚生労働省は18日、C型肝炎の新しい飲み薬「ソバルディ」(一般名ソホスブビル)による治療を、医療費助成制度の対象とすることを決めた。1錠(1日分)約6万円で12週間服用するが、助成により患者の月額の自己負担は1万~2万円となる。重い副作用を伴うことがある従来の注射薬が不要となり、治療期間の短縮と高い治療効果が期待されている。
 ソバルディは米製薬会社「ギリアド・サイエンシズ」が開発。C型肝炎患者の2~3割を占める「2型」と呼ばれる遺伝子型が対象で、慢性肝炎と初期の肝硬変の患者への効果が認められている。
コメント (2)

ソバルデイ薬価決定 C型肝炎セログループ2型の方の治療薬 2015.5.13薬価収載承認

2015年05月15日 | C型肝炎ウイルスの治療
 
C型肝炎新薬の保険適用承認 2015.5.14道新夕刊より
 中央社会保険医療協議会にて2015年5月13日、新しい作用機序のC型慢性肝炎治療薬であるソホスブビル(商品名ソバルディ)の薬価収載を承認しました。薬価はテラプレビル(テラビック)、ペグインターフェロン アルファ2b(ペグイントロン)、リバビリン(レベトール)の1日薬価を基に決めらているそうで、400mg錠が6万1799.30円と。。。
12週間毎日一つ飲むと500万を超える金額、コペガスあわせるからもっとかかるんだけど。。。
5月25日からは使えそうだと連絡がありました。多くの人が救われるなあ。96%のSVR12って本と夢のようです。
コメント (5)