肝臓病と共に生きる人たちを応援します

肝臓友の会との関わりで成長した肝臓専門医のブログです。2017.2.12より新規開始しました。

社会的PCR検査の提案 今の検出はうつらない人まで拾い上げてる?メディカルトリビューンの記事から

2021年04月10日 | 学会研究会報告
メディカルトリビューンの記事から引用です。
今行われているPCR検査は、ウイルス量が少ない人まで検出していることが言われています。コップいっぱいの唾液をあびて感染すると推測されていることからも、普通であればうつらない人まで検出してると。。。
可能性のある人を見つける、Ct=35のPCR検査をすべきだという研究結果ですね。。。
いままで、以下に水増しして感染数として報告してきているかが分かるかと思うのですが、、、この辺はなかなか広がらない情報になっているかなあ。
ウイルスを薄める対策をしていくことが一番有効で、くれぐれもマスクをしすぎないように気をつけて下さい。

以下引用ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Ct=35の「社会的PCR検査」提案 感染拡大防止と社会経済活動を両立
2021年04月06日 11:06

 慶應義塾大学臨床研究推進センター生体試料研究支援部門教授の西原広史氏らは、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大防止と社会経済活動の両立を目指すために必要な、唾液を用いたプール方式のポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査のコンセプトを発表した。Cycle Threshold(Ct)を現在医学的行政検査で用いられている値より小さい35とすることで、他者への感染性を判断できる「社会的PCR検査」の考え方を提案するという。概要は、Keio J Med(2021年3月19日オンライン版)に掲載された。
○コーヒーカップ1杯の唾液を浴びないと感染しない
 Ct値は、少ない量のウイルス核酸を検出可能な閾値に達するまで、PCRで何回増幅を行ったかを示すもので、一般的に数値が小さいほど検体のウイルス量が多く、大きいほどウイルス量は少ない。わが国の行政検査におけるPCR検査では、検査系の限界値であるCt=40未満をSARS-CoV-2の陽性基準としている。しかし、Ctの至適基準については、国や研究者ごとにさまざまな見解が存在している。
 こうした中、西原氏はこれまで慶應義塾大学病院予防医療センターの人間ドック受診者に対するPCR検査を5,000件以上実施している。そのデータや既報に基づいて検査閾値の適正化を行い、社会経済活動と感染拡大防止を両立させるための検査コンセプトを作成。Ct=35とした場合、一般的に感染を成立させうるウイルス量は100万粒子で、コーヒーカップ1杯程度(125mL)の唾液を浴びないと感染しない試算になるという。日常生活においてこれだけの唾液を一度に浴びることは非現実的であるため、他者への感染性は相当低いとし、検査閾値として妥当とするコンセプトを打ち出した(図1)。

図1. 社会的検査閾値(Social cutoff)に基づく唾液プール法検査

○インターネットや薬局でも検査可能に
 このコンセプトに基づき、西原氏らは2020年度日本医療研究開発機構(AMED)ウイルス等感染症対策技術開発事業「COVID-19に対する唾液を用いた社会的検査体制を構築する研究」(図2)において、経済活動とSARS-CoV-2の感染抑制の両立を図るために、個人を対象としたSARS-CoV-2の他者への感染性の有無を判定することが目的の「社会的PCR検査」の考え方を提唱。
図2. SARS-CoV-2に対する唾液を用いた社会的検査体制を構築する研究の流れ

(図1、2とも慶應義塾大学プレスリリース)
 この開発事業を通して、社会的PCR検査のコンセプトにのっとった検査方式「SocRtes」(ソクラテス、SOCial pcR TESt)を考案した。SocRtesでは、希望する個人がインターネットで検査を申し込み、届いたキットを使って採集した唾液を発送すると、LSIメディエンス社が10検体プール方式でPCR検査を実施、2~3日程度で検査結果がインターネット上で閲覧できるという。その他、日本調剤社の「健康チェックステーション」併設薬局4店舗において、薬局スタッフが対面で問診や検査のフォローを行うサービスも、4月12日に開始する予定となっている。  
 これにより、SARS-CoV-2に対する大量のPCR検査が安価に実施でき、陽性・陰性の結果だけでなく、Ct値から推測したウイルス量を勘案して社会的活動の目安を示すことで、受検者の隔離や行動自粛の必要性を分かりやすく説明することが可能になり、経済活動の活性化と感染抑制の両立が期待されるという。(編集部)
コメント

4月15日(木)札幌桑園、19日(月)滝川での医療講演あります

2021年04月08日 | 医療講演
 
4月15日(木)札幌桑園、19日(月)滝川での医療講演の告知が道新に載りました。いつもありがとうございます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
元気で長生き医療講演 in 札幌 体温測定OK 間隔も2m以上開けてられる状態です。
○4月15日(木) 午後2時から40分 
 
テーマ 脂肪肝対策で元気に!血液データの見方脂肪肝を見つけるために 田村&川西
肝臓の数値が異常なしでも油断は禁物、正常範囲の方でも注意すべき検査値の見方を説明します。是非検査結果を持参してお聞き下さい。
場所 水色の木もれ陽 研修センター
住所 札幌市中央区北11条西15丁目2-1
    桑園メディカルプラザ3F
共催 肝臓友の会はるにれ会 肝がん検診団
後援 北海道肝炎患者対策協議会
参加無料 申し込み不要です
問い合わせ先 
肝がん検診団(留守番電話) 011-728-1008
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
元気で長生き医療講演 in 滝川
○2021年4月19日(月)午前11時から1時間 空知滝川 医療講演
 
 街なかひろば くるる 住所 滝川市栄町2丁目6-21 猪股興産第2ビル
医療講演テーマ
放っておけない脂肪肝!
 コロナウイルスにも勝てる肝臓にしていこう!
 長生きのコツと共にお伝えします
講師 肝がん検診団団長 肝臓クリニック札幌院長 川西 輝明
肝炎ウイルス検査 脂肪肝エコー体験 無料です
申し込み不要 お問合せ先 肝がん検診団 011-728-1008
希望者多数の場合は講演会参加者優先にて先着順となることをお許し下さい。
肝がん検診団企画と 一般法人社団北海道B型肝炎訴訟オレンジ基金の助成により実現
しました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
コメント

今週のお花一眼レフバージョンブログアップ版です。

2021年04月07日 | 花、植物、風景
 
 
 
 
 

     
今週のお花一眼レフバージョンブログアップ版です。
コメント

層雲峡にも春が来ていますねえ 銀河の滝と流星の滝など

2021年04月04日 | 花、植物、風景
 

   

 

  

 
    

     
札幌から層雲峡に向かって、iPhoneとPENTAX K70で写真撮ってきました。300mmズームのレンズを使うとこんなに大きく綺麗な写真が撮れるのねえ。銀河の滝と流星の滝が好きで毎月撮れるときには撮ってたのですが、今回は滝上の方の水が見れて嬉しかったです。
コメント (2)

おやつに集合と手稲山

2021年04月02日 | 動物
 
 
 
夕方の散歩で、近所のコーギーと合流。5匹でおやつをもらっているところです。凄いいきおいです。
手稲山も雪がすっかり麓の方から溶けてきています。
コメント

C型肝炎疾患啓発キャンペーン動画「Cスルーやめよう」医師の解説篇 ー C型肝炎は放っておかないで、お医者さんにご相談ください ー

2021年04月01日 | 肝炎救済に関連して
TVCM「Cスルーやめよう」が放映されます。
北海道での放送期間は4月11日(日)~4月24日(土)とのこと
一人でも多くの方が肝炎ウイルス検査を受けて、治療につながってくれたらと思います。
治療は患者さんたちが署名活動で実現させた肝炎対策基本法で助成制度を使って負担軽減がされています。

C型肝炎疾患啓発キャンペーン動画「Cスルーやめよう」医師の解説篇
ー C型肝炎は放っておかないで、お医者さんにご相談ください ー


 
 上は写真ですクリックするとC型肝炎サポートネットのホームページにリンクしています。

肝臓がんの原因の多くはC型肝炎ウイルスです。症状がなくても、ウイルスを排除しないと肝臓がんになる可能性があります。C型肝炎ウイルスは飲み薬だけで、治療できる時代です。C型肝炎は放っておかないで、お医者さんにご相談ください。 アッヴィは「C スルーやめよう!」を合言葉に、C 型肝炎のない社会の実現を目指して取り組んでいます。 C型肝炎検査、治療などについては「C型肝炎サポートネット」をご覧ください。
http://cgatakanen-support.net/​

#C型肝炎​#お医者さんに相談​#検診
コメント

肝臓クリニックニュース47号4月号

2021年04月01日 | 肝臓クリニックニュース
 
 
コメント

新型コロナウイルスワクチンの副反応の報告 日本国内分(2021.3.26)でました ケアネットさんから

2021年04月01日 | 学会研究会報告
日本国内での新型コロナウイルスワクチンの副反応の報告がでていました。
2回目の方が多いというのはすでに言われていたので、具体的に日本だとどうなるかが分かってきたと思います。

写真をクリックすると厚労省の資料にリンクしています。

以下ケアネットさんから------------------
ワクチン接種2回目で多い副反応疑い、主な症状と発症時期は?/厚労省
提供元:ケアネット 公開日:2021/04/01
 厚生労働省は3月26日、医療機関や製造販売業者からの副反応疑い報告状況、国内アナフィラキシー発生状況などについての検討会*を開催し、「新型コロナワクチン投与開始初期の重点的調査(コホート調査)」の中間報告などを行った。それによるとファイザー製の新型コロナウイルスワクチンを接種した場合、発熱、倦怠感、頭痛などの副反応が2回目に多くみられた。また、いずれの症状も接種当日~翌日に出現している場合が多かった。
 報告によると、発熱の場合“1回目接種後の発熱(37.5℃以上)は3.3%であったのに対し、2回目は35.6%と高率だった。発熱する場合は翌日が多く、接種3日目には解熱した”とあり、また接種部位の疼痛は“1回目、2回目いずれでも90%超で、接種翌日が最も頻度が高く、接種3日後には軽快した”という。
調査概要の詳細
 この調査は伊藤 澄信氏(順天堂大学医学部臨床研究・治験センター)らによるワクチン接種者を対象とした前向き観察研究で、治験と同様の方法で1~2万人の安全性情報を収集し、厚労省の専門家会議を通じて国民に安全性情報を発信することを目的としている。
 2月14日に特例承認となったファイザー製の新型コロナワクチン「コミナティ筋注」を2月17日から先行接種対象者に接種開始。2月25日に被接種者登録が終了、1万9,808例が1回目を接種しコホート調査に登録され、2回目接種者は1万7,579例だった。接種者の職種は医師17%、看護師47%、その他医療従事者36%(薬剤師・臨床検査技師・放射線技師は各3%、理学療法士2%ほか)。年代は20代:21%、30代:24%、40代:25%、50代:21%、60代以上:8.7%で、男性34%、女性66%だった。治療中疾患は高血圧が最も多く、次いで脂質異常症、糖尿病、気管支喘息の順に多かった。
 症状の出現について、接種後8日目以降に回収した1回目接種1万9,035例(全体の96.1%) および2回目接種3,933例の健康観察日誌から調べた結果、1回目に比べると2回目接種では接種翌日に頭痛(約40%)、全身倦怠感(約60%)を自覚した。また、接種部位の疼痛については1回目、2回目ともに接種翌日時点で約90%の接種者が記録しており、これは2009年のH1N1pdmインフルエンザワクチンNHO 2万人調査での疼痛出現の割合(43.8%)と比較しても、頻度が明らかに高いことが示された。

 主な症状と発症率は以下のとおり(1回目/2回目)。
発熱(37.5℃以上):3.3%/35.6%
発熱(38℃以上):0.9%/19.1%
接種部位反応:92.9%/93.0%
発赤:13.9%/16.0%
疼痛:92.3%/91.9%
腫脹:12.5%/16.9%
硬結:10.6%/9.9%
熱感:12.8%/16.6%
かゆみ:7.9%/10.4%
倦怠感:23.2%/67.3%
頭痛:21.2%/49.0%
*:第54回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会、第14回薬事食品衛生審議会薬事分科会医薬品等安全対策部会安全対策調査会合同開催
(ケアネット 土井 舞子)
参考文献・参考サイトはこちら
厚生労働省:第54回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会、令和2年度第14回薬事・食品衛生審議会薬事分科会医薬品等安全対策部会安全対策調査会(合同開催) 資料
資料2:新型コロナワクチンの投与開始初期の重点的調査(コホート調査)-健康観察日誌集計の中間報告(2)
資料1-5:国内でのアナフィラキシーの発生状況について
コメント

ALPとLDの測定法が変わります(厚労省)2020年 04月 01日

2021年04月01日 | 学会研究会報告
ALPとLDの測定法が変わります(厚労省)2020年 04月 01日
ALPの基準値は2021.3.31以前の約3分の1に変更となります。
2020年4月1日より、測定法が変更となり、ALPの基準値はいままでの約3分の1になります。ALPは肝臓や胆道系の状態を調べる血液検査です。

ALP(成人男女)基準値:106~322 U/L → 38~113 U/L

厚労省「アルカリホスファターゼ(ALP)および乳酸脱水素酵素(LD)の測定法の変更に係る対応」に関する文書は以下になります。

https://www.mhlw.go.jp/content/10800000/000473505.pdf
測定法の変更内容:
現行測定法:JSCC法(日本臨床化学会) → 新測定法:IFCC法(国際臨床化学連合)
海外との測定値と互換性を持つことで、検査のグローバル化が進んでいきます。
なお、LDの測定方法も同時期に変更となりますが、ALPとは異なり測定値はほとんど変わりません。

こういった、測定基準値の変更は数年に一度、実施されることがあります。
基準値の変更により、健康診断の結果も変わってくるので注意が必要となります。
これまでは、基準値内であった項目も、変更により基準値外となることもありえますので主治医の説明にそって過ごしてください。
コメント

今週のお花一眼レフバージョンブログアップ版です。

2021年03月30日 | 花、植物、風景
 
 
 
 

    
今週のお花一眼レフバージョンブログアップ版です。
コメント