肝臓病と共に生きる人たちを応援します

肝臓友の会との関わりで成長した肝臓専門医のブログです。2017.2.12より新規開始しました。

平成30年度 中央区市民健康教育講座 肝臓専門医が教える!脂肪肝と肝臓ってことで8月23日

2018年08月18日 | 医療講演
 
平成30年度 中央区市民健康教育講座ってことで行ってきます。
肝臓専門医が教える!脂肪肝と肝臓
~脂肪肝がなぜ命に関わるのか?
誰もが脂肪肝になりうる時代を生きるために!~

日時 平成30年8月23日(木)14時~15時30分(受付13時30分~)
場所 中央保健センター2階 講堂(中央区南3条西11丁目)
講師 医療法人社団 水色の木もれ陽 肝臓クリニック札幌 川西 輝明 院長

脂肪肝エコー検査のデモンストレーション 15時~15時30分
申込方法:期間中 電話申込(先着50名)
8月10日~8月20日(土日除く)8:45~17:15
お申込先:中央保健センター  ℡ 511-7223
共催:札幌市医師会中央区西支部・札幌市中央区保健福祉部

是非、ご都合つけて参加していただければ幸いです。
コメント

元気で長生き医療講演会 8月23日木ありました 9月6日中止 9月27日は熊田卓先生

2018年08月17日 | 医療講演
 
平成30年度 中央区市民健康教育講座ってことで行ってきます。
肝臓専門医が教える!脂肪肝と肝臓
~脂肪肝がなぜ命に関わるのか?
誰もが脂肪肝になりうる時代を生きるために!~

日時 平成30年8月23日(木)14時~15時30分(受付13時30分~)
場所 中央保健センター2階 講堂(中央区南3条西11丁目)
講師 医療法人社団 水色の木もれ陽 肝臓クリニック札幌 川西 輝明 院長

脂肪肝エコー検査のデモンストレーション 15時~15時30分
申込方法:期間中 電話申込(先着50名)
8月10日~8月20日(土日除く)8:45~17:15
お申込先:中央保健センター  ℡ 511-7223
共催:札幌市医師会中央区西支部・札幌市中央区保健福祉部

是非、ご都合つけて参加していただければ幸いです。ブログに載せ忘れていましたー。

 
 
ウイルス肝炎患者支援とともに脂肪肝の対策が重要となってきました。
道内中心の企画、今後の予定(出来るんでないかなあを含め)を並べてみました。各地区の患者会には本当に相談にのってもらって助けてもらっています。この場を借りてお礼申し上げます。
さらなる、肝炎対策基本法の内容充実を実現。絶対出来る。そう思う人が増えれば必ず出来るんですから。
肝炎ウイルス検査や骨粗鬆相談も受けられるときがありますー。
2018年4月5日作成5月19日月更新6月2日屯田老人クラブ連合会7月19日これからクラブさん追加6月2日あかしや元気会追加
7月26日更新9月27日ポスター8月8日更新10月18日分追加8月17日更新9月6日手術にて中止 8月18日更新8月23日医療講演のお知らせ

問い合わせ先は書いていますが 講演の参加は基本無料で申し込みは不要です。留守番電話での対応となる場合があります。

脂肪肝から脂肪肝炎そして肝がんにつながることがはっきりしてきました。この対策は皆さんにとって重要なこととなります。脂肪肝対策をすることでいろんな病気の予防や改善につながります。是非いっしょに考えていきましょう。
元気になる心がまえから、B型肝炎の最新治療や C型肝炎の最新情報。肝硬変の治療薬の話、治った後の脂肪肝対策体重、増える方が激増しています。また治った後の肝がんチェックも必ず受けましょう。
原始人食ダイエット、アーシング、野菜スープについても話すようになってきました。自分に合った方法を是非作り上げていって下さい。

2018年4月以降の私が関与する医療講演や活動の予定をお知らせいたします。日程や場所など変更する場合があるので直前に確認を忘れずにお願いします。講演の基本的な内容は以下の通りです。うたとギター付きです。
会場により変わりますが、相談も受けることがあります、是非ご参加下さい。

講演内容テーマ 2018年4月5日から
脂肪肝がなぜ命に関わるのか?
誰もが脂肪肝になるうる時代を生きるために!

講師 肝がん検診団団長
   肝臓クリニック札幌 院長 川西輝明
演者からのメッセージ
ウイルス性肝炎は治る時代になってきました。これからは肝がんの予防のために脂肪肝の対策が重要です。
なぜ重要なのかそのためにどうしていくといいのか、いっしょに考えてみませんか?
元気で長生きのコツとともにご紹介します。体を作る食事の大切さ、ボケ防止、がんの予防のヒントになれば。
肝臓専門医が自分の体験とともに語ります。
原始人食ダイエットや野菜スープなどすぐ役立つ話が盛りだくさんです。
アーシング無料体験コーナーも有り

無料療養相談 講演会終了後(先着順となること有り) 過去の講演会のDVD無料配布有
り(希望者先着順)
問い合わせ(参加無料、申し込みは不要です) 肝がん検診団(留守番電話)011-278-1008
決定分 日程が案として出てきたものは検討中も一緒にのせてみました

肝炎ウイルス検診
当日肝炎ウイルス検診のみも可能です。医療講演と並行して行っています。ご希望の方はお気軽に、札幌市民は無料です。ウイルスがいないことを確認して安心して頂けたら幸いです。他の検査についてはご相談に応じます。札幌市外の方は6480円(税込み)にて受ける事ができます。
札幌市外の講演会の場合は、肝炎ウイルス検診はできない場合があります。

桑園地区の実施のものは、脂肪肝エコー無料体験も並行して行う予定です。希望の方は是非来場下さい。

肝炎ウイルス検診(札幌市民無料)と脂肪肝体験エコー無料、肝がん検診(実費)の予定。
○4月26日木 午前9:30から12時 屯田地区センターで肝炎ウイルス検診(札幌市民無料)と脂肪肝体験エコー無料を実施します。
○5月17日木 午前10時から2時 屯田地区センターで肝炎ウイルス検診(札幌市民無料)と脂肪肝体験エコー無料、肝がん検診(実費)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
骨や血管を元気に!脂肪肝対策もこれでバッチリ に変更(内容は同じなんだけど)
現在、老人クラブを中心に健康相談会形式で訪問してみています。
30分前後で、楽しく勉強して歌を歌ってみています。

○5月19日土 午前10時15分から 宮の森柏クラブ 30名参加 20名肝炎ウイルス検査実施
○6月2日土 午後1時くらいから30分 屯田老人クラブ連合会 50名参加
○7月19日木 午後1時半から これからクラブ 西町会館 20名参加 15名肝炎ウイルス検査脂肪肝エコー実施
○11月8日木 あかしや元気会
 12:30から肝炎ウイルス検査と脂肪肝エコー無料体験午後1時から15分

共催 肝臓友の会はるにれ会 肝がん検診団
後援 北海道肝炎患者対策協議会
参加無料 申し込み不要です
問い合わせ先 
肝がん検診団(留守番電話) 011-728-1008

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
元気で長生き医療講演 in 札幌
第1部 30分くらい
肝臓を元気にするために!
講師
肝臓クリニック札幌 川西 輝明

第2部 1時間くらい
日本の肝がん治療は世界一!
 ~定期的なチェックと治療方針、日本の肝臓治療はすばらしい~
講師
大垣女子短期大学 看護学科
熊田卓(くまだすぐる)医師
名古屋大学医学部卒
 専門分野はウイルス性肝炎の診断治療、肝がんのIVR治療、超音波診断。2018年大垣市民病院退職、現職。
米国、英国との共同研究など精力的に臨床研究を実施。
患者さんを元気づける講演になることは間違いありません。

日時 2018年9月27日(木)午後2時から1時間半
場所 水色の木もれ陽 研修センター
住所 札幌市中央区北11条西15丁目2-1
    桑園メディカルプラザ3F
問い合わせ(参加無料、申し込みは不要です)
肝がん検診団 電話 011-728-1008
共催 肝臓友の会はるにれ会 エーザイ株式会社 肝がん検診団
後援 北海道肝炎患者対策協議会
桑園地区の実施のものは、脂肪肝エコー無料体験も並行して行う予定です。希望の方は是非来場下さい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以下はまだ未定ですが、可能であれば実施していこうと思っている日程と場所を書いていきます。要望があれば検討します。講演の依頼は人を集めてもらえれば講演料無料で伺うことも可能です(要相談コメント下さい)。
7月19日木 午後2時〜4時予定だった 崎谷先生延期に 次回は未定です。
終了分
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
元気で長生き医療講演 in 桑園 肝炎ウイルス検査あり 30人参加 相談2名
 肝炎ウイルス検査4名 脂肪肝エコー無料体験6名
演題
脂肪肝がなぜ命に関わるのか?
誰もが脂肪肝になるうる時代を生きるために!

講師 肝がん検診団団長
   肝臓クリニック札幌 院長 川西輝明
演者コメント
ウイルス性肝炎は治る時代になってきました。これからは肝がんの予防のために脂肪肝の対策が重要です。なぜ重要なのかそのためにどうしていくといいのか、いっしょに考えてみませんか?
元気で長生きのコツとともにご紹介します。

日時 2018年4月26日(木)午後2時から1時間半
場所 水色の木もれ陽 研修センター
住所 札幌市中央区北11条西15丁目2-1
    桑園メディカルプラザ3F
問い合わせ(参加無料、申し込みは不要です)
肝がん検診団 電話 011-728-1008
共催 肝臓友の会はるにれ会 肝がん検診団
後援 北海道肝炎患者対策協議会
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
元気で長生き医療講演 in 札幌
血管を元気に
講師 肝臓クリニック札幌 田村臨床検査技師と川西医師

日時 2018年10月18日(木)午後2時から1時間
場所 水色の木もれ陽 研修センター
住所 札幌市中央区北11条西15丁目2-1
    桑園メディカルプラザ3F
共催 肝臓友の会はるにれ会 肝がん検診団
後援 北海道肝炎患者対策協議会
参加無料 申し込み不要です
問い合わせ先 
肝がん検診団(留守番電話) 011-728-1008
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
元気で長生き医療講演 in 桑園 世界・日本肝炎デー企画
 45名参加 脂肪肝エコー無料体験12名 肝炎ウイルス検査7名
第1部 30分くらい
元気で長生きのコツ伝授します!
講師
肝臓クリニック札幌 川西 輝明

第2部 1時間くらい
脂肪肝から肝がんになるのはなぜなのか? 1次案
ーウイルス性肝炎と糖尿病などの生活習慣病と脂肪肝との関連とは
肝がんにならないためにどうすべきなのかー
講師
久留米大学医学部
内科学講座消化器内科部門
川口 巧 先生

日時 2018年7月26日(木)午後2時から1時間半
場所 水色の木もれ陽 研修センター
住所 札幌市中央区北11条西15丁目2-1
    桑園メディカルプラザ3F
問い合わせ(参加無料、申し込みは不要です)
肝がん検診団 電話 011-728-1008
共催 肝臓友の会はるにれ会 肝がん検診団
後援 北海道肝炎患者対策協議会
桑園地区の実施のものは、脂肪肝エコー無料体験も並行して行う予定です。希望の方は是非来場下さい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

元気で長生き医療講演 in 札幌桑園 30名参加 肝炎ウイルス検査10名 脂肪肝エコー無料体験12名
第一部
演題名
キボウのトビラーあなたはとても大切な人ー
いつかはくる別れのために
講師 SDA札幌キリスト教会 牧師 平田泰三さん
チャプレン(臨床宗教師)の経験から、皆さんに知って欲しいこと伝えさせていただけたらと思います。
人はどこから来てどこに行くのでしょうか、突然の理不尽な苦痛にであったときなどどのように捉え過ごしていくか、元気で長生きにつながる人生のヒントになれば幸いです。
第2部
元気で長生きの気持ちの持ち方
講師 肝がん検診団団長
   肝臓クリニック札幌 院長 川西輝明
いっしょに笑って元気になりましょう。ギターの弾き語り付きです。
日時 2018年6月28日(木)午後2時から1時間半
場所 水色の木もれ陽 研修センター
住所 札幌市中央区北11条西15丁目2-1
    桑園メディカルプラザ3F
問い合わせ(参加無料、申し込みは不要です)
肝がん検診団 電話 011-728-1008
共催 肝臓友の会はるにれ会 肝がん検診団
後援 北海道肝炎患者対策協議会
桑園地区の実施のものは、脂肪肝エコー無料体験も並行して行う予定です。希望の方は是非来場下さい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

元気で長生き医療講演&
笑顔と感動のエコー体験
日時 2018年8月12日(日)エコー体験4名参加 脂肪肝エコー無料体験2名
午前10時から午後3時まで開放
開放中:脂肪肝エコー無料体験と肝炎ウイルス検査実施
夏休みのお子さんも是非ご来場下さい。子ども体験用企画も準備中
超音波の機械を触って体験してみませんか。

医療講演 ビデオ上映になることもあり
午前10時から30分
骨を元気にする食事や運動 葛西看護師
午後2時から30分
血管を元気にする食事や運動 田村副院長

場所 水色の木もれ陽 研修センター
住所 札幌市中央区北11条西15丁目2-1
    桑園メディカルプラザ3F
共催 肝臓友の会はるにれ会 肝がん検診団
後援 北海道肝炎患者対策協議会
参加無料 申し込み不要です 来場者多数の場合はお断りする場合がありますこと御了承下さい。
問い合わせ先 
肝がん検診団(留守番電話) 011-728-1008
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
元気で長生き医療講演 in 札幌 すみません今回中止となりました
骨を元気に その場で出来る運動をいっしょに
講師 肝臓クリニック札幌 川西先生

日時 2018年9月6日(木)午後2時から1時間
場所 水色の木もれ陽 研修センター
住所 札幌市中央区北11条西15丁目2-1
    桑園メディカルプラザ3F
共催 肝臓友の会はるにれ会 肝がん検診団
後援 北海道肝炎患者対策協議会
参加無料 申し込み不要です
問い合わせ先 
肝がん検診団(留守番電話) 011-728-1008
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
ポチッとして頂けたら幸いですにほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へにほんブログ村にほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ
コメント

肝炎患者のおかれた状況について考える公開シンポジウム 2018年8月19日日午後1時から

2018年08月17日 | 肝炎救済に関連して
 
  ←会場案内はこちら 作成2018.6.14
肝炎患者のおかれた状況について考える公開シンポジウム
先着200名 参加費無料 申し込み不要

肝炎ウイルス感染者の偏見や差別による被害防止への効果的な手法の確立に関する研究班では、肝炎対策基本指針において、肝炎患者等が不当な差別を受けることなく社会において安心して暮らせる環境作りを目指すとしており、そのための具体的・効果的な手法の確立を目指した研究を行っています。
今回、一般市民、肝炎患者、医療従事者の方を対象として、肝炎患者の偏見や差別について共に考える公開シンポジウムを下記のように開催いたします。関心のある方に参加いただきたく思います。
研究班代表 八橋弘
(国立病院機構長崎医療センター臨床研究センター長)

日時 2018年8月19日日午後1時から3時
場所 TKP 札幌カンファレンスセンター6F カンファレンスルーム 6A
JR札幌駅南口より徒歩5分 TKP札幌カンファレンスセンターが会場となります。

プログラム
総合司会 四柳 宏(東京大学医科学研究所 教授)
13:00〜13:05 開会あいさつ 八橋弘
13:05〜13:20 研究班報告 八橋弘
13:20〜13:40 偏見や差別に関する相談事例の紹介 米澤敦子
13:40〜14:00 休憩
14:00〜14:55 パネルディスカッション
司会 四柳宏・中島康之(全国B型肝炎訴訟大阪弁護団 弁護士)
パネリスト
八橋弘
米澤敦子
梁井朱美(全国B型肝炎訴訟九州原告団)
及川綾子(薬害肝炎全国原告団)
浅井文和(元朝日新聞編集委員)
14:55〜15:00 閉会あいさつ 八橋弘
(独)国立病院機構長崎医療センター肝疾患相談支援センター
受付時間:平日9:30〜15:00
TEL:0957-52-3121(代) 内線番号:5096 担当:松永

今後の予定 大阪10月7日日 東京12月16日日

多くの方に是非知っていただきたい参加していただきたい内容になっていると思います。
コメント

第2回キラリ☆ママフェス 開催決定 9月17日月祝日 水色の木もれ陽研修センターにて

2018年08月15日 | 肝炎救済に関連して
 
開催要項が届きましたー。今年も多くのママさんが楽しんでくれたらと思います。

第2回キラリ☆ママフェス ~子育てママのからだメンテナンス~
開催日時
2018年9月17日(月) 10時30分~15時
開催場所
札幌市中央区北11条西15丁目2-1 桑園メディカルプラザ3F 水色の木もれ陽研修センター
開催趣旨
①自分の健康チェックやメンテナンスが後回しになりがちな子育てママに、
  子どもとのお出かけに合わせて、気軽に健康チェックや自分のからだをメンテナンスをしてもらい、
  「自分も」大切にするきっかけづくりとしたい。
②事業者などによる障がい児者サポートの普及お手伝い
 ・「PECS」によるびっくりドンキーでの注文システムの普及
 ・「SGM」による服飾、障害者スポーツ、アイテム等
 ・「Daisy&Otete café」による育児や服飾オーダーなど、ゆったりお話しできる場
 ・「札幌feeling子育ての会」によるプチ栄養相談
【子育てママの健康維持と、障がい児者の社会参加のサポート、ママ同士のコミュニティづくり】
出店内容
【健康チェック】
◆肝臓クリニック札幌
クリニックで実施
①肝炎ウイルス検査※札幌市民無料
②肝脂肪エコー※無料
③骨塩定量 2,000円税別(10件まで)
④CAVI(血管年齢検査) 1,000円税別(10件まで)
⑤内臓脂肪CT 3,000円税別(5件まで)
【からだメンテ】
⑥ハリ治療・シール体験(むすひ鍼灸治療院)
⑦シナジー(ありてある)
⑧顔コリほぐし(SATO)
⑨ハンドマッサージ(札幌feeling子育ての会 助産師)
【ワークショップ】
⑩PECSⓇ(絵カード交換式コミュニケーションシステム)注文体験(㈱アレフ/びっくりドンキー)
  https://www.aleph-inc.co.jp/news/2000/
⑪キットパスワークショップ びっくりドンキーのメニューをお皿の形にカットしたアクリルプレートに描いてみよう(エムブイピークリエイティブジャパン)
【トーク・相談】
⑫Daisy&Otete café 育児や服飾オーダーなどとゆっくりおしゃべり
  (~さっぽろ障がい児と子育てサポート Daisy & Otete to Otete)
⑬プチ栄養相談(札幌feeling子育ての会 助産師)
【物 販】
◆ソーシャルグッドマーケット(SGM)3店
⑭「福祉をかわいく」するコミュニケーショングッズの販売 (エムブイピークリエイティブジャパン)
⑮売上の一部を障がい者スポーツの支援に。スポーツウェア販売 (リアルヒーロー)
⑯胃ろうの子用の下着や、子供車椅子でも使いやすい帽子などの服飾販売 (otete to otete)
【託 児】
託児はご用意していませんが、お子さんがワークショップ体験中にママはサービスを受けてもらえるよう
配慮します。(クリニックでの開催の為、医師、看護師、助産師、障がい児家族や支援者がいます)
主催~さっぽろ障がい児と子育てサポート~Daisy(デイジー)
共催ソーシャル・グッド・マーケット(SGM)
 (エムブイピークリエイティブジャパン株式会社)
 (株式会社デービスアクト”リアルヒーロー”)
 (介護に便利なハンドメイドショップ otete to otete)
特別協力医療法人社団水色の木もれ陽 肝臓クリニック札幌
後援(予定)札幌市自立支援協議会子ども部会 北海道 札幌市 北海道社会福祉協議会
入場料 無料
駐車場 ございません。
公共交通機関(JR桑園駅徒歩1分)、もしくはイオン桑園駐車場をご利用ください(3時間まで無料)
イベント実績 2017年8月第1回開催 来場200人 毎日新聞北海道版に記事掲載
後援:北海道、札幌市、北海道社会福祉協議会
コメント

ミレニアム・ファルコン(ランド・カリルジアンバージョン)1/144 BANDAI版

2018年08月14日 | 映画 模型 プラモデル
 
 完成
 
 シール貼る前
 
 
 
 室内も再現されています。
スターウォーズ本編でのミレニアム・ファルコンは、穴が何カ所か空いて中メカが見えたりして銀河のガラクタって言われていますが、ハンソロが手に入れる前の綺麗な状態がこれ、映画の中で脱出ポッドがどう使われるのか、機内も再現されていて楽しかったです。着陸状態などは、穴があるけど再現されていないのでちょっとさみいですけどね。
 
 こちらが本編版
コメント

かもは何羽みえますか キジとカタツムリもいました

2018年08月14日 | 花、植物、風景
 
以下の動画でかもは何羽みえますか

正解は6羽です。
 
 
キジとカタツムリもいましたー。
コメント

食べてしまった 生クリームいっぱい ハルハル 狸小路店

2018年08月10日 | ダイエット
 
 この写真はクマクマパラダイスです。
 
 この写真は生クリームパラダイスです。
 
 この写真はチョコ生イチゴバナナクレープです。

 先日、新篠津の肝がん検診の帰りにスタッフが食べていた生クリームいっぱいのソフトクリームのお店が、狸小路にありまして、行ってきました。
○生クリームパラダイス
 ソフトクリーム周りに生クリームを飾り付けるので、とても飽きなく食べられます。
○クマクマパラダイス
 生クリームパラダイスの生クリームをクマの形に生クリーム増量されています。イチゴなどが入っています
○チョコ生イチゴバナナクレープ
 クレープの中の生クリームの量がすごいです。
この3つを3人で食べる予定で購入。
しかーし、私以外は数口でギブアップ、えー食べるんじゃなかったのーって、残りは私が食べることに。。。
胸焼け半端なかったです。でも、満足。でも、しばらく食べたくなくなりました。すごい量。

原始人食的には、生クリームは食べてもいい食材の中に入りますが、くれぐれも食べ過ぎないようにね。
ホイップクリームも混ざってると思って聞いてみたら生クリームしか使われていないようですと店員さんがいっていました。すごい量です。でも、生クリーム好きなら1つはきっと余裕です。
コメント

今週のお花 一眼レフバージョン

2018年08月08日 | 花、植物、風景
 
 
 
 
 
      ←大きくみたい方はこちら
やはりこちらの方が綺麗に撮れるのねえ。ううう。
コメント

今週のお花iPhoneバージョン

2018年08月07日 | 花、植物、風景
 
 
 
 
 
 
今週のお花iPhoneバージョン。拡大して撮ろうとするとピントを合わせたいところに行かないですね。ううう。雰囲気だけでも伝わってくれたらと思いますー。
コメント

高校生が来てくれました インターンシップですねえ

2018年08月03日 | その他
 
医療従事者を目指す高校生がきてくれました。医師、検査技師、看護師を目指す高校生達。
肝臓クリニック札幌の医療施設を見学して、各スタッフの話を聞いたり、質問したり。私は医師を目指す2人の高校生からの質問を受けました。いっぱい質問してくれて、患者さんのために医師としてどうしていくべきなのか。真剣に自分たちのすべきことを聞いてくれていました。
どのスタッフにも沢山の質問があったとのことで。私たちも患者さんとどう向き合っていくのかをさらに真剣に考える機会にもなった気がします。自分たちのしたいことすべきことするようになっていること再確認できてとてもよかったです。

また、機会があったら、来てほしいと思いました。
コメント