肝臓病と共に生きる人たちを応援します

肝臓友の会との関わりで成長した肝臓専門医のブログです。2017.2.12より新規開始しました。

FMアップル 2014.1.27 B型肝炎訴訟応援枠 北見肝炎友の会大石さんと

2014年02月25日 | FMアップル ニュースJapan

FMアップル B型肝炎訴訟応援枠 毎月第4月曜日午後4時から 放送 2月24日月
2014年2月24日月 午後4時から30分
インターネットでの視聴も可能ですので、みていただければ幸いです。
出演予定
北見の患者会の北見肝友会の事務局長の大石さんがきてくれました。
川西が研修医の頃から患者会活動を頑張っておられる方です。医師の成長を見守って
きた患者さんとして肝炎患者の思いを自身の体験と合わせて話してくれました。肝がんで治療して経過観察中の方です。北見での活動状況や取り組みなどを話していただきました。

その後の活動状況
安平町での医療講演50名の参加、2月2日には中空知コスモス会での新年会、2月4日新
発寒での医療講演、10日には赤平、芦別、歌志内、滝川、新十津川へ中空
知コスモス会のみなさんと回ってきました。肝炎問題を知ってもらって肝がん検診の
必要性を訴えてきました。16日肝がん検診77名の受診で終了。
3月は、4日に新発寒で医療講演、11日は午後2時~十勝帯広での医療講演、12日は東京
で午後6時半からオールジャパン肝炎サポート大集会、15日午前10時
半~神奈川で肝臓医療講演をしてきます。

シンガーソングライターあきのギター弾き語り付きは
 あきらめないで
 きっときっと
を歌いました。
コメント (1)

FMアップル B型肝炎訴訟応援枠 毎月第4月曜日午後4時から 放送 2月24日月予定

2014年02月24日 | FMアップル ニュースJapan
FMアップル B型肝炎訴訟応援枠 毎月第4月曜日午後4時から 放送 2月24日月予定
2014年2月24日月 午後4時から30分
インターネットでの視聴も可能ですので、みていただければ幸いです。
出演予定
北見の患者会の北見肝友会の事務局長の大石さんがきてくれます。
川西が研修医の頃から患者会活動を頑張っておられる方です。医師の成長を見守ってきた患者さんとして肝炎患者の思いを自身の体験と合わせて話してくれると思います。肝がんで治療して経過観察中の方です。
北見での活動状況とか肝がん検診の取り組みとか、

その後の活動状況
安平町での医療講演50名の参加、2月2日には中空知コスモス会での新年会、2月4日新発寒での医療講演、10日には赤平、芦別、歌志内、滝川、新十津川へ中空知コスモス会のみなさんと回ってきました。肝炎問題を知ってもらって肝がん検診の必要性を訴えてきました。16日肝がん検診77名の受診で終了。
3月は、4日に新発寒で医療講演、11日は午後2時~十勝帯広での医療講演、12日は東京で午後6時半からオールジャパン肝炎サポート大集会、15日午前10時半~神奈川で肝臓医療講演をしてきます。

シンガーソングライターあきのギター弾き語り付きは
 あきらめないで
 きっときっと
を歌う予定。
 
ポチッとして頂けたら幸いですにほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へにほんブログ村
コメント

今日のソックス 散歩

2014年02月23日 | 動物
 
 
鼻に雪が乗っかってかわいいソックス。
コメント (2)

冬の風景 住宅街

2014年02月23日 | 花、植物、風景
 
 
どんどん雪が積もってきています。家のまわりに雪を捨てるのですが、こんなに積もったのははじめてかも。普通は積み上がってもだんだんと重みで低くなるのですが今回は低くなる前にさらに上に積もっていっています。
コメント

オールジャパン 肝炎 サポート 大集会 2014年3月12日東京午後6時半から

2014年02月22日 | 肝炎救済に関連して
 
オールジャパン
肝炎 サポート 大集会
ー今こそウイルス性肝硬変・肝がん患者に 医療費助成・生活支援を!ー

日本のウイルス性肝炎感染者は、B型・C型あわせて350万人にぼるといれ国内最大の感染症=「国民病」として、その克服は国民的課題です。他方で、予防接種B型肝炎訴訟・薬害C型肝炎訴訟により、肝炎ウイルス感染に関する国の責任が明らかとなり、感染被者者の個別救済がすすんできました。
 しかし、時の経過に伴う医療記録散逸等より多数の被害者が裁判上救済を受けられない状態に置かれてます。また、ウイルス性肝炎は輸血等の医療行為を原因とし感染が広がった「医原病」としての側面があります。こような特殊性から一定療費助成実現してきましたが、現行制度は不十分で特に肝硬変・肝がん患者の医療費自己負担額はきわめて高額になっっています。
B型肝炎、 薬害肝炎の原告団等と厚労大臣の協議では、肝硬変・がん患者医療費助成等の支援あり方を検討するとされ、医療費助成は大きな政治課題っています。そこで、肝硬変・肝がん患者への医療費助成を求める大集会行います。みなさま、ぜひご参加ください。

2014年3月12日(水)18:00開場18:30開始
東京国際フォーラム ホールB7
・有楽町駅 国際フォーラム口 徒歩1分 (地下鉄 はD5出口)
・東京駅徒歩5分 (京葉線東駅と B1 階地下 コンースにて連絡)
東京都千代田区丸の内3-5-1
主催 全国 B型肝炎訴訟原告団・弁護団
協賛 日本肝臓病患者団体協議会 薬害肝炎全国原告団・弁護団
・弁護連絡先 城北法律事務所 全国B型肝炎訴訟弁護団 田場暁生 舩尾遼 TEL03-3988-4866
 
ポチッとして頂けたら幸いですにほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へにほんブログ村
コメント

動物の形のチョコ

2014年02月20日 | 
 
医局の置いてあったチョコレート、動物の形をしていて、かわいかったです。いろんなのがあるんだなあと感心してとった一枚です。
コメント (2)

体重計が変わりました

2014年02月18日 | ダイエット
 

 
2月の初めまで使ってた体重計が、ちょっと端に乗っかってしまってがたんと刺激が加わったとたん液晶から数字が消えてしまって。がーん。こわれた。2年しか使ってないのにー、昔のバネ式の体重計ならこんなことはないのにーって思いつつも、1年保証はとっくに切れているから、ハイテクは弱い物なのねとあきらめ。新しいのを購入しました。
小さく薄くなって、すごい時代ですねえ。足は完璧はみ出しますが、きちんと測定されます。体重の誤差も心配だったのですが、あまり関係無いみたい。
最新式の二つくらい前の物のようですが、十分です。登録した人が自動認識される機能もあるけど、1人用なので、関係無いし。。。
頑張って計り続けています。
下痢しておなかが空っぽになったときに測ったら、なんと、113.6k、やせていますねえ。って違うか。でもここ数年の最低記録を更新しました。うーん、思い返せば、国試に受かって研修医になったとき、このくらいだったよなあと思いをはせてみました。あは。
写真の上は左が古い体重計で右が新しい物、そのしたは新しい体重計のアップです。
コメント

ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤というブログ

2014年02月17日 | 
ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤というブログ、興味深く読みました。原始人食にも通じる面があって、是非読んでみて欲しいブログと思いました。
自分自身まだまだ理解不足の面がありますが、最近の傾向がこの方向を示している気がしています。

ちなみに以下抜粋ですがミトコンドリアを賦活する食事としては以下の物があるそうです。
原始人食では控える食品も入っていますが、病気をよくするという面からは、果物も糖質が増えてきていておすすめではなくなってきているというのもあるようです。
乳酸アシドーシスが、ガン・慢性病の1番の原因ですから、糖質制限や超小食で「乳酸の素」を絶てば病気は改善します。
ミトコンドリア活性化や乳酸の話があるのは楽しみです。
ミトコンドリアを活性化する代表的な食品を書きます。
・ニンニク、ネギ類(アリチアミン)
・ゴマ(B15・B17)
・黒酢、リンゴ酢(クエン酸・アミノ酸・リンゴ酸)
・クスノキ(シナモン・ベニクスノキタケ・アボカド)
・梅干(クエン酸)
・発酵食品(納豆・キムチ・漬物・味噌・鰹節)
・亜麻仁油、生クルミ(オメガ3)
・生アーモンド(ベンズアルデヒド)
・海藻類、キノコ類(多糖体)
・トマト(クエン酸・リコピン)
・緑茶(カテキン)
・タコ、イカ(タウリン)
・マグロ、カツオ、サメ、鳥肉(アンセリン)
・ブロッコリースプラウト(スルフォラファン)
・燕の巣(糖鎖栄養素)
・スピルリナ、クロレラ、ビール酵母、ミドリムシ
バラバラですが、ざっと、こんなところでしょうか。
燕の巣・サメ・ミドリムシを除けば、日本人が普通に食べているモノばかりですが、最近は食べなくなったり、変な加工でニセモノ化しています。
コメント (7)   トラックバック (1)

2014年2月16日日 石狩地区 札幌肝がん検診予 終了

2014年02月16日 | 肝がん検診
2014年 石狩地区札幌 肝がん検診 終了
雪が降ったりであいにくの天気でしたが、77名の方が受診してくれました。肝がん疑いの方が1名、腎癌や膵癌疑いも1名ずついたので、希望する病院へ診療情報提供書を作成して渡しました。今回は、厚岸から来てる方もいて、札幌市以外から来てる方が3分の1いました。肝がん検診という試みがされていること、まだまだ知られていません。専門医に平日受診できない患者さんもたくさんいて、そういった方へ安心を届けられるよう、肝炎対策の一つの果たすべき役割を担っているなと実感します。道新の生活面をみて受診された方も多くいました。
石狩地区の広報へのせいてもらえるよう、これからもアプローチしていかないといけないなと思いました。
今回もB型肝炎訴訟の弁護士さんが無料相談に来てくれて、10名近くの方が相談して行ったかと思います。それよりも証拠がなくて裁判できない方がたくさんいるのも悲しい現実です。そして久しぶりにB型肝炎の採血にいったら性行為感染だからと冷たく扱われたという看護師がいたという話も聞かれました。今は正しい知識を持っていてくれることを願うことしきりです。
 
ポチッとして頂けたら幸いですにほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へにほんブログ村
コメント (2)

元気の出る肝臓医療講演&交流会 in 札幌 大成功

2014年02月14日 | 医療講演
 
元気の出る肝臓医療講演&交流会 in 札幌 大成功
2014年2月13日木午後1時から、かでる2・7で行った医療講演ですが、準備が遅れて20分近く待たせちゃって済みません。
今回も、道新の生活面で紹介して頂いたこともあって、あいにくの雪降りの天候にもかかわらず、30名の方が参加してくれました。患者会の方や私の患者さんも10名ほど来てくれていましたが、他は道新の記事を見てきてくれた方々でした。びっくりしたのが、稚内、滝川、安平からも来てくれた方がいたことです。石狩市の方も2名、江別の方が1名いました。お話が聞けなかった方もいたのでもっといたのかもしれません。以前の職場で診ていた患者さんも来ていたりと札幌駅そばで行う医療講演ならでわの参加者だなあと思いました。安平の方は1月30日の講演会に行けなかったので来ましたって。安平の講演会も広報に載せて頂いて良かったです。いろんな場所でつながっているなあってつくづく思います。
90才の女性の方はとても喜んでくれて笑顔で帰ったと聞きました。もう不満を言わないのブレスレットや講演会のDVDも歌のCDも結構希望者がいたのでよかったです。
元気の出る肝臓医療講演って言い始めて3ヶ月経ちました。本当にみんな元気に笑顔になって帰ってくれる方が多いこと、うれしく思います。楽しく過ごすこと歌うことを取り入れているからなんだろうなって思います。
今回は、ソブリアードの治療経験の紹介もしました。普通の投与量の半分以下でも効果が出ている方がほとんどで、それ以前に受けた治療からこの投与量が導き出されていることから、頑張ってくると調整がいろいろ可能になっていることをお話ししました。
もっともっといい治療がこれからも出てくるので、是非みんなで肝炎を治るまで頑張っていけたらと思います。

その後、個別の療養相談を10名して、交流会の時間が遅くなったのですがみんな待っててくれました。インターフェロン療法や肝がんの治療、キャリアの方のフォローの仕方など、多種多様な相談でしたが、頑張れそうな感じで相談後帰ってくれたのが良かったです。

交流会では、30分ほどの時間でしたが、簡単な自己紹介をして、日頃気になってることや気を付けていることを話してもらいました。肝炎があると倦怠感がでやすいのでしょうかということについては、倦怠感がない方も多いこと、治ったら倦怠感があったことに気づいた方もいることなどいろんな患者さんの体験を話すことができました。自分のかかっている先生にかかりながら違う先生にもみてもらうにはどうしたらいいかなと言う話では、定期的に通院してる患者さんが他の先生に黙ってかかっても、普通は気づかないから、うまく活用するのも手ですよなんて話も出ていました。気軽にいろんな話題がこれからもできるといいと思いました。
 
ポチッとして頂けたら幸いですにほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へにほんブログ村
コメント

肝臓センターニュース68号2月号できましたー

2014年02月14日 | 肝臓センターニュース
 
 
これまた遅くてすみません。
コメント

元気の出る肝臓医療講演 3月4日新発寒決定 3月11日火十勝帯広共催 4月4日金厚別 5月27日火滝川検討中

2014年02月13日 | 医療講演
ウイルス肝炎患者支援全国キャンペーンってことで道内中心の企画のこれまで終了分を並べてみました。各地区の患者会には本当に相談にのってもらって助けてもらっています。この場を借りてお礼申し上げます。
必ず、肝炎対策基本法の内容充実を実現させましょ-。絶対出来る。そう思う人が増えれば必ず出来るんですから。2013年12月9日作成2014年2月15日更新

2013年12月から2月までの私が関与する医療講演終了した分です。

講演の基本的な内容は以下の通りです。うたとギター付きです。
会場により変わりますが、相談も受けることがあります、是非ご参加下さい。

肝炎治療はここまでできる!
患者さんと探し続けるB型、C型肝炎の治療法
   肝がん検診団の取り組みから
または
肝臓を元気にするために!?
アルコールとのつき合い方から最新の治療まで

演者 肝がん検診団団長
   札幌緑愛病院肝臓センター所長 川西 輝明

演者からのメッセージ
肝がんや肝硬変でも年齢が高くても
そのとき時でできる治療があります。
肝がん検診団の取り組みから得た経験を交えてお話したいと思います。
あきらめないで笑顔で長生きしましょう。
もっともっといい治療に巡り会えるように。

無料療養相談 講演終了後(時間に限りが有るため先着順となる場合があります)ない企画もあります。
もっといい治療があるかもしれないという思いに
今の治療がとてもいい治療であることを実感するために
療養相談を活用して下さい。

終了分
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
元気の出る肝臓医療講演 in 関東 50名参加20名相談
肝がんの不安のなくなる世の中を目指して
肝炎治療はここまでできる!
患者さんと探し続けるB型、C型肝炎の治療法
   患者さんとの取り組みから
日時 2014年1月11日土 午前10時半~ 歌の集い20分 交流会12時から午後2時くらいまで
場所 水戸市 茨城県総合福祉会館 中研修室
住所 水戸市千波町1918 電話 029-244-4545
共催 肝がん検診団 B型・C型肝炎救済関東の会 インターネットで結ぶ肝臓患者と支援者の会
後援 水戸市
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
肝臓医療講演 in 胆振地区 52名参加 相談2名
肝がんの不安のなくなる世の中を目指して
肝臓を元気にするために!?
アルコールとのつき合い方から最新の治療まで
肝がん検診団の取り組みから
日時 2014年1月30日木 午後2時から
場所 安平町 ぬくもりセンター
住所 安平町追分中央1番地40
共催 肝がん検診団 肝炎友の会はるにれ会
後援 安平町 厚真町 むかわ町 苫小牧市 (財)北海道難病連 安平支部
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
コープさっぽろ共催
肝臓医療講演 in 手稲区 20名参加 相談3名
きっとかなう夢のために
肝がんの不安のなくなる世の中を目指して
第一弾
日時 2014年2月4日火午後2時から4時
場所 新発寒地区センター
肝臓を元気にするために!?
アルコールとのつき合い方から最新の治療まで
共催 コープさっぽろ 新発寒ファミリークリニック 札幌緑愛病院
後援 肝がん検診団 肝炎友の会はるにれ会 北海道肝炎患者対策協議会
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
元気の出る肝臓医療講演&交流会 in 道央地区 30名参加 相談10名 交流会10名
きっとかなう夢のために
肝がんの不安のなくなる世の中を目指して
日時 2014年2月13日木 午後1時から3時くらい 最終的に4時くらいまで
場所 かでる2・7 550会議室
第1部 肝炎治療はこう変わる!!
     患者さんと探し続けるB型、C型肝炎の治療法
        患者さんとの取り組みから
演者 肝がん検診団団長
   札幌緑愛病院肝臓センター所長 川西 輝明ら
第2部 交流会 講演終了後
お問い合わせ 肝がん検診団(留守番電話)011-350-1008
主催 肝がん検診団 肝炎友の会はるにれ会
後援 札幌市 石狩市 北海道 北海道肝炎患者対策協議会
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
ポチッとして頂けたら幸いですにほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へにほんブログ村
コメント

原始人食の同じ著者での本の違い ナッツ類 こんなの食べてみています

2014年02月12日 | ダイエット
 
 
どうしてもなにか食べたくなるとき。急いでいて食べれなかったときなど。これを食べてみています。
成分としては炭水化物系の糖質が多いのだけど。以外と太る感じがしません。おなかもふくれるし。ナッツ類の仲間なのかなあ。
原始人食が病気を治すの本ではアーモンドも控える食べ物になっているのですが、同じ方がかいているもう一つの間違いだらけの食事健康法という本の中では食べていいものになっているんです。なので微妙ですが、心臓に負担が少ない感じがします。調べると心臓にいい効果がありそうなことが書いているページもありますねえ。
原始人食を進めて、やはりご飯が食べたくてという方が多いです。一日いっぱいまでは食べてもOKですし、ご飯を鶏の胸肉に置き換えられる人はそれが簡単でいいですよーってすすめています。胸肉あまりおいしくないからなあっていうかたは、肉魚野菜果物なんでもいいので,なにに置き換えると楽ちんかなあ。私がよく使うのはパイナップルも使っています。みかんだとおなかふくれなかったんだけど、パイナップルはふくれますね。
上の方が原始人食が病気を治すでの表で下が間違いだらけの食事健康法という本の中の表です。ナッツ類の解釈にはいろいろ他の原始人食にも解釈があるようで、やせるスピードをゆっくりにするのに使うといいという解説のあるのもありました。実際、アーモンド食べてるときは、体重の減少が遅い感じがありました。
 
 
コメント

肝がん検診の助成と周知のお願い 空知地区を回ってきました

2014年02月11日 | 肝がん検診
 
 
写真は、芦別市長さんといっしょに撮ったものと滝川では広報の方に要望書を手渡したときを撮っていただきました。

6月21日新篠津、22日滝川での肝がん検診の助成と周知をお願いすべく、道議の道下大樹先生に相談して、道議の北準一先生、柿木克弘先生、大河昭彦先生らに声をかけていただいて、芦別では清沢茂宏市長さんと担当の方、滝川、新十津川、美唄では担当の方との面談を実現していただくことができました。
お忙しい中、連絡とって頂き本当に感謝です。

滝川の市役所で患者会の中空知肝友会の方と合流。以下訪問順に報告していきたいと思います。

赤平市役所を訪問では、介護健康推進課の課長さんと健康づくり推進係長さんが会ってくれました。広報や医療講演の後援は大丈夫そうとのことでした。

芦別市役所を訪問では、清沢茂宏市長が来客対応の合間を縫って、市民福祉部の部長と課長とともに要望書の話を聞いてくれました。市長からは、国民が健康のために受けられるいろんな制度が、自治体によって変わることはおかしいことで、国がもっと何処でもいい医療が受けられるように力を出してくれたらいいですねというお話をして下さいました。それが叶わないから自治体でできることを検討していくことになっているという矛盾はこれからも改善していくようになってほしいと思いました。住民が関心を持つきっかけとしてアルコールの飲み方とか脂肪肝の話など分かりやすい切り口から入れるようになるといいですねという流れもあり、医療講演を芦別で実施することも可能となるかもしれません。肝がん検診の広報への掲載と滝川での医療講演の後援は大丈夫ですといってくれました。

歌志内市役所では保健福祉課長がアポなしでしたが対応してくれました。広報と医療講演の後援をお願いしたいと伝えてきました。

滝川市役所訪問では、窪乃内市議が段取りを作ってくれて、市長が時間確保できずとのことで保健福祉部長、健康づくり課長と主幹が対応してくれました。昨年から何度もやりとりをしていただいているので、市長にしっかりお伝えしますとにこやかな雰囲気で、支援できることをできるだけしたいと思っていることを感じる対談でした。今年は、昨年までの会場が取り壊しとなるため会場の確保に困っていたところ保健センターを貸していただくことができ、滝川で予定している医療講演も後援が可能ということで有り難かったです。医療講演の会場の確保にも市の協力が得られると確実に実施できるので、その点も今後議員さんを通しておねがしてみようと思います。

新十津川町は、総合健康福祉センターゆめりあにて保健福祉課長、主幹、グループ長に話を聞いていただきました。具体的に日程ややり方などを聞いてくれてイメージをしてくれ、過去の肝がん検診に参加したこともある保健師さんがいてくれてよかったです。午前滝川午後新十津川っていう肝がん検診の計画なんかも実現できるもって話もしてきました。広報と医療講演の後援はお願いできそうでした。

美唄市では、保健福祉センターにて保健福祉部健康推進課課長と主任保健師の方が会ってくれました。広報と医療講演の後援は可能とのことで対応していただきました。

一気に回ってきた感じですが、議員さんたちに連絡を取ってもらうことで、いろんな人が動きやすくなることは本当に感謝です。今後ともよろしくお願いいたします。
 
ポチッとして頂けたら幸いですにほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へにほんブログ村
コメント

帯広の医療講演共催と肝がん検診後援きまる

2014年02月11日 | 肝がん検診
 
帯広市の鈴木仁志市議と関係みなさんのがんばりで、3月11日帯広市での医療講演が、帯広市共催となり、肝がん検診に対しては帯広市の後援が受けられることになりました。肝がん検診の市レベルでの後援ははじめて実現となります。
各地の患者さん、議員さん、保健福祉部方々や支援していただいている方々にはいつもご協力いただいていますこと本当に感謝です。いろんな地区でのがんばりが、他
の地区への働きかけにもつながり、肝がんの不安のない世の中へ向かっていい変化が起こりつつあるように思います。
 
ポチッとして頂けたら幸いですにほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へにほんブログ村
コメント