宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

大崎市営鳴子放牧場へ和牛の放牧を開始

2018年05月11日 08時00分28秒 | ①先進的技術に取り組む経営体の育成・支援
 平成30年5月9日に大崎市鳴子温泉鬼首にある大崎市営鳴子放牧場で和牛の放牧が始まりました。
 事前に宮城県北部家畜保健衛生所による衛生検査を受けた80頭あまりが早朝から運び込まれ,
体重を測定された牛たちは早速放牧地へと駆け出していきました。
 放牧は,生産者の飼養管理の負担を軽減するとともに,牛の足腰を強くし,繁殖機能を改善する
効果が期待できます。本年11月11日の閉牧まで,100頭あまりが放牧される予定です。



 宮城県大崎農業改良普及センター  先進技術班
 TEL:0229-91-0726   FAX:0229-23-0910




この記事についてブログを書く
« 登米市出身の県農業大学校新... | トップ | 高密度播種育苗による水稲栽... »
最近の画像もっと見る

①先進的技術に取り組む経営体の育成・支援」カテゴリの最新記事