宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

集落営農先進地視察研修会

2019年09月18日 08時33分06秒 | ⑤地域農業を支える意欲の高い担い手確保

 加美町の東鹿原(ひがしかのはら)地区は薬莱山の南東部の中山間地帯に位置し,稲作を中心とした農業が行われています。  

当地区では令和2年度内の法人設立をめざし現在準備を進めているため,普及センターでは当地区をプロジェクト課題の対象として重点的に支援を行っていますが,その一環として令和元年9月9日に法人運営の優良事例と近年当地区でも大きな問題となっている獣害対策に関する視察研修会を開催しました。  

 今回の研修では,当地区と類似の条件下で法人化しこれまで順調に業績を伸ばしている山形県長井市の農事組合法人成田農産と集落ぐるみの獣害対策で大きな成果をあげている山形県米沢市の山上地区有害鳥獣対策協議会による取組を視察しました。  

 成田農産では,法人の運営や高収益作物への取組や後継者の確保等今後当地区でも取り組んでいかなけらばならない諸課題について詳しい御説明をいただきました。また,山上地区では住民やボランティアの協力による放任果樹の計画伐採や収穫した果実を加工し販売する取組など,地域ぐるみでの実践事例について現地視察を交え御説明いただきました。  

 法人化と獣害対策は現在当地区における最大の関心事であるため,今回の視察により課題解決に向け大変参考となるお話を伺うことができました。  

 普及センターでは,今後とも関係機関との連携のもと,今回の研修会で得られた成果を活かし,東鹿原地区の新たな営農体制がより良いものとなるよう支援していきます。

 <連絡先>  宮城県大崎農業改良普及センター      地域農業班  TEL:0229-91-0727   FAX:0229-23-0910         

この記事についてブログを書く
« 全国リンゴ研究大会において... | トップ | 適期収穫に向けて令和元年産... »
最近の画像もっと見る

⑤地域農業を支える意欲の高い担い手確保」カテゴリの最新記事