宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

「ふさすぐり」の加工・ブランディング指導会を開催しました!

2019年10月13日 16時02分10秒 | ⑦農村地域の振興に向けた取組支援

7月12日(金),8月21日(水),9月18日(水)の計3回に渡り,栗原市花山地区のコミュニティセンター(石楠花センター)でふさすぐり生産者・関係機関を対象とした指導会を開催しました。
 この指導会は,中山間地域である花山地区でおよそ30年前から栽培されてきた「ふさすぐり」を中心に商品開発やブランディングについて学ぶとともに,生産者・関係機関の意見交換を目的として開催しました。
 全3回の指導会を通して,6次産業化プランナーの (株)アサーティブ&シーエス 代表 櫻井真理子氏を講師に,販売戦略のポイントやブランディングのコツ等を,事例を交えて助言いただき,当普及センターからはふさすぐりの栽培状況の確認や栽培・管理方法のおさらいを行いました。また,意見交換では生産者から加工・販売の状況やこれまでの栽培の経緯を伺った他,「管理方法を教えて欲しい」,「生産物の窓口となる組織が欲しい」,「ふさすぐりを新植したい」といった意見があり,生産面の更なる底上げが必要であることを再確認しました。併せて,地区内の現地視察を通してふさすぐりのみならずブルーベリーや苔等他の地域資源の存在についても確認できました。
 今後は,ふさすぐりのせん定講習会や苗木の定植支援等を通じて生産面の強化を後押しするとともに,より広い視野で他品目についても活用の可能性を検討し,中山間地域の振興に向けて支援していきます。

<連絡先>
宮城県栗原農業改良普及センター 地域農業班
TEL:0228-22-9437       FAX:0228-22-5795・6144

 

この記事についてブログを書く
« 県境3普及センター情報交換... | トップ | 農業大学校生,33日間の農家... »
最近の画像もっと見る

⑦農村地域の振興に向けた取組支援」カテゴリの最新記事