宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

農業大学校生,33日間の農家研修を無事に終了

2019年10月15日 15時44分02秒 | ⑤地域農業を支える意欲の高い担い手確保

 宮城県農業大学校生(農大生)が農家で実践的な研修を受ける「先進農業体験学習」が10月11日で終了し,石巻農業改良普及センターで終了式が開催されました。

 終了式には,石巻普及センター管内で研修を受けていた農大生の1年生9人が参加しました。
 9月9日から33日間を無事駆け抜けた農大生は「農作業だけでなく普段の会話や生活もよく分かった。」「培地の準備やパイプの埋設など,新しい栽培方式を導入するときの下地の大切さを実感できた」といった感想を述べ,一回り成長した姿を見せました。
 研修先からも「自発的に作業を見つけて取り組んでくれて助かった」「近所に,先輩など相談できる人がたくさんできたので,財産にしてほしい」と温かい労いの言葉が掛けられました。

 また,有限会社アグリードなるせと株式会社イグナルファームは,先進農業体験研修への協力が5年目となり,県から感謝状が贈呈されました。

 普及センターでは,これからも,就農を目指す若者の確保と定着,育成に力を入れてまいります。

 

<連絡先>

 宮城県石巻農業改良普及センター  地域農業班

 TEL:0225-95-7612   FAX:0225-95-2999 

 


この記事についてブログを書く
« 「ふさすぐり」の加工・ブラ... | トップ | 先進農業体験学習が無事終わ... »
最近の画像もっと見る

⑤地域農業を支える意欲の高い担い手確保」カテゴリの最新記事