三木市議 大西ひできの方丈記

日常生活と三木市議会議員の日常記

企業団議会2019 ver2

2019年09月04日 | 病院

先日に引き続き当局の答弁(概略)

 

1番目ハラスメント対策

平成3071日に総合医療センターではハラスメント防止規定が策定

ハラスメント防止委員会設置

平成3141日現在委員→委員長(病院長)、副委員長(理事)、委員(副委員長・外科、消化器科、乳腺外科総括部長・消化器センター長)、副医院長兼看護部長、診療支援部中央検査室長、診療支援部リハビリテーション室長、管理部長、職員代表  以上、事務局は管理部経営管理課(人事係)

 

ハラスメント調査委員会は、事案発生の都度病院長が5名程度を指名

 

現状について

認定→無、

相談:パワハラ→5件、セクハラ→1件、スメハラ(匂い)→1

 

院内医療従事者への周知

院内の運営会議で各所属長に伝えている。全職員に伝わり周知している。

 

 

3者の相談窓口の必要性について → 広がる前に相談できる体制をとっており、第三者については考えていない。但し、院内には委託している各種専門職がいるので、そこにも相談できる体制をとっている。(理事、副企業長)

 

私は、立場の弱い方がパワハラを受けて、もしかして仲間内かもしれない組織や人に安心して相談が出来るとは思いません。受けた当事者が強い決断力を持って命がけで相談するぐらい切迫している時に、今の体制でそれらの方々を守り切れるのか? 当事者意識を持って考えると、自ずと必要性が分かると思いますが、トカゲの尻尾を切って終わりになるような事の無いように見続けていきたいと思います。

 

駐車場整備工事(債務負担行為)事業費上限額明示無について

センター北側の予定地が山林で用地確定の状況や様々な調査を経なければ事業費の算出が困難である。また、上限を明示しない方法もある。

 

この度、78日に入札があり、実施設計委託料については3490万円(R211月まで)で発注した。

用地の購入や整備事業等については、小野市土地開発公社と詳細な委託契約を結んでいる。

 

概算としては計算しているが、大きく変動する可能性があるので、あくまでも概算である。(金額は聞いていますが、此方では非公開とします。ご理解ください。)

 

態々、建設業者がアンテナを張っているのに、通常は企業なら工事金額などを公表しない。

 

つまり、駐車場整備工事については、委託先の小野市土地開発公社が契約書に則って工事を進めますが、企業団議会が小野市土地開発公社から整備した駐車場を買い上げるまで、我々議会も市民も知らないままです。

以上の話から推察すると、小野市土地開発公社に対して、委託金額は明示されていません。

つまり金額は白紙で委託?

 

駐車場整備については、早急に進めるべきだと考えていますが、市民からかなり遠い企業団議会ですから、尚更、透明性の保持に努める必要があると考えます。

 

方法としては、実施設計等の費用を企業団議会の当初予算におく → 全体像を把握し金額の算出をする → 債務負担行為で限度額を設ける → 議会に提案

7月に入札で委託料について3490万円で契約しているのですから。出来ると思いますが。)

コメント (4)

兵庫県ランキング

画像

http://blog.goo.ne.jp/admin/showimagedetail/?iid=0799865074cf9a8afcb10dad6543b92c&return=%2Fadmin%2Fimgmanage%2F%3Flimit%3D24%26type%3D1%26did%3D%26window%3Doff%26img_order%3Ddesc%26img_year%3D0%26img_month%3D0%26version%3Dnew%26offset%3D768