三木市議 大西ひできの方丈記

日常生活と三木市議会議員の日常記

鈴木翼くんが三木にやって来る

2019年10月20日 | 子育て

 

三木市で子育て支援(親育ち、子育ち)等、地域にに密着した活動をされている「NPO法人ほっぺ」さん

活動されているそれぞれの会場では、ちっさな子ども達とママさん方が、何時も笑顔で集われています。

また、少し悩みのあるお母さんには、悩みに合わせた場所(部屋)でゆっくりとお話を聞きながら。

利用者の方々の思いに沿った活動をされています。(是非、会場へ行って体験を)

ホームページ ↓ ↓ ↓ ↓

https://kosodatehoppe.jimdo.com/

 

その、ほっぺさんから、今回のご案内です。(上の写真)

NHKの「おとうさんといっしょ」にも出演、他数々の活動をされている

鈴木翼さんを招いて、イベントが青山公民館で11月2日に開催されます。

是非、皆様のご参加をお待ちしています。

イベントの案内は ↓ ↓ ↓ ↓ 

限定300人となっていますので、申込方法等をよくご覧くださいね。

https://kosodatehoppe.jimdo.com/イベント/三木に鈴木翼くんがやってくる-ほっぺのわくわくコンサート/

 

鈴木翼さんのプロフィールは ↓ ↓ ↓ ↓

あそび歌作家。私立保育園、子育て支援センターに8年間勤務後、2009年、あそび歌作家として活動開始。
保育雑誌を中心に多数の連載、執筆活動を行いながら、全国でファミリーコンサート、保育者向け講習会等に出演。
2013年、『なんでやねん』(世界文化社)で絵本作家デビュー。
2012年より、「みんなDEどーもくん」(NHK BSプレミアム)に毎年ゲスト出演。
2015年より、4年連続でフジロックフェスティバル(キッズランドステージ)に出演。
2018年、日本テレビ系列「ヒルナンデス!」出演。「おとうさんといっしょ」(NHK BSプレミアム)『きみはぼくのともだち』の作曲を担当。
2019年、「ワンワンパッコロ!キャラともワールド」(NHK BSプレミアム)『ふたりがいいね』の作詞を担当。同年3月には、番組にもゲスト出演。
2019年4月、大阪芸術大学短期大学部 保育学科 客員教授に就任。
本年活動10周年を迎え、9月23日(月・祝)に10周年記念コンサート『こころがおどる』(有楽町朝日ホール)を開催する。

コメント

実りの秋

2019年10月20日 | 

収穫の秋、実りの秋

です。

 

先日、新米の収穫が出来ましたので、新米を炊いて、頂きました。

おかずが無くても、お米が甘くてご飯だけでも美味しく食べれる。と

家族で頂きました。

 

こうして、新米を頂くことの幸せに感謝です。

 

まだ、山田錦(酒米)の刈取が済んでいませんが・・・。

コメント

統合準備委員会(教育委員会の対応→当事者不在)

2019年10月17日 | 統合準備委員会

10月28日

統合準備委員会(志染中と緑中)が開催されます。

志染町公民館 午後7時~ (傍聴の可否は確認して、お知らせしたいと思います。)

 

10月3日臨時教育委員会が開催された後に統合準備委員の打診があり、先週末に委員の報告を

教育委員会にしています。(まだ、決定していない地域もあるようです)

 

その中で、昨日(16日)に事前打ち合わせ(23日)の案内がありました。

そもそも、1週間前と思いつきのような案内です。

また、日時や会の主旨などが示された案内文を出す予定はないとの事です。口頭での連絡でした。(16日時点)

 

23日に決定したのは、16日の2日程前の事で、委員予定者数名に打診して決定したとのことです。

しかし、当事者である子ども達の保護者に打診は無く、蚊帳の外状態。誰と決めたのでしょう。

 

私は、常々、議会でも教育委員会の都合で、市民に時間的な負担させないで欲しいと訴えて参りましたが、

この度の件です。

急な日程を時間と子ども達を、人質にした事に憤りを感じ、教育長始め、部長及び担当者に

猛省を促してきました。

 

公式な立場の教育委員会が、案内文も無く、直前の1週間前に連絡してくると言う非常識な行動に

この先が心配でなりません。

 

此方のブログでは、カテゴリー中に統合準備委員会の欄を設けて常時発信していきますので、

宜しくお願いもう申し上げます。

 

 

 

コメント

裁判 判決 市民勝訴

2019年10月09日 | 三木市政

平成28年に市民が、前市長の倫理審査を求めて行った署名活動で、法定数を満たした署名をもって、

4名の市民が三木市に対して倫理審査請求を行いましたが、審査をすることなく宅配便で送り返され

ました。

市民の正当な権利に対し、理由もなしに受理せずに突き返す行為は正常ではありませんが、

公権力を持つ市長の命令一つで、役所がそのような組織になってしまうのです。

 

組織のトップによる権力により、正常に機能しない役所に対して市民が司法に訴えなければ

機能しなかった事が残念でなりません。

 

この度のように、市民の皆様が立ち上がり勝訴を勝ち取った意義や判例については、

行政法の前例になるぐらい大きなものだと思います。

4人の市民の皆様及び、その背景で応援された皆様方に敬意を表したいと思います。


 

尚、私も議員として同様の問題に対して、行政処分の取り消しを求めて司法に訴え、

勝訴していますが、

公権力に対する方法として、最終的にはこの様な方法しかありませんでした。

公権力を司る立場のリーダーの考え方が、市民生活に如何に影響するか考えさせられるものです。

私の過去のブログをご覧ください。 ↓ ↓ ↓ ↓

https://blog.goo.ne.jp/mituda_1965/s/勝訴

 

追記

この度の勝訴で、慰謝料の請求は認められますが、

裁判に係る費用や弁護士費用については原告負担となりますので


大きな負担を強いられる事になります。何か釈然としないものが残ります。

 

 

 

 

 

 

此方では、訴えを起こされた市民の名前は塗りつぶしています。ご理解下さい。

コメント

臨時教育委員会が開催されます

2019年09月27日 | 教育

三木市立小中学校の学校再編に関する実施方針(案)について

10月3日 午後3時から   

三木市役所5階 大会議室 傍聴可能

 

上記が、開催されます。

ご関心のある皆様のご参加をお待ちしています。

 

招集告示日  9月27日 本日です。

招集者 西本教育長

コメント

昨日9月26日、総合教育会議が開催されました

2019年09月27日 | 教育

昨日、開催された総合教育会議で思う事

報告事項 → 学校再編検討会議からの提言書について

協議事項 → 三木市の学校再編の方向性について

2点について、

市長・教育長・4人の教育委員の計6名(総合教育会議の委員)で話し合われました。


 

前回の総合教育会議は、628日に開催されてから3か月ぶりの開催です。

 

しかし、私は大きな違和感を感じました。

 

提言書についても、学校再編の方向性についても、

同様でしたが、提出された資料についての協議や

事務局に対しての質問はほぼありません。


総合教育会議が公式に開催されたのが3か月前です。

提言書が出されたのは、つい先日です。

 

事前に説明や意見交換はされたのでしょうが、公式には残りません。

公式には残りませんので、各委員の意見は無かった事にも出来ます。

つまり、市民が議論された事を知る由もありません。

そもそもは、市民の為の会議です。

 

公開の場で議論や協議を行って結果を導き出してほしいと思います。

結果として、各委員が時間を掛けて意見発表をして終了した総合教育会議であったと思います。

 

この後、教育委員会が速やかに開催される予定です。

構成は、総合教育会議の構成委員から市長を除いたメンバーで教育委員会会議が開催されますが、この度の進捗状況から推察するに、子どもや市民目線での活発な協議は望めそうもありません。

 

各教育委員さんは、役所側の事務の進め方に丸めこまれていらっしゃるんだろうと思いますので、今後、この様な意見発表の場で終わる事の無いように努めて頂きたいと思います。

 

議会の方が、ある意味開かれている思った会議でした。

コメント

令和元年第2回 三木市総合教育会議 9月26日

2019年09月26日 | 教育

本日、15時から

三木市総合教育会議が市役所5階 大会議室で開催されます。

内容 三木市の学校再編の方向性について

一般傍聴可能です。

此方での意見を受けて、教育委員会が開催されます。

今のところ、教育委員会会議は10月23日予定されていますが、

先の教育長答弁で臨時教育委員会会議も考える。とありましたので、

改めて、調整の上で臨時教育委員会会議の日程が決定されると思います。

 

 

本日、私は、常任委員会で文案検討 → 議会運営委員会 → 総合教育会議を傍聴します

コメント

三木幼稚園閉園

2019年09月23日 | 教育

先日、開催された三木小学校の運動会

園児や児童たちが元気に競技や演技をする姿に感動を受けながら拝見させて頂きました。

 

幼稚園の先生が朝礼代の上から子ども達の競技の解説を明るく元気にされている時に

三木幼稚園が誕生した経緯をお話され、 

地域と共に歩んできた63年間の歴史ある幼稚園は今年度で幕を下ろし閉演する旨の

謝意を述べられていました。

色んな思いがつまった幼稚園を閉園するにあたり、

先生の声を詰まらせながらのお礼の言葉に、私も思いを共感し感涙しました。


「三木市幼保一体化計画」は、前市長時代に決定された計画です。

従来、公立園と民間園の双方から選択出来たものを、 

公立園を廃園する政策です。多くの市民の反対署名が集まったにも関わらず、

民意に応えることなく決定されてしまったものです。

 

私は、反対した数少ない議員の一人ですが、

当時の議会は多くの議員が前市長の提案に賛成し、可決されました。

(詳細は、過去のブログ内で発信していますので、ブログ内検索で閲覧できます。)


コメント

教育委員会の、隠す答弁、逃げる答弁、かわす答弁

2019年09月22日 | 教育

9月18日の総務文教常任委員会(教育委員会事務局)での答弁で。

現在進行している学校再編についての提言が、学校再編検討会議から提出されました。

以下、決定されるまでの流れ ↓ ↓ ↓ ↓


学校再編検討会議 → 総合教育会議 → 教育委員会が決定します。


そこで、18日の常任委員会で、次回、教育委員会が開催されるのは何時か?

確認しました。


誰も答弁しなかったので、教育長が答弁しました。

次回の教育委員会は決まっていません。

総合教育会議開催後、速やかに教育委員会を開催したいと考えています。

また、臨時教育委員会も考えなければならないかと思っています。と答弁がありました。

 

翌日(19日)に教育委員会が開催されていました。

そして、教育委員会のホームページを確認してみると、


10月23日(水曜日) 午後3時~
(三木市役所5階 大会議室)開催が決定されていました。(更新日時が19日でした)


私の質問は、提言を決定する教育委員会の日時を確認しています。

教育長の答弁は間違ってはいませんが、

教育長としての立場で答弁するなら、

翌日に開催される教育委員会で日程が決定されるので、

この場ではお答えできませんが、

決定され次第お知らせさせて頂きたいと考えています。  


と言う答弁が普通なんだと思いますが。上から目線なんでしょうね。

誠意に欠け、市民軽視の答弁に疑問を持たざるを得ません。

 

また、学校再編の関係で担当課長に電話で問い合わせを行いました。

Q:書類(特定して質問しました)を学校に渡しましたか?

A:いえ、渡していません。

 

後日、ある程度事実が分かったので、再度担当者に問い合わせました。

Q:校長に聞いたら貰ったと言っていたが。渡していないのですか?

A:学校には渡していませんが、校長には渡しました。

?????

担当者は嘘はついていません。が、  私のつめが甘いのか?? 

隠す答弁、逃げる答弁、かわす答弁に此方も対応を改めたいと思います。

 

 

 

 

コメント (4)

就活情報サイト

2019年09月20日 | 備忘録

市内のある地域で開催された市政懇談会で市民からの意見がありました。

→ 市外へ通う大学生の子どもが、就活サイトを見ても三木の企業がないので、

市内に戻ってきて就職する若者が少ない。と言うご意見でした。

 

そのご意見の後、庁内で情報共有して調査して頂きました。

結果として、大学生が利用する就活サイトを数社比較してみると、

サイト掲載価格→20万円~150万円

イベント出店費用→1回 10万円~260万円

と、かなり高額な掲載費用を企業が支出しなければならないようです。

 

優秀な人材が大企業や潤沢に資金のある企業に流れてしまうのでしょうか。

それでも、調査された就活サイト4社に対しては、

市内企業26社が掲載され若者の人材活用に力を入れて頂いているようです。

コメント

兵庫県ランキング

画像

http://blog.goo.ne.jp/admin/showimagedetail/?iid=0799865074cf9a8afcb10dad6543b92c&return=%2Fadmin%2Fimgmanage%2F%3Flimit%3D24%26type%3D1%26did%3D%26window%3Doff%26img_order%3Ddesc%26img_year%3D0%26img_month%3D0%26version%3Dnew%26offset%3D768