三木市議 大西ひできの方丈記

日常生活と三木市議会議員の日常記

本会議忘れで欠席と本会議中のいびき

2019年06月26日 | 議会

以下、議会として議論するレベルの話では無く、恥ずかしい話ではありますが、

緩んでいる議会のあり方に是正を求めましたので、以下。


昨日の議会運営委員会では、

翌日、閉会を迎える議会の議事順序等の協議を行いました。


最後に、その他何かありませんか?


との発言の後、他の議員からの発言の動きがありませんでしたので、


副委員長として、この度の開会日に欠席した2人の女性議員について事務局に確認を致しました。

 

Q:事務局に事前連絡はあったのか?無かったのか?(名前を会派名に置き換えています)

あれば、どのようにあったのか?言える範囲で教えて欲しい。

A:新党の議員については直前に、欠席するとあった。

A:公明党の議員については無かった。


その後、直ぐに公明党の議員から次のような発言がありました。


当日は本会議を、忘れており市役所に到着した時には本会議が終了しておりました。

議長には説明と謝罪にお伺いしましたが、本来であれば、この場でご指摘を頂く前に私から皆様に謝罪を申し上げなければならない所、誠に申し訳ありませんでした。

との謝罪の言葉がありました。

 

私からは、本会議を忘れると言うことは、ゆゆしき問題なので、自覚を持って確りと行っていかなければならない。

我々も議員として、気をつけていかねばならない。

と気を引き締める必要性を訴え注意をしました。


ただ、私からの指摘があるまで、公明党議員は動きを見せる様子が無かった事と、私が指摘してからの発言内容に齟齬(そご)があったことは残念です。


また、当日、公明党議員から議長に謝罪と説明をしたもであれば、

議長から当事者に対し各会派に説明と謝罪に回るようにアドバイスがあっても

よかったかと思います。



続いて、本会議中に議員席から「いびき」が聞こえる事について。

議会としてあってはならない事であり、気を引き締めなければならない事であり、

気が付けば、近くの議員か同じ会派の議員が注意をしなければならない旨、

他の他の議員にも協力をお願いしました。


議会運営委員会で議論するべき以前の問題で、恥ずかしい限りです。

(私は、議席が前で後方の離れた席のほうから聞こえてきましたので「いびき議員」の特定は出来ませんでした)


この様に、注意喚起しなければならない状況にある事がそもそものレベルでありますが、

今後、議会としてのモラルをそれぞれの議員が再認識出来るように取り組んで参りたいと思います。


 

コメント (9)

学校再編検討会議25日と総合教育会議28日が開催されます

2019年06月25日 | 教育

本日、25日17時から  
三木市役所5階大会議室にて
学校再編検討会議が開催されます。
喫緊の課題とされる学校の方向性が、この度の会議で示される予定です。

それを受けて、6月28日16時から三木市役所5階大会議室で三木市総合教育会議が開催されます。

どちらも、一般傍聴可能となっていますので、皆様のお越しをお待ちしています。

コメント

2020東京オリンピック聖火リレーについて (加筆)

2019年06月19日 | 三木市政

先のブログでお知らせしていましたが、少し加筆

昨年7月頃、県からの意向調査がありました。

その時、県からの参考資料として、リレーに関する予算が、1000万円

セレモニーやPR事業が、1000万円

双方行うと2000万円予算が必要と概算が示されていた。

 

三木市としては、フランス陸上やパラリンピック ネパールのテコンドーのホストタウンを既に行いっている事から、最終的に教育長が実施しない事を判断し、市長に報告されたとの事。

(ホストタウン打診は聖火リレー打診より前)


関連団体との協議や相談は行っていない。

 

参考として、上記ホストタウン受け入れに係る予算総額は、304万円

内、半分の金額は交付金。実質三木市負担分は152万円

 

コメント (2)

令和元年6月議会 私の質問内容をアップします

2019年06月17日 | 議会
この度の本会議での私の質問内容(読み原稿/若干修正しています)です。

 
【学校再編について】

児童・生徒数の減少から喫緊の課題として星陽中学校・志染
中学校や吉川町の4小学校の統廃合が住民の意見を聞き慎重
に進めている事と思います。

地域の意見交換会に参加された市民から、「何度も同じ話ば
かりで進展が無く、不安が残るばかりだ」との声も聞きます
また、早く進めて欲しいとの意見も聞きます。統合した時
期が中1からか、中2や中3からなのかで、子ども達の置かれ
る精神状況も大きく変わってきます。受験を控えた中3であ
れば尚更の事だと思います。

思春期でもあり、受験も控えた
学年については、サポート体制も万全に行って頂かなければ
なりません。


次の3点についてお伺い致します。

始めは、進捗状況について(各対象校毎に)
2点目は、スケジュールについて
3点目は、星陽中学校・志染中学校の統合先について
 
 
 
 
 
2番目の質問
【防災・災害対策につい】

昨年は市内でも豪雨災害等による被害が多数あり、公民館な
どの避難所も開設されました。

そこから得た経験を検証し、これから起こりうる災害に対応
して、市民の安全安心を守って行かなければならないと思い
ます。


次の4点についてお伺い致します。

始めは、昨年の豪雨災害等の検証を得て改善された点につい
2点目は、災害情報の一元管理の現状について
3点目は、道路の通行止め箇所の周知方法について
4点目は、災害時の相談体制について



 
3番目の質問
【消防力の強化について】

私は、市民の安全安心を守る手段の一つとして考えられるの
が消防力の強化だと考えています。

火災や災害、そして、救急事態に遭遇した時の一番の頼りが
消防であり、隊員であると考えます。

家族の急病に救急車が駆けつけてくれた時、感謝の気持ちで
、心から頭が下がる思いをされた方も少なくないと思います
これから、起こりうる地震。そして、火災や豪雨災害、ま
た、高齢化により増え続ける救急搬送等、必要とされる機会
が大きく増えていると考えます。

そこを考えると、現在の定数で市民の安全安心に十分に応え
ることが可能なのか。疑問に思うところです。


次の5点についてお伺い致します。

始めは、本署・広野分署・吉川分署それぞれの夜間及び土日
祝日の勤務体制について
2点目は、本署・広野分署・吉川分署の担当エリアについて
3点目は、再任用による隊員の現状及び今後の方向性につい
4点目は、三木市の消防職員の定数及び見直しの時期とその有無について
 
 
 
 
4番目の質問
【住まいの耐震化促進策について】

3月議会では、30年度の予算から31年度の予算が減額されて
いましたので質問しました。

答弁は利用実績があまりないので、予算の削減を行ったと言
うものでしたが、耐震化率は向上していません。

その様な中、私の事務所に兵庫県の耐震化促進についての取
り組みと、県内市町村の対応について、アドバイスの電話が
ありました。

内容については、耐震工事の補助金額も含んだ工事費全額を
施主が一旦立て替えて業者に支払う方法から、施主が支払う
金額については補助金額を差し引いた金額を業者に支払い、
補助金については業者が直接受け取る仕組みの代理受領制度
についてです。

つまり、施主が補助金分まで立て替える必要が無くなり、金
銭的負担が少なく済むと言うメリットがあります。

私は、市長の目指す防災のまち三木市として、少しでも多く
の市民に活用して頂ける制度作りに積極的に取り組んで頂き
たいと考えるところです。

次の2点についてお伺い致します。

始めは、代理受領制度について県内他市の現状
2点目は、三木市の考え方について
コメント

6月議会 本日より質疑並びに一般質問

2019年06月13日 | 議会

本日より本会議、質疑並びに一般質問が行われます。

13日 草間議員 → 岸本議員 → 内藤議員

14日 板東議員 → 堀議員 → 私

17日 大眉議員 → 新井議員 → 古田議員

の順で行われます。(10時開会、昼は約1時間休憩、一人の持ち時間は最大90分)

傍聴も大歓迎です。

また、「FMみっきぃ」でのライブ放送もされますので、お時間がありましたら、お聞きいただければ幸いです。

各議員の質問内容は 此方  ↓ ↓ ↓ ↓

https://www.city.miki.lg.jp/uploaded/attachment/12439.pdf

 

議会ホームページは此方  ↓ ↓ ↓ ↓

https://www.city.miki.lg.jp/soshiki/53/3919.html

コメント

妊娠したら、国民年金の免除(4か月分) ➡  自らの申請が必要です。

2019年06月11日 | 子育て

妊婦さんのイラスト


妊娠したら、国民年金の免除(4か月分)を受けることができます。これは国民年金に加入していて、2019年2月以降に出産した人が対象になります。

此方のリンク先が分かりやすく紹介しています。(SNSで市民の間で話題に上がっていましたのでご紹介)

https://edgenews.jp/tax-system#


因みに、自ら申請しなければ免除はされません。



三木市でも「広報みき4月号」P8  ↓ ↓ ↓ ↓

https://www.city.miki.lg.jp/uploaded/attachment/11262.pdf

お得感が感じられないので、見落としてしまうかもしれません。


三木市ホームページ ↓ ↓ ↓ ↓

https://www.city.miki.lg.jp/soshiki/21/2178.html

上記ページ中、中段辺りに目的の部分が ↓ ↓ ↓ ↓

 

コメント

2020東京オリンピック聖火リレー

2019年06月08日 | 三木市政

2020年に開催される東京オリンピックの聖火リレーの開催地について、

兵庫県は、2日に分かれて行われます。

1日目は、豊岡市 → 朝来市 → 宍粟市 → 加東市 → 小野市 → 加古川市

のルートとなります。

兵庫県の場合は調整を県教委が行っているようです。


そこで、三木市が入っていないのは何故か?との問い合わせについて、

お知らせしたいと思います。


昨年7月頃に、県教委から三木市にも意向調査がありましたが、

市教委は参加しない旨の決済を教育長が行っています。

県教委からは、聖火リレーにかかる概算経費も参考として示されていたようで、金額が2000万円だったとの事。

関係者の話では、三木市はフランス陸上チームやネパールのテコンドーチームのサポートもしている事もあり、候補地として名乗りを上げなかったのかも。


そして、更に2000万円もの経費を掛けて。となったのかも知れません。

三木市の沿道を駆けてゆく老若男女の姿。

沿道で応援する、多くの市民の姿。


そこに、それぞれの立場で夢と希望と誇りを持って、

取り組める三木市であるべきだと思いますが、誠に残念でなりません。


https://tokyo2020.org/jp/special/torch/olympic/map/detail/28_hyogo.html

 

コメント (4)

兵庫県ランキング

画像

http://blog.goo.ne.jp/admin/showimagedetail/?iid=0799865074cf9a8afcb10dad6543b92c&return=%2Fadmin%2Fimgmanage%2F%3Flimit%3D24%26type%3D1%26did%3D%26window%3Doff%26img_order%3Ddesc%26img_year%3D0%26img_month%3D0%26version%3Dnew%26offset%3D768