今日は何をしようかな?

いつの間にやら10年経ちました。
いろいろ忘れないように、書き留めておきます by nori    

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

スミカスミレ

2016年02月12日 16時22分04秒 | TVの事
ミッチー出演中の『スミカスミレ』
第一話を昨日見ました。

原作コミックスは読んでないのですが、全体的に『もたついた』感じかな(^^;)

桐谷美玲ちゃんが頑張っているのですが、『怪しい彼女』みたいにさっさと最近の洋服を買いに行けば良いのに~と、ついつい比較してしまうからかもしれません

原作は高校生に戻るようですが、どうして大学生にしちゃったのかな??
桐谷さんも相手役の真白さんも、大学生にしたら老け過ぎ。
ミッチーももっと若い時に演じていたら良かった役だと思います。

視聴率7.8%はこの時間帯ならまあまあだと思いますが、来週はもう少しテンポよく進めてほしいです。

今期のドラマは割と似た印象があります。
『ヒガンバナ』や『怪盗山猫』も、設定は好きなんだけど、見ていて飽きちゃう。
次回は面白いかも?と期待するのですが、どうもイマイチ。
前クールの『掟上今日子の備忘録』は、ドラマとして爽やかさがあって、面白かったな~
コメント

今期のドラマ

2015年10月26日 13時04分37秒 | TVの事
今日は
土日もお天気が良く、やっと夏物の片づけがすみました

今期の秋ドラマ、割と楽しく観ています。

掟上今日子の備忘録

原作は未読ですが、ゆる~くてガッキーが可愛い。
設定はかなり漫画的ですが、来週辺りからきちんとしたミステリーになりそうかな??

エンジェル・ハート

冴羽りょう役の上川隆也さん、かなり雰囲気出ています。
原作好きなのかも。

サイレーン
まだ、始まったばかりですがどんな展開になるのか楽しみです。

偽装の夫婦
全く興味がなかったのですが、ちょっと変わったテイストで、どういうオチになるのか想像しながら見ています。

下町ロケット
展開は分かっているので見る気がありませんでしたが、旦那さんに付き合って観初めました。
主役は阿部くんより佐藤浩市さんの方が似合っていたような気がしますが、談春さんやヤスケンも頑張っているし、来週も見ちゃいそう。

『無痛』と『コウノドリ』は面白そうでしたが、挫折しそうです。

我ながら、偏ってるな~



コメント

民王とか

2015年09月03日 13時15分11秒 | TVの事
今日はたりったり。
蒸し暑い一日です

今期のドラマで気に入っているのは『民王』
エンケンさんのハジケ方や知英さんのオヤジっぷりとか、半端なく面白いです。
結構豪華キャストなのに、何故この時間帯なのか不思議になりますが、原作が池井戸さんでビックリ
こんなコミカルな作品も書けるんだ~と感心しました。
原作は未読ですが、脚本が良いのか、役者さんが良いのか、とにかく楽しく観ています

『デス・ノート』も結構頑張っている感じ。
他は特に見たい!っていう作品がなく、GYAOさんのドラマばかり見ています。

現在配信中の作品では『TWO WEEKS』の続きが気になります。
1話の途中までは観るのを辞めようかな?と思っていたのですが、後半になってからグイグイ引き込まれて毎日配信がありがたいです。

主役のイ・ジュンギさん、どこかで見たと思ったら『アラン使道伝』でした。
『アラン使道伝』では全然格好良くなくて、どうして人気があるのかと思いましたが、作品がイマイチだったせいなのかな。

『TWO WEEKS』で一番惹きつけられるのは、子役のスジン(イ・チェミちゃん)の可愛らしさと賢さです
他には『オ・ジャリョンが行く』の優しいオモニ役キム・ヘオクさんが、裏のある国会議員役が新鮮でこれからの展開が楽しみ。
ストーリー的にはよくある逃亡者モノですが、興味がある方は是非この機会に!
コメント

秋ドラマ 『全てがFになる』

2014年10月23日 09時51分47秒 | TVの事
今日は
昨日今日と急に寒くなり、電車の中でも咳をする人、マスクをした人が多数います。
風邪をひかないように気をつけましょう。

フジテレビの秋ドラマ『全てがFになる』みました。

てっきり原作『全てがFになる』を連ドラとして放送するのかと思っていましたが、1話・2話では『冷たい密室と博士たち』が放送されます。

出だしは『全てがFになる』の真賀田博士と萌絵の会話で期待したのですが・・・

元々、森博嗣氏の原作を2時間(初回は+15分なので、最終回も多分拡大枠になると思いますが)で終わらすのは難しいだろうとは思っていました。

犀川先生と喜多先生、同級生なのに何故綾野君と小沢さんにしたの??とか
萌絵ちゃんの車のエンジン音の講釈とか、奇抜なファッションが観たかったけれどスルーなのね、とか
犀川先生と萌絵ちゃんの間の距離感も近すぎるし、MacもUnixも無く、ドラマの萌絵ちゃん、猫舌じゃないし・・とか
多分、時間的に無理な事と原作のままでは余りにも平坦になってしまう等の事情があるのでしょう

という事で、原作とは全く別物として観るしか無いようです
ただ、せめて萌絵ちゃんはもっとお金持ちのご令嬢らしくして欲しかったな~

唯一、桃枝さんはかなりイメージ通りでした

あまり、文句を言っていると旦那さんが見せてくれなくなりそうなので、次回は大人しく観ようと思います



コメント

『すべてがFになる』

2014年09月22日 09時53分27秒 | TVの事
今日も
土曜日は寒いくらいのお天気でしたが、昨日今日は綺麗な秋晴れです。
台風16号、早く消えてほしいな~

夏のドラマは結構見ていました。

『人間狩り』・・・う~ん、途中で登場人物の性格がガラッと変わったり、最終回も安易だったのですが原作を読みたくなりました。
『あすなろ三・三・七拍子』・・・重松清さんの原作らしく、Happy Endで安心してみていました。剛力彩芽さんが適役だったのは初めてかも。
『信長のシェフ』・・・途中で飽きました。
『HERO』・・・安定感は抜群でしたね。旦那さんは『角野卓三にそっくりの娘、ハリセンボンはいつ出てくるのか?』と最終回に期待しています。
『ゼロの真実』・・・もうちょっとゆっくりと手をかければ、そこそこの作品になりそうと思いました。
『ST~赤と白の捜査ファイル』・・・藤原君が頑張っていました。最初から映画化を狙っていて、その布石のような作品。
etc・・・

で、秋ドラマの予告で楽しみにしていた『すべてがFになる』
森博嗣先生の原作が好きだったので、どんな配役かと気になっていました。

西之園萌絵役の武井咲は仕方ないとしても、誰が演じるのか楽しみにしていた犀川創平役が・・・
原作自体、1990年代のPC創世記だったので、内容はかなり変わるだろうと予想していましたが、犀川先生のイメージが綾野剛君では無く・・・
もうちょっと大人の男の人っぽい感じだったので・・・
まあ、『チームバチスタ』なども、本とは全く違っていたから仕方ないのかも
白鳥役が仲村トオルさんだと知った時は見るのを止めようかと思ったくらい違いましたが、始まったら結構見ちゃったし。

真賀田四季役は早見あかりさんという方だそうです。
全く知らない方ですが、14歳、28歳、双子の妹の三役を演じ分けられるのでしょうか?

原作を忘れて観た方が良いのかな

『地獄先生 ぬ~べ~』は今更感がありますが、『悪夢ちゃん』みたいなテイストなら面白いかも。
『信長協奏曲』はどんな作品なのか全く知らないので、ちょっと期待しています。

コメント

冬ドラマ2014

2014年02月21日 16時09分05秒 | TVの事
この冬は割と楽しくテレビを見ています。

『隠蔽捜査』は配役が面白いですね。
劇画のコミックスを見ているようで、ストーリーは組織のあり方や家族の問題など深刻なのですが、妙にふんわりとした雰囲気がして見ています。
展開も早いし、何より杉本哲太さんのアップが迫力あって、笑っちゃいます

『S-最後の警官-』もコテコテですが、向井理君が頑張っていて、今までとはイメージが変わりました。

『軍師 官兵衛』は、やっぱり岡田君が格好良いです。

『相棒』、『緊急取調室』、『戦力外捜査官』はちょっと退屈になってきました。

そんな中、「謎解きはディナーのあとで」の東川篤哉さんの「烏賊川市(いかがわし)シリーズ」を映像化した『私の嫌いな探偵』の剛力彩芽さん(朱美)のはじけっぷりがツボにハマっています。
玉木宏さん(鵜飼探偵事務所所長)も吹き出しもせず頑張っていて、偉いですね!
毎週見るのは疲れるかも知れませんが、ミステリーがメインではなく、小ネタメインで笑えます。
原作を読んだのはずいぶん昔で、鵜飼が乗っていたのは貧乏探偵らしい車だったよな~とか朱美はもっと力づくなイメージだった気がするな~とか思うだけですが、ラーメンズの片桐仁さんや渡辺いっけいさん、山村紅葉さんなど、脇役(?)は豪華です。

こうやって見ると、警察関係とかミステリーばかりで、我ながらちょっと
コメント

鬼灯の冷徹 放送決定しました。

2013年11月01日 09時12分41秒 | TVの事
今日は
あっという間に11月で、年賀状とかお歳暮とかいう言葉がチラホラ。
この間まで『暑い!暑い!』と言っていたのに、もうホットカーペットをいつ出そうか考える季節になりました。

楽しみにしている『鬼灯の冷徹⑪巻』がいつ発売なのかな~と検索してみたら11月22日なので、もうちょっと待たなくてはならないようです

鬼灯の冷徹 公式HP

ただ、うれしい情報も!

アニメが2014年1月放送決定

鬼灯の声は『安元洋貴』さんという声優さんとの事。
どんな声なのか楽しみです
コメント

よろず占い処陰陽屋へようこそ

2013年10月08日 10時57分25秒 | TVの事
今日は
台風24号の影響か、夏日です。
ここの所の温度差は凄くてびっくり
昨日の朝などは寒くて目が覚めたのに、今日は日差しが強くて会社では冷房をかけました。

朝、ボーっとTVを見ていたら関ジャニの錦戸君が出て番宣中。
よろず占い処陰陽屋へようこそ

錦戸君は『ちょんまげぷりん』の木島安兵衛役が良くて、割と好き

天野 頌子さんの原作がソコソコ面白かった(王子界隈の雰囲気がよく書けており、もしかしたら天野さんは住んでいたのかも?と思ったり、結局占いは人生相談みたいなものだしな~と納得したりしました。)ので、見てみようと思っています。

まあ、基本マンガみたいな作品だから、見易い筈。

王子と狐はよく似合います
コメント

困った!

2013年07月02日 09時07分24秒 | TVの事
今日は
もう梅雨明け??みたいな良いお天気です。

春ドラマは結構楽しくみました

個人的にヒットだった『幽かな彼女』『間違われちゃった男』
ルーティンで見ている『ガリレオ』『遺留捜査』
微妙だった『ダブルス』『お天気お姉さん』
意外に楽しく見ていた『確証~警視庁捜査3課』

ところが夏ドラマ特集

見たい番組が全く見当たらず・・・

救命病棟24時も松嶋菜々子さんバージョンだし、ミッチー出演の半沢直樹もそれほど見たい作品でもないし

困った

警部補 矢部謙三2くらい??
コメント

『泣くな、はらちゃん』とか。

2013年01月24日 09時10分40秒 | TVの事
泣くな、はらちゃん
一風風変わりなドラマですが、結構面白く観ました。

うちの旦那さんはジャニ系はあまり好きではないので興味を持たないだろうと思っていたのですが、何の気まぐれか録画していてくれて

主人公は、かまぼこ工場で働く地味な女性「越前さん」(麻生久美子)&越前さんがノートに描く漫画の主人公「はらちゃん」(長瀬智也)

越前さんが自転車で通勤する、三浦半島から城ケ崎大橋を渡って行く景色が好きです。
そのかまぼこ工場で、おとなしい越前さんは何故かしらパートのオバサンにいじめられ、その鬱憤を込めて書く漫画世界がどんどん暗くなってしまい、漫画の描き手=神様が幸せになれば漫画世界も明るくなるという結論が漫画世界で出て、たまたま放り出されたノートから現実世界に飛び出したはらちゃんがたまたま神様=越前さんに出会い『あなたが幸せになってくれないと世界が駄目になってしまうから、幸せになって下さい。』と直訴するという、お話的には偶然が多すぎる展開。

はらちゃんが異世界を行き来する手段が、1回目は弟(菅田 将暉)が『こんな漫画を描いているから貴女は駄目になっちゃうんですよ。』とか言いながらノートを捨て、2回目は母親がノートをハエたたき代わりに使ってはずみで放り出しという荒業なので、3回目以降どんな手段を使うのかしら?とか、パートリーダーの薬師丸ひろ子の不思議な行動も気になります。
これがラブストーリーになるのか???
そして、登場人物(特に田中=関ジャニ∞の丸山隆平)達は、はらちゃんに対して何の疑問も持たないのか???
神様にギターの弦と♪マークを書き加えて貰い、メロディーを手に入れたはらちゃんは、何故ギターのコードを知っているのか?(たまたまギターを弾いている越前さんの同僚(忽那 汐里)の手元を見ていたからといって覚えられるものでもないし、それとも漫画世界だから?)

そんなクエスチョンマークばかりのドラマの中で、麻生久美子さんの存在感(透明感)が際立っています。
麻生さんは『時効警察』の頃からのファンですが、どんどんステキな女優さんになってくれて嬉しい

一歩間違えばグダグダのトンデモドラマになりそうですが、絶妙のバランスで面白さを保っています。
タイトルは『泣くな、はらちゃん』ですが、第1話の長瀬君は大泣きで、最後は幸せになれるんでしょうか???

同じ異次元トリップ物の『信長のシェフ』第2話はイマイチで、すでに飽きそう

『あぽやん』『ラストホープ』は期待していたのに、前者はどこかで見たような設定、後者は御託が多くて飽きます。
特に『ラストホープ』は好きな医療物で、良い役者さん(多部ちゃんとか)が頑張っているのに、残念。

同じくどこかで見たようなドラマ『dinner』
初回は『王様のレストラン』のパクリかと思いましたが、2話の主人公 江崎究(江口洋介)の料理オタク(料理への探求心が半端では無く、味覚が発達していて普通の料理では飽き足らない性格)ぷりや、登場人物達の複雑な背景(それぞれ不安要素が詰まっています)に、話がどういう方向に動くのか楽しみになりました。
コメント