みけの物語カフェ ブログ版

いろんなお話を綴っています。短いお話なのですぐに読めちゃいます。お暇なときにでも、お立ち寄りください。

1049「忘れてた」

2021-04-11 17:53:51 | ブログ短編

 僕(ぼく)はスケジュールの確認(かくにん)のため自分(じぶん)の手帳(てちょう)を見ていた。今日のところに、彼女の名前(なまえ)が…。僕は、思わず声をあげそうになった。今夜は、彼女と会う約束(やくそく)が――。僕は時計(とけい)を見た。すでに、約束の時間を三時間も過(す)ぎている。やばいやばいやばい…。僕は心の中で呟(つぶや)いた。最近(さいきん)、仕事(しごと)が忙(いそが)しくて残業(ざんぎょう)が続いていたから、完全(かんぜん)に忘(わす)れてしまっていた。
 僕は慌(あわ)てて、彼女に連絡(れんらく)しようとスマホを手に取った。そこで…、ふと思った。彼女から、メールも電話(でんわ)も、何の着信(ちゃくしん)もなかったのだ。――これは、どういうことだ? いつもなら、ちょっと遅(おく)れただけでも、バンバン着信が入ってくるのに…。
 まさか…、彼女も忘れてる? そんなことって、あるんだろうか? でも、あるかも…。彼女から何もいってこないのは、彼女も忘れているからなんじゃ…。これは、いいぞ。このままなかったことにしてしまえば、彼女から怒(おこ)られることもないはずだ。
 いや、ちょっと待(ま)て…。本当(ほんとう)にいいのか、それで…。このままにして――。まさか、彼女に何かあったのか…。事故(じこ)とか、病気(びょうき)とか…、それで連絡できないのかも――。
 僕は彼女に電話した。何度か呼(よ)び出し音(おん)があって、彼女が電話に出た。
「どうしたの? こんな時間に。まさか、明日のデート行けないとかじゃないわよね」
「あ、明日…? まさか、それはないよ。明日、どこ行く? 待ちきれないよ」
 僕は彼女としゃべりながら、安堵(あんど)していた。僕の…、書(か)き間違(まちが)いだったみたいだ。
<つぶやき>忙しいと、間違いがおきやすくなってしまいます。心に余裕(よゆう)を持ちましょう。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

コメント

1048「落ちる」

2021-04-09 17:50:40 | ブログ短編

「えっ、斉藤(さいとう)って…。あの身体(からだ)がデカくて、厳(いか)つい顔をした…あの斉藤?」
「うそっ、百合恵(ゆりえ)のタイプじゃないでしょ? だって、前(まえ)付き合ってた彼と真逆(まぎゃく)じゃない」
「そうなんだけど…。斉藤君ね、あたしが元彼(もとかれ)にからまれてるとき、助(たす)けてくれて…」
「ああ、そうきましたかぁ…。でも、斉藤って、女に興味(きょうみ)ないんじゃないのかなぁ」
「そうそう、彼って、何とかっていう…マイナーなスポーツやってるよね。確(たし)か、前の彼ってサッカーの選手(せんしゅ)だったでしょ。それに比(くら)べたら…」
「もう、そんなのどうだっていいわ。あたし、過去(かこ)は振(ふ)り返らないことにしてるから…」
 百合恵は、いそいそと斉藤を捜(さが)しに行ってしまった。残(のこ)された二人は、
「百合恵って、思い込み激(はげ)しいからなぁ。斉藤に告白(こくはく)しても断(ことわ)られるんじゃ…」
「いや、分かんないわよ。だって、斉藤って、まだ誰(だれ)とも付き合ってないんじゃない。ということはよ、女に免疫(めんえき)がないってことになるわ」
「そうよねぇ、あの斉藤に彼女がいるなんて聞いたことないし…」
「相手(あいて)は百合恵よ。校内(こうない)の美人(びじん)コンテストで2位だったけど、その彼女に告白されたら…」
「落(お)ちるわね。間違(まちが)いなく。売店(ばいてん)のメロンパンを賭(か)けてもいいわ」
「なんか斉藤君…、可哀相(かわいそう)になってきたわ。百合恵に振りまわされるの目に見えてるもの」
「あっ、わたし、もっと恐(こわ)いこと想像(そうぞう)しちゃった。斉藤が百合恵の浮気(うわき)に気づいたら…」
<つぶやき>こういう娘(こ)って、自分(じぶん)がいけないことしてるの気づいてないんだろうねぇ。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

コメント

1047「よく見て」

2021-03-20 17:49:55 | ブログ短編

 仕事(しごと)終わりで彼とのデート。いつもの場所(ばしょ)で待(ま)ち合わせをして…。彼が来ると、彼女はさり気(げ)なく彼にアピールを始めた。でも、彼にはまったく通(つう)じてないみたい。彼女は、
「もう、気(き)づいてよ。ほら、今日のあたし、ちょっといつもと違(ちが)うでしょ」
 彼は首(くび)をかしげて、「そうか…? ああ…、服(ふく)ね。とっても似合(にあ)ってると思うよ」
「はい? 何それ。この服、先週(せんしゅう)も着てましたけど…。どこ見てるのよ。分かるでしょ?」
「それより、どこ行く? 俺(おれ)、昼(ひる)めし食べられなくてさぁ。腹(はら)ぺこなんだよ」
「話をそらさないで。あたしのこと、ちゃんと見てよ」
「そんなこと言われても、分かんないよ。もういいから、早く行こうぜ」
 彼女は頬(ほお)を膨(ふく)らませて、「もう、いや。あたし、帰るね」
「何でだよ。待てよ。分かった、分かったから…。じゃあ、ちゃんと見るから」
 彼は、彼女のことをじっくりと見回(みまわ)した。彼の顔が、だんだん寄(よ)り目になり、眉間(みけん)に皺(しわ)がより、鼻(はな)の下が伸(の)びてきて――。彼女は、それが可笑(おか)しくて、くすくすと笑(わら)い出した。
「何だよ。こっちは真剣(しんけん)に見てるんだぞ。笑うことないじゃないか…」
「だって…。もういいわ。教えてあげる。髪(かみ)を切(き)ったのよ。ほんのちょっとね」
「えっ…。そんなの分かるわけないだろ。ああ、お腹(なか)が空(す)きすぎて目まいがしてきた…」
<つぶやき>彼女は、ほんのちょっとの変化でも気づいてほしいのです。ちゃんと見てね。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

コメント

1046「運命の人たち」

2021-03-18 17:49:06 | ブログ短編

 彼女が公園(こうえん)で昼食(ちゅうしょく)をとっていると、見知(みし)らぬ男性が声をかけてきた。
「あの…、山田(やまだ)みすずさんですよね。僕(ぼく)は、君(きみ)の運命(うんめい)の人です。よろしくお願(ねが)いします」
 彼女は何のことだか分からず、きょとんとしてしまった。彼は続けた。
「神様(かみさま)から連絡(れんらく)が来たんです。僕が、君の運命の人に決まったから、会いに行くように」
「ちょっと待ってください。運命の人って、何のことですか? あたしには…」
「分かります。いきなりこんなこと言われても…、ですよねぇ。僕は、君がその気になるまで待(ま)ちますから。ゆっくり考(かんが)えてみてください」
「困(こま)ります、そんなの…。だって、あなたみたいな人、好きになんか…」
 いつの間(ま)にか、彼の後ろにもうひとり男が立っていた。すかさずその男が口を挟(はさ)んだ。
「そうだよなぁ。おい、君。そこをどいてくれないか。彼女の運命の人は俺様(おれさま)だ」
 男は彼を押(お)しのけて彼女の前に出ると、「君が好きなのは俺だよな。仲良(なかよ)くしようぜ」
 彼女は怯(おび)えたように、「何なんですか? あなたたちは…誰(だれ)なんです?」
「だからさぁ、君の運命の人だって言ってるだろ。早く決(き)めてくれないかなぁ。君の居場所(いばしょ)は公開(こうかい)されてるから、他の連中(れんちゅう)がどんどん来ちゃうんだよ」
 彼女が周(まわ)りを見回すと、スマホを手にした男たちが続々(ぞくぞく)と集(あつ)まってきていた。
<つぶやき>神様が作ったアプリに不具合(ふぐあい)があったのでしょうか? とっても迷惑(めいわく)です。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

コメント

1045「しずく124~手を出すな」

2021-03-16 17:43:17 | ブログ連載~しずく

 しばらくの間(あいだ)、二人は向(む)き合っていた。相手(あいて)の出方(でかた)を見ていたのだ。最初(さいしょ)に動いたのはつくねだった。つくねは薄笑(うすわら)いを浮(う)かべると、一瞬(いっしゅん)、姿(すがた)を消(け)した。それと同時(どうじ)に、しずくの身体(からだ)が吹(ふ)き飛んで壁(かべ)に激突(げきとつ)した。つくねは姿を現(あらわ)すと言った。
「どお、あたしの攻撃(こうげき)をかわすことなんかできないでしょ」
 屋上(おくじょう)へ出る扉(とびら)から水木涼(みずきりょう)が飛び出した。そして、しずくをかばうようにして叫(さけ)んだ。
「止めろよ! お前、私たちの仲間(なかま)だろ。何でこんなことするんだ?」
「仲間? なに言ってるの。あたしは――」
 しずくが声をあげた。「涼、いいのよ」しずくは壁に寄(よ)りかかるようにして立ち上がると、
「あなたは手を出さないで。初音(はつね)も下がってて。ここは私に任(まか)せてよ。何もしないで…」
 いつの間にか、川相(かわい)初音はつくねの後ろに立っていた。つくねは嘲笑(あざわら)うように、
「あたしはいいわよ。みんなまとめて片(かた)づけてあげても」
 しずくは、つくねに近づきながら言った。「あなたの相手は、私だけよ。そうでしょ?」
 涼と初音は二人から離(はな)れて、成(な)り行(ゆ)きを見守(みまも)ることにした。つくねは、また姿を消すと、しずくの目の前に現れた。そして、しずくを殴(なぐ)りつけ、蹴(け)り飛ばした。
 初音が思わす叫んだ。「何でよけないのよ! あなたなら、かわせるでしょ」
 つくねは倒(たお)れているしずくの胸元(むなもと)をつかみあげて言った。「本気(ほんき)出さないと、死(し)ぬわよ」
<つぶやき>しずくはどうして反撃(はんげき)をしないのか? つくねが強(つよ)すぎるのか、それとも…。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

コメント