精密板金の丸井工業ブログ

精密板金加工の会社を経営。丸井工業を例にして皆さんに分かり易く精密板金加工を紹介するブログ-精密板金の丸井工業ブログ

キーワードで見る! 精密板金の丸井工業ブログ記事

CAD システム レーザー ベンダー スポット溶接 環境 品質
スタッド溶接 TIG溶接 機械加工 バーリング 配線 NCT リベット組立
金型 塗装 シルク 受入 検査 圧入 梱包
材料 抜き 曲げ 図面 メッキ 製品 設備
最近の記事一覧(投稿日の古い記事から見る新しい記事から見る)

ハーフパンチを使ったスポット溶接の位置決め

2018年04月26日 | 精密板金 全般
精密板金の丸井工業

― ISO 9001(品質)& JIS Q 9100(航空・宇宙・防衛) 取得 お客様に選ばれる企業として革新を続けます! ―

ハーフパンチを使ったスポット溶接の位置決めについて紹介します。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)公式ブログです。
「精密板金について」「精密板金加工とは」など、精密板金加工全般について丸井工業の事例などを含めて紹介致します。

スポット溶接によるフロントパネル(操作パネル)の組立を紹介します。一番上の大きな部品がパネル本体でそこに板金部品をスポット溶接とアルゴン溶接(TIG溶接)によって取り付けていきます。位置を決める為にハーフパンチを使います。ハーフパンチとは穴をあけきらない状態で止める「半抜き」加工のことです。板金から飛び出した円柱状の出っ張りを相手側に加工したハーフパンチに差し込むことで位置が決まるので正確で早い作業が行えます。写真の様に細かな同一の形状をした部品を製作する場合はミクロジョイントを使い部品同士を連結した状態で加工すれば効率も上がります。


精密板金 丸井工業  技術
▲ パネルと言ってもその形状は様々です 写真はサンプルに組み立てるパネルの部品です


精密板金 丸井工業 技術
▲ パネル本体部分にはハーフパンチ凹が裏面からパネル表面に向けて加工されています


精密板金 丸井工業 技術
▲ 上部に加工したハーフパンチ凸を パネル本体部に加工した凹に差し込み位置決めをします


精密板金 丸井工業 技術
▲ 部品はスポット溶接・アルゴン溶接によって本体に溶接されています パネル裏面


精密板金 丸井工業 技術
▲ スポット溶接の跡やアルゴン溶接の跡などをサンダーにより削り慣らした状態です パネル表面


精密板金 丸井工業 技術
▲ パネルの表面には黒のメタリック塗装 溶接の跡は綺麗に無くなります


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの「加工」をテーマにしたブログ一覧

ブログのランキングに参加しています気に入った記事や参考になったと思った時は応援のポチ(1人1日1票です)こちら→にほんブログ村 企業ブログへを押して頂けると嬉しいです。  

精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm

Copyright(C) Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.
(ブログ内の文章・画像の著作権は丸井工業㈱に帰属。無断転載禁止)

精密板金の丸井工業
コメント

精密板金加工で使う工具「グラインダー」

2018年04月24日 | 精密板金 設備
精密板金の丸井工業

― ISO 9001(品質)& JIS Q 9100(航空・宇宙・防衛) 取得 お客様に選ばれる企業として革新を続けます! ―

精密板金加工で使う工具「グラインダー」について紹介します。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)公式ブログです。
「精密板金について」「精密板金加工とは」など、精密板金加工全般について丸井工業の事例などを含めて紹介致します。

精密板金加工で使う工具には多くの物がありますが、今回は溶接や切断面の仕上げを行う“グラインダー”について紹介します。グラインダーは前方の円盤部分がヤスリになっていて高速で回転します。平らに仕上げたい(削りたい)部分を円盤に押し当て、徐々に削られて行く部分を作業者が目で出来栄えを確認しながら作業を進めて行きます。グラインダーは仕上げる製品によって大きさやパワーが違う物を選び使用します。また前方の円盤を交換することにより切断したり磨いたりすることもできる便利な工具です。


精密板金 丸井工業 仕上げ
▲ これがグラインダーです


精密板金 丸井工業 仕上げ
▲ 前方にある円盤が高速で回転します 削り(仕上げ)たい部分をこの円盤に当てます


精密板金 丸井工業 仕上げ
▲ 平らな面になるまで凸った部分を削ります 削られた金属が花火の様に飛び散っています


精密板金 丸井工業 仕上げ
▲ 溶接した製品です 四隅をグラインダーで均一に仕上げます


精密板金 丸井工業 仕上げ
▲ 仕上げが終わった製品です 光っている部分がグラインダーで仕上げた跡です


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの「設備」をテーマにしたブログ一覧

ブログのランキングに参加しています気に入った記事や参考になったと思った時は応援のポチ(1人1日1票です)こちら→にほんブログ村 企業ブログへを押して頂けると嬉しいです。  

精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm

Copyright(C) Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.
(ブログ内の文章・画像の著作権は丸井工業㈱に帰属。無断転載禁止)

精密板金の丸井工業
コメント

圧入ナット(プレスナット)を使用した部品取付板

2018年04月19日 | 精密板金 加工
精密板金の丸井工業

― ISO 9001(品質)& JIS Q 9100(航空・宇宙・防衛) 取得 お客様に選ばれる企業として革新を続けます! ―

圧入ナット(プレスナット)を使用した部品取付板を紹介します。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)公式ブログです。
「精密板金について」「精密板金加工とは」など、精密板金加工全般について丸井工業の事例などを含めて紹介致します。

電子機器や制御器の内部には基板などが入っていてネジで固定されています。それらのネジが箱の外部に飛び出していると見た目に綺麗ではありません。そこでネジを極力外部に出さない方法として部品取り付け板を作ります。部品取り付け板には基盤などを止める為の穴をあけたりネジを加工します。ネジとナットを使って部品を固定する時に取付板の裏側でナットを押さえながらの組立作業は大変です。そこで予め部品取付板にプレスナット(ナットを圧入する)しておけばナットを裏側で固定する必要もなく作業はとてもスムーズに進みます。


精密板金 丸井工業 加工
▲ 写真はアルミ製の部品取り付け板です 電源や制御装置やプリント基板などを固定します


精密板金 丸井工業 加工
▲ 部品取り付け板の表面側です 穴の裏側にプレスナットが固定されています


精密板金 丸井工業 加工
▲ 部品取り付け板の裏側です 六角形の物がプレスナット(円形状の物も有る)です


精密板金 丸井工業 加工
▲ 裏側のナットを押さえておく必要が無いので組立作業がスムーズになります


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの「材料」をテーマにしたブログ一覧

ブログのランキングに参加しています気に入った記事や参考になったと思った時は応援のポチ(1人1日1票です)こちら→にほんブログ村 企業ブログへを押して頂けると嬉しいです。  

精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm

Copyright(C) Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.
(ブログ内の文章・画像の著作権は丸井工業㈱に帰属。無断転載禁止)

精密板金の丸井工業
コメント

真鍮(しんちゅう)加工とニッケルメッキ

2018年04月17日 | 精密板金 加工
精密板金の丸井工業

― ISO 9001(品質)& JIS Q 9100(航空・宇宙・防衛) 取得 お客様に選ばれる企業として革新を続けます! ―

真鍮(しんちゅう)で作った箱を紹介します。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)公式ブログです。
「精密板金について」「精密板金加工とは」など、精密板金加工全般について丸井工業の事例などを含めて紹介致します。

真鍮(しんちゅう)の表面は金色で柔らかくキズがつきやすい材料なので表面に保護シートを張って加工をします。真鍮の表面処理はニッケル系のメッキやスズメッキなどを使うことが多いです。ニッケルメッキの表面は銀色の光沢があるのでシミやキズを付けない様に品質面で十分な管理が出来る協力会社に依頼しています。


精密板金 丸井工業 加工
▲ 真鍮(しんちゅう)の加工は保護シートを貼った物を使います


精密板金 丸井工業 加工
▲ 保護シートを全部取った状態です 材料の色は金色をしています


精密板金 丸井工業 加工
▲ 材料の裏側には保護シートを貼りませんが傷も殆ど無く綺麗な仕上がりです


精密板金 丸井工業 加工
▲ ニッケルメッキを付けた箱 表面は銀色でピカピカの仕上がりです


精密板金 丸井工業 加工
▲ 箱のの一部、欠けた様に見える部分はスポット溶接で部品を取り付けています


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの「材料」をテーマにしたブログ一覧

ブログのランキングに参加しています気に入った記事や参考になったと思った時は応援のポチ(1人1日1票です)こちら→にほんブログ村 企業ブログへを押して頂けると嬉しいです。  

精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm

Copyright(C) Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.
(ブログ内の文章・画像の著作権は丸井工業㈱に帰属。無断転載禁止)

精密板金の丸井工業
コメント

金属板を折りたたむ曲げ「ヘミング曲げ」

2018年04月12日 | 精密板金 加工
精密板金の丸井工業

― ISO 9001(品質)& JIS Q 9100(航空・宇宙・防衛) 取得 お客様に選ばれる企業として革新を続けます! ―

金属板を折りたたむ様に曲げる「ヘミング曲げ(あざ折)」について紹介します。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)公式ブログです。
「精密板金について」「精密板金加工とは」など、精密板金加工全般について丸井工業の事例などを含めて紹介致します。

精密板金加工は金属板(薄い金属材料)を鋭角・鈍角・R曲げ(曲線)などいろいろな角度で曲げることができます。その中でもヘミング曲げは金属板を一度鋭角に曲てげさらにそれを押し込んで平らに潰してしまう(折りたたむ様に曲げる)曲げ方です。この曲げ方で金属板を曲げると折り曲げた部分の板厚が倍になるのでその部分の強度が増します。また、ステンレス板の場合は板の厚さが薄いと板の切り口がカミソリに似た様になり怪我をする場合があるのでヘミング曲げを使い板の切り口を内側に折り込んでしまえば手に触れる事が無くなるので安全です。


精密板金 丸井工業 技術
▲ 板厚0.5mmの材料を使ったカバーです カバーの外周をヘミング曲げしてあります


精密板金 丸井工業 技術
▲ ヘミング曲げ部を横から拡大 折りたたむ様に曲がっているのがわかります


精密板金 丸井工業 技術
▲ カバーの内側です 穴の空いた曲げ部分と右側の曲げ部分がヘミング曲げです


精密板金 丸井工業 技術
▲ ボールペン先端部分の曲げはヘミング曲げ後に段曲げ加工もしています


精密板金 丸井工業 技術
▲ 切り口はカバーの内側を向き 折曲げた部分が曲線になるのでさらに安全です


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの「曲げ」をテーマにしたブログ一覧

ブログのランキングに参加しています気に入った記事や参考になったと思った時は応援のポチ(1人1日1票です)こちら→にほんブログ村 企業ブログへを押して頂けると嬉しいです。  

精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm

Copyright(C) Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.
(ブログ内の文章・画像の著作権は丸井工業㈱に帰属。無断転載禁止)

精密板金の丸井工業
コメント

創業1971年 豊富な技術と経験を持ち革新を続ける丸井工業

精密板金の丸井工業

〒230-0003 神奈川県横浜市鶴見区尻手1-5-15
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp精密板金の丸井工業へメールe-mail

サムネイル(縮小版写真)で精密板金ブログの写真を一覧することができます

・Google画像検索による精密板金の丸井工業ブログ掲載の写真のサムネイル一覧です。このサイトに掲載されている写真のイメージ把握にお使いください。
>>サムネイル(縮小版写真)で精密板金ブログの写真を一覧する
精密板金の丸井工業