精密板金の丸井工業ブログ

精密板金加工の会社を経営。丸井工業を例にして皆さんに分かり易く精密板金加工を紹介するブログ-精密板金の丸井工業ブログ

キーワードで見る! 精密板金の丸井工業ブログ記事

CAD システム レーザー ベンダー スポット溶接 環境 品質
スタッド溶接 TIG溶接 機械加工 バーリング 配線 NCT リベット組立
金型 塗装 シルク 受入 検査 圧入 梱包
材料 抜き 曲げ 図面 メッキ 製品 設備
最近の記事一覧(投稿日の古い記事から見る新しい記事から見る)

ハーフパンチを使って正確に早く取り付ける

2012年08月30日 | 精密板金 技術
精密板金の丸井工業

―ISO9001&ISO14001取得 若さとパワーで革新を続ける企業です―


ハーフパンチを使って正確に早く取り付ける。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)公式ブログです。
「精密板金について」「精密板金加工とは」など、精密板金加工全般について丸井工業の事例などを含めて紹介致します。

板金部品の取り付け位置を決める為に位置決め用の自具を作るとコストが掛ります。そこで板金をNCTで加工している最中に位置決めをする為の加工を施したのがハーフパンチです。

取り付ける板金部品の一方に穴、一方にはハーフパンチ、ハーフパンチを相手方の穴に差し込めば自動的に位置が決まると言う仕組みです。パネルなどにハーフパンチを使い位置決めをする場合、パネル側に穴をあけると体裁が悪いので部品とパネル両方にハーフパンチを出して、最後にハーフパンチを削り体裁面を整えるといった方法もあります。


精密板金 丸井工業
▲ ハーフパンチを多く使用している製品です 手前のスポット部品を製品に取り付けます


精密板金 丸井工業
▲ 赤い矢印が本体側にあけた穴です この穴に板金部品に出したハーフパンチを差し込み位置を決めます


精密板金 丸井工業
▲ ハーフパンチを穴に差し込み左と下にあいたガイド穴によりこの部品は正確な位置に取り付けられました
(これは撮影の為に半製品に部品を合わせただけの物で完成品ではありません)


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの 「技術」 をテーマにしたブログ一覧

※ ブログランキングに参加しています ※ → にほんブログ村 企業ブログへ
   気に入った記事や参考になったと思った時は応援のポチを頂けると嬉しいです

精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm

Copyright(C) 2008-2012 Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.(文章・画像の著作権は丸井工業株式会社に帰属します)
コメント

部品の取付位置を正確にするハーフパンチ

2012年08月28日 | 精密板金 技術
精密板金の丸井工業

―ISO9001&ISO14001取得 若さとパワーで革新を続ける企業です―


部品の取付位置を正確にするハーフパンチの紹介です。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)公式ブログです。
「精密板金について」「精密板金加工とは」など、精密板金加工全般について丸井工業の事例などを含めて紹介致します。

精密板金加工は幾つかの板金部品を溶接やリベットなどで組立てて1つの製品にします。部品を取り付ける位置を素早く正確に決める為には、専用の冶具を作るかハーフパンチを使います。ハーフパンチとは板金に穴をあける過程で穴をあけきらない状態で止めてしまう事を言います。通常は板厚の半分程度が板金から飛び出した状態で止めます。この板金部品がハーフパンチを利用してどの様に組み立てられるかは次回のブログで説明致します。


精密板金 丸井工業
▲ ハーフパンチを使用したスポット溶接用の板金部品です 手前の丸い膨らみがハーフパンチ


精密板金 丸井工業
▲ ハーフパンチの部分を拡大してみました


精密板金 丸井工業
▲ ハーフパンチを裏から見た状態で拡大してみました 穴をあける途中で止めています


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの 「技術」 をテーマにしたブログ一覧

※ ブログランキングに参加しています ※ → にほんブログ村 企業ブログへ
   気に入った記事や参考になったと思った時は応援のポチを頂けると嬉しいです

精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm

Copyright(C) 2008-2012 Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.(文章・画像の著作権は丸井工業株式会社に帰属します)
コメント

作業者の手作業による技術

2012年08月23日 | 精密板金 技術
精密板金の丸井工業

―ISO9001&ISO14001取得 若さとパワーで革新を続ける企業です―


作業者の手作業による技術の紹介です。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)公式ブログです。
「精密板金について」「精密板金加工とは」など、精密板金加工全般について丸井工業の事例などを含めて紹介致します。

精密板金の工場内にはNC制御された最新鋭の加工機が並んでいるのを見かけます。勿論、それら加工機の精度やスピードは人間が真似する事は出来ない素晴らしい物です。しかし機械ではできない微妙な力加減やテクニックを必要とする作業もあります。精密板金にとってそれらは製品をまとめ上げて行く為に欠く事のできない重要なノウハウです。作業者は先輩から受け伝えられた技術(感覚)を今も大切にしています。

その一つが溶接作業による製品の歪み(ひずみ)を取ると言う作業です。溶接の熱により変形した板金製品を元の形に修正する作業です。これは曲がっている部分を叩いたり曲げたりすれば元に戻ると言った様な単純な作業では無く曲がっている部分とはまったく関係のない部分を叩いたり曲げたりする場合もあり力加減などいわゆる職人芸(感覚や経験に頼る作業)とも言えるテクニックです。


精密板金 丸井工業 技術
▲ 作業者は製品のひとつひとつを目と定規などで確認します


精密板金 丸井工業 技術
▲ 溶接作業全般は多くの練習と経験を含め費やした時間が作業者の技量になるとも言えます


精密板金 丸井工業 技術
▲ 変形箇所を見つけプラスチックハンマーなどで修正を加えます


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの 「技術」 をテーマにしたブログ一覧

※ ブログランキングに参加しています ※ → にほんブログ村 企業ブログへ
   気に入った記事や参考になったと思った時は応援のポチを頂けると嬉しいです

精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm

Copyright(C) 2008-2012 Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.(文章・画像の著作権は丸井工業株式会社に帰属します)
コメント

真鍮(しんちゅう)の薄板を使った銘板用のホルダー

2012年08月21日 | 精密板金 技術
精密板金の丸井工業

―ISO9001&ISO14001取得 若さとパワーで革新を続ける企業です―


真鍮(シンチュウ)の薄板を使った銘板用のホルダーです。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)公式ブログです。
「精密板金について」「精密板金加工とは」など、精密板金加工全般について丸井工業の事例などを含めて紹介致します。

こんなに狭い曲げですが、特殊な曲げ用の金型などは使いません。これは機械の名称や操作部などを表示する為の銘板を中に差し込む為のホルダーです。このホルダーは両面テープか強力な接着剤を使い表示したい部分に貼りつける様になりますが、裏面に皿加工をすれば、皿ネジを使って止める事も可能です。(その場合は止める側にも皿加工が必要になります。)


精密板金 丸井工業
▲ 長さは銘板(表示する文字数)に合わせて色々です


精密板金 丸井工業
▲ 銘板を差し込む側から写した写真です


精密板金 丸井工業
▲ 差し込まれた銘板はこの部分に当たって止まります


精密板金 丸井工業
▲ 差し込み口部分を拡大


精密板金 丸井工業
▲ 紙を入れてみました こんな感じで銘板を入れて使います


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの 「技術」 をテーマにしたブログ一覧

※ ブログランキングに参加しています ※ → にほんブログ村 企業ブログへ
   気に入った記事や参考になったと思った時は応援のポチを頂けると嬉しいです

精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm

Copyright(C) 2008-2012 Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.(文章・画像の著作権は丸井工業株式会社に帰属します)
コメント

加工中の部品を繋ぐミクロジョイント

2012年08月16日 | 精密板金 加工
精密板金の丸井工業

―ISO9001&ISO14001取得 若さとパワーで革新を続ける企業です―


加工中の部品を繋ぐミクロジョイントという加工方法の紹介です。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)公式ブログです。
「精密板金について」「精密板金加工とは」など、精密板金加工全般について丸井工業の事例などを含めて紹介致します。

NCT加工機(NCT加工機についての記事)を使って打ち抜き加工をする際、加工中の材料から部品が加工機内に散らばらない様にする為に材料と部品を固定する方法です。

外枠(材料)と部品を繋ぐ細い部分を精密板金ではミクロジョイントと言っています。ミクロジョイントを使用した加工はプラモデルの部品がランナー(外の枠)についてる状態と似ています。繋いでいる細さは0.2mm~0.5mm材料の板厚や製品の大きさなどを考慮して使い分けますが手などで簡単に外す事ができます。ミクロジョイントの箇所を多くすることによって部品が加工機内で外れてしまうリスクは少なくなりますが、枠から部品を外す作業や外した跡のバリなどの処理に多くの時間を要してしまいます。そこで丸井工業では加工中に外れない最少の数を付ける事により作業の効率をUPしています。


精密板金 丸井工業
▲ 小さな部品を一つずつ作っていているとコストが掛ります


精密板金 丸井工業
▲ 上の写真の部品を外した(右端)全体の写真です


精密板金 丸井工業
▲ ミクロジョイントを使用して一度に多くの部品を加工して行きます この状態でナットを打ち込みます


精密板金 丸井工業
▲ 黄色い枠内がミクロジョイントで繋がれた部分 緑色の枠内はジョイントしていない部分です



おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの 「技術」 をテーマにしたブログ一覧

※ ブログランキングに参加しています ※ → にほんブログ村 企業ブログへ
   気に入った記事や参考になったと思った時は応援のポチを頂けると嬉しいです

精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm

Copyright(C) 2008-2012 Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.(文章・画像の著作権は丸井工業株式会社に帰属します)
コメント

創業1971年 豊富な技術と経験を持ち革新を続ける丸井工業

精密板金の丸井工業

〒230-0003 神奈川県横浜市鶴見区尻手1-5-15
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp精密板金の丸井工業へメールe-mail

サムネイル(縮小版写真)で精密板金ブログの写真を一覧することができます

・Google画像検索による精密板金の丸井工業ブログ掲載の写真のサムネイル一覧です。このサイトに掲載されている写真のイメージ把握にお使いください。
>>サムネイル(縮小版写真)で精密板金ブログの写真を一覧する
精密板金の丸井工業