精密板金の丸井工業ブログ

精密板金加工の会社を経営。丸井工業を例にして皆さんに分かり易く精密板金加工を紹介するブログ-精密板金の丸井工業ブログ

キーワードで見る! 精密板金の丸井工業ブログ記事

CAD システム レーザー ベンダー スポット溶接 環境 品質
スタッド溶接 TIG溶接 機械加工 バーリング 配線 NCT リベット組立
金型 塗装 シルク 受入 検査 圧入 梱包
材料 抜き 曲げ 図面 メッキ 製品 設備
最近の記事一覧(投稿日の古い記事から見る新しい記事から見る)

真鍮(シンチュウ)の薄板を使った銘板用のホルダー

2015年11月26日 | 精密板金 加工
Center>精密板金の丸井工業
精密板金の丸井工業

―ISO9001&ISO14001取得 若さとパワーで革新を続ける企業です―

真鍮(シンチュウ)の薄板を使った銘板用のホルダーです。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)公式ブログです。
「精密板金について」「精密板金加工とは」など、精密板金加工全般について丸井工業の事例などを含めて紹介致します。

すき間に紙が入る程度の狭い曲げです。特殊な金型を使うこと無く汎用の金型で加工しています。この品物は装置の名称を表示する銘板を中に差し込む為のホルダーです。両面テープか強力な接着剤を使い表示したい部分に貼りつけて使います。張り付ける面の板金に皿加工をすれば皿ネジを使って止めることもできます。(その場合は止める側にも皿加工が必要になります。)


精密板金 丸井工業
▲ 長さは銘板(表示する文字数)に合わせて色々です


精密板金 丸井工業
▲ 銘板を差し込む側から写した写真です


精密板金 丸井工業
▲ 差し込まれた銘板はこの部分に当たって止まります


精密板金 丸井工業
▲ 差し込み口部分を拡大


精密板金 丸井工業
▲ 紙を入れてみました こんな感じで銘板を入れて使います


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの「曲げ」をテーマにしたブログ一覧

 ブログのランキングに参加しています   
   気に入った記事や参考になったと思った時は応援のポチ(コチラのバナー)→ にほんブログ村 企業ブログへ を押して頂けると嬉しいです。 
   1回のポチで1票が入ります。注)1人1日1票なので日を改めて押して頂ければさらに1票が入る仕組みになっています。

http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm
Copyright(C) 2008-2015 Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.(文章・画像の著作権は丸井工業㈱に帰属。無断転載禁止)

精密板金の丸井工業
コメント

NCT加工中に部品を繋ぐミクロジョイント

2015年11月24日 | 精密板金 加工
精密板金の丸井工業

精密板金の丸井工業

―ISO9001&ISO14001取得 若さとパワーで革新を続ける企業です―

NCT加工中に部品を繋ぐミクロジョイントの紹介です。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)公式ブログです。
「精密板金について」「精密板金加工とは」など、精密板金加工全般について丸井工業の事例などを含めて紹介致します。

NCT加工機(NCT加工機についての記事)は一度に一枚の材料から同じ物を何個も作る「多数個取り」という加工ができます。一つの部品が出来る度にそれを取り出していては効率が悪いので全て加工が終わるまで機械の中に散らばらない様に材料と繋げておきます。材料と部品を繋ぐ細い部分を精密板金ではミクロジョイントと言っています。ミクロジョイントを使用した加工はプラモデルの部品がランナー(外の枠)と繋がっている状態と似ています。繋いでいる細さは0.2mm~0.5mm材料の板厚や製品の大きさなどを考慮して使い分けますが手などで簡単に外すことができます。ミクロジョイントの箇所を多くすることによって部品が加工機内で外れてしまうリスクは少なくなりますが、枠から部品を外す作業や外した跡のバリなどの処理に多くの時間を要してしまいます。そこで丸井工業では加工中に外れない最少の数を付けることにより作業の効率をUPしています。


精密板金 丸井工業
▲ 小さな部品を一つずつ作っていているとコストが掛ります


精密板金 丸井工業
▲ 上の写真の部品を外した(右端)全体の写真です


精密板金 丸井工業
▲ ミクロジョイントを使用して一度に多くの部品を加工して行きます この状態でナットを打ち込みます


精密板金 丸井工業
▲ 黄色い枠内がミクロジョイントで繋がれた部分 緑色の枠内はジョイントしていない部分です



おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの「材料」をテーマにしたブログ一覧

 ブログのランキングに参加しています   
   気に入った記事や参考になったと思った時は応援のポチ(コチラのバナー)→ にほんブログ村 企業ブログへ を押して頂けると嬉しいです。 
   1回のポチで1票が入ります。注)1人1日1票なので日を改めて押して頂ければさらに1票が入る仕組みになっています。

http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm
Copyright(C) 2008-2015 Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.(文章・画像の著作権は丸井工業㈱に帰属。無断転載禁止)

精密板金の丸井工業
コメント

ステンレス(SUS)0.1mmにブラッククロームメッキ

2015年11月19日 | 精密板金 全般
Center>精密板金の丸井工業
精密板金の丸井工業

―ISO9001&ISO14001取得 若さとパワーで革新を続ける企業です―

ステンレス(SUS)0.1mmにブラッククロームメッキの表面処理をする。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)公式ブログです。
「精密板金について」「精密板金加工とは」など、精密板金加工全般について丸井工業の事例などを含めて紹介致します。

ステンレスは錆びにくく表面の光沢が綺麗な材料です。メッキや塗装といった表面処理をせずにそのままの風合いを生かして使われることが多いです。錆びにくいというステンレスの特性は活かしたいけれど光沢が邪魔になる。その様な場合はステンレスの表面処理の一つとしてブラッククロームメッキがあります。ブラッククロームメッキは塗装の下地処理や光を反射させたくない内部部品などの表面処理に使われています。


精密板金 丸井工業
▲ 板の厚みが0.1mmと薄いのでメッキの際に変形や紛失を防止する為に枠を付けてあります


精密板金 丸井工業
▲ カットは全てレーザー加工です 枠と部品を0.5mmのジョイントて繋いであります


精密板金 丸井工業
▲ 枠から切り離した状態の部品です


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの「ステンレス」をテーマにしたブログ一覧

 ブログのランキングに参加しています   
   気に入った記事や参考になったと思った時は応援のポチ(コチラのバナー)→ にほんブログ村 企業ブログへ を押して頂けると嬉しいです。 
   1回のポチで1票が入ります。注)1人1日1票なので日を改めて押して頂ければさらに1票が入る仕組みになっています。

http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm
Copyright(C) 2008-2015 Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.(文章・画像の著作権は丸井工業㈱に帰属。無断転載禁止)

精密板金の丸井工業
コメント

糸面取りという加工指示

2015年11月17日 | 精密板金 加工
精密板金の丸井工業

精密板金の丸井工業

―ISO9001&ISO14001取得 若さとパワーで革新を続ける企業です―

図面の注記などにある”糸面取り”という加工指示についての説明です。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)公式ブログです。
「精密板金について」「精密板金加工とは」など、精密板金加工全般について丸井工業の事例などを含めて紹介致します。

図面の中に”指示無き角部は糸面取りの事”とか”バリ無き事”などの注記が入っている図面をよくみかけます。これはNCT加工機やシャーリングなどで材料を切断した際に切り口に鋭いエッジ部が出来てしまうので「怪我をしない様な処理をしなさい」と言う加工指示です。この様な指示がある場合は工程が進んでしまうとバリを取り除くのが難しい部分も出てくるので、NCT加工(抜き加工)が終わった状態でバリを取り除き次工程に回します。バリを取り除く方法は「バリ取り機」と言う専用の加工機やヤスリを使って削り取る方法が主流です。丸井工業の場合はバリを削り取る方法の他にNCT内でバリを潰す方法も使っています。


精密板金 丸井工業
▲ 表記の仕方は色々ですが角の仕上げについては”糸面取り”と言った表現が一般的です


精密板金 丸井工業
▲ 板厚2mmの材料を使って100×100mmの板をNCTで抜いてみました


精密板金 丸井工業
▲ 矢印部のエッジを処理します


精密板金 丸井工業
▲ エッジが白く光って見える部分が糸面取りです


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの「製品」をテーマにしたブログ一覧

 ブログのランキングに参加しています   
   気に入った記事や参考になったと思った時は応援のポチ(コチラのバナー)→ にほんブログ村 企業ブログへ を押して頂けると嬉しいです。 
   1回のポチで1票が入ります。注)1人1日1票なので日を改めて押して頂ければさらに1票が入る仕組みになっています。

http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm
Copyright(C) 2008-2015 Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.(文章・画像の著作権は丸井工業㈱に帰属。無断転載禁止)

精密板金の丸井工業 -->
コメント

チョット変わった形の物も作っています

2015年11月12日 | 精密板金 全般
精密板金の丸井工業

精密板金の丸井工業

―ISO9001&ISO14001取得 若さとパワーで革新を続ける企業です―

チョット変わった形の物も作っています。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)公式ブログです。
「精密板金について」「精密板金加工とは」など、精密板金加工全般について丸井工業の事例などを含めて紹介致します。

デザインを優先すると市販品にはイメージ通りの物が無い。取り付ける場所にスペースの制約がある。などなど「こんな物が作れないだろうか」と言うお客様のお話から丸井工業がご提案しながら作り上げて行く物も数多くあります。その様な物の中でもこれはちょっと変わった形の物ですが皆さんがもしかするとどこかで一度は目にされているかもしれません。(全国に店舗のある有名なショップで使われています)


精密板金 丸井工業 加工例
▲ 板に棒が一本でています 表面はアイボリーのメラミン焼付塗装です


精密板金 丸井工業 加工例
▲ 横に倒してみるとこんな感じです


精密板金 丸井工業 加工例
▲ この製品が使われている状態を真横横から見るとこうなります


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの「加工」をテーマにしたブログ一覧

 ブログのランキングに参加しています   
   気に入った記事や参考になったと思った時は応援のポチ(コチラのバナー)→ にほんブログ村 企業ブログへ を押して頂けると嬉しいです。 
   1回のポチで1票が入ります。注)1人1日1票なので日を改めて押して頂ければさらに1票が入る仕組みになっています。

http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm
Copyright(C) 2008-2015 Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.(文章・画像の著作権は丸井工業㈱に帰属。無断転載禁止)

精密板金の丸井工業 -->
コメント

創業1971年 豊富な技術と経験を持ち革新を続ける丸井工業

精密板金の丸井工業

〒230-0003 神奈川県横浜市鶴見区尻手1-5-15
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp精密板金の丸井工業へメールe-mail

サムネイル(縮小版写真)で精密板金ブログの写真を一覧することができます

・Google画像検索による精密板金の丸井工業ブログ掲載の写真のサムネイル一覧です。このサイトに掲載されている写真のイメージ把握にお使いください。
>>サムネイル(縮小版写真)で精密板金ブログの写真を一覧する
精密板金の丸井工業