精密板金の丸井工業ブログ

精密板金加工の会社を経営。丸井工業を例にして皆さんに分かり易く精密板金加工を紹介するブログ-精密板金の丸井工業ブログ

キーワードで見る! 精密板金の丸井工業ブログ記事

CAD システム レーザー ベンダー スポット溶接 環境 品質
スタッド溶接 TIG溶接 機械加工 バーリング 配線 NCT リベット組立
金型 塗装 シルク 受入 検査 圧入 梱包
材料 抜き 曲げ 図面 メッキ 製品 設備
最近の記事一覧(投稿日の古い記事から見る新しい記事から見る)

昔の加工方法

2008年07月30日 | 精密板金 歴史
精密板金の丸井工業

―ISO9001&ISO14001取得 若さとパワーで革新を続ける企業です―


【 精密板金加工 】“昔の加工方法”についてお話しします。

使う単位はmm(ミリメートル)、専用の設備が必要で、設備に
よって加工精度が違うと言うところまでお話しました。

その様な設備を使い実際はどの様に作業が進められ製品が作ら
れて行くのか当社を例にご紹介させて頂きたいと思います。

ちょっとその前に寄り道をさせて頂いて、現在の様なコンピューター
制御された機械が無かった頃のお話を少しさせて頂きたいと思います。

自分が見聞きした範囲になりますので多少の記憶違いや勘違いは
あるかと思いますがご容赦ください。

加工の為に必要なサイズに切断した板金(材料)に穴あけ、切欠き
といった一般的な作業を行う為には治具を作ったり材料に直接位置
を罫書(ケガキ)いたりと電卓を片手に一つ一つ寸法出しをしなが
らの作業でした。(計算尺を使っていた職人さんも居たとか)

罫書とは罫書針といった先のとがったや金属の棒で直接板金に線
を引いたり印を書く事です。穴をあける作業では穴のセンター位置
を決める為にポンチという物を使って印を付けます、どちらにしても
製品にキズを付ける作業です、

「製品にキズを付ける」という事は製品品質を落とす事になりますの
で現在の当社では余程特殊な例外を除いて行われていない作業で
すが、その当時はそれが当然の作業方法だったのです。




関連 丸井工業株式会社
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
コメント

板金の加工について

2008年07月28日 | 精密板金 設備
精密板金の丸井工業

―ISO9001&ISO14001取得 若さとパワーで革新を続ける企業です―


【 精密板金加工 】 “加工”についてお話しします。

「精密板金加工とは板金を精密に加工する仕事だろう」と言う話の
展開から数回にわたり“板金”についてお話して来た分けですが、

肝心の“加工”って一体どんな事をするのか、出来るだけ分かり
やすく説明して行きたいと思います。

まず、
単位はmm(ミリメートル)が基本です。
日常生活ではあまり使われていない単位なので私も初めて図面を
見た時には馴染みにくかった記憶があります。

材料は「板」と言っても金属、画用紙を扱うのと違い身近にある
カッターやハサミの様な道具では加工出来ないのでそれなりの設
備を使って加工します。箔の様に特別に薄い金属の場合は切れる
かもしれませんが精度を出すのは難しいと思います。

作られる製品の精度は、企業ごと設備している加工機械によって
違います。
穴をあけるにしても穴の径が±0mmで加工出来る機械もあれば
±0.1mmなど誤差を必要とする機械もあります。


関連 丸井工業株式会社
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
コメント

板金の種類について

2008年07月24日 | 精密板金 材料
精密板金の丸井工業

―ISO9001&ISO14001取得 若さとパワーで革新を続ける企業です―


【 精密板金加工 】“板金”の種類についてお話します。

タイトルは「板金の種類について」となっていますが
今回は当社が比較的通常使用している物についてのみ
お話させていただきます。

当社で使用している板金は8種類だと言う事は前回お話しました
それをさらに分類すれば、鉄板・アルミ板・ステンレス板・銅板
真鍮板などに分ける事ができます。

この様に分類すれば聞覚えのある金属が材料であると言う事が
分かっていただけると思います。

一般的に購入出来る板金材料のサイズは、鉄1829×914(mm)
アルミ、ステンレス 2000×1000(mm)などです。
(切板、小板と言う場合もありますが今回は触れません)

当社が扱う板の厚さは、0.5~6.0(mm)です。
(参考)当社HP「素材について」
http://www.marui-k.co.jp/About_the_metal.html


関連 丸井工業株式会社
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
コメント

「ばんきん」、

2008年07月22日 | 精密板金 材料
精密板金の丸井工業

―ISO9001&ISO14001取得 若さとパワーで革新を続ける企業です―


【精密板金加工】から、
前回は身近な所に使われている“板金“についてお話しました。

「ばんきん」と言う言葉の響きと“板金”の字が一致すれば
読んで字の如く、板状の金属と想像して頂けると思います。

“板金”とは板状の金属で金属材料の基本的な形状です。
(参考)板金
ウィキペディア http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BF%E9%87%91

少しややこしいですが、板金は金属材料でありますがそれ自体
を構成している成分(材料)によって種類が分かれます。

当社が通常使用し自動倉庫に在庫している板金は8種類です。


関連 丸井工業株式会社
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
コメント

身の回りの板金、

2008年07月18日 | 精密板金 加工
精密板金の丸井工業

―ISO9001&ISO14001取得 若さとパワーで革新を続ける企業です―


先日に引き続き【 精密板金加工 】“板金”についてお話しさせて
頂きます。

板金は身の回りに多く使われていますがあまり知られていない様
です。それは、日常生活の中で板金を意識する必要が無いからだ
と私は思います、少し意識して見て見れば板金は生活の中でこん
な場所に使われています。

例えばキッチンの流し台やレンジフード、

AV機器(TV、DVD、オーディオ)冷蔵庫、洗濯機、パソコン、etc
お菓子やジュースの缶などなど板金は色々な形に変わって生活の
一部に溶け込んでいます。


関連 丸井工業株式会社
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
コメント

創業1971年 豊富な技術と経験を持ち革新を続ける丸井工業

精密板金の丸井工業

〒230-0003 神奈川県横浜市鶴見区尻手1-5-15
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp精密板金の丸井工業へメールe-mail

サムネイル(縮小版写真)で精密板金ブログの写真を一覧することができます

・Google画像検索による精密板金の丸井工業ブログ掲載の写真のサムネイル一覧です。このサイトに掲載されている写真のイメージ把握にお使いください。
>>サムネイル(縮小版写真)で精密板金ブログの写真を一覧する
精密板金の丸井工業