精密板金の丸井工業ブログ

精密板金加工の会社を経営。丸井工業を例にして皆さんに分かり易く精密板金加工を紹介するブログ-精密板金の丸井工業ブログ

キーワードで見る! 精密板金の丸井工業ブログ記事

CAD システム レーザー ベンダー スポット溶接 環境 品質
スタッド溶接 TIG溶接 機械加工 バーリング 配線 NCT リベット組立
金型 塗装 シルク 受入 検査 圧入 梱包
材料 抜き 曲げ 図面 メッキ 製品 設備
最近の記事一覧(投稿日の古い記事から見る新しい記事から見る)

精密板金の表面処理・塗装のマスキング

2017年10月31日 | 精密板金 全般
精密板金の丸井工業

― ISO 9001(品質)& JIS Q 9100(航空・宇宙・防衛) 取得 お客様に選ばれる企業をめざして革新を続ける ―

精密板金の表面処理・塗装のマスキングについて紹介します。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)公式ブログです。
「精密板金について」「精密板金加工とは」など、精密板金加工全般について丸井工業の事例などを含めて紹介致します。

写真の箱(ボックス、ケース)は1.5mmのアルミ板を使って精密板金加工で作りました。アルミ板には表面処理として塗装が施されています。本体(シャーシ)と蓋(カバー)の隙間(クリアランス)は約0.1~0.2mm程度です。それぞれ表も裏も塗装をすると部分的に塗装の膜が厚くなることがあるので0.1~0.2mmの隙間では入りにくくなる場合があります。対策の一つとして本体と蓋が接する面に塗装が着かない様にテープを貼ってから塗装します。この様な塗装方法を「マスキング」と言っています。マスキングは金属板の塗装面だけでは無く、金属板に取付けたスタットボルト(スタット溶接についてのブログ一覧)やタップに施すことで塗装が付着してネジがしめにくくなる事を防止します。また、塗装が着くと電気が絶縁されるので電気を通したい部分にもマスキングをします。


精密板金 丸井工業 アルミケース
▲ 手の平サイズのアルミ製の箱(ケース) 本体と蓋(カバー)が組み合わさっている状態です


精密板金 丸井工業 アルミケース
▲ 一部銀色の部分(アルミの色)がが見えますがマスキングした塗装されて無い部分です 


精密板金 丸井工業 アルミケース
▲ 蓋を外したところ 銀色に見える部分(アルミ素地の色)がマスキングをした個所です 


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの「加工」をテーマにしたブログ一覧

ブログランキングに参加しています☆  → にほんブログ村 企業ブログへ

精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm
Copyright(C) Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.
(ブログ内の文章・画像の著作権は丸井工業㈱に帰属。無断転載禁止)

精密板金の丸井工業
コメント

絞りの中に作るバーリング加工

2017年10月26日 | 精密板金 技術
精密板金の丸井工業

― ISO 9001(品質)& JIS Q 9100(航空・宇宙・防衛) 取得 お客様に選ばれる企業をめざして革新を続ける ―

絞りの中に作るバーリング加工についての紹介です。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)公式ブログです。
「精密板金について」「精密板金加工とは」など、精密板金加工全般について丸井工業の事例などを含めて紹介致します。

バーリング加工は、金属板が平らな状態でNCT加工機を使います。加工する場所が金属板の縁に近い場合や曲げ後に加工しなければならない時はケトバシを使います。NCTもケトバシも使えない場合は比較的ふところが深く高さもあるインサートマシン(ヘガー)を使ってバーリング加工を行います。下の写真は展開した大きな金属板の中心部にある絞り加工の中心にバーリング加工を行った事例です。


精密板金 丸井工業
▲ インサートマシンにバーリングのツールを装着したところです


精密板金 丸井工業
▲ 展開した大き目の板の中心部にある絞り加工内にバーリング加工を行います


精密板金 丸井工業
▲ NCT加工機で作った絞りの中心部に後からインサートマシンでバーリング加工をしました


精密板金 丸井工業
▲ バーリング加工が終わった板を裏面から見た写真です


精密板金 丸井工業
▲ ここにタップ(ネジ)を加工します ネジで部品を固定すると絞りの高さ分、部品を板から浮かせます


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの「加工」をテーマにしたブログ一覧

ブログランキングに参加しています☆  → にほんブログ村 企業ブログへ

精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm
Copyright(C) Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.
(ブログ内の文章・画像の著作権は丸井工業㈱に帰属。無断転載禁止)

精密板金の丸井工業
コメント

金属板の縁にギリギリの圧入加工

2017年10月24日 | 精密板金 加工
精密板金の丸井工業

― ISO 9001(品質)& JIS Q 9100(航空・宇宙・防衛) 取得 お客様に選ばれる企業をめざして革新を続ける ―

金属板の縁にギリギリの圧入加工をした場合についての紹介です。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)公式ブログです。
「精密板金について」「精密板金加工とは」など、精密板金加工全般について丸井工業の事例などを含めて紹介致します。

圧入加工とは金属板(鉄板・アルミ板・ステンレス板など)に、ネジ(ビス)やスペーサーを加圧により取り付ける加工です。ネジやスペーサーが金属板に固定されている状態で配線や組立作業が出来るので作業性が良くなります。金属板にネジ類を押し込んで固定するので周囲には圧に耐えるだけの材料が残っていなければなりません。設計上どうしても材料の切り口からギリギリの位置に圧入加工をしなければならない場合はメーカー推奨の圧を掛けると材料が変形(外に膨れる)してしまうので余肉を付けて加工後に切断をするという方法をとります。これはあくまで加工した部品の体裁を整える為なのでメーカー値のトルクをねじに加えることはできません。


精密板金 丸井工業
▲ 板厚1mmのアルミ板とM3圧入ねじです。 圧入するとネジのフランジ部分が板金材料に食い込みます。


精密板金 丸井工業
▲ 圧入ねじの加工位置は板の縁から5.6mm 縁の変形が起こり始めるギリギリの位置です


精密板金 丸井工業
▲ 圧入ねじメーカーの推奨圧で加工した物。 微量ですが縁は変形します。(膨らみます)


精密板金 丸井工業
▲ 金属板の縁から2.5mmの位置に加工した場合。縁は極端に膨らんでしまいます。


精密板金 丸井工業
▲ 金属板の変形を押さえる為に余肉(点線内の部分)を付け圧入後にこの部分を切断して整えます。


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの「加工」をテーマにしたブログ一覧

ブログランキングに参加しています☆  → にほんブログ村 企業ブログへ

精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm
Copyright(C) Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.
(ブログ内の文章・画像の著作権は丸井工業㈱に帰属。無断転載禁止)

精密板金の丸井工業
コメント

金属板に雌ネジ(めねじ)を加工する

2017年10月19日 | 精密板金 加工
精密板金の丸井工業

― ISO 9001(品質)& JIS Q 9100(航空・宇宙・防衛) 取得 お客様に選ばれる企業をめざして革新を続ける ―

金属板に雌ねじ(めねじ)を立てる。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)公式ブログです。
「精密板金について」「精密板金加工とは」など、精密板金加工全般について丸井工業の事例などを含めて紹介致します。

ネジには雌(め)ネジと雄(お)ネジがあります。円筒の内側にネジ溝を加工したものを「雌ねじ」、円柱の外側にネジ溝を加工したものを「雄ねじ」と呼び、一般的には雌ネジを「ナット」雄ネジを「ビス」と言っています。タッパーは雌ネジを加工する機械です。タッパーを使って薄い金属板にネジを加工する場合は決められたサイズの下穴(板金にあらかじめあけておく穴)をあけておく必要があります。その穴にタップの錐(きり)タップの錐についてのブログを通すと雌ネジが加工されます。


精密板金 丸井工業
▲ 円柱の外側にネジ溝がある雄ネジです。上から鍋ネジ・皿ネジ 


精密板金 丸井工業
▲ 円筒の内側にネジ溝があるこれらを雌ネジと言っています  


精密板金 丸井工業
▲ 板金に直接雌ネジを加工したブラケットです


精密板金 丸井工業
▲ ネジ部を拡大しました 薄い板金に雌ネジが加工されれいるのが分かります


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの「加工」をテーマにしたブログ一覧

ブログランキングに参加しています☆  → にほんブログ村 企業ブログへ

精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm
Copyright(C) Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.
(ブログ内の文章・画像の著作権は丸井工業㈱に帰属。無断転載禁止)

精密板金の丸井工業
コメント

精密板金加工の「展開」

2017年10月17日 | 精密板金 全般
精密板金の丸井工業

― ISO 9001(品質)& JIS Q 9100(航空・宇宙・防衛) 取得 お客様に選ばれる企業をめざして革新を続ける ―

精密板金加工の「展開」という作業について簡単に説明したいと思います。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)公式ブログです。
「精密板金について」「精密板金加工とは」など、精密板金加工全般について丸井工業の事例などを含めて紹介致します。

「展開」は精密板金加工で物を作って行く基本となる作業です。皆さんも一度は紙や段ボールで箱を作った経験があると思います。正方形の箱(サイコロ)を作りたい場合は正方形を6個十字になる様に並べて描き、その外周を形通りに切り取って折り曲げて行けば箱になります。精密板金加工の場合は紙やダンボールと違い金属の板を使うので工作の様に簡単ではありませんがイメージとしては同じ様なことをします。最初に作りたい物(立体)を加工できる範囲で部分ごとに平面にします。この作業を「展開する」と言い、書かれた図のことを「展開図」と言います。展開図は自動プログラミング装置に掛けて加工機を動かすプログラムが出来上がります。


精密板金 丸井工業
▲ これはCADで立体的に書いたパネルの絵です


精密板金 丸井工業
▲ 上のパネルを展開した図です 点線部分は折り曲げ線 外の実線を切り取って曲げれば完成


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの「加工」をテーマにしたブログ一覧

ブログランキングに参加しています☆  → にほんブログ村 企業ブログへ

精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm
Copyright(C) Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.
(ブログ内の文章・画像の著作権は丸井工業㈱に帰属。無断転載禁止)

精密板金の丸井工業
コメント

創業1971年 豊富な技術と経験を持ち革新を続ける丸井工業

精密板金の丸井工業

〒230-0003 神奈川県横浜市鶴見区尻手1-5-15
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp精密板金の丸井工業へメールe-mail

サムネイル(縮小版写真)で精密板金ブログの写真を一覧することができます

・Google画像検索による精密板金の丸井工業ブログ掲載の写真のサムネイル一覧です。このサイトに掲載されている写真のイメージ把握にお使いください。
>>サムネイル(縮小版写真)で精密板金ブログの写真を一覧する
精密板金の丸井工業