精密板金の丸井工業ブログ

精密板金加工の会社を経営。丸井工業を例にして皆さんに分かり易く精密板金加工を紹介するブログ-精密板金の丸井工業ブログ

キーワードで見る! 精密板金の丸井工業ブログ記事

CAD システム レーザー ベンダー スポット溶接 環境 品質
スタッド溶接 TIG溶接 機械加工 バーリング 配線 NCT リベット組立
金型 塗装 シルク 受入 検査 圧入 梱包
材料 抜き 曲げ 図面 メッキ 製品 設備
最近の記事一覧(投稿日の古い記事から見る新しい記事から見る)

精密板金で作った部品の組立

2011年06月30日 | 精密板金 技術
精密板金の丸井工業

―ISO9001&ISO14001取得 若さとパワーで革新を続ける企業です―


精密板金板加工で作った板金部品を使って組立た物です。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)専務の井手野です。

これは丸井工業で設計しました。いつもご紹介している物より少し大きいですが全て丸井工業で作った板金部品を使って組み立てています。まだ組み立ての最中で動作試験をしている処を撮影しました。ボディーを含めて殆どアルミ製の製品ですが強度が必要な部分には鉄やステンレスを使用しています。

電子機器・医療・通信・計測器・食品機器・サービス業など多種多様な業種のお客様からご注文を頂く関係から精密板金の加工だけに止まらず設計や組み立てを始め豊富なノウハウの蓄積により板金加工のアドバイスや完成品まで一貫した管理が出来るのもまた一つ丸井工業の特徴でもあります。


精密板金 丸井工業 板金組み立て
▲ 組み立て途中で動作確認を行っています


精密板金 丸井工業 板金組み立て
▲ 強度が必要な部分には鉄やステンレスが使われています


精密板金 丸井工業 板金組み立て
▲ 写真には全て写しきれませんが小さな板金部品も多く使われています


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの 「 組み立て 」 をテーマにしたブログ一覧

 製造業ブログランキングにエントリーしています 
気に入った記事や参考になったと思った時は応援のポチを頂けると嬉しいです。→ にほんブログ村 企業ブログへ (ランキングの投票です)

精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm

Copyright(C) 2011 Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.(文章・画像の著作権は丸井工業株式会社に帰属します)
コメント

アルミの型材を使用した加工例

2011年06月28日 | 精密板金 加工
精密板金の丸井工業

―ISO9001&ISO14001取得 若さとパワーで革新を続ける企業です―


アルミの型材を使用した加工例です。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)専務の井手野です。

下の写真の一番上の様な形状は精密板金加工では作る事が出来きません。もしこの様な形をどうしても作りたい場合は金属の塊を削って加工する事になるので材料を含めた加工のコストは高くなります。

そこで、市販されている型材(アルミを型で押し出して作った材料)を使う事によってコストは下げられます。板金加工だけでは強度が足りなかったりスライドレールを取り付けるスペースが無い場合など、丸井工業ではアルミの型材に穴を空けたりスペーサーを打ち込んだりそれぞれ必要な追加加工をして本体(シャーシ)を作ります。そこにフロントパネルやカバーその他内部の取り付け金具などを精密板金で作って一つの製品として完成させています。


精密板金 丸井工業 加工
▲ 精密板金加工では作る事が出来ない部分 この部分がアルミの型材の特徴です



精密板金 丸井工業 加工
▲ アルミの型材に穴加工をしてプリント基板を固定するスペーサを圧入した物です


精密板金 丸井工業 加工
▲ アルミの型材の裏側には圧入したスペーサーのフランジ部分が丸く見えています


精密板金 丸井工業 加工
▲ 精密板金で作ったフロントパネルをシャーシに組みつけて配線作業途中の物です


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの 「製品例」 をテーマにしたブログ一覧

 製造業ブログランキングにエントリーしています 
気に入った記事や参考になったと思った時は応援のポチを頂けると嬉しいです。→ にほんブログ村 企業ブログへ (ランキングの投票です)

精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm

Copyright(C) 2011 Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.(文章・画像の著作権は丸井工業株式会社に帰属します)
コメント

精密板金の表面処理・塗装とシルク印刷

2011年06月23日 | 精密板金 表面処理
精密板金の丸井工業

―ISO9001&ISO14001取得 若さとパワーで革新を続ける企業です―


精密板金で加工したパネルに塗装とシルク印刷をした物の紹介です

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)専務の井手野です。

装置など製品の外装や化粧部分に使われる精密板金で加工したパネルなどは塗装にシルク印刷をするものが一般的なパターンです。精密板金で使われるポピュラーな材料はSPCC(冷間圧延鋼板)と言って鉄そのままの材料です。この材料に何も表面処理をしないで塗装をするといずれ錆で塗装は剥がれてしまいます。通常SPCCを使った場合はメッキ処理をしてから塗装を行います。

丸井工業はクロムフリーと言う環境に配慮した材料を使っています。この材料は表面にメッキ処理がされているのでこの上に通常の工程を踏んだ塗装をすれば材料が直接の原因で錆が発生して塗装を剥がしてしまう様な事はおきません。


精密板金 丸井工業 検査
▲ NCT加工機・ベンダー・など幾つかの工程を経て出来上がったパネルです


精密板金 丸井工業 検査
▲ パネルに塗装をした物です 写真では分かりませんが黒系のメタリックです


精密板金 丸井工業 検査
▲ シルク印刷が完了したパネルです 文字以外にも線やベタ(塗りつぶし)も印刷します


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの 「処理」 をテーマにしたブログ一覧

 製造業ブログランキングにエントリーしています 
気に入った記事や参考になったと思った時は応援のポチを頂けると嬉しいです。→ にほんブログ村 企業ブログへ (ランキングの投票です)

精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm

Copyright(C) 2011 Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.(文章・画像の著作権は丸井工業株式会社に帰属します)
コメント

アルミニュウムに色を着けるアルマイト処理

2011年06月21日 | 精密板金 表面処理
精密板金の丸井工業

―ISO9001&ISO14001取得 若さとパワーで革新を続ける企業です―


アルミニュウムに色を着けるアルマイト処理について。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)専務の井手野です。

金属の表面処理には用途によっていろいろな処理があります。今回はアルミの表面処理アルマイトについてですが、特性とか難しい説明では無く「色」について着目してみました。

アルミニュウムの生地の色は綺麗な銀色をしているので生地の色をそのまま生かして製品に使われている例を多く見かけます。アルマイトは生地の風合いをそのまま生かした銀色だけで無く色々な「色」を付ける事ができます。淡い金色でアルマイト処理をするとシャンパンゴールド(シャンパンの様な色)ちょっと品を感じさせる様な出来上がりにもなります。一つの板金に一つの色しか着ける事はできませんが、アイディア次第では個性のある製品が出来るかもしれませんね。


精密板金 丸井工業 表面処理
▲ アルミのカバーにアルマイト処理を付けた物 生地の風合いと銀色がアルミらしさを出してます


精密板金 丸井工業 表面処理
▲ 色付きのアルマイトのサンプル 塗装と違い生地の風合いを出せるのが特徴です


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの 「処理」 をテーマにしたブログ一覧

 製造業ブログランキングにエントリーしています 
気に入った記事や参考になったと思った時は応援のポチを頂けると嬉しいです。→ にほんブログ村 企業ブログへ (ランキングの投票です)

精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm

Copyright(C) 2011 Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.(文章・画像の著作権は丸井工業株式会社に帰属します)
コメント

精密板金で薄板に加工したネジの検査

2011年06月16日 | 精密板金 全般
精密板金の丸井工業

―ISO9001&ISO14001取得 若さとパワーで革新を続ける企業です―


精密板金で薄板に加工したネジの検査方法について紹介します。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)専務の井手野です。

加工したネジのサイズ(M2・M2,6・M3・M4など)に合ったそれぞれ専用のネジゲージを使用して検査を行います。サンプル(下の写真)の部品(板厚1.6mm)にはM3タップ(直径3mmのめネジ)が加工されています。M3タップ用のプラグゲージ(ねじゲージ)を使用して適正なネジが加工されているか検査を行います。

ネジゲージの両端にそれぞれGP(通り側)IP(止り側)と言うゲージが付いています。検査を行いたいタップにGP、IP、をそれぞれ直接ねじ込んで検査をします。GP側を検査したいネジに手でねじ込み無理なく全部が通り抜ける事、IP側を同じく手でねじ込み2回転以上ネジ込めない状態のネジを良品と判断します。


精密板金 丸井工業 タップゲージ
▲ サンプルに用意した部品 M3タップが加工してあります


精密板金 丸井工業 タップゲージ
▲ これが検査用のプラグゲージ(ねじゲージ) 左がGP(通り側)右がIP(止まり側)


精密板金 丸井工業 タップゲージ
▲ GP側をM3タップにネジ込み検査を行います 無理なく回して全部通れば合格です


精密板金 丸井工業 タップゲージ
▲ IP側をM3タップにネジ込み検査を行います 2回転以上回らなければ合格です


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの「ネジ」をテーマにしたブログ一覧

 製造業ブログランキングにエントリーしています 
気に入った記事や参考になったと思った時は応援のポチを頂けると嬉しいです。→ にほんブログ村 企業ブログへ (ランキングの投票です)

精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm

Copyright(C) 2011 Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.(文章・画像の著作権は丸井工業株式会社に帰属します)
コメント

創業1971年 豊富な技術と経験を持ち革新を続ける丸井工業

精密板金の丸井工業

〒230-0003 神奈川県横浜市鶴見区尻手1-5-15
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp精密板金の丸井工業へメールe-mail

サムネイル(縮小版写真)で精密板金ブログの写真を一覧することができます

・Google画像検索による精密板金の丸井工業ブログ掲載の写真のサムネイル一覧です。このサイトに掲載されている写真のイメージ把握にお使いください。
>>サムネイル(縮小版写真)で精密板金ブログの写真を一覧する
精密板金の丸井工業