精密板金の丸井工業ブログ

精密板金加工の会社を経営。丸井工業を例にして皆さんに分かり易く精密板金加工を紹介するブログ-精密板金の丸井工業ブログ

キーワードで見る! 精密板金の丸井工業ブログ記事

CAD システム レーザー ベンダー スポット溶接 環境 品質
スタッド溶接 TIG溶接 機械加工 バーリング 配線 NCT リベット組立
金型 塗装 シルク 受入 検査 圧入 梱包
材料 抜き 曲げ 図面 メッキ 製品 設備
最近の記事一覧(投稿日の古い記事から見る新しい記事から見る)

NCT加工機の板金材料裏キズ対策

2012年02月28日 | 精密板金 設備
精密板金の丸井工業

―ISO9001&ISO14001取得 若さとパワーで革新を続ける企業です―

 丸井工業の求人のお知らせです!

丸井工業(株)のリクルート(求人募集)情報をHPに掲載しました。
関心がある方はこちらをクリックしてください(丸井工業HPのリクルート情報にジャンプします)
*===*===*===*===*===*===*===*===*===*===*===*===*===*===*===*===*===*===*===*===*===*===*===*===*

NCT加工機の板金材料裏キズ対策についてです。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)公式ブログです。
「精密板金について」「精密板金加工とは」など、精密板金加工全般について丸井工業の事例などを含めて紹介致します。

精密板金で全ての作業中に作業者が一番意識する事は精度ですが、次に板金材料(鉄板・アルミ板・ステンレス板・銅板)の表面にキズを付けない様にする事にも注意を払います。と言うのも板金材料の表面は完成品の化粧面や外観となる部分が多く出来るだけ加工の際に余計なキズを付けたくないからです。特に材料の生地そのままの風合いを生かして使われる場合(メッキ処理など)は一切キズを付ける事が出来ないので保護シートを表面に貼った状態で最後まで加工を行います。

しかし、表面ばかりに意識がいってしまうとついつい疎かになりがちなのが裏面の取り扱いです。裏面にキズが付けば品質も含め製品全体の価値が下がってしまいます。材料を引きずりながら取り出したり、半製品同士を重ねたまま移動したり、加工中を含めいろいろな場面で裏キズが着く可能性はあります。中でもNCT加工機は絶えず加工機内で材料を引きずり回すので材料の裏面にキズがついてしまう確率が非常に高いです。そこで対策として加工テーブルにブラシを使い裏キズの防止をしています。


精密板金 丸井工業
▲ NCT加工機 テーブル一面に植えつけられた大量のブラシ(黒い模様の様に見える部分)


精密板金 丸井工業
▲ さらに加工テーブルを拡大するとブラシが沢山ついている事がわかります


精密板金 丸井工業
▲ 加工中、材料はブラシの上を引きずられて動きます


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの 「NCT」 をテーマにしたブログ一覧

※ ブログランキングに参加しています ※ → にほんブログ村 企業ブログへ
   気に入った記事や参考になったと思った時は応援のポチを頂けると嬉しいです。

精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm

Copyright(C) 2008-2012 Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.(文章・画像の著作権は丸井工業株式会社に帰属します)
コメント

ベンダーで板金材料を曲げると伸びる

2012年02月23日 | 精密板金 加工
精密板金の丸井工業

―ISO9001&ISO14001取得 若さとパワーで革新を続ける企業です―


ベンダー(プレスブレーキ)で板金材料を曲げると伸びるという事を紹介します。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)公式ブログです。
「精密板金について」「精密板金加工とは」など、精密板金加工全般について丸井工業の事例などを含めて紹介致します。

板金材料(鉄板・アルミ板・ステンレス板・銅板 など)は薄い金属板とは言え、画用紙や段ボールとは違って人の手では寸法通り正確に曲げる事はできません。精密板金加工は、板金材料を曲げる作業にベンダー(プレスブレーキ)と言う加工機を使います。この加工機はプレス加工機の仲間ですが、上から勢い良くドン!とプレスが降りてきて加工する物とは違い、下の作業テーブルが材料と一緒にユックリと上昇して曲げを行うので、細かな繊細な曲げ加工が可能です。

例えば、人の手で画用紙を使って10cm角の箱を作る場合、1辺10cmの四角形を並べて書いて切取り曲げてノリ付けすれば大体10cm角の箱は出来ます。しかし、板金材料の場合は同じ様に10cmで切り取って曲げると材料自体が伸びるので出来あがった物は10cmより大きな箱になってしまいます。材質・板厚・曲げる角度によって伸びる量は異なるのでそれぞれの加工に合わせて予め伸びる分を引いた小さめの材料を使って加工しないと要求された寸法通りの製品を作る事はできません。


精密板金 丸井工業
▲ 板金材料を曲げる加工機ベンダー(プレスブレーキ)です


精密板金 丸井工業
▲ 板金材料(アルミ板)を金型の上に置いた状態です V字の金型に挟んで曲げます(下が凹で上が凸)


精密板金 丸井工業
▲ 曲げ始めた状態です 金型はユックリと下の作業テーブルと一緒に上昇してきます


精密板金 丸井工業
▲ 板金材料が90°に曲った状態です 板金材料は矢印の方向に伸びます


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの 「曲げ」 をテーマにしたブログ一覧

※ ブログランキングに参加しています ※ → にほんブログ村 企業ブログへ
   気に入った記事や参考になったと思った時は応援のポチを頂けると嬉しいです。

精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm

Copyright(C) 2008-2012 Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.(文章・画像の著作権は丸井工業株式会社に帰属します)
コメント

NCT加工機の凄いところ

2012年02月21日 | 精密板金 設備
精密板金の丸井工業

―ISO9001&ISO14001取得 若さとパワーで革新を続ける企業です―


NCT加工機の凄いところについてです。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)公式ブログです。
「精密板金について」「精密板金加工とは」など、精密板金加工全般について丸井工業の事例などを含めて紹介致します。

NCT加工はプレス加工の仲間ですが一般的なプレス加工とはチョット違います。NCT加工機、プレス加工機どちらにも一長一短があるので金型だけを見てみると、NCT加工機は1回の加工に対して58種類の金型を装着してその組合せで加工が出来るのが特徴で、プレス加工の様に製品ごとに専用の金型を作る必要がありません。NCT加工機に装着する金型の形状を大きく分類すると●・▲・■の三種類。プログラムによって金型が選ばれると、材料が少しずつ移動して打ち抜く位置を変える事によっていろいろな打ち抜き加工が行えます。

NCTは便利な加工機ですが、完全に金型を作らなくても良いと言う訳にはいきません。殆どの場合保有している金型で加工できますが、特殊な絞り加工や特殊な穴加工など一般的に無い形状の場合や加工を依頼した先の金型の保有数によっては金型が必要となります。丸井工業は現在数百種類のNCT用の金型を保有しています。 丸井工業 NCT保有金型一覧


精密板金 丸井工業
▲ 材料:保護シートを貼ったアルミ板(1000×2000mm)です 右にあるクランプ(3個所)で固定します


精密板金 丸井工業
▲クランプは材料を固定した状態で 打ち抜きたい位置へ移動させます(写真は金型で打ち抜いてる所)


精密板金 丸井工業
▲加工が終了してホームポジションに戻って来た材料 必要な形に切り抜かれています


精密板金 丸井工業
▲ NCTの金型(丸型) 上側の筒状の物と下の円形状の物が一対で1つの金型です


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの 「NCT」 をテーマにしたブログ一覧

※ ブログランキングに参加しています ※ → にほんブログ村 企業ブログへ
   気に入った記事や参考になったと思った時は応援のポチを頂けると嬉しいです。

精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm

Copyright(C) 2008-2012 Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.(文章・画像の著作権は丸井工業株式会社に帰属します)
コメント

板金材料は安全と品質を考えて保管

2012年02月16日 | 精密板金 設備
精密板金の丸井工業

―ISO9001&ISO14001取得 若さとパワーで革新を続ける企業です―


材料は安全と品質を考えて保管しています。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)公式ブログです。
「精密板金について」「精密板金加工とは」など、精密板金加工全般について丸井工業の事例などを含めて紹介致します。

つい最近のTV報道で、首都直下型などマグニチュード7クラスの地震が南関東地方で4年以内に発生する確率が70%に高まったとの研究発表があった事を伝えていました。南関東の横浜に事業所があり日々暮らす我々にとって、いつ地震が来ても大切な従業員と周辺地域に対して安全が確保できるよう常に準備と訓練を行っています。

地震発生で良く耳にするのは物の転倒や落下による下敷きです。板金工場の中には金型や板金材料(鉄板・アルミ板・ステンレス板・銅板・など)など重量がある物が多く転倒してきたら人が支える事は出来ません。板金材料の標準的なサイズは3×6(さぶろく)1,829×914mmです。たとえば板厚が0,8mmの鉄板なら一枚約10Kg位になるのでまとまればかなりの重さになります。板金工場で良く見かける材料の保管方法は壁に立てかけたり木枠を利用して水平に積み重ねたりですが、特に怖いと思うのは水平に積み上げた材料が崩れ出したら一枚10Kgもある数ミリの金属板が何枚も勢い良く飛び出してくる訳で、想像するだけでも恐ろしいです。

丸井工業は材料の転倒防止など防災対策の面からも材料の保管は自動倉庫で行っています。品質面においても材料のキズ、変形、劣化などを防ぐ事に対して有効です。12段に6種類それぞれ0.8~2.0mmを数枚程度ストックしています。


精密板金 丸井工業
▲ 板金材料を保管する自動倉庫です 棚は12段 下から上まで約5mぐらいの高さになります


精密板金 丸井工業
▲ 下から見上げるとこんな感じです


精密板金 丸井工業
▲ リフトが指定した棚から材料を搬送してきます


精密板金 丸井工業
▲ 棚から搬送してきた材料です サイズ1,829×914mm(3×6)が何枚か重なった状態


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの 「品質」 をテーマにしたブログ一覧

※ ブログランキングに参加しています ※ → にほんブログ村 企業ブログへ
   気に入った記事や参考になったと思った時は応援のポチを頂けると嬉しいです。

精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm

Copyright(C) 2008-2012 Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.(文章・画像の著作権は丸井工業株式会社に帰属します)
コメント

レトロな雰囲気万点の加工機・ケトバシ

2012年02月14日 | 精密板金 設備
精密板金の丸井工業

―ISO9001&ISO14001取得 若さとパワーで革新を続ける企業です―


レトロな雰囲気万点の加工機・ケトバシの紹介です。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)公式ブログです。
「精密板金について」「精密板金加工とは」など、精密板金加工全般について丸井工業の事例などを含めて紹介致します。

工場内の一角に古めかしい機械が並んでいます。ケトバシと言うこれでも立派に現役の加工機なのです。

ケトバシとは昔からあるプレス機の一種で名称が「ケトバシ」と言うだけあって動力源は人間の足が蹴飛ばす力。現代の工場内を見渡せばコンピューター制御された加工機械がズラリと並ぶ中、鉄色むき出しのその風貌は思いっきりそこだけ時間が止まったかの様にレトロ感が漂っています。ケトバシは力加減も位置決めも人任せのプレス機なのですがこれが意外と凄いのです。板状の金属を加工する会社なら多分一台ぐらいは工場の中にあると思います。用途にあった金型を装着する事によって抜き、曲げ、絞り、刻印などコンピューター制御の加工機では条件が合わず出来ない部分の加工や追加工などケトバシはそれなりにこなせるので見た目は古るそうでも板金加工にはなくてはならない大切な機械なのです。


精密板金 丸井工業
▲ これがケトバシです 下のペダルを踏み込むと上からパンチが降りる仕組みです


精密板金 丸井工業
▲ 用途にあわせて、いろいろな金型を装着します


精密板金 丸井工業
▲ ケトバシの前に座って、人が板金の位置や蹴る力を調節して加工します


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの 「設備」 をテーマにしたブログ一覧

※ ブログランキングに参加しています ※ → にほんブログ村 企業ブログへ
   気に入った記事や参考になったと思った時は応援のポチを頂けると嬉しいです。

精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm

Copyright(C) 2008-2012 Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.(文章・画像の著作権は丸井工業株式会社に帰属します)
コメント

創業1971年 豊富な技術と経験を持ち革新を続ける丸井工業

精密板金の丸井工業

〒230-0003 神奈川県横浜市鶴見区尻手1-5-15
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp精密板金の丸井工業へメールe-mail

サムネイル(縮小版写真)で精密板金ブログの写真を一覧することができます

・Google画像検索による精密板金の丸井工業ブログ掲載の写真のサムネイル一覧です。このサイトに掲載されている写真のイメージ把握にお使いください。
>>サムネイル(縮小版写真)で精密板金ブログの写真を一覧する
精密板金の丸井工業