精密板金の丸井工業ブログ

精密板金加工の会社を経営。丸井工業を例にして皆さんに分かり易く精密板金加工を紹介するブログ-精密板金の丸井工業ブログ

キーワードで見る! 精密板金の丸井工業ブログ記事

CAD システム レーザー ベンダー スポット溶接 環境 品質
スタッド溶接 TIG溶接 機械加工 バーリング 配線 NCT リベット組立
金型 塗装 シルク 受入 検査 圧入 梱包
材料 抜き 曲げ 図面 メッキ 製品 設備
最近の記事一覧(投稿日の古い記事から見る新しい記事から見る)

パネルに塗装とシルク印刷

2013年08月29日 | 精密板金 全般

精密板金の丸井工業

精密板金の丸井工業

―ISO9001&ISO14001取得 若さとパワーで革新を続ける企業です―


精密板金で加工したパネルに塗装とシルク印刷をした物の紹介です

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)公式ブログです。
「精密板金について」「精密板金加工とは」など、精密板金加工全般について丸井工業の事例などを含めて紹介致します。

精密板金で加工した金属部品の中でも装置の操作部(フロントパネル)や背面の(リアパネル)などは塗装後にシルク印刷や彫刻をする事が多いです。使われる材料は鉄板・アルミ板・ステンレス板・銅板・真鍮板などですが、ステンレス板を除いて大抵は表面処理を行います。特に鉄板はSPCC(冷間圧延鋼板)と言って表面処理をしないで放置すると錆びてしまうので必ずメッキや塗装を行います。丸井工業はクロムフリーと言う環境に配慮した材料を使っています。この材料はSPCCの表面にメッキ処理がされているのでこの上に通常の工程を踏んだ塗装をすれば材料が直接の原因で錆が発生して塗装を剥がしてしまう様な事は起こりにくくなります。


精密板金 丸井工業
▲ 材料:クロムフリー1.2mm 精密板金加工の幾つかの工程を経て出来上がったパネルです


精密板金 丸井工業
▲ パネルに塗装をした物です 写真では分かりにくいですが黒系のメタリック塗装です


精密板金 丸井工業
▲ シルク印刷が完了したパネルです 文字以外にも線やベタ(塗りつぶし)も印刷します


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの「パネル」をテーマにしたブログ一覧

 ブログのランキングに参加しています   
   気に入った記事や参考になったと思った時は応援のポチ(コチラのバナー)→ にほんブログ村 企業ブログへ を押して頂けると嬉しいです。 
   1回のポチで1票が入ります。注)1人1日1票なので日を改めて押して頂ければさらに1票が入る仕組みになっています。

精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm
Copyright(C) 2008-2013 Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.(文章・画像の著作権は丸井工業㈱に帰属。無断転載禁止)
コメント

精密板金と塗装のマスキング

2013年08月27日 | 精密板金 表面処理

精密板金の丸井工業

精密板金の丸井工業

―ISO9001&ISO14001取得 若さとパワーで革新を続ける企業です―


精密板金と塗装のマスキングについてです。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)公式ブログです。
「精密板金について」「精密板金加工とは」など、精密板金加工全般について丸井工業の事例などを含めて紹介致します。

写真の箱は1.5mmの板金材料(アルミ板)を使って精密板金加工によって作られています。箱には表面処理として塗装が施されています。本体(シャーシ)と蓋(カバー)が組み合わさるこの様な箱の場合、本体と蓋の隙間(クリアランス)は約0.1~0.2mm程度です。本体と蓋それぞれ表も裏も塗装をすると部分的に塗装が厚くなることがあるので0.1~0.2mmの隙間では入りにくくなってしまうことがあります。そこで予め本体と蓋が接する面に塗装が着かない様にしてから塗装をします。この様に板金に対して部分的に塗装を付けないことを「マスキング」をすると言ってます。マスキングは板金の塗装面だけでは無く、スタットボルトやタップなどに塗装が付着することでネジやナットがしめにくくなったり、電気的に絶縁したくない場合などを含めネジ部をマスキングすることがあります。

精密板金 丸井工業 アルミケース
▲ 手の平サイズのアルミ製の箱(ケース) 本体と蓋(カバー)が組み合わさっている状態です


精密板金 丸井工業 アルミケース
▲ 一部銀色の部分(アルミの色)がが見えますがマスキングした塗装されて無い部分です 


精密板金 丸井工業 アルミケース
▲ 蓋を外したところ 銀色に見える部分(アルミ素地の色)がマスキングをした個所です 


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの 「塗装」 をテーマにしたブログ一覧

 ブログのランキングに参加しています   
   気に入った記事や参考になったと思った時は応援のポチ(コチラのバナー)→ にほんブログ村 企業ブログへ を押して頂けると嬉しいです。 
   1回のポチで1票が入ります。注)1人1日1票なので日を改めて押して頂ければさらに1票が入る仕組みになっています。

精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm
Copyright(C) 2008-2013 Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.(文章・画像の著作権は丸井工業㈱に帰属。無断転載禁止)
コメント

「切り起こし」という板金の曲げ加工

2013年08月22日 | 精密板金 加工

精密板金の丸井工業

精密板金の丸井工業

―ISO9001&ISO14001取得 若さとパワーで革新を続ける企業です―


「切り起こし」という板金の曲げ加工の紹介です。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)公式ブログです。
「精密板金について」「精密板金加工とは」など、精密板金加工全般について丸井工業の事例などを含めて紹介致します。

板金にL金具(L字形の金具)を取り付けたい場合、ネジ・リベット・溶接など取り付ける方法はいくつかありますが、いずれにしても別の材料(鉄板・アルミ板・ステンレス板)を使ってL金具を作り取り付ける事になります。しかし条件さえあえばL金具をその板金の中で(同じ材料で)曲げによって作る事ができます。これを「切り起こし」と言っています。L金具の様なシンプルな形状が基本ですが他の部分や曲げなどで干渉をおこさなければ多少複雑な形状でも曲げる事ができます。


精密板金 丸井工業 曲げ
▲ ベンダーで切り起こし曲げをしました


精密板金 丸井工業 曲げ
▲ 切り起こし曲げをする前 抜き加工が終わった板金です


精密板金 丸井工業 曲げ
▲ 他の部分が曲がらない様に曲げたい部分のみに金型をセットします


精密板金 丸井工業 曲げ
▲ 必要な部分だけが綺麗に曲がり切り起こし曲げの完了です


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの 「曲げ」 をテーマにしたブログ一覧

 ブログのランキングに参加しています   
   気に入った記事や参考になったと思った時は応援のポチ(コチラのバナー)→ にほんブログ村 企業ブログへ を押して頂けると嬉しいです。 
   1回のポチで1票が入ります。注)1人1日1票なので日を改めて押して頂ければさらに1票が入る仕組みになっています。

精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm
Copyright(C) 2008-2013 Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.(文章・画像の著作権は丸井工業㈱に帰属。無断転載禁止)
コメント

ISO9001:9008認証の定期監査

2013年08月20日 | 丸井工業 品質

精密板金の丸井工業

精密板金の丸井工業

―ISO9001&ISO14001取得 若さとパワーで革新を続ける企業です―


ISO9001:2008(品質)認証の定期監査日です。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)公式ブログです。
「精密板金について」「精密板金加工とは」など、精密板金加工全般について丸井工業の事例などを含めて紹介致します。

ISO9001:2008(品質)は認証を1度取得すれば終わりという訳ではありません。ISO9001の規格が要求する事項に沿った運営を日々行いその結果が客観的に判断できる様な仕組みになっていて、さらにそれが機能している事を証明できなければなりません。 そこで、決められた事がしっかりと守られて行われているか、毎年認証機関によって監査が行われるのです。ISO9001の認証書の有効期限は3年間です。その間に認証機関による定期監査が毎年1回計2回と3年に1度の更新監査が実施されます。(加えて自社でおこなう内部監査があります)丸井工業はISO9001の認証を取得して今年の10月で8年になります。ISO9001及びISO14001マネジメントシステムはとても良くできていて様々な形で企業にメリットを与えてくれます。このブログを読まれている方の中でもし認証取得を悩んでいるとしたら迷わずチャレンジすることをお勧めします。


精密板金 丸井工業 ISO監査風景
▲ ISO9001:2008 定期監査風景です


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの「品質」をテーマにしたブログ一覧

 ブログのランキングに参加しています   
   気に入った記事や参考になったと思った時は応援のポチ(コチラのバナー)→ にほんブログ村 企業ブログへ を押して頂けると嬉しいです。 
   1回のポチで1票が入ります。注)1人1日1票なので日を改めて押して頂ければさらに1票が入る仕組みになっています。

精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm
Copyright(C) 2008-2013 Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.(文章・画像の著作権は丸井工業㈱に帰属。無断転載禁止)
コメント

専用の金型を作らずに円弧に曲げる

2013年08月15日 | 精密板金 技術

精密板金の丸井工業

精密板金の丸井工業

―ISO9001&ISO14001取得 若さとパワーで革新を続ける企業です―


精密板金加工は専用の金型を作らなくても金属板を円弧に曲げる事ができます。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)公式ブログです。
「精密板金について」「精密板金加工とは」など、精密板金加工全般について丸井工業の事例などを含めて紹介致します。

金属板(鉄板、ステンレス板、アルミ板、等)を曲げるには正確に位置を決めなければなりません。約30~40年前までは、曲げる位置を金属板に直接書いてハンドプレスや蹴飛ばしといったヒトの力を使い、目見当で曲げていた時代もありました。現代はバックゲージと言うNC制御(コンピューター制御)の位置出し装置が曲げる位置を正確に決めてくれるので精度はバッチリ出せます。そこで、その機能を応用することで専用の金型を作らずに金属板を円弧に曲げることが出来ます。曲げの圧力を調整しバックゲージを細かく動かしながら金属板を送り込むことで好きな大きさの円弧(R曲げ)に曲げることが可能です。この加工方法は時間と手間が掛るので量産品には向きませんが、試作や少量の製品には適しています。


精密板金 丸井工業 曲げ
▲ ベンダーで専用の曲げ金型を使わずに円弧に曲げた板金です


精密板金 丸井工業 曲げ
▲ 円弧に曲げた板を拡大 細かく何回も曲げた跡がわかります(ピッチを細かくすると滑らかな円弧に)


精密板金 丸井工業 曲げ
▲ 板金の曲げる位置を制御するバックゲージ(白丸の中)右側の上下が曲げる為の金型です


精密板金 丸井工業 曲げ
▲ 標準の金型なのでバックゲージを固定してそのまま曲げると写真の様に90°に曲がります


精密板金 丸井工業 曲げ
▲ 圧力と寸法を調節する事により任意の円弧に板を曲げられます(材料によっては制限があります)


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの「曲げ」をテーマにしたブログ一覧

 製造業ブログランキングにエントリーしています 
気に入った記事や参考になったと思った時は応援のポチを頂けると嬉しいです。→ にほんブログ村 企業ブログへ (ランキングの投票です)

精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm

Copyright(C) 2011 Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.(文章・画像の著作権は丸井工業㈱に帰属。無断転載禁止)
コメント

創業1971年 豊富な技術と経験を持ち革新を続ける丸井工業

精密板金の丸井工業

〒230-0003 神奈川県横浜市鶴見区尻手1-5-15
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp精密板金の丸井工業へメールe-mail

サムネイル(縮小版写真)で精密板金ブログの写真を一覧することができます

・Google画像検索による精密板金の丸井工業ブログ掲載の写真のサムネイル一覧です。このサイトに掲載されている写真のイメージ把握にお使いください。
>>サムネイル(縮小版写真)で精密板金ブログの写真を一覧する
精密板金の丸井工業