精密板金の丸井工業ブログ

精密板金加工の会社を経営。丸井工業を例にして皆さんに分かり易く精密板金加工を紹介するブログ-精密板金の丸井工業ブログ

キーワードで見る! 精密板金の丸井工業ブログ記事

CAD システム レーザー ベンダー スポット溶接 環境 品質
スタッド溶接 TIG溶接 機械加工 バーリング 配線 NCT リベット組立
金型 塗装 シルク 受入 検査 圧入 梱包
材料 抜き 曲げ 図面 メッキ 製品 設備
最近の記事一覧(投稿日の古い記事から見る新しい記事から見る)

材料は安全と品質を考えて保管しています

2019年05月23日 | 精密板金 設備
精密板金の丸井工業

― ISO 9001(品質)& JIS Q 9100(航空・宇宙・防衛)取得 お客様に選ばれる企業をめざして革新を続けます ―


材料は安全と品質を考えて保管しています。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)公式ブログです。
「精密板金について」「精密板金加工とは」など、精密板金加工全般について丸井工業の事例などを含めて紹介致します。

昨日の横浜は物凄い雨風でした。大雨・地震も含め自然災害に対する備えは大切です。丸井工業は、その中でも予知が難しいとされる地震に対して大切な従業員の安全が確保できるよう常に準備と訓練を行っています。地震発生で怖いのは物の転倒や落下による下敷きです。工場の中には金型や金属板(鉄板・アルミ板・ステンレス板・銅板)など重量物が沢山あります。金属板の標準的なサイズは3×6(さぶろく)1,829×914mmで、板厚が0,8mmの鉄板なら一枚約10Kg位です。一般的な板金工場で見かけるのは材料を壁に立掛たり木枠で積み上げたりしています。特に怖いと思うのは水平に積み上げた材料です。崩れ出したら一枚10Kgもある数ミリの金属板が何枚も勢い良く飛び出してくるので想像するだけでも恐ろしいです。丸井工業は重量物の転倒防止対策をしています。その中でも金属板の保管は荷崩れやキズ・変形防止の為に自動倉庫を使っています。


精密板金 丸井工業
▲ 板金材料を保管する自動倉庫です 棚は12段 下から上まで約5mぐらいの高さになります


精密板金 丸井工業
▲ 下から見上げるとこんな感じです


精密板金 丸井工業
▲ リフトが指定した棚から材料を搬送してきます


精密板金 丸井工業
▲ 棚から搬送してきた材料です サイズ1,829×914mm(3×6)が何枚か重なった状態


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの「材料」をテーマにしたブログ一覧

ブログのランキングに参加しています気に入った記事や参考になったと思った時は応援のポチ(1人1日1票です)こちら→にほんブログ村 企業ブログへを押して頂けると嬉しいです。 

精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm

Copyright(C) Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.
(ブログ内の文章・画像の著作権は丸井工業㈱に帰属。無断転載禁止)

精密板金の丸井工業
コメント

創業1971年 豊富な技術と経験を持ち革新を続ける丸井工業

精密板金の丸井工業

〒230-0003 神奈川県横浜市鶴見区尻手1-5-15
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp精密板金の丸井工業へメールe-mail

サムネイル(縮小版写真)で精密板金ブログの写真を一覧することができます

・Google画像検索による精密板金の丸井工業ブログ掲載の写真のサムネイル一覧です。このサイトに掲載されている写真のイメージ把握にお使いください。
>>サムネイル(縮小版写真)で精密板金ブログの写真を一覧する
精密板金の丸井工業