久野康成公認会計士事務所/株式会社東京コンサルティングファーム(TCF)の 【国際化支援ブログ】

東京コンサルティンググループ(TCG)は、日本企業の収益改善・国際化をトータルサポート!!

天野先生 セミナー報告

2009年04月26日 | ビジネスの感性
天野先生の個別インタビュー画像をみて、改めて、[宇宙の法則]と
述べられている意味が理解できました。

天野先生は、ヨガや瞑想もされており、宇宙との一体感ができるそうです。
これは、トランスパーソナル心理学に通じる部分ですね。

私の次の本「母性の経営」でも、誤解を恐れず、宇宙との一体感について
書きました。

マズローがいう「自己の超越」から、「至高の幸福感」を得るものです。



さて、多くの人にこの部分、または、私の考え方や、天野先生の考え方が
理解されずらいのは、・・・・


成功には、
【個人の成功】と【個人を超えた成功】があり、

基本的に、世の中の成功者と呼ばれる人は、すでに個人の成功を修めているので
すべて、個人を超えた成功の法則を話すから、まだ、個人の成功に至っていない
人にとっては、ボケたことを話しているとか、偽善的なことを話していると
思ってしまうのでしょう。


大変残念なことですが、自分が体験していないことを理解するのは非常に
むすかしいことです。


この点の解消を試みたのが、神田昌典氏の【非常識な成功の法則】です。


この本では、まず、個人の成功をすることを促しています。


そして、それが、成功したと思ったとき、彼が言うには、・・・
年収1千万円か2千万円以上(忘れました)

金銭的成功をおさめたのち、直ぐに気持ちを改めて、個人の成功を超えた
公的成功を目指すように促しています。

すなわち、個人の成功もできない人が、成功者の話を鵜呑みにして、公的成功
ばかりを最初から目指していると、結局は、与えることが、自己犠牲となり
与えることによって、不幸になるからです。


成功者は、【略奪の能力】を持っているので、そのような人は、与えることの
大切さを知ると、世界が変わって見えるのです。

簡単にいうと、個人の成功を収められる人は、そのシャドーとして、強い
略奪能力も得てしまうので、まわりを不幸にさせるのです。

そのため、個人成功者は、早く、与える大切さを気づかなくては、まわりを不幸に
するため、結局、これは自分自身も不幸にさせていきます。


なので、個人的成功者は、その本人も周りの人も不幸せにさせないように
公的成功へステップアップした人は、与えることの大切さを訴え続けるわけです。



さて、いまだ、個人的成功を収めていない人はどうすれば良いのか??


私は、神田先生の発想法で良いと思います。

まず、個人の成功を収めることです。
ただし、その後にある、公的成功の大切さは忘れないようにして・・・


では、どうすれば、個人的成功を収められるのか??


手っ取り早い方法は【技】を極め、資格をとることです・・・

技は、個人的成功のためには、非常に重要な要素なのです。

ただし、この方法論だけは、ほぼ、日本人全員気づいています。

学歴社会がなぜあるのか?
なぜ、競争があるのか?

そこには、個人的成功の競争があるからです。

このなかで、黙っていても勝ち抜ける人は、心配いりません。

神田先生も上智大学を卒業し、外交官になった実力の持ち主です。


個人的成功を収めるには、王道がないのです。

ひたすら努力するしかありません。

能力あるウサギより、戦略あるカメとなり、努力を継続することが
能力ある人間に勝ることができる唯一の方法と私は信じています。

私も死ぬまで、努力し続けます。
能力のない人間が、立ち止まれば、「死」を意味します。


できる人10カ条で、なぜ、「不断の努力ができる人」を
一番目に持ってきたか、ご理解いただけるのでしょう。

あの、順番にも意味があるのです。

自分を信じて頑張っていきましょう。



コメント

天野敦之先生ありがとうございました!

2009年04月25日 | キャリアコンサルタント(稲葉朋子、他)
今日は【君を幸せにする会社】の作者で有名な会計士の天野敦之先生と当社代表の久野とのコラボセミナーがありました。

とても感動しました!

その内容を1部お伝えすると


愛の大切さや、生きる目的を魂の成長を通して深い愛をもてるようになることとおっしゃっていました。そう考えることで全て受け入れられるし、そのために意味のあることが自分におきていると解釈できると。


また、私たちは死ぬことにおびえることもない。
今日食べるごはんがないわけじゃない。


これは世界的にみてもとても恵まれていること。
日本に生まれただけで貴族のようなもの。

自分たちにはすべて揃っているし、もうすでに満たされている状態。
幸せな状態であること。


天野先生の君を幸せにする会社の本の中で

「私たちはついないものに目を向けてしまいがちですがあるものの方が圧倒的に多いのです。幸せになるために必要なものはすべて与えられています。それらに気づき感謝するだけでいいのです。」


これは本の中でも大きく感銘を受けた部分でした。私たちはもう幸せになる要素はすべて揃っている。今の幸せに気づいていないだけ。今も充分に満たされている状態。いつも欠けているところに目がいき幸せを未来に求める。もちろん向上心は大切だけれども、今を幸せに生きることが未来の幸せにつながることだと思いました。


また、ある戦争などがおきていて治安の悪い国の子供が、私は幸せだという 
なぜかと聞くと、

私は生きたい! でもいつ死ぬかわからない。 
そんな明日を今生きているだから私は幸せだと。 


死を意識して生きているか。
もし今日までの命だったら、上司におこられたことなど気にならない。
今日死ぬとしたら同じことをしているだろうか。というように死を通して生き方を見直しているということ。


先生の話を聞いて、生きたいという子供の言葉を聞いた時に、自分の中にどこか忘れてきた言葉のように聞こえました。生きたいと前のめりになるほど生きること自体を切望するようなことが私の人生の中であったのか、なかったのか。
どのように生きるかは考えても生きることそのものにこんなにも自覚するほど強い思いはあったのか。
どこか生きていること自体どこか当たり前だと思い生きていたのではと気づきました。

そして何よりこのようなことをしっかりと伝えてくださっている天野先生がとてもすばらしいと思いました。
本当にありがとうございました。


稲葉朋子
コメント

がんばらなくていい BESTをつくせ!!

2009年04月12日 | キャリアコンサルタント(稲葉朋子、他)
今の会社に入社して間もない頃に、前の仕事をしていた時にお世話になっていた社長さんにご挨拶いきました。

その時に、

「いつか小林社長のお力になれるようにがんばっていきます。」
「私がんばります!!」

とお伝えしたところ、その社長さんが

「がんばらなくていいよ。
 がんばっている人がもっとがんばったら病気になっちゃうでしょ。
 だからがんばらなくていい。
 ただ、常にBESTをつくせ。」

おもわず感動して自然に涙がでてしまいました。

きっと社長さんの温かい思いやりの心が私の心に伝わったんだと思います。

自分を壊すまでがんばるなよ、でも常にBESTをつくせ。

心理学でも人は正しくされたい動物なのではなく、わかってほしい動物なのであると言っていました。

温かい涙が流れるときは 人の心の温かさ 思いやりの心 感謝の心
にふれた時に涙がでます。人は この見えない大切な心の交流を仕事や家庭や友達・・全ての人とのコミュニケーションを通して行い、仕事の神髄はこの見えない温かい心の交流なのではと思います。

それを気づかせてくれた小林社長さんありがとうございます。
常にBESTを尽くして生きていきます!!


キャリアカウンセラー 稲葉朋子
コメント

23,000円で会社設立支援しています。

2009年04月03日 | 所長と熱く語ろう!(久野康成)

起業家支援の一環で、現在、23,000円(税込)で、

株式会社 または 合同会社

の設立代行業務を行っています。

 

サービスを開始して、2ヶ月で、既に18社の会社設立を支援しました。


設立支援のHPは、⇒【23,000円会社設立】です。



ぜひ、今後、起業を考えられる方は、こちらをご利用ください。

コメント

暗闇を突っ走れるか?

2009年04月02日 | 所長と熱く語ろう!(久野康成)

先の見えない人生で、突っ走ることができるか?

先が見えなければ、不安になって、ゆっくり歩いてしまうのが普通なのではないでしょうか?

 

先が、見えないと、努力ができないのです。

それは、努力すれば、問題解決できるという確信がない状態で多くの人は、努力を継続することができません。

しかし、努力しなければ、問題は解決することなく、成功もしません。


先が見えなくても、自分を信じ、努力を継続することが重要です。

 

 

コメント (1)