9月 13日

2019-09-12 14:01:40 | Weblog
            栗・毬栗・虚栗・栗拾・笑栗



     頂上に子と来て若き栗のいが          沢木欣一


     家裏の栗落つ音の昔のまゝ           細見綾子


     満願寺仔猿飼はれて栗食めり          栗田やすし


     一袋焼栗買へり夜の駅             河原地英武


     近づけば城の隠るる栗拾ひ           櫻井幹郎


     毬栗の青きまま落つ不破の関          清水弓月


     笑栗を置けば艶めく綾子句碑          梅田 葵


     毬栗を掌に転がせて句碑訪へり         国枝洋子


     大粒の栗の皮むく夕厨             太田滋子


     山の日の豊かや栗の落つる音          前田史江


     落ち栗の叩く小橋を渡りけり          中村修一郎


     丹波路や叩きて落とす栗拾ひ          石橋忽布


     竹炭と栗並べ売る無人小屋           松平恭代



          



     毬栗や冠者顔して木曽に入る          吉田鴻司


     山びこのひとりをさそふ栗拾ひ         飯田蛇笏


     山栗や少年の日の土の橋            鷹羽狩行


     笑栗の籠にあふれて厨口            田川つる女
コメント