9月 15日

2019-09-14 15:00:35 | Weblog
             棗・青棗・棗の実・なつめ



     初なりの三つの棗青きかな          細見綾子


     師と語る卓に三粒の熟れ棗          栗田やすし


     棗落つ庭の箒目崩さずに           国枝隆生


     朝の日を弾きて風の棗かな          矢野孝子


     海峡の風に色づく棗の実           倉田信子


     修院の午後の閑けさ棗の実          梅田 葵


     棗熟れ空一片の雲もなし           中村修一郎


     飴色に棗煮上がる匂ひかな          二村美伽


     師の庭にひとつ残れり棗の実         森 靖子


     船津屋の熟れ残りたる棗の実         廣島幸子



          



     長い棗円い棗も熟しけり            河東碧梧桐


     敦煌の十字路どこも棗熟れ           松崎鉄之介


     棗熟れ枝しらじらと湖の家           大野林火


     棗ふくみて山荘の客帰る            飯田龍太


     墓多き河口の村に熟れ棗            飴山實


     竿をもて棗をたゝく巡査かな          高野素十
コメント