ゲストハウス・プリ / Guest House Puli

台湾ゲストハウス紹介。日月潭に近く綺麗なドミトリー完備http://www.guesthousepuli.com/

関頭山へ行って来ました。

2018年08月21日 | 名所案内

本日は朝から霧社から更に少し山を上がった所にあるウーロン茶で有名なエリア『高峰」と
その先のクワガタの名所『関頭山」へ行って来ました。
天気が良かったので、素晴らしい景色を見る事ができました。




ドラゴンフルーツはどこででも見る事ができる気がします。


私の友人もこの辺りに茶園を持っています。
(※ゲストハウスの近所に住んでいるので、宿泊中の方はこちらの茶葉を格安で購入する事も可能です。)


本日も道端でたくさんの蝶を見れました。
ただ、現在私はブログの写真をスマホで撮影しているので、思うように写真が撮れていません(残念)。

コメント

景色の良い場所でピザをいただきました。

2018年08月19日 | 名所案内

【ヘゴ/シダ植物】
本日は息子の同級生のご家族が経営するレストランにお昼ご飯を食べに行って来ました。
場所は日月潭の少し手前の魚池と言う場所で、緑がとても多い場所です。


今日はすごく込んでいました。日曜日の関係でしょうか。


こちらの料理は基本的に全てこの手作り囲炉裏で焼き上げています。





広大な敷地の中にあるレストランで、民宿も併設しています。

【以下、本日食べたピザとビーフステーキ】








料金はちょっと高めですが、景色を楽しみながらの食事も良いですね。
コメント

山へ蝶探しに行ってきました。

2018年08月18日 | 日記

捕まえると罰金30万元(約100万円)の【保育種(中国語):アケボノアゲハ】。
たくさん見る事ができました。今ちょうどこの蝶が好きな花がたくさん咲いています。



本日はお客さんのガイドで蝶探しに同行しました。
目的は高山(3000メートル付近)に生息する【ジャノメチョウ】を写真に収めることです。
【ジャノメチョウ】の名前の由来は『蛇の目』から来ている様で、羽に『目』の様な模様がある事が特徴的です。

雲が多い天気だったのですが、時々雲の切れ間から太陽が出てくれました。
気温が上がると突然隠れていた蝶たちが飛び立ちました。
このジャノメチョウは、枯れ草の中でじっとして隠れているので本当に探しにくかったです。
でも何とか数匹見る事ができました。


今の季節、高山植物も花をつける種類が多いので、私も楽しめました。



コメント (2)

山間にある温泉

2018年08月16日 | 名所案内

昨日は天気が悪かったので、温泉に行って来ました。
私のお勧めは天気が悪い日です。
山間にあるため、霧が出易く素晴らしい景色を眺めながら入浴できます。







冷泉を溜めたプールも楽しめます。



空が真っ暗になると景色が見えないので、夕暮れ時ぐらいに行くのが頃合です。



入浴の後はいつもの火鍋で〆ました。
コメント

近所で見かけたドラゴンフルーツ

2018年08月15日 | 名所案内

【木の上を眺める私の奥さん。】
私の宿から徒歩5分の公園内にドラゴンフルーツが自生していました。
どうすればこんな高い所にできるのか、本当にびっくりさせられました。
地上20メートル以上はありそうです。





所有者はいないと思うので、勝手に木に登って取ってもたぶん誰も文句を言わないと思います。
コメント

私が年に400回ぐらい通っている珈琲ショップ

2018年08月11日 | お店や施設

【Lane272 cafe】
私が一日に1~2回通っているお店です。多い日には日に3回も行く事があります。
こちらでは毎日の新聞を読む事ができる事と、町一番の物知りのこちらのオーナーさんからの情報入手も目的です。
このお店へ通っているだけで、『埔里の今』を把握する事ができます。
利用客の中には、政治家、警察、芸術家、記者、建築家、牧師、...。と本当にいろいろな人たちが訪れます。
このお店に座っているだけで、たくさんのコネクションを作ることができます。
私も通い続けて既に8年。今ではオーナーさんの息子さんが経営を引き継いでいます。


自家製のケーキも味わえます。 お勧めはラズベリー等を加えたチーズケーキですね。




コーヒー豆にもこだわっています。 
コメント

日月潭は台湾最大の湖です。

2018年08月09日 | 名所案内

この写真の場所は、日月潭の中でも写真スポットとして最も人気がある場所です。
毎日何組も結婚アルバムの撮影で、準新郎新婦がここでポーズをとっています。


日月潭は自転車で回ると距離にして33キロ。
途中アップダウンもあってなかなか良い運動になります。
【電動自転車もレンタルされているので、疲れるのが嫌な人にはお勧めです】


遠くに見えるのは、下から『玄光寺』・『玄奘寺』・『慈恩塔』。  

『玄奘寺』には三蔵法師の舎利(本物です)が収められています。素晴らしい場所なので、もし日月潭を訪れる
事があれば是非行ってもらいたいです。
【注意:船着場がある『玄光寺』ではありません、その上にある『玄奘寺』です。】



『玄奘寺』への、一般的な行き方。【以下】
『水社/船着場』から周遊船が出ているので、『玄光寺/船着場』で降りて、そこからひたすら玄奘寺まで階段を上がる。

『玄奘寺』への、楽をして行く方法。【以下】
『水社/船着場』から周遊船が出ているので、『伊達卲/船着場』で降りて、屋台街を抜けて大通りへ、
そこから周遊バス(30分に一本あり)で『玄奘寺』へ。※戻りは階段で『玄光寺/船着場』へ。

もし体力と時間があるなら、更に上にある『慈恩塔』もお勧めです。
日月潭で最も高い場所になるので、景色は素晴らしいですよ。
コメント

夕陽

2018年08月09日 | 日記

本日も近所の虎頭山へ夕陽を見に行って来ました。
夏休みの関係か若者がたくさん来ていました。
本日は水蒸気がけっこう出ていた様で(最近は午後雨が少し降る事があります。)ご覧のとおりでした。


季節外れの油桐花が咲いていました。


これはツクツクボウシ。鳴き方は日本のものと同じです。
けっこう賑やかに鳴いてくれました。
コメント

50m級『大仏』in 埔里

2018年08月08日 | 名所案内

【私が大仏の下にいるのがお分かりでしょうか。】

埔里にはいくつもの宗教の総本山があるのですが、その中の一つに巨大な大仏を持つ『正徳寺』があります。
彰化に生まれた常律法師が、1986年に開山した宗派らしいのですが、とにかく巨大。
台座の下から大仏の頭までおよそ50mあります。


【台座の下からの景色。】ここからの眺めも壮大です。


ここから眺める夕陽もなかなかのもので、向こうの山には埔里最大の宗派『中台禅寺』も見えます。

ほとんど観光客が訪れる事がない場所なので、私はのんびり景色を眺めたい時等に訪れています。
コメント

埔里市内 夜景

2018年08月06日 | 名所案内

やはり私のスマホでは撮影に限界があるみたいですね。
場所は町中にある『地理中心碑』から暫く上がったパラグライダーの練習場です。
夕陽と夜景を見に訪れる人がたくさん来る場所です。
昨晩もたくさんの人でにぎやかでした。
遠くに見えるオレンジの明かりは埔里名産のマコモタケの電照栽培です。
この季節(夏場)は、ほとんど電照栽培が行われていないのですが、まだ少し行っていますね。

冬場(10月~2月ぐらい)の電照栽培は、びっくりするぐらい大規模に行われます。

あと一週間ほどすると毎年恒例の『ペルセウス座流星群』の時期が訪れます。
ちょうどお盆休みで日本人のお客さんも何人かいると思うので、この場所から観察しようかと考えています。


戻り道でカブトムシを見る事ができました。
この辺りのカブトムシは7月の初めごろがピークなので、もう’残党’ですね。
メスなのでこれから無事に良い場所を見つけて産卵をしてほしいと思いました。


コンビニのライトにもハナムグリが飛んで来ていました。
コメント

埔里市内のちょっと外れをうろうろしました。

2018年08月04日 | 日記

近所をいつもの様にスクーターで散歩しました。
宿のお客さんが少ない時は、よく意味もなくうろうろしています。
私は動植物(虫も含む)が大好きなので、山を歩いているだけで全く飽きません。
今日もいろいろと見れました。


正直道に迷っている状況です。
道に迷うといつも何か新しい発見とかがあるので、私にとって道に迷う事は『趣味』みたいなものです。
檳榔畑へ迷い込んでしまいました。
ちょうど檳榔の花がたくさん咲いていてとても甘い心地の良い香りが覆っていました。


面白い物を発見です。


蜂箱でした。蜂蜜を採っていました。



漢方薬でお馴染みの『超高級品』発見です。 サルノコシカケです。

たぶん誰かがチェックしていると思うので(ここまで成長しているので)、そのまま放置しました。
コメント

8/3 本日よりゲストハウスの営業を再開します。

2018年08月03日 | 日記

8/3 本日よりゲストハウスの営業を再開します。
宜しくお願い致します。






三泊四日でマカオへ行ってきました。
三年前にも一度行っているのですが、以前にも増して中国色が強くなっているなあと思いました。
今日のマカオは広東語が公用語ですが、普通語/中国語の復旧率がかなり上がっています。
それだけ中国本土からの人が流れ込んでいると言う事なんでしょうかね。
今回は空いた時間を利用して(6人旅行のガイドをしていたので)、1人でスラム化した様な
路地なんかもけっこう歩き回りました。
富裕層から低所得層の人たちの生活を簡単にですが見る事ができたかなと思います。




コメント