ゲストハウス・プリ / Guest House Puli

台湾ゲストハウス紹介。日月潭に近く綺麗なドミトリー完備http://www.guesthousepuli.com/

中台禅寺

2017年09月29日 | 名所案内

中台禅寺は私がここ埔里に住むきっかけになったお寺です。
私は宗教を一切信仰していませんが、10年以上前に台北の中台禅寺支部でお坊さんたちに日本語を教えていた事が
後に埔里に来るきっかけになりました。




今でもお寺には時々顔を出す機械もあって、何人かのお坊さんの知り合いもいるので良好な関係維持だけは続けています。



何年経つとこんな巨大なブーゲンビリアになるんでしょうかね【蔓植物がまるで木みたいになっています。】
広大な中庭には菩提樹やユーカリ、その他たくさんの珍しい植物が植えられています。
コメント

正徳大仏

2017年09月26日 | 名所案内

【正徳大仏】
台座部分を含めて下から上まで50メートルある大仏です。
埔里にはたくさんの宗教の総本山があるので、大仏もいくつもありますが、こちらの大仏は
もちろん埔里で最も大きな大仏です。土、日の週末のみ、この大仏の中(台座部分中)を見る事ができます。
とにかく大きな大仏なので、そのスケールには圧倒されますよ。


大仏の前には広場が広がっていて、ここから眺める夕陽もたいへん素晴らしいです。
コメント

まだ暑い日が続いています。

2017年09月24日 | 日記

埔里市内から日月潭の少し手前にある友人がやっている紅茶農園へ行って来ました。
まだ暑い日がつづいているおかげで、紅茶の新芽の摘み取りがまだ続けられています。
あと数週間もすると気候も涼しくなるので今年の収穫は終ります。


場所は魚池郷と言う場所で21号線の大通りから山へ3キロほど入った所です。


上の写真の紅茶(茶樹/アッサム種)は日本統治時代に植樹された苗で、既に100年以上は経っているらしいです。
この辺りでは18号/紅玉と呼ばれている改良種とこれらアッサム種、それと一部では台湾に元々あったとされている原生種
が多く栽培されています。
私は日本人なので、やはりこの’アッサム種’をお勧めしたいですね。



今朝収穫された茶葉を日陰で干して発酵させているところです。



発酵の行程が終った茶葉を機械を利用して揉んでいるところです。


これから焙煎にかけます。

こちらでは日月潭紅茶を格安で購入する事ができます。

茶農名:日據紅茶廠(日本統治時代の紅茶工場)
コメント

スクーターで散歩

2017年09月22日 | 日記

ちょっとした’野暮用’で原住民部落の『川中島(現:清流部落)』へ行って来ました。
埔里の町からスクーターで30分かからないくらいの距離です。
ちょうど稲の緑が映えて素晴らしい景色を見る事ができました。



部落の付近(距離にして3キロぐらいは離れていますが)にはナイター温泉が楽しめる『北港渓温泉』なんかもあります。
コメント

廣興紙寮(和紙工房)

2017年09月16日 | 名所案内

今ではかなり現代的な『紙漉き』となっていますが、埔里ではまだ行われています。
半分観光目的になっていますが、こちらで作られた和紙は廣興紙寮から出たところにある専門店で販売もされています。
お店におかれている種類はマコモタケの繊維やその他たくさんの繊維材料で作られた和紙です。
私の宿のお客さんの中にもわざわざこちらまで和紙を定期的に仕入れに来ている人もいます。


紙漉きにつづいて、こちらはまだ湿っている紙を乾かす行程です。熱の通った鉄板の上に広げて乾かします。


こちらの工房の隣には展示室もあります。

場所は埔里で初めて紹興酒造りに使われた井戸のすぐ近くになります。
コメント

水浴び場

2017年09月16日 | 名所案内

時々私が『水浴び』に来る場所です。
宿からスクーターで20分ほどで行けるので、夏場の暑い日には良いですね。
ただ水浴びの条件としては2~3日雨が降っていないことが必要です。


元々この場所は虫を探しに来ていて発見しました。
上流には人が住んでいないので水が綺麗です。





この場所は、元々一面いろいろな植物が茂る緑でした。
今年の夏の初めごろに大雨が降ったせいで、ご覧の通り蝶たちが生息する食草がほとんど流されてしまいました。
元の状態に戻るには数年はかかりそうです。非常に残念です。
コメント

まだ、いるとは!

2017年09月15日 | 日記

昨晩は近所の温泉に行ったのですが、なんとまだフタテンアカノコギリクワガタに出逢う事ができました。
普通ならクワガタの季節がとっくに終わっています。もう9月中旬なのに....。


こちらの温泉は埔里にある箱根温泉です。
周囲が山に囲まれている関係か運がよければこれら昆虫に出逢う事がある素晴らしい温泉です。

コメント

埔里にある夕陽スポット

2017年09月11日 | 名所案内

本日はとても気の合うお客さんがリピーターとして来てくれています。
私も久しぶりにパラグライダーの練習場から眺める夕陽を楽しみました。
こちらまでは入り口にある公園(地理中心碑)から坂道を3キロほど登る必要があります。
朝、夕にはたくさんの人たちが運動を兼ねて散歩しているので、歩くのが好きな人にはいいかもしれませんね。
《宿→地理中心碑(公園)まで徒歩で10分→緩やかな坂道を500メートルほど進むと『地理中心』→更に2.5キロ
登るとパラグライダーの練習場(夕陽スポット)。



【地理中心/台湾の地理上の中心点になります】
客人は来月10月から台湾での就職も決まっているとの事、私も’台湾組みの仲間’が増えた様で嬉しいです。

コメント

久しぶりの休暇が終ってしまいました........。

2017年09月08日 | お店や施設

【本日の日月潭/南部からの戻りがけに脇を通ったので撮影】


ここ5日間ほど宿を閉めて南部へスクーターで休暇に出かけていました。
本日より営業再開です。
明日は朝5時から自転車の大会があるので、私の宿からも何人かの参加者が居ます。
台湾の地理上の真ん中になる埔里から台湾で最も高い道路『武嶺3275M』を目指してひたすら山道を進みます。


《以下、今回南部で撮った写真です。》








旅先では、たくさんの人たちに非常に良くしていただきました。
感謝感謝です。
コメント (1)