不適切な表現に該当する恐れがある内容を一部非表示にしています

ゲストハウス・プリ / Guest House Puli

日月潭、廬山温泉、合歓山(登山)等へ向かう拠点になる町≪埔里≫で生活する日本人オーナーの個人日記。

霧社事件の末裔(セデック族)が住む『川中島部落』へ行って来ました。

2021年10月22日 | 日記

【清流 仁愛鄉互助村】

日本統治時代には’川中島’と呼ばれていたです。
ここのお米、最高に美味しいです!


【霧社事件】
1930年、当時仁愛郷の霧社エリアには11個所の社(村)があり、霧社セデック族マヘボ社の頭目モーナ・ルダオを中心とした6つの社の300人ほどが抗日蜂起、霧社各地の駐在所(警察署)や公学校の運動会を襲撃した。
結果日本人132人と和装の台湾人2人が惨殺された。
最終的に、日本側は大砲や機関銃、航空機などの兵器を投入し蜂起軍を制圧した。

【第二の霧社事件】
1931年(昭和6年)4月25日:蜂起に与した後に投降した霧社セデック族生存者(保護蕃と呼ばれた)をタウツア社(日本側の原住民)が襲撃し、216人が殺され、生存者は298人となった。
5月6日:【第二の霧社事件】で最終的に生存したセデック族の人たちは282人。彼らは北港渓中流域の川中島(現在の清流)と呼ばれる地域に強制移住させられました。

川中島に移住させられた保護蕃の人たちは、マラリアや疫病に苦しめられ、移住から1年で住民は210人まで減り、2年後には人口が3分の2まで減ったという。ただしその後は近隣の他との交流も始まり持ち直した。

【清流橋 川中島の入口にある大きな橋】



橋を渡ると’川中島’の文字が。ここから清流が始まります。


私も十年以上通っていますが、だんだん人口が少なくなっている様に感じます。


ちょっと散策してみました。


霧社事件の記念館です。主に写真が多いのですが、当時使われていた衣装や農具、ライフルなんかまで展示されています。


公所(役所)の壁にも霧社セデック族マヘボ社の頭目モーナ・ルダオが描かれています。
やはり今でもヒーロー的な存在なんですね。



清流の一番大きな通り。この辺りに住居が集中しています。



【友人が営む お土産屋?】


馬告。山椒とはちょっと味が違うのですが、とにかく強烈な香辛料です。(私は苦手)。

本日も私の為にたくさんの食材を準備してくれましたが、この後に山に入るので(荷物になるので)いただきませんでした。



清流の中心は比較的人も住んでいますが、少し離れると ’ 完全な山 ’ です。






川中島。凄く良い所ですよ。

埔里からはバスも出ているので、コロナ禍が終わったら是非遊びにいらして下さいね。






コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

八掛山の茶農園を見に行って来ました。

2021年10月07日 | 日記

【八掛山 烏龍茶の農園】
本日は、朝から日帰りで出動してきました。



【集集から鹿谷へ向かう途中に渡る橋】

山へ入る前なので、この辺りまでは天気が良かったです。


今回のルートは以下の通りです。
日月潭⇒集集⇒鹿谷郷⇒渓頭杉林渓八掛山⇒(戻りは、山道を直接下って集集経由⇒131号線で埔里へ)



本日はとにかく’霧まみれ’でした。
太陽が出ていても霧がでると一面暗くなりますね。

【妖怪村 渓頭




本日は平日の関係か、ほとんど観光客がいませんでした。
今では有名な観光地になっていて、週末はたくさんの人でにぎわっています。
宿泊施設も充実しているので、山の雰囲気を楽しみたいなら1泊で行くのも良いかもしれませんね。





この辺りは’杉林渓’と呼ばれているエリアで広い範囲に渡って杉林が広がっています。


【八掛山】

山の中腹は竹林が広がっていて、標高の高いエリアは広範囲に渡って烏龍茶の農園が広がっています。






この後、眼下に広がる道をひたすら突き進んで帰りました。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

パッションフルーツ畑へ行って来ました。

2021年10月04日 | 日記

天気が良かったので、ドライブがてらに風景を見にスクーターで出動してきました。
この辺りは、台湾全土の90%のパッションフルーツを栽培されていると言われています。
場所は埔里の町から十数キロ離れた場所で、大坪頂と言うエリアです。
≪スクーターなら二十分ぐらいで行けます。≫










ナナフシも見る事ができました。


埔里の住民はパッションフルーツをいつも食べているので、一つ食べるのにほとんど時間を必要としません。
(ご近所さんがくれるので、お金を出して食べる事もほとんどありません。)
ナイフや包丁等は一切使わずに、10個ぐらいなら5分ぐらいで食べ終わります。
私なら手に取った状態から食べ終わって殻を捨てるまでに要する時間は一つ20秒ほどです。
興味のある人には’技’を伝授しますよ。



この辺りは、早朝’霧’が出ると凄く独特の雰囲気に包まれます。
スクーターをレンタルできる人には、お勧めの場所ですよ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

この時期限定の鍬形蟲を探して。

2021年10月02日 | 日記

武界付近の山中を散策中。
標高は千ちょっとだと思います。

毎年この時期(秋口)にしか出て来ないクワガタ虫がいます。
このクワガタ虫は、面白い事にほとんど樹に登る事がなく、昼間に地面を歩き回ります。
昨年は車に轢かれた死骸をたくさん見る事ができましたが、結局生きている個体を見る事ができませんでした。
昨日はリベンジを兼ねて近所の山へ行って来ました。
探しているクワガタ虫の名前は、【ドロマルバネクワガタ 中文名/泥圓翅鍬形蟲】です。



昨年は、長期で私の宿に滞在してくれていた盟友のN氏に付き合っていただいて何度もこのクワガタ探しをしました。
今年はコロナ禍の関係もあってか、虫関連の客人も台湾に来れないので1人で出動です。



けっこうな山奥へ入ったので、山歩き中に誰とも遇う事がありませんでした。
途中崖から岩が落ちて来たり、動物の気配がしたりしたので、今回はちょっと怖い思いもしました。
でも、人間がいない分、自然の雰囲気に触れられて気持ちが良かったです。






『ドロマルバネクワガタ』数匹発見!   でも又しても、’死骸’だらけ.........。




今回も生きたマルバネクワガタに遭遇できませんでした。
来週にも再チャレンジに出動する予定です。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする