コンサルタントのためのコンサルタントが、長年の経験に基づき、毎日複数のブログを提供

戦後復興期に当時の通産省や産業界の勧奨を受け、日本公認会計士協会と母体を同じくする、日本で最初の経営コンサルタント団体

■■【経営コンサルタントの独り言】日本産業はまだまだ健在である 2/5

2012-03-06 11:53:00 | 社会・経済

■■【経営コンサルタントの独り言】日本産業はまだまだ健在である 2/5<o:p></o:p>

<o:p></o:p>

 

 5回連載の「1 日本はダメな国になってしまったのか?」を昨日お送りしたところ、温かいコメントをいただきました。<o:p></o:p>

<o:p></o:p>

 

■2 高度成長期の日本の曙<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

 では、日本は本当にダメな国になってしまったのでしょうか。<o:p></o:p>

 経済ジャーナリストの財部誠一氏は、テレビに固執したメーカーであるソニーやシャープと、重電に再び重点を置き始めた日立、東芝とでは事情が異なると言い切っています。<o:p></o:p>

 この見解には私も賛成です。しかし、では前者のグループは今後もダメなのでしょうか?<o:p></o:p>

 1970年代、日本製品は安かろう、悪かろうと言われながらも実力を付けてきました。日本人の技術者、そこから生まれた製品を海外展開してきた商社マン、その周辺の人達、黄色人種とさげすまされながらも、血の滲み出るような努力をしてきました。<o:p></o:p>

 繊維製品がアメリカ市場に流れ込むと貿易摩擦が起きてきました。1980年代には、日本のテレビがアメリカに洪水のごとく流れ込むと、アメリカのエレクトロニクスメーカーは、テレビの生産を止めざるを得なくなってしまいました。<o:p></o:p>

 その変化の前半、私はその最中にいて、それを目の当たりに見てきました。<o:p></o:p>

 当時の日本は、最新の生産設備を誇って製品を作り、やがて産業ロボットを使い始め、品質の高い製品が、安い価格で生産できるのに対して、アメリカでは目先の株価/収益を株主から求められ、設備投資を控えていたので当然のことです。<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

■■ 経営コンサルタントの独り言 クリック<o:p></o:p>

 経営コンサルタントの視点から、経営や人生のヒントになりそうなことやブログの中から選りすぐった文章を掲載しています。<o:p></o:p>

それを実現するには、簡単に、短期間に出版できる方法があります。<o:p></o:p>

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ■■スーパーチューズデー【経... | トップ | ■■秋吉台の山焼き 【今日は... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社会・経済」カテゴリの最新記事