goo

「ラ フェニーチェ」


飛騨高山でのランチは、みかんさんご夫妻が予約してくださっていた北イタリア料理の「リストランテ ラ フェニーチェ」、贅沢に4人だけの貸し切りです。
真っ白のクロス、真っ白のナプキン、真っ白のスイートピー1輪、おしゃれなテーブルセッティングでした。

 

じゃがいものニョッキ、シンプルだけど、クリーミーでいてあっさり、口のなかでとろけそうな今までいただいたなかで一番おいしい最高のニョッキでした。

 
スパゲッティ カルボナーラ、これもおいしい、バターをたっぷり使うという北イタリア料理ですが、あっさりとしていて、かなりの量がすとんとお腹に入ります。

 

骨付き仔牛のロースト トマトソースかけ、シェフ自らの手で骨付き仔牛をていねいに処理したものに、絶妙のトマトソースがたっぷりかかっていました。
すこし辛めのスパイスが効いた残りのソースはパンにつけたりそのままいただきました。

 

デザートはジェラート2種とパンナコッタ、エスプレッソ、パンナコッタは100%生クリームだけで作ってあるそうです。
アーモンドとカラメルのジェラートはエスプレッソと相性がよく、エスプレッソの中に入れても、ジェラートにエスプレッソをかけてもおいしいと教えていただいて、はじめて、試してみました。

 

シェフであり店主でもある西野さん作成のブックレット、これが3冊目だそうですが、みかんさんご夫妻が、車のシートポケットにほかの観光資料といっしょに準備してくださっていました。

 

18ページにわたって、彼のこだわりが書かれていて、読み応えがあります。
神戸北野「ベルゲン」で修行、その店のファンであったダイエーCEO中内功氏が91年に自費で造った赤坂タベルナ・デル・コッレオーニの料理長、総料理長を務め、20005年7月「ラ フェニーチェ」をオープンされたそうです。
ランチもディナーも予約で、ディナーは1日1組だけというポリシーです。
みかんさんご夫妻の行きつけのお店ですが、お料理を味わい、このブックレットを読むと、またすぐにでも訪れたいと思ってしまいます。

 

2009年3月に丸30年を迎えて作られたという30周年のポストカードのコピーがブックレットの裏表紙になっていました。
ひだっちブログ「ラ フェニーチェのチューボーから」
コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )

リトルベアカフェ&ショップ


テディベアエコビレッジに隣接したリトルベアカフェは、

 

築200年の農家を再利用した居心地のいいカフェです。

 

入口で迎えてくれるパティシエさん。

 

メイが注文した紅茶とチョコレートケーキ、小さなくまさんのクッキーつきです。

 

みかんさんご夫妻の息のあった撮影風景、いいなぁ。

 

で、ジェミーくんのこの笑顔 

 

そふとんくんとジェミーくんのフォトブックを見せていただきました。
スケッチブックのような表紙で、紐を解いてひらくとふたりの四季のお写真がいっぱい。
一眼で撮っていらっしゃるので、写真が美しく、旅先での風景に馴染んだ生き生きとした姿が見応えがありました。
みかんさんが写真を選んで編集されたとか、本作りはまず写真選びからはじまるので、センスのよさとその過程を含めて楽しまれたごようすが伝わってきました。
大事なフォトブックを見せていただいて、うれしかったです。

 

みかんさんとDonnさんにお土産をいただきました、ありがとうございました。
小さな茶色のくまちゃんはボディが常滑焼でできているそうです。

 

広島にやってきた小さなくまちゃんとパンダはもう大のなかよし、お鼻とお鼻をこっつんこして遊んでいます。

 

カフェに併設されているショップでお土産用に買った絵はがき3種類とピンバッジ2種類、フライ返しです。
何回かにわたってアップした「飛騨高山テディベアエコビレッジ」の紹介は今日で終わり、明日から、おいしかった北イタリア料理のランチ、飛騨高山への道中、朝市、古い町並みなどに続く予定です。
コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )

ミニチュアコーナー


 

 

 

 

「飛騨高山テディベアエコビレッジ」にはミニチュアコーナーもあります。
小さな窓からのぞくミニチュアの世界、それぞれの作家がそれぞれの世界を表現していました、その一部です。

 

         

         

  

 

展示してあるベアたちの背景や壁にはいろんなタイプの絵やイラストが飾られていて、こちらも楽しく見ることができました。
コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )

エコを考える


「愚か者の地球支配」

 

「今日は地球のお掃除タイム」

 

「ごみドラゴンに勇敢に立ち向かうベア戦士」

 

「パタゴニアフリースベア」

 

「ポーラーベア」(1909年)

 

フロリダのディズニーワールドのコンベベンションオークションベア「今日の収穫」

 

A 「Anniversary」

 

B 「Bon Bon」

 

E 「Enjoy」

 

R 「Restart」

「飛騨高山テディベアエコビレッジ」は、エコロジーをテーマにしているので、、1枚目から4枚目のような展示もあり、5枚目、6枚目のような世界で数少ないベアの展示もあり、7枚目から10枚目までのようなAからZまでの言葉をつかった展示もありと、いろんな工夫が凝らされています。
コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )

ポートレート


 

 

 

 

 

 

 

 

 

有名なくまも無名のくまも、アンティークベアたちは、かわいがられてきた歴史を感じさせるいいお顔をしています。
いま、私たちの身近にいるくまたちも、次の世代へと引き継がれていくとき、きっと、こういうお顔になっていくことでしょう。
コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

記念撮影


みんな来て~、窓からくまちゃんが手を振ってくれてるよ。

 

くまちゃん、こんにちは。
ぼくたち、そふとんとジェミーです、岐阜から来ました。
ぼく、パンダです、松山から来ました。
わたし、メイです、広島から来ました。
ようこそ、飛騨高山テディベアエコビレッジへ、お越しくださいました、ゆっくりしていってくださいね。

 

大きなくまさん、エコってなにかなと考えてる?
ぼくたちもいっしょに考えるよ。

 

おもちゃ箱のなかで、子どもたちに抱っこされるのを待っているんだね。

 

わたしもおもちゃになりたいの。

 

ふかふかのくまちゃんにもたれてたら、このままお昼寝したくなっちゃった。

 

エコビレッジのシンボルマーク、お空のお星さまに手が届くみたい♪

 

薪ストーブって、ほんとうにあったかい。

 

あらっ、そふとんくんとジェミーくん、黒くまさんに抱っこしてもらって、うれしそう。

 

くまさん家族といっしょに記念撮影させてもらったの。
左から、Donnさん家のパンダくん、ドロップちゃん、パディントンくん、ジャッキーちゃん、みかんさん家のそふとんくん、ジェミーくん、わたしメイです。

飛騨高山テディベアエコビレッジの館内では写真撮影がOKなので、いろんな場所で、たくさんのくまちゃんたちと記念撮影ができました。
たくさんのくまちゃんたち、ありがとう。
コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )

たくさんのくまちゃん


 

 

 

 

 

 

 

 

館内の展示は「森のピクニック」や「ベアのパン屋さん」のようなシーン展示と、年代順に並べられたアンティークコレクションなどがあり、それぞれのくまちゃんたちが語りかけてくれるようでした。

 

 

中庭にはチャペルが建っています。
みかんさんは、スタバっくんとこいもちゃんの結婚式をここでできればと思っていてくださったそうです。
チャペルまでの沿道に参加したくまたちが並んで祝福、実現させたかったです。

 

 

薪ストーブが燃えるあたたかいお部屋では、くまさんたちがリラックスしていました。
コメント ( 13 ) | Trackback ( 0 )

エコビレッジ


2月18日にみかんさんご夫妻、Donnさんといっしょに訪れた「飛騨高山テディベアエコビレッジ」は雪のなかでした。

 

館内に入ってすぐ、お迎えのくまさんに抱っこしてもらう御一行様です。

         

「ようこそ」とエコビレッジの村長さん一家がご挨拶をしてくれました。

 

はじめて、ここを訪れたメイは、もううれしくてたまりません。

 

わ~い、パン屋さん、わたしもお手伝いしたいなぁ。

 

こんにちは、いっしょにお話してもいいかしら。

 

わたしのお部屋もこんなにしてみたい。

 

1903年にオーストリアのハプスブルグ王家の特別依頼で、シュタイフ社で作られ、代々にわたって愛されてきたとても貴重なベア、フランツです。

 

キルトくんは、環境大使として生まれた4mのビッグベアで、1,000名にも及ぶ人々のあたたかい手によるキルト作品の集合体です。
リサイクルで生まれたキルトくんは、「エコテディベア」として「2005愛・地球博」などの展示で大活躍しました。

 

下の段に並んでいるのは、エコビレッジのオリジナルベアです。

 

飛騨高山テディベアエコビレッジは、世界で初めてエコロジーをテーマにしたテディベアミュージアムです。
リサイクルされた築200年の合掌造りのなかで、1,000体ものベアたちが迎えてくれます。
リーフレットにあるミュージアムを楽しむ4つのポイント、
①エコロジーを学ぼう!
②見て、触って、抱きしめて!
③建物を探索してみよう!
④記念撮影をしよう!
にそって、しばらくシリーズでご紹介していきましょう。
今日はそのプロローグ、明日は館内の展示風景、明後日はそふとんくんたちとの記念スナップ、明々後日はお気に入りのくまさんたちのお顔のアップと続く予定です。
コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )

飛騨高山テディベアエコビレッジ


2月18日(火)、みかんさんご夫妻が、岐阜から飛騨高山へドライブに連れて行ってくださいました。
大日ヶ岳を望む風景を見て、宮川朝市、古い街並みを歩いて、シェフさんのこだわりがうれしいイタリアンレストランでのコースランチの後、「飛騨高山テディベアエコビレッジ」に着きました。
土・日に降った雪で、飛騨高山は雪景色、凍結した道路もあり、冬ならではの美しい飛騨路です。
館内のシンボルマークの前で記念撮影、

 

うれしそうなみんなのお顔を見てください。
左から、みかんさん家のそふとんくん、Donnさん家のパディントンくん、jun家のメイ、みかんさん家のジェミーくん、Donnさん家のドロップちゃん、パンダくん、ジャッキーちゃんです。
そふとんくん、ジェミーくんと会うのは、蓼科テディベア美術館以来の2度目です。
楽しかった飛騨高山のレポートを明日からはじめます。
一番に「飛騨高山テディベアエコビレッジ」から、はじめましょう。
コメント ( 11 ) | Trackback ( 0 )

名古屋にお出かけ


寒い日が続いていますが、庭の春咲きクリスマスローズがひらきはじめたので、2輪摘んで花瓶に活けました。

 

今日から2泊3日で名古屋に出かけますので、明日と明後日のブログをお休みします。
姪が名古屋に転勤になったので、会いがてら、18日にはみかんさんご夫妻、Donnさんとオフ会をして、19日には50年来の岐阜の友だちと会って帰ってきます。
では、行ってきま~す。



 

昨日の夕方、孫が夫にバレンタインのチョコを持って来てくれました。

 

マカダミアナッツの入ったくまちゃんのチョコです。

 

 

 

 

 

2月14日はじまりの来年の1月までの手作りのカレンダーもプレゼントしてくれました。
9.5㎝×12.5㎝の紙にマジックで書いていますが、子どもの絵は上手下手は別として、いいなと思います。
4月、5月、6月の字の部分はママに手伝ってもらったそうです。
7月以降はまた、紹介する機会があるかもしれません。
9月のカレンダーには大きく自分の誕生日をアピールしていて、笑ってしまいました。

 

夕飯はちらし寿司、大根サラダ、野菜の煮物、おもたせの変形ハート形の容器に入ったケーキがデザートでした。
夫は嫁といっしょにビールが飲めるので、大喜びの2日遅れのバレンタインでした。
コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ