goo

「赤い靴」


旅の終わりの3日目、アンティーク&オルゴールshop「赤い靴」に寄るために、横浜から新幹線で名古屋に向かいました。
何年か前に、レストランを併設していた「赤い靴」に伺ったことがありますが、最近、ショップを新しくされて、Facebookでも交流があり、また訪れてみたいと思っていました。

 

着くとすぐ、オルゴールをかけてくださり、そのやさしい音色に包まれながら、お店を見せていただきました。

 

junが見ているのは、ジンバブエの楽器ンビラです、指ではじいて演奏します。
演奏はむつかしそうですが、オルゴールに似たとてもなつかしい響きがする楽器、お店で教室も開いているとのことでした。

 

店主の大川さんがエルとメイを展示テーブルに立たせてくださいました。

 

熊王子さん&ユミさん家のたーたちゃんにそっくりのくまちゃんがいました。

 

見つけたアンティークのピンバッジ、小さいけれど、美しい細工です。

 

イギリスのアンテークのお皿、金彩が施されていて、家で使っている食器は地味なものが多いので、クリスマス前だし、たまには華やかなものもいいかなと選びました。

 

イギリスの名陶エインズレイのものでした。

 

当時のものはハンドペイントなので、1枚1枚の模様が微妙に違っていて、味わいがあり、日本の影響を受けていたのか、どこか和の要素も感じられます。

 

我が家のエインズレイのバター皿とバターナイフ、20年くらい前に求めたものですが、こちらは現代のものです。



大晦日を迎えました。
今年もいろいろとお世話になり、ありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。
どうぞ、よいお年をお迎えください。
コメント ( 12 ) | Trackback ( 0 )

クリスマストイズ


「ブリキのおもちゃ博物館」の車庫を曲がると、すぐお隣りに、

 

「クリスマストイズ」があります。

 

クリスマスがだいすきな北原さんとスタッフの方が、1年中その楽しさをと1年中クリスマスグッズを扱っているショップです。

 

訪れた日はクリスマス前で大勢の人で賑わっていて、店内の写真はこの1枚だけです。

 

ここから「世界のクリスマス2012」の続きを見にイギリス館に行く予定でしたが、この日、2度のティータイムをしたもののランチがまだだったので、北原さんも立ち寄られるというレストランで、遅いランチタイムとなりました。
junはとろとろ卵のオムライス、

 

だいちゃんはエビフライつきのオムライスをいただきました。

 

途中、教会にも寄り、敬虔な気持ちになりました。

 

クリスマストイズで見つけたスプーンやフォークを入れる袋、全体にていねいにステッチがしてあります。
昨年、東京教文館のクリスマス市で1点求めてお気に入りなので、息子たちに頼んでいたのですが、今年は扱っていないとのことで、がっかりしていました。
クリスマストイズで、Donnさんが見つけてくれて、うれしかったです。

 

世羅恵子さんのSERA DOLLの羊さん、愛らしい表情でしょう、一目惚れでした。

 

ブリキのおもちゃ博物館とクリスマストイズで求めたものです、手前に並んでいるのは、ブリキのおもちゃのピンバッジです。 
コメント ( 11 ) | Trackback ( 0 )

ブリキのおもちゃ博物館


先日の横浜山手西洋館「世界のクリスマス2012」巡りの山手234館からイギリス館に行く道中にだいすきなブリキのおもちゃ博物館があったので、立ち寄りました。
チケットは4人それぞれが違ったデザインのものでしたが、私がだいすきなロボットのをお願いしていただきました。

 

館内には北原さんがコレクションされたブリキのおもちゃがたくさん並んでいます。
前に訪れたときに全体のようすなどを紹介していますので、今回は写真のあるおもちゃをアップで紹介します。

         

カメラを構える男の子、フラッシュ付きの高級カメラですね、だいくうぽんちゃんのパパの撮影です。

 

だいくうぽんちゃんのパパが撮影したもう1枚、くまさんが手品を披露してくれている場面でしょうか。

 

だいすきなサーカスのぞうさん、

 

ニュースペーパー売りのくまさん、犬さん、ショップ呼び込みのサンタさん、くまさんの復刻版が家にあります。

 

お腹としっぽのゼンマイがぶるるんと揺れるんですよね、動かしてみた~い。

 

アトム、凛々しいお顔です。

 

現代のロボットより、なぜかこの時代のロボットに惹かれます。

 

北原さんがFacebookで毎日発信していらっしゃるおもちゃと今日の言葉のなかに出てきたロボットに出会いました。
11月29日のこのロボットに添えられていたお話は、
1950年代のメゴマンというオモチャです。今日の言葉は「自分がいいと思ったことを誰かに話す習慣をつけよう」
僕は「記憶力がいいですね」とよく人に言われます。それは自分が感動したこと、感激したこと、楽しいこと、面白いことをすぐに話します。人に話すことによって、相手が喜んでくれたり笑ってくれたりすると、とても嬉しいし、それをまた誰かに話す。やがて記憶の中に刻まれていくのです。みなさんもいい話や言葉をみんなに話しましょう。
(北原さんのFacebookより引用)

 

裏庭の古い木馬が健在でした、だいくうぽんちゃん、ちょっと緊張してるかな?

 

junは前にも経験しているので、ちょっと余裕でしょうか。

 

みんなで記念写真も撮りました。 
コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )

シェララちゃん


 

 

 

 

 

 

 

 

先日、泊った横浜のホテルのマスコットキャラクター、パンダのシェララちゃんです。
ロビーのツリーにたくさんぶら下げてあって、全部の数を当てるように投票箱が置いてありましたが、7mのツリーの真上まで、とても数えることはできませんでした。
ネットで見たときはシェララちゃんを売っていると書いてあったので、連れて帰るつもりで探しましたが、期間限定だったらしく、もうありませんでした。

 

 

オフ会のとき、だいくうぽんさんにいただいたお菓子、はまなしと温泉餅、お茶の時間においしくいただいています。
コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )

デコパージュ


 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日訪れた横浜山手西洋館「世界のクリスマス2012」の山手234番館の2階で展示されていた「デコパージュ・クリスマス」の展示風景です。
デコパージュは、フランス語で、切り抜く、切り裂くなどという意味、 紙に描かれた模様や絵の切り抜きを貼って表面を飾り、 コーティング剤を塗り重ねていく工芸です。
デコパージュ教室を主宰する先生と生徒さんの作品で、かわいらしいものやシックで重厚なものなどが揃っていました。
卵のオーナメントは来年のイースターのとき、参考にしてみたいです。
コメント ( 9 ) | Trackback ( 0 )

映画「フランケンウィニー」


ぼく、スパーキー、映画「フランケンウィニー」の主人公ビクターの飼い犬だよ。

 

ぼくがくーたんちにやって来て、しばらくしたら、ユニクロがコラボしてお洋服を売り出したんだ。

 

Tシャツの胸のところに、ぼくのイラスト、裾にはおとなりの犬ペルセポネのイラスト。

 

スウェットのパーカーはぼくの体の水玉のアップリケや縫い合わせた糸の縫い目がデザインされてる。

 

ユニクロとコラボした洋服を発売したのは、ディズニーキャラクターの世界観やかわいらしさをQ-Potのフィルターに通し、新たなディズニーの世界観を表現するトータルブランドだそうです。

 

昨日、バッグにスパーキーのぬいぐるみをつけて、このパーカーを着て、

 

katsuraさんと映画を見にいきました。

 

ハードカバーのパンフレットには、

 

ティム・バートン監督のインタビュー記事や、

 

ストップモーション・アニメーションについての記事などが綴られています。

 

記念にマスコット、イヤホンジャックにも使えるストラップを買いました。

この映画はほとんどがイギリスのアニメーションスタジオで作られました。
スパーキーをはじめ、たくさんの登場人物の動きを出すためにポーズをつけて1コマづつ撮影していくわけですが、この膨大なポーズをつけたアニメーターの一人が、あみさんのご主人ジョーディ・メレデスさんなんです。
エンドクレジットに彼の名前がありました。
イギリスでは10月17日に上映がはじまり、グッズの販売もあって、あみさんからの情報で、スパーキーのぬいぐるみをアマゾンに予約していました。
それが届いてすぐにユニクロとのコラボがあり、着られそうなTシャツとパーカーを注文していました。
いよいよ日本でも映画の上映がはじまり、出かけてきたというわけです。
私たちが見たのは3Dではなく2Dですが、なかなかよくできたストーリーで、じーんとする場面もあり、すばらしいアニメーション映画でした。
イギリスでのグッズ販売-2012.9.25あみさんのブログ
コメント ( 12 ) | Trackback ( 0 )

クリスマスプレゼント


12月1日から24日までアドベントの「小さな森の小さなクリスマス物語」を案内してくれたフィンランドの妖精トントゥたち、ありがとう。

 

くーたん、サンタさんになにお願いしたの?
うふふ、ぼくね、オズワルド、ディズニーさんが作ったアニメーション「しあわせウサギのオズワルド」に登場するキャラクターなんだよ。

 

もううれしくてたまらないくーたん、オズワルドといっしょにもらったミッキーの糊を頭に乗せたり、

 

お鼻に乗せたり、おおはしゃぎ。

 

メリークリスマス!
そこに、かわいい声がしてだいくうぽん&みっくサンタさんが登場。

 

ぼくたち、くーたんにプレゼントを届けに来たんだよ。

 

わ~い、ありがとう、小田急ロマンスカーだ、ゼンマイを巻くと走るよ~。
ねぇ、だいちゃんたち、乗ったことあるの? ぼくもいつか乗れるとうれしいなぁ。

 

わっ、だいくうぽんちゃんのシール、ちっちゃいみっくちゃんがかわいいね。

 

ご当地フォルムカードは母さんにあげる、コレクションファイルにしまってね。

 

裏には、金太郎郵便局の風景印が押してあるよ、金太郎郵便局って、金太郎さんが局長さんなのかなぁ?

 

あらっ、くーたん、うなりくんのお財布、どうしたの?
あのね、さっき、まーく2サンタさんが届けてくれたの。
くまモンが千葉に出張中だモンのボールペンもいっしょだよ、菜の花を持ってるくまモン、かわいいなぁ。

 

イブに、いちごのショートケーキを食べたばかりだのに、

 

今朝一番に起きてきたくーたん、もみの木パンと、クリスマス限定マカロンでますますご機嫌です。
だいくうぽんさん、まーく2さん、ありがとうございました。
みなさん、どうぞ、すてきなクリスマスをお過ごしください。

 

今朝、新聞をとるのにポストを覗くと、かわいいプレゼントが届いていました。
きさらぎさんお手製の携帯ストラップです。
それぞれの石には意味があり、淡水パール(お守り、邪気を払う)、水晶(全体運アップ)、オレンジカルサイト(対人運、金運アップ)と、ていねいに説明が書いてありました。
ほかの素材は、エミーグランデ綿100%、スワロフスキー、チェコビーズ、ガラスビーズです。
心がほかほかのクリスマスの朝のサプライズ、ありがとうございました。
7:25追記
コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )

クリスマスカード


 

クリスマスの朝、早起きするのは森の動物たちだけではありません。
エルとメイたちもいつもの朝よりずいぶん早く起きてきましたよ。
わ~い、サンタさん、ありがとう。
小さな森の小さなクリスマス物語はこれで終りです。



 

setsuさんからいただいたカードには、

 

シーにお出かけしてクリスマス限定のスタンプ押してくださっていました。

 

カノンさんからのカードは、

 

ひらくと、広い雪野原にかわいいダッフィー雪だるまが顔を出してくれます。

 

だいくうぽんさんからのカードは、

 

ひらくと、ウィッツィーやブーフたちがメリークリスマス!

 

ちろりんさんからのカードは、大西さんのパンダさんのケーキタイム、ワンちゃんの前にはちゃんと骨のお菓子。

 

テルルンさんからの3Dカード、うさちゃんのお帽子がよく似合って、かわいい歌声が聞こえてきそう。

 

和さんからのカードは、お手製、雪のなかで和正くんたちが元気いっぱい、クリスマスを祝っています。

 

katsuraさんからのカードは、室蘭から投函してくださったもの、子どもたちが大きな雪だるまを作りあげたようです。

 

りりむさんからのカードには、モノトーンのツリーがシンプルで美しいシルエットで描かれています。

 

はなももさんからのカードは、香りを含ませた椿の花と雪輪です。

 

Donnさんからのカードは、4面に細かいレーザーカットが施され、ひらくと立体的に組み立てられるようになっています。

 

イギリスのテディベアショップウィットニーからのカードは、シュタイフで復刻されたアルフォンゾがモデル、丸い形がかわいいです。

あみさんからのカードは、まだ、イギリスからの旅を続けているようですが、みなさんからたくさんのすてきなカードをいただきました。
ありがとうございました。
どうぞ、すてきなクリスマスイブをお過ごしください。 

 

先ほど、郵便屋さんがみぃさんからのブーフとボタンズのカードを届けてくれました。

 

ひらくと、かわいい飼い犬のゴンちゃんのシールが貼ってありました。
16:50追記
コメント ( 16 ) | Trackback ( 0 )

クリスマス準備


 

25日の朝、森の動物たちは早起きします。
ふくろうのぽぽちゃんの靴下には小さなぬいぐるみが、りすのももちゃんの靴下には大きなどんぐりが入っていて、大喜びです。
(明日に続く)



 

シュトレン、大きいのはアンデルセン、小さいのは天然酵母のパン屋さんカドナのもの。

 

クリームの入ったコロネ風、クリスマス限定の菓子パン「もみの木」、

 

直径23センチのデミカンパーニュ、リーフレットにここらでおっきなパンも準備しておこうとあったので準備しました、しあわせ~。

 

アンデルセンプライベートダイニングの招待でいただいたオードブル、飲み物はアルコールもOKのオーダーでした。

 

作りためていたクロスステッチのオーナメント、縦11.5センチ、横10センチの手提げで、中に小さなプレゼントが入るようになっています。

         

ツリーが90センチと小さいため、全部ぶら下げると袋のタワーのようになって、ムードがないので、少な目にしていますが、それでもバランスが悪くて釣り合っていません。
大きなツリーを買おうかどうか迷ったすえ、狭い家に置くところもないので、今年はあきらめましたが、やはり150センチくらいのツリーにゆったりとかけてみたいです。

 

オルゴールの小さな博物館で求めたベル、鋳物なので澄んだ美しい音色です。

 

そりを曳くとなかいさん、

 

アンティーク風に加工されたハウスとスノーマン、

 

堀井和子さんデザインのとなかいさんのプレート(パン皿サイズ)などが、今年のクリスマステーブルを彩ってくれそうです。 
コメント ( 11 ) | Trackback ( 0 )

お話の時間


 

おいしいお茶とチョコレートだったよ、ありがとう。
さあ、5人の子どもたちにプレゼントを届けたぞ。
エルもメイもよく寝ているね、明日の朝の笑顔が楽しみだ。
(明日に続く)



 

横浜山手西洋館「世界のクリスマス2012」を見終わって、どこかでもっとお話したいなと、ホテルに移動することになりました。
ロビーで7メートルのクリスマスツリーが迎えてくれました。

 

真ん中のスペースには折り鶴がたくさん入っています、被災地のみなさんへの連帯の気持ちが込められていると書いてありました。

 

チェックインしたお部屋でお話の時間がはじまりました。
この日、エルとメイがサンタさんになっていたのには訳がありました、だいちゃんたちにサンタさんになってプレゼントを渡したかったのです。

 

だいちゃん、くうちゃん、ぽんちゃん、みっくちゃん、ぼくたちからのプレゼントです。
わ~い、ありがとうございます。
だいちゃんたち、プレゼントにダイブしてくれましたよ、うれしいなぁ。

 

Donnさんからもプレゼントをもらって、だいちゃんたち、ご機嫌です。

 

こんばんは、元気な声がして、うみちゃん登場。
うみちゃんはハーマン社の長靴を履いた猫、私の大のお気に入りをだいくうぽんさんが連れて来てくださっていました。

 

パンダくん以外のスーツケースに入っていたDonnさん家のくまちゃんたちも出てきて、みんなで記念撮影。

 

だいくうぽんさんからたくさんのプレゼントをいただきました。
めずらしいお菓子はほんとうにおいしいものばかり、真っ白のくまちゃんはゆきちゃんというお名前になりました。
ホテルに着いたのは午後6時半頃、午後10時まで、楽しいお話の時間を過ごしました。
だいくうぽんさんご夫妻とごいっしょした横浜の思い出は今もきらきらと輝いています、ありがとうございました。

 

翌日、元気に起きて、朝食をしっかりいただいて、

 

旅の最終目的地名古屋に向かいます。

だいくうぽんちゃんがお顔を輝かせて紹介してくれています。
「だいくうぽん物語」

明日から25日までは我が家のクリスマス記事になり、旅の続きは26日からあとすこしアップの予定です。 
コメント ( 9 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ