goo

ファベルジェ


ロシア皇室御用達の宝石工房ファベルジェはクレムリンのロイヤル・イースター・エッグで有名です。
その小さなエッグボックス(高さ4cm)、ハンドメイドのエナメルで指輪入れになっています。

 

シュカトールカ、塗りの小箱は絵が細密で繊細、直径3.3cmの蓋に見事な筆致で描かれています。

 

オーソドックスなデミタスカップですが、くま用にぴったり。
後に写っている箱と同じ模様のカップやポットが多かったのですが、カシス用なので、ちょっとかわいいこちらのにしました、ハンドデコレーテッドです。
ちょっと、ぜいたくですね。

 

エナメルの小物入れ、身長9cmですがとても重いので迷いましたが、小鳥とりすをお供にしたロシア正教の聖人のおひとりかなと....。

 

ロシアといえば、食いしん坊の私が一番に想像するのはキャビア、ところが、途中のスーパーでは見かけたのですが、サンクトペテルブルグの空港で買おうと思ってはりきっていたら、なんと、サーモンキャビアしかないんです。
それで、キャビア専用の小皿になりました。

 

ベレスタの小箱、ベレスタは白樺の樹皮のことで、殺菌作用があるため、昔からコップや収納箱が作られてきて、この箱にパンをしまっておくと固くならないそうです。

 

グジェリ、白地に群青色で模様を付けた陶器のことで、ティーカップやスプーンなどのほか、小さな人形やサモワールの置物、チェスなどもあり、かわいい動物たちの種類も豊富です。

 

木製のねずみたち、いろんなところでねずみを見かけたので、聞いてみると、ロシアでも干支があるとのことで、中国から伝わったのだと思われます。

 

ロシア民話の1シーンがアップリケされたティーコゼ、ウェジウッドのティーポットが大きいので市販のがきっちりだったり入らなかったりなんですが、これは、さすが、いつもサモワールでお湯がわいていて、お茶を楽しむロシアならでは、たっぷりとしたできあがりで、お気に入りとなりました。

 

クッションカバー、手刺繍が暖かさを伝えてくれるようです。

このほかに、以前紹介した木のしかけ動物たち、クリスマスオーナメント、小さなテディベア、小さなスリッパ、トランプ、帽子、ウォッカ入れ、紅茶、チョコレート、サーモンキャビアなど....ちょっと、買いすぎ!?
コメント ( 11 ) | Trackback ( 1 )

マトリョーシカ


円錐形のちょっと変ったサンタさん、毛皮部分のぷつぷつの細工もめずらしい作品です。

 

サンタさんの中から出てくるものは、いくつかのパターンがあるようですが、それぞれが違っています。
訪れたのが10月下旬だったので、クリスマスを控え、サンタさんが目につきました。

 

は~い、ぼくたち、雪だるまトリオ!

 

おれたち、おとぼけペンギン5人組!

 

おれっち、悪がき、コケコッコ~!
あにきに負けない、ピヨピヨピヨ!

 

全員集合、チェブラーシカもいます。
ペンギンとヒヨコの一番小さいのは、豆まきに使う大豆の半分くらいの大きさです。

 

ボリショイサーカスの人気者のくまさん!?
思いっきりの開脚ポーズでみんなを魅了しています。

 

ロシアの絵本は絵のページだけではなく、字のページのレイアウトも魅力的です。
帰って数えてみると、15冊買っていました。

 

こんなノートが鞄から出てきたら....。
明日は、いろいろな小物をアップの予定です。
コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )

帰国


 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンクトペテルブルグから空路ウズベキスタン航空でタシケント乗り継ぎ成田へ、成田から関空へ、関空からはるかと新幹線を乗り継ぎ、広島まで帰ってきました。
最後の写真は、広島駅新幹線口の圓鍔勝三さんの「朝」です。
明日、明後日とロシアのお土産の一部をアップして終りますが、8日間の短い旅がブログでは3か月の長さになってしまいました。
おつきあい、ありがとうございました。
コメント ( 9 ) | Trackback ( 0 )

デパート


 

空港に近いホテルなので、出発まで少し時間があり、周りを散歩しました。

 

街路樹が葉を落とす初冬の風景でした。

 

バス停ではかわいい女の子がお母さんといっしょにバスを待っていました。

 

道路の向こう側に見えるのは、1階だけがず~と長く延びているデパートです。

 

真ん中にかかっているきれいなプリントのダウンのコートがいいなと思って入りましたが、お値段を見ると、10万円をはるかに超えていたのであきらめて、

 

カシスといっしょに、おもちゃ売り場を見て、

 

午前11時の集合時間にホテルのロビーに帰りました。
これから、サンクトペテルブルグの空港に向かいます。
コメント ( 13 ) | Trackback ( 0 )

フォークロアショー


ホテルに帰って、フォークロアショー、彼のコサックダンスは見事でした。

 

大きな楽器はバラライカかと思いましたが、リュートとのことです。

 

彼女は透き通るような声で歌ってくれました。

 

あっ、フォークロアディナーショーですから、食事をいただきながらの鑑賞です。
私たちのツアー16人のためにだけですから、ゆったりしています。
すばらしい場面がたくさんあったのに、食べて、見ていたら、ほとんど写真を撮っていませんでした。

 

しあわせな気持ちで寝て起きると、今日は、いよいよロシアを発つ日です。
ホテルの朝食は、あいかわらず、お野菜たっぷり、

 

ぷりぷりのパプリカも人参もあまくておいしい、

 

ニシンの酢漬けのお味も最高でした。

 

お野菜だけで、お腹がいっぱいになります。
昨日格別のお味だった小さな洋梨もしっかりいただきました。
 
 

おいしかったレストランのかわいいプレート。

 

かわいいといえば、エレベーターのボタン、この下に各階の数字が並んでいます。

コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )

パールバッグ


じゃ~ん、かわいいパールバッグのプレゼントが届きました。

 

わ~、お出かけのバッグ、うれしいな!

 

ねえ、すてきなバッグ、見て、見て!

 

カシスちゃん、ぼくにも持たせて!
セオドアにも似合うよ、ちょっとだけ、貸してあげる。

 

私にはどうかしら?
白いお洋服にぴったり、ちょっとだけ、貸してあげる。

 

これは、スノーパンダさんの新春プレゼント企画で、第1希望が当たったものです。
4cm×2.5cm×2.5cmの大きさ、持ち手に金色のチェーンがついていて、携帯ストラップにしたりできますが、撮影のためはずしています。
ちょっと、ショップ風に、ミニキャビネットに飾ってみました。

 

スノーパンダさんは、すてきなイラストで、ブログ「二子玉川deぼちぼち絵日記」を綴っていて、ビーズは趣味とのことですが、プロ級の腕前、このほかに、黒のバッグ、犬や猫のかわいい作品などもプレゼント企画でした。

 

ブログでのまだ短いお付き合いですが、気持ちよくプレゼントをしてくださったスノーパンダさん、ありがとうございました。
くしくも、今日はお誕生日とか、おめでとうございます。
「二子玉川deぼちぼち絵日記」
コメント ( 11 ) | Trackback ( 0 )

宮殿広場

 


 

 

 

 

 

 

エルミタージュ美術館は、元宮殿でしたので、その前の広場は宮殿広場と呼ばれています。
向かい側の半円形の黄色い建物は、旧参謀本部、中央には凱旋門も見えています。
真ん中のアレクサンドルの円柱は、1812年の対ナポレオン戦争(祖国戦争)の勝利を記念して建てられました。
高さ47.5m、重さ600トン、1枚岩の花崗岩でできていて、柱の重さだけで立っていています。
頂の天使はヨーロッパにもたらされた平和を象徴しているとのことでした。

この広場は、ロシアの歴史を見つめてきました。
「血の日曜日事件」が起った場所であり、スターリンの追悼集会がひらかれた場所でもあります。
現在では、記念集会とか、コンサートなどがひらかれているそうです。

楽しそうにスケボーをしている若者、こういう風景は今ならではの風景でしょうか。
彼はこのあとスッテンコロリンと転んで、でも、笑顔でした。

コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )

エルミタージュ美術館10-10


 

 

 

 

 

1枚目 「コリウールの眺め」1905年
2枚目 「家族の肖像」1911年
3枚目 「テラスにいる女」1907年
4枚目 「音楽」1910年
6枚目 「会話」1909年
すべて、マチスの部屋のマチスの作品です。
マチスの絵画だけで、38点所蔵しているとのことでした。
コメント ( 9 ) | Trackback ( 1 )

エルミタージュ美術館10-9


 

 

 

 

 

 

 

3枚目 カナレット「ヴェネツィアにおけるフランンス大使迎賓」
5枚目 ティツィアーノ「懺悔するマグダラのマリア」1560年代
6枚目 レンブラント「ダナエ」1636-1640年頃 
コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )

エルミタージュ美術館10-8


 

 

 

 

 

 

 

1枚目 レンブラント「放蕩息子の帰還」1660年代末
3枚目 カラヴァッジョ「リュートを弾く若者」1590年頃
7枚目 レンブラント「フローラ」1634年
コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ