中小企業のための「社員が辞めない」会社作り

社員99人以下の会社の人材育成に役立つ情報を発信しています。

第841話 チームビルディング研修は楽しいけれど

2019年09月15日 | 研修

「99人以下の中小企業の社員が辞めずにイキイキ働くようになる」を実現する人材育成社です。 

研修の参加者が輪になってフラフープのようなリングを指で支えています。誰の指もフラフープから離さず、制限時間以内に床に置くことができたら終了です。これは「ヘリウムリング」と呼ばれるチームビルディング(チーム作り)研修の1コマです。

とても簡単そうに見えますが、実は結構難しいのです。

全員が同じ速度でゆっくりと下していけば済むのですが、途中で誰かの指が離れたら元の高さまで戻らなければなりません。メンバー全員の息がぴったり合わないと成功できないのです。

ヘリウムリング研修の目的は、チームワークの大切さに気付いてもらうことです。この研修を通じて仕事でもチームワークを発揮してもらうようになれば成功です。

そう、「・・・なれば成功」ですが、なりません。

こうしたチームビルディング研修は、堅苦しさを無くすための遊びとしての効果はありますが、研修としてはほとんど無意味です。つまり役に立たない研修です。

理由は簡単です。「私たちが普段取り組んでいる実際の仕事」の要素が無いからです。

まあ、講師が意図して「研修は楽しかった」という印象を残すためにやるものだと思ってください。

当社もゲームの要素を取り入れている研修やロールプレイングを行いますが、あくまでも仕事上の知識やスキルの獲得が目的です。

たとえば、ゲームの要素を取り入れた「質問の技法」や「原価計算の理解」といった研修を行いますが、それは「私たちが普段取り組んでいる実際の仕事」のなかで具体的にそれを使うことができるようにするためです。

リングを皆で協力して床に置いたその時は、達成感や高揚感はあるかもしれませんが、「私たちが普段取り組んでいる実際の仕事」でそのことを思い出してチームワークが生まれることはありません。

いや、思い出すこともないでしょう。

チームビルディング研修をお考えの皆さんへ。「それは研修ではなくレクリエーションです」と申し上げておきます。

お問い合わせ【株式会社人材育成社】 

人材育成のホームページ

 

 

 

 

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 第840話 目標の立て方を習っ... | トップ | 第842話 自己啓発をしている... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

研修」カテゴリの最新記事