IDEHA Blog

テレマーク&マウンテンガイドIDEHA

鍋倉不動尊例祭

2015年09月27日 17時32分14秒 | 登山


毎年9月最後の週の日曜日に行われる鍋倉不動尊の例祭に行ってきました。

今年で4回目の参加で、毎回いろんな発見がある素晴らしいエリアです。

最近の豪雨で出発地点の蔵王ダムには、流木が溜まっていました。



登山道は良く整備されていて、事前に地元の漆山さんが刈り払いをして頂いたおかげでとても歩きやすい。



不動尊付近はブナとミズナラの美しい森。



山奥に突然現れる見事な山門。

この山門で神事が行われた。



神事の後、山門から沢に10分くらい下りると見事な滝がある。

この滝の傍に不動尊様が祀られている。



祝詞をあげて頂いた宝崎さん。

ありがとうございました。



でん六の方と地元の方と、交流を深めながらのなおらい。



この東沢地区は蔵王の熊野岳までの広大なエリア。

ここで出来る活動は計り知れない可能性を秘めている。

少しづつ開拓して楽しみを広げて行きたいですね。


コメント

2015-16アークテリクス

2015年09月23日 19時16分11秒 | 山関連ウエア


2015-16アークテリクスのIDEHA着用ウエアが届きました。

厳冬期着用の「LITHIC COMP JACKET」



同じく「LITHIC COMP PANT」



春先に着用する「ALPHA COMP HOODY」



それに合せた、ストレッチ素材の「PROCLINE FL PANTS」



薄くもなく厚くもなく保温性があるので、いつも厳冬期から春先まで着用している「PHASE AR ZIP NECK LS」



今回はとても綺麗なBlue。「KHAMSKI38」



とても可愛い柄と色。「FERNIE TOQUE」



インナーグローブとして着用する「VENTA GLOVE」

全ラインナップ質の高い創りでバックカントリーでの信用も高い。

自分の命をあずけるウエアに拘ってみても良いと思います。

コメント

南雁戸山(ブドウ沢コース)

2015年09月21日 17時19分52秒 | 登山


南雁戸山(ブドウ沢コース)の登山地図調査。

案内板にクマの爪痕がくっきりと残っています。



コースの前半は渡渉箇所が2か所。

増水時には十分注意が必要です。

登山口までの林道も、豪雨になれば崩れてもおかしくない箇所が多々あり、こちらも十分注意です。



2か所目の渡渉を過ぎると見事なブナの原生林が目に飛び込んでくる。



その中でも、存在感がずば抜けているマザーツリー。

樹齢は200年を超えているだろう。

登山道のすぐそばで見守られているような優しさを感じました。





このエリアとにかく倒木が多く、その倒木のほとんどに茸が生えておりました。



急登の合間に見える南雁戸山。



急登の後にも、このブナ林が疲れを癒してくれます。



尾根に上がり、約30分で八方平避難小屋。

とてもきれいで、快適に一晩過ごせそうです。

但し近くに水場が無いので、水は下から持っていきましょう。



南雁戸から雁戸山を眺める。

一気に紅葉が進んできたようです。



避難小屋でお会いして山頂でも再会した千葉県からお越しのF井さん。

冬もぜひお会いしましょう。



熊野岳から縦走してきた蔵王インストラクター協会の直さんと避難小屋で遭遇。

京都からお越しの方を案内しておりました。



このコース道は少し荒れているところもありますが、ブナの原生林をのんびり楽しめてとても気に入りました。

避難小屋を利用して縦走もいいですね。



コメント

ネパール大地震復興支援チャリティーバザー

2015年09月20日 12時46分20秒 | IDEHA村


アライテントの大橋さんが、10月3日開催のネパール復興支援バザー出店商品を山形まで持ってきて頂きました。

沢山のアライテント&ツェルト商品と、大橋さんの個人的なテレマーク商品などなど。



ツェルト&タープ&ザックの新品。



スカルパT4(25.5㎝)



スカルパT4(25.0㎝)



ステップソール板(ビンディング+シール付)



アトミックパウダー用板



テレマークビンディング(スパイク)


アライテントの大橋さん、福永さん本当にありがとうございます。

この思いはしっかりとネパールの子供たちに届けて行きます。

コメント

第7回ボスザルカップファイナル

2015年09月13日 16時49分35秒 | インラインスケート


第7回ボスザルカップファイナルが沼尻高原で開催されました。

前夜祭から参加する予定でしたが、前日マダニに噛まれプチ手術を行い「お酒禁止」「2~3日安静」の通達。

宿泊・キャンセルを塾長に申し入れたが、娘の強い意欲と、ファイナルの一文字に朝7:00に家を出発。

到着とほぼ同時に大会がスタート。

スケーティングRANが最初に行われ、ローラー&インライン(小学生の部)乱れてのコーナー争い。



6年生のトップ争いは、抜きつ抜かれつのデッドヒートでした。



ローラー&インラインのトップ争いは、全てこの二人の争いに。

全くの別格です。



ランの次はGS。

結局私もここから出場。



意欲満々。



キリンカップ以来のK山君とご子息のK君。



もちろんストライダーで参加。

しかも小学校の部で優勝。

家の息子がこのボスザルカップに初めて参加した頃を思い出しました。

この大会は和気あいあいとして、こうした小さい子供たちを育ててきてくれた大会でもありました。

今回で最後になるのはとても残念です。



表彰式までの間に、車と車の間にストラップを通してHちゃんにeno体験をして頂きました。



参加者の皆さんお疲れ様でした!!

そしてありがとうございました。

夏場のトレーニングとしてインラインスケートはとても良い練習になりますよね。

最近は随分とご無沙汰でしたが、冬場の練習としてまた始めてみようと思います。

塾長7年間お疲れ様でした!!

今度は山形でインラインどうですか。

コメント (2)

ネパール大地震復興支援バザー&IDEHA村収穫祭

2015年09月07日 19時24分55秒 | IDEHA村


まだ記憶にも新しい2015年4月25日、ネパールでマグニチュード7.8の巨大地震が発生し
多くの方が犠牲になりました。
あれから4か月が経とうとしていますが、いまだネパールでは多くの方々が日々の生活も
ままならず、まだまだ我々の支援を必要としております。
私も20代後半に、2ケ月ほどネパールに滞在し山々を放浪しておりました。
その時に出会った温かな人々、風景をいまだに忘れることが出来ません。
その一人に「ラジャ ラトナ スタピット」さんと言う方と出会いました。
ラジャさんはネパールの情報を日本に発信する「ナマステ通信」という情報誌を発刊して
現在はNPO法人クロスカルチャーメディアの代表として大阪で活動しております。
そのラジャさんから1枚の絵ハガキが送られてきました。
8歳の女の子が描いた「ストゥーパ」の絵です。
この震災で、一番犠牲になっているのが弱い立場の子供たちや老人の方です。
この子たち、そしてネパールで助けを求めている方に支援をお願いしたいとラジャさんからの想いでした。
私に何が出来るだろうと考えました。
そこで思いついたのが、不要になったバックカントリー用品や登山用品を持ち寄って、バザーを行ったら
どうだろう?
その売上金を支援金として寄付をしたらどうだろうか。
ということで、この想いを実行してみようと思います。
同時に、昨年は中止になったIDEHA村収穫感謝祭も開催いたします。
一人でも多くの方が出店し、多くの方が参加して頂ければと思います。

ネパール復興支援バザー(出店者)

開催日   : 10月3日(土)
開催時間 : Am10:00~Pm15:00
開催場所 : IDEHA村(西蔵王地区)
出店料金 : 無料(昼食:芋煮、おにぎり、お惣菜等が付きます。)
募集〆切 : 10月2日(金)
申込み   : IDEHAホームページ申込みサイトから
※当日会場に来られなくて、物品を提供して頂ける方も歓迎いたします。


ネパール復興支援バザー(参加者)

開催日   : 10月3日(土)
開催時間 : Am10:00~Pm15:00
開催場所 : IDEHA村(西蔵王地区)
参加料金 : 無料(物品購入の際、出店者が掲示した金額での購入になります。)
申込み   : 申込は不要です。開催時間内にお越しください。(事前に連絡頂けると尚助かります。)


IDEHA村収穫感謝祭

開催日   : 10月3日(土)
開催時間 : Am11:00~Pm15:00
開催場所 : IDEHA村(西蔵王地区)
参加料金 : 大人1,000円 小学生500円 幼児無料
         芋煮、おにぎり、お惣菜、焼きいも、栗拾いなどなど
募集〆切 : 10月1日(木)
申込み   : IDEHAホームページ申込みサイトから
※ 同時にeno(ハンモック)の体験会も開催いたします。

コメント

第二回IDEHAツェルト講習会

2015年09月05日 20時45分11秒 | バックカントリーツアー


第2回ツェルト講習会が西蔵王で開催されました。



今回ご参加頂いたのはN坂さん親子。

まずはツェルトの基本的な使用方法から。

厳冬期の休憩や突然の通過雨などは、単純に被るだけで十分ツェルトの機能を果たしてくれます。



ツェルトの可能性は計り知れない。

怪我人を運ぶ梱包搬送や、ストックを使用した担架も。



ちょっとした距離なら、これで十分運べます。



ストックを使用したツェルトもこの通り。

短時間で安定したツェルトを作る事が重要です。



ここの場所なら快適に一晩過ごせます。



立ち木を利用したツェルト設営。

風の影響を受けにくい、安定したツェルト設営で、月山の厳冬期ににも適している。



講習の合間に、enoハンモックでリラックス。



基本講習を一通り行った後、実技応用編に。

場所選びからスタートして、実践形式で二人で知恵を出し合ってツェルトを設営する。



短時間で手際良く設営していく。

これが緊急時初めてツェルトを使用するのとでは雲泥の差が出る。



小学校6年生のT君も真剣そのもの。

ゲームをしているよりも良い表情では。



N坂さん講習会大変お疲れ様でした。

カラビナの向き以外は、短時間で安定したツェルト設営が出来ましたね。

サイクリングで休憩する時など、積極的にツェルト使用してみて下さい。

また「ツェルトに泊まろう」の際、ぜひ遊びに来てください。


コメント