IDEHA Blog

テレマーク&マウンテンガイドIDEHA

G3 アルピニストスキン

2012年10月30日 22時54分07秒 | 山関連道具


ブーツと一緒に届いたG3アルピニストスキン。

厳冬期の月山でこれ程安定して信頼できるシールは無い。

一番は使い方だろうが、シール面に雪がつきどうしようもない時にも、スキーのエッジで雪を落として復活するのが早いのも、このシールの特徴でもある。

テールクリップで脱着も早くなり、厳冬期の月山では大変重宝する。

山の道具で共通して言えることだが、「シンプル」なものが結局は一番信用できる。

G3アルピニストスキン選んで間違いありません。



コメント

ガルモント ケナイ

2012年10月29日 21時06分22秒 | テレマーク


今シーズンのブーツがキャラバン社から届きました。

私がチョイスしたのは、昨年同様のガルモント「ケナイ」

今シーズンのケナイは「黒」

インナーの創りの良さと、アルペンブーツ同様オーバーラップ構造で、足を包み込むようなフィット感と2バックルのシンプルさと軽さが魅力。



ブードゥーとは100g重量が軽いだけだが、なんといっても2バックル特有の自然な足首の動きに魅力がある。

蛇腹もとても柔らかいのが特徴で、BCツアーブーツとしては最強のブーツでしょう。

今シーズンもこのブーツと共に月山・鳥海・蔵王と山形の山を滑りまくりますよ。

コメント

キャットツアー申込みについて

2012年10月24日 21時56分04秒 | バックカントリーツアー
本日2月までの申込みフォームをアップ致しました。

パウダートリップキャットツアーですが、若旦那の方で調整を掛けている段階でまだ正式に決定しておりません。

大きく変わる事はありませんが、まだ暫定と言う事で、正式に決定するのは11月初旬頃だそうです。

決定次第申込みフォームをアップ致しますので、キャットツアーの申し込みはもう少々お待ち願います。

パウダーキャンプは今回ハイクでのツアーになりますので、こちらは申込みフォームからどうぞ。

コメント

間伐体験

2012年10月23日 22時39分29秒 | 子供成長日記


山形県地球温暖化防止活動推進センター主催の間伐体験活動が、私の生まれ育った村で開催されるとの事で、子供達と出掛けてきました。

ヘルメットと軍手を支給され、山形県でも珍しい檜林の間伐作業。



15名ほどの参加者が集い、まずは先生の説明。

檜についての説明、のこぎりの使い方など一通りレクチャーして頂く。

今回はテレビ局から取材も来ていて、活動の様子をカメラに収めていました。



木を切るという作業が、これほど奥深く、そして楽しい事とは思わなかった。

子供達ももう夢中で、のこぎりの使い方もなかなかのもの。

檜の切りくずは、夜お風呂に入れて檜の香りを楽しみました。



木を切った後は、年輪を数えて見る。

マジックで年輪にチェックを入れて、地主さんの植えた年数とピッタリで大正解!!



自ら志願してインタビューを受ける我が息子。

インタビューが終わり自慢げに戻る息子に大爆笑の娘と私。

こんな子供との休日の過ごし方も良いですよ。


この間伐体験は後2回あります。

11月4日(日)と11月10日(土)

参加料は無料で、作業後山形エコハウスで芋煮も振る舞われます。

詳細等は山形県地球温暖化防止活動推進センターまで。

TEL 023-679-3340



コメント

finetrackフラッフジャケット

2012年10月23日 21時24分33秒 | バックカントリーツアー


ファイントラック社さんから、今シーズン着用するインナー、ソックス、ビーニー等が届いた。

その中で、今回私が最も注目・期待しているのが「フラッフジャケット」

このジャケット、見た目はダウンに見えるが、実は中空ポリエステルを採用した「エアフラッフィー」という特殊な長繊維。

雨や雪、汗など濡れに強く、万が一濡れて保温力が低下しても、本来のレベルまでいち早く回復する事が可能と言う優れ物。

またワタ抜けや繰り返しの圧縮によるロフト減少がおこりにくく、保温性能を保持し保温力の低下は極めて少なく抑えられる。

厳冬期ツアーでの休憩の際の保温や、プラスαの一枚として大変期待している一品。



ファイントラックは日本の繊維技術をフルに生かした「誰も真似でもない、全く新しいモノを素材から創る」の理念のもとに製品を創り上げ、私たちの期待に応えています。

一度使用したらやめられなくなるファイントラック。

これからも目が離せません。

コメント

普通救命講習会場変更

2012年10月22日 22時27分23秒 | バックカントリーツアー
11月23日の普通救命講習会の会場ですが、当初山形市スポーツセンターを予定していましたが、山形市消防本部4階(山形市緑町)に変更になりました。
普通救命講習終了後、雪崩講習を受講される方は車で約10分の移動になります。

コメント

2012‐13スケジュール

2012年10月21日 22時57分07秒 | バックカントリーツアー
2012-13スケジュールをアップ致しました。

3月以降は、まだメーカーさんと詰めている話もありもう少々お待ち下さい。

申込みフォームは12月までを入れてあります。

1月と2月の申込みフォームは10月24日(水)のPm10:00にアップ致します。

2012-13IDEHAスケジュール
コメント

IDEHA東京ミーティング

2012年10月20日 20時39分54秒 | バックカントリーツアー


第一回目の東京ミーティングが銀座で開催されました。

14名の参加者が集い、雪山とはまた違った装いと雰囲気でスタートしましたが、飲んでしまえば直ぐ月山の雰囲気に。

IDEHAと言えばどうせ男祭りだろうという期待を裏切り、男女比7:7の割合に。

ボルテージも上がり、パウダーキャンプさながらの盛り上がりを見せました。



個人タクシーの仕事の合間に参加して頂いたO島さん。

今シーズン新たなマテリアルで、月山に参加表明して頂きました。

東京方面の方是非乗り合いでお越しくださいね。



そして何故か東京ミーティングに参加してくれたM也君。

実は横浜に転勤で単身赴任との事。

しかしシーズン中は毎週のように帰るとの事で、ツアーにも顔を出してくれそうなので一安心。

M也君と会う事を楽しみにしている人は結構多いんですよ。



I葉夫妻(特に旦那さん)も結構出来上がっていましたね。

I葉夫妻も新マテリアルで月山参加表明です。



東京ミーティングは、その後二次会へと突入。

今まで点と点だったものが、今回のミーティングで線で結ばれ、それぞれの交流が出来たようです。

初めての開催でしたが、本当に開催出来て良かったです。

参加頂いた皆さん本当にありがとうございました。

来年もまた開催しますので、是非また盛り上がりましょう。

山梨から参加頂いたアランさん、遠くからありがとうございました。

今回のIDEHAミーティングの幹事として、いろいろと準備頂いたN西さんには、ご尽力頂きました事感謝致します。

次回は月山でお会いしましょう!!



コメント (2)

再び東京へ

2012年10月20日 18時15分40秒 | バックカントリーツアー


再び東京へ。

池袋での用事を済ませ、何年か振りにキャラバン社へ。

いつもお世話になっている禰津さん。

最近は隣にあるレトロチックなバイクで通勤しているらしい。

バイクにはしっかりと「RMU」のステッカーが。



今シーズンから本格的に販売に乗り出したRMU(Rocky Mountain Underground)

左の板が今シーズンの「ザ・アポストール」とにかく軽くて軟らかい。

スキー表面のグラス部分を通常の板より薄くしている事と、ウッドの素材とでこの軽さと柔らかさを実現している。

かといって耐久性が劣る訳ではない。

独特の形状とグラフィックもそそられます。



そして今期満を持しての登場となるG3ツアービンディングの「ENZO」画像左

ストックで簡単にウォークモードとスキーモードに切り替えが出来、ハンマーヘッド同様ケーブルポジションのセッティングも出来る。

タルガと比べツゥピースも大きく強度になり、ブーツのコバと密着度も高く、よりスキーへのパワーをロスなく伝える事が出来るようになりました。

画像右が22デザイン社の「VICE」

アクセルのウォークモードを取り外したタイプだが、これが意外にカッコイイ。

しかしどちらかと言うとゲレンデユーザー向きで、最初からクライミングサポートが付けられなくなっている。

どうしても付ける場合は、ハンマーヘッド用のヒールパーツを別途購入する必要がある。



熱い語りで対応してくれた禰津さん。

お忙しい中ありがとうございました。

今シーズンも宜しくお願いします。



場所を移動して新宿へ。

10月から新たに「グレゴリージャパン」としてスタートした金原さん。

まだスタートしたばかりで恐ろしくハードスケジュールの中、時間を割いて頂きひさしぶりの御対面。

忙しい中にもやりがいがあり充実しているとの事で、表情も生き生きとしている。

短い時間でしたが、お会いして話が出来て良かったです。

落ち着いたら、一献やりましょう金原さん。

本当にお忙しい中ありがとうございました。



そして最後は銀座のアークテリクスへ。

秋冬物が結構入っておりました。

ビーニーもカラフルで可愛いのが沢山。

しかし私が注目したのは、女性の方が来ている「ATOM LT VEST」

ツアーの際、中間着として薄く温かくハードーシェルと組み合わせた時の動きやすさは格別との事で、早速チョイスしてきました。

名前を聞くのを忘れてしまいましたが、綺麗な女性の方とても親切な対応ありがとうございました。


コメント

雪崩講習会(雪の性質)

2012年10月17日 23時54分14秒 | バックカントリーツアー
11月18日か23日かで保留になっていた雪崩講習会ですが、11月23日(祝)に決定致しました。

詳細は今週末にアップ致しますが、タイムスケジュールは下記の通りになります。

am:普通救命講習会
pm:雪崩講習会(雪の性質)
   懇親会

会場は落合スポーツセンターを予定しております。

コメント