2017-11-20  2017シーズン・スポパ最終日 「感謝!」

2017-11-30 18:29:30 | 大分トリニータ
最終節が終わった翌日、この日のミーティングで2017シーズンが最後となるスポパに行ってきました。



前日の逆転勝利の余韻の中、もしかするとこの日で帰っていくかもしれない選手に一目会って感謝を言いたい。
そういう想いで集まったメンバーは広島から来てくれた「岸さんサポ」さん。


関東から同じく「岸さんサポ」さんと「容平サポ」さん。


そしていつもの「お姉さま軍団」の皆さん。
(この日は嫁のはるか上をいく切り込み隊長が欠席です(笑))


「鈴木 惇」
惇くんは最近ずっとニコニコしてくれます。


もうこれまで何度も何度も「来季もトリニータで」とお願いしてきたので、この日は「お疲れ様でした」としか言いませんでした。


一緒に応援した仲間の1人が書いた似顔絵に惇くんからサインをいただこうとしたとき、「これいただけますか? 嫁が喜びます」と嬉しい言葉が。


選手からこんな言葉を言われたらこれは頭が真っ白になりますよね(笑)
私も近くで聞いていて「ヤッター」って思いましたから(笑)


そんな惇君とお姉さま方で記念撮影(笑)
「惇君、お疲れさま、ありがとうございました」


「黒木」
荷物をたくさん持って出て来た「黒木」
さっそく握手をしていただこうと手を出したお姉さま。
「お姉さま 出す手が逆ですよ(笑)」
(さっそく天然ぶりを発揮(笑))


5月21日 第15節アウェー町田戦 角度のないところから打った19分の先制ゴールは今でもはっきりと覚えています。


サインを書いていただきました。


「黒木くん ありがとうございました」


画伯が似顔絵を差し出したところ「知っています。描いたのはあなたでしたか」と黒木。


「ぐっさんのを見ました。次来るかなぁって思っていました」
「選手の間では有名ですよ」


えええ?  どんな絵なの?  気になる、という人のために下の方に「トリニータ選手 似顔絵一覧」を作っていますので、是非。


ということでこの日集まってくれたお姉さま方と記念撮影。
ほとんどの選手とこの後も撮影しているので以後の「大人数」でのアップは控えます(笑)
(この後の写真は嫁を通して写っている人全員に送りますのでよろしくお願いします)


「黒木くん 私たち夫婦にとって今季は忘れられない年になりました。 本当にありがとうございました」



ユニを着て荷物を持っているのは「岸さん」
「もう一度私服に着替えてきます」


「竹内」  



「彬さん お疲れ様 ありがとうございました」


「清本」
「キヨピー ゴール おめでとうございます」
「ありがとうございます」


キヨピーはずっと笑顔、笑顔でした(笑)
まぁ、それはそうだよね。


                      
「キヨピー 怪我で大変な1年間でしたが最後の復活ゴール!本当におめでとうございます」 





「ぐっさん」
「おねえさ~ん  そんなに箱の中身が気になりますか?(笑))
(ただいま ガン見中)



自分の似顔絵を見るぐっさん。
画伯「本物の方が何百倍もイケメンです」



ぐっさん「ありがとうございます」


全員の写真はアップしませんと言いましたが、りっくんが入ったのでアップ(笑)
「ぐっさん 3年間トリニータでありがとうございました」
「お疲れさまでした」


「レイチェル」


マスクをしていたので、もしかしたら風邪ぎみだったのかもしれません。


体調を万全にしてまた来季もお願いします。




「レイチェル  お疲れ様 ありがとうございました」


「ソンス」

なぜこんなに調子の良いソンスを出さないのだろうってずっと思っていましたが、やっぱり試合に出ましたね。
来季も宜しくお願いします。


「ソンス お疲れ様 ありがとうございました」


「高木」


あまりに元気がないので口には出しませんでしたが、私たちはずっと心配していました。


最後の2試合は落ち着いていましたね。


画伯の似顔絵を見た瞬間・・


「おお!」ってリアクションが印象的でした(笑)


「高木くん お疲れ様 ありがとうございました」


「シキーニョ」



「シキちゃんへ」


シキちゃんはミーちゃんが大好き。


こういったやり取りを見れただけでもこの日来れたことをありがたいと思います。


だからこのスポパは好きなんです。
「シキちゃん お疲れ様 ありがとうございました」


「ごっちゃん」


ごっちゃんにも何度も「来季もお願いね」とお願いしてきました。
だからこの日は「お疲れ様」しか言いませんでした。


全員の写真はアップしませんと言いましたが、ミーちゃんが入ったのでアップ(笑)
「ごっちゃん お疲れ様 ありがとうございました」


「國分」


「國分くん来季はスタメン目指して頑張って!」  
「お疲れ様 ありがとうございました」


「フック」


人生の先輩として見ると、フックは少しまじめすぎるんじゃないかって勝手に思っています。
もっとリラックスしても良いんじゃないかって。
どこがどうとかは分からないけれど、ハンドルで言えば「遊びの部分」が必要なのかもって思います。
全然、的違いなことを言っていたらごめんなさい。



「フック 今年は私たち夫婦にとってフックのご家族に凄い感謝する年になりました。ありがとうございました」



「ミーちゃん」


「鈴木 義」
今季42試合全部に出場したのは、のりくん1人だけでしたね。
合計3780分間は凄いことです。
お疲れさまでした。


「のりくん お疲れ様」と言った後、「のりくん(トリニータと)契約してね~」


「なんなら私が(契約書に)サインしておくよ~」
もう苦笑するしかありません(笑)
「のりくん お疲れ様 ありがとうございました」


「ムン」


サインをしていただいて



常田くんと一緒に写真を撮りました。
「常田くん トリニータを忘れないでね」とお姉さまたち。



「岸さん」
当然、長い列ができました。


今日の岸さんは2日前と違って笑顔満載(笑)
やっぱり選手の笑顔には癒されますね。



それぞれにサインをしていただき・・・



さてここからはお姉さまからの質問タイム(笑)
「岸さん お疲れさまでした。
どこに行っても応援しますから。
でもできたら近くの熊本が良いなぁ」


岸さん「え?! 熊本? 熊本限定ですか?」
お姉さま「だって熊本じゃったらトリサポみんなで応援に行けるもん」
「あ~なるほど」って岸さん嬉しそうでした。


岸さんサポさん「このまま大分にいて、サポーターが温かい大分で現役引退をやってもらいたかった」
そう言ってくれた岸さんサポさん、本当にありがとうございました。


「岸さん キャプテンとして2年間トリニータを支えていただきありがとうございました」


「伊佐」


白いマント・・・ではなくみんなからの寄せ書きとボールを持って伊佐くん登場。


写真を撮るときは「ハイ チーズ!」ではなくいつもの「勝ち点 3」の掛け声(笑)


「え? その変な呪文みたいなのはなんなの?」と伊佐くん。


「はぁ? 写真を撮るときの掛け声?」


「それは止めた方がええなぁ」

                               
じゃあ 来季は「しっぽり~飲み!」に掛け声を変えますよ(笑) 



「それ! ええ響きやなぁ~」
と冗談のような本当の話(笑)
「伊佐くん お疲れ様 ありがとうございました」



「智輝」


来季はスタメンでもっともっと暴れてください。
「智輝くん お疲れ様 ありがとうございました」


「川西」



かわにーは体調が少し悪そうでした。
でも智輝と一緒に写真を撮っていただきました。
「かわにー 1年間お疲れ様 ありがとうございました」


「大津」
今季5試合出場 合計114分間(2時間弱)で3得点は凄かったですね。
「大津くん どこに行っても応援するからね」と言うと「ハイ」と答えてくれました。


2日前は笑顔がありませんでしたが、この日は笑顔が戻って来てました。
「大津君 お疲れ様 ありがとうございました」


「たっくん」


今季は4試合で合計105分間の出場でしたね。


来季はもっともっと長く試合に出て欲しいと思っています。
応援しています。



「たっくん  1年間お疲れ様  ありがとうございました」


「姫野」


写真だけ見ているとサポは私たちだけと思われがちですが実はこの日こんなに多いんです(笑)


来季はもっともっと試合に絡んでくれると信じています。




「姫くん お疲れ様 ありがとうございました」



「翼」



今季4試合しか出ていなかったのか、と驚いています。
もっと出てたように感じたのは出た時のインパクトが強かったからかもしれないですね。


「来季は翼旋風が起きるように!  お疲れ様 ありがとうございました」



「さんぺー」


とにかくめちゃくちゃハイテンションで現れたさんぺー。


なんだ?  なんだ?


なにがどうなったかは知らないけれどしばらく様子見(笑)






きりが無くなるので、ここで写真はストップ(笑)


ユニにさんぺーちゃんのサインをお願いした仲間。
名前の下に「ひと言 書いてください」


ここで固まるさんぺー。
見守るサポの数 5人。


考えるさんぺー。
さらに増えてサポ7人。


「来年も着るので(カッコイイ)ひと言をお願いします」とさらに追い詰められたさんぺー。
何と書くのか?
スポパに漂い始める緊迫した空気(笑)


固まったままのさんぺー。
かたずをのんで見守るサポ8人。


意を決して・・・


書いた!



いったい何と書いたのか?

                   
「ガリガリくん!」

全員「はぁぁぁぁあああ~~~???」


「ガリガリくん 俺 好きなんすよ、最近ずっと食べてるし」


いやぁ、ある意味「レアっちゃあレア」だけど・・・(笑)
「さんぺーちゃん 今季は私たち夫婦にとって特別な年になりました。本当にありがとうございました」


「片野坂 監督」


監督が出て来てくれました。




みんなで感謝の言葉と来季のお願いをしたところ全員と握手をしてくれました。


「監督 1年間お疲れさまでした、 来季もトリニータをお願いします」


「広報 じゅんじゅん」
スポパには個人サポさんがたくさん来ます。
県外からの人は飛行機や電車に乗って、お目当ての選手を一目見ようと高いお金を使ってやって来るのです。
全員が試合に出られるわけではありません。
当然 会えなくて帰ることもあります。
そんなサポさんに温かく接してくれたのが広報(じゅんじゅん)さんでした。

「本当にお世話になりました。  ありがとうございました」



「昂洋」


みんなで写真を撮った後


嫁「昂洋くん 来年もよろしくね」
昂洋「・・残れたら」
嫁「どこに行っても応援するからね」
この言葉に泣き出した昂洋。
思わず嫁ももらい泣きしてしまいました。
「昂洋 お疲れ様 来季は怪我をしないで縦横無尽に走る姿を見てみたい、 がんばれ コウヨウ!」


「容平」


この日は関東から容平サポさんが2人来てくれました。




全試合が終わり気持ちがすっきりしたのか容平の顔に笑顔がありました。


この3枚の写真はその当時ブログにアップできなかった写真。
怪我がようやく治りかけた容平。
2人で実戦形式の練習をする別メニューの様子。


しかし、思うように体が動かせないことにいら立つ容平。
何かに向かって叫んでいます。


痛む右腕を押さえ絶叫!


そんな様子をずっと見てきました。
だから最終戦に出てもらいたかった。
しかし出たら出たで不安もありました。


今はゆっくりじっくり治してもらいたい。


来季、またこの笑顔に会いたい。
そう思っています。





「画伯と容平」



容平サポさんと「しっぽり~」じゃなかった「勝ち点 3」


                   
「大分トリニータ選手 似顔絵一覧」  

許可をいただき監督からニータン&リッジーまで背番号順に並べてみました。
「画伯 ありがとうございました」

            
「ブルーシートの撤去」 

そのころブルーシートの撤去が始まっていました。

なんといっても今年お世話になったのがお姉さま軍団の皆さんです。
私だけでは選手たちとの言葉の交流は難しかったのはではないかと思っています。
皆さんの選手への天然溢れる言葉が・・(じゃなかった)
皆さんの選手への愛情溢れる言葉があったからこそスポパブログを1年間やってこれました。
(と感謝しつつ、いつもいつも好き勝手に書けるわね、と思っていることでしょうが(笑))
でも本当は心の奥深ーーくで感謝していました(笑)

お姉さま方、ほんとうにありがとうございました。
お世話になりました。
来季も懲りずによろしくお願いします。
(納会しましょうね)

「修さん」

修さんがりっくん親子の方に歩いて行きます。
修さんが写真にサインをし・・


りっくんが修さんにプレゼントを手渡しました。


「修さん 大好き!!」と書かれています。


修さんの目を見て話そうとするりっくん。


りっくんを見つめる修さん。


何かを言おうとすればするほど言葉がでてきません。


思わず涙が出てきました。



そんなりっくんをずっと笑顔で待っている修さん。
でもその笑顔にも光るものが見えました。


修さんへのたくさんの想い。
多すぎてうまく言えないのかもしれません。


優しい時間がゆっくりと流れていきます。


やがて修さんがりっくんを抱き上げました。


『もうお兄ちゃんなんやから泣いたらあかんやん』
いつもの優しい修さんの声が聞こえてきました。



スボパは本当に不思議な場所です。
ここには無数の見えない道があります。
違う色のユニを着た選手が集まり絆を深め、トリニータブルーを背負い旅立っていきます。
選手一人一人に物語があり、支えるご家族の熱い想いがあり、それを見守るサポーターの無償の愛がここにはあります。


この日は風が強く、寒いはずのスポパでしたが寒さは感じませんでした。
人と人とのふれあいを大事にする温かい風が心の中を吹いていきました。
ここに来ると必ず選手や仲間から元気をいただくことができました。
この1年、スポパで出会った全ての皆さんに『感謝』です。
ありがとうございました。





                   
『トリニータって良いなぁ』 
 

(2017シーズン 『スポパ』を終ります、ありがとうございました)































コメント

2017-11-27 スポパ(熊本決戦前日 11月18日(土))へ

2017-11-27 17:10:00 | 臼杵 八町大路
最終節 熊本戦の前日スポパに行ってきました。
翌日が試合のためにブログを書く時間が無く最終戦のあと早めにアップしようと思っていたのですが、試合のあと何をしても気持ちが入らず疲れが出たのかな、と思っていました。
これってもしかしてトリニータロスか?って気がつくのに少々時間がかかってしまいましたが何とか復活(笑)
ということでこのブログは「11月18日(土)試合の前日」までさかのぼります。

///////////////////

「悠月 運動会」
この日は孫の「悠月(ゆづき)」の初の運動会(笑)
まぁ朝からルンルンでしたが、よ~く考えると1歳児から2歳児の運動会って何するの?
どうもよくわからないがまぁ望遠カメラは必需品だよね(笑)と思い至ったがさてどれにしようかな?と迷った挙句選んだのが18~300mmの超望遠。
結果はいらんかった(笑)
園児が10人で部屋の中、スマホで十分だった(笑)
大きすぎて邪魔だった(笑)
本当にショックでした。
(かなり浮いてただろうなぁ)


////////////////////////////


悠月はとにかく甘えん坊さん。
私の顔を見た瞬間泣くし、無理にパパ・ママから引き離すともう即ギャン泣き。
運動会? 大丈夫なの?


ところが幼稚園に着いてビックリ!
先生の顔を見るなり悠月は自分から先生のところに走って行きました。
えええ! ママがいるのに?


先生に抱かれてニコニコ顔。
子供とこれだけの信頼関係を持てる先生の愛情の深さに驚きました(笑)


だってこの顔は安心しきっている顔だもんねぇ(笑)


まぁそうは言ってもいつもの甘えん坊ぶりは健在です(笑)
ダンボールの中を冒険します。


窓から「バァ」って顔を出しても、、、


「ママはいるかな?」って横目で見ています(笑)


そのあと、こーんなことや、、、


あーんなことがありましたが、、、


最後の最後に私に笑顔で「じぃじこれあげる」と近づいてきてくれました(たぶん)
(しゃべってはいないので(笑))
こうして悠月の初の運動会は無事に終了しました(笑)
(どこが運動会?  というような突っ込みは無しね(笑))



/////////////////////////////////////////////

「スポパへ」

「ぐっさん」
そこからは昼ご飯は抜きでスポパにGO!
すでに何人かの選手は帰った後でした。
先に来ていた仲間から「早く、早く」と手招きされたその先にいたのが「ぐっさん」


前日にぐっさんの現役引退を聞いた後なので何としても会いたかったし、感謝の言葉を言いたかったんです。


ぐっさんに「トリニータに来てくれてありがとうございました」と感謝を述べ、嫁の好きな長髪のぐっさんの写真にサインをいただきました。


ぐっさん3年間ありがとうございました。
寂しいけれどトリニータで現役引退してくれて本当にありがとう。


「嫁の好きな長髪のぐっさん」


「フック」


私のようなど素人が言うのもおこがましいことですが 1年間ですごい成長した、と感じているのがフック。


やはりスタメンで出続けた経験が自信となっていくんだろうな、と実践の大事さを改めて思いました。


「黒木」
もう一度書きますがこの時点ではまだ黒木選手の契約満了は知りません。
リリースが出たのはこの3時間後です。


「黒木くん、赤ちゃん(朝陽ちゃん)のお写真を撮らせてくださいね。トリニータに残ってね」と言った嫁。


自宅に帰り契約満了を知りしきりに悔やんでいました。
「黒木くん、私の言葉をどんな気持ちで聞いていたんだろう。辛かっただろうなぁ」


「でもなぁ、俺が選手だったら何も言われないよりも、残ってくださいって言われたい。
サポーターからの素直な気持ちは嬉しいし、次に繋がる力になると思うよ」と言うと少し元気が出たようでした。
この時期は本当に辛いですね。


「岸さん」



「来季もキャプテンでトリニータを引っ張って行ってください」とみんなで言ったとき、顔を曇らせた岸さん。


「あーあ、そういうことなんだ」と心の中で思いながら、何も言えませんでした。


「岸さん 一番辛い時にトリニータに来てくれたご恩は絶対に忘れません。ありがとうございました」


「レイチェル」
可愛いわんこちゃんの名前です。
選手たちと仲良しです。


「コテ」


コテと1対1になると緊張して何も話せなくなる私(笑)


この日も遠くから望遠で撮影しました。


まぁ来季の私の課題ってことで(笑)


「惇」


「惇のエピソード」
と改めて書くほどではないのですが惇の性格を知る上での行動を一つ。


練習が終わってからのクールダウン。
ほとんどの選手が四角を内側に丸く走るのに惇だけは線の外側を走ります。
まっすぐに走り角に来ると「クルっ」と90度向きを変えます。


最初気がつかなかったのですが、見ていると必ずそうします。
自分に妥協しない性格がこの1つの出来事でも表れているのではないかなと思います。


「髪型」
伊佐のインスタで「惇の髪型に触れないように」と聞いてから逆に気になって気になって(笑)


う~ん  気になる(笑)
触りたい(笑)


「國分」





「容平」


最後の試合に出てもらいたい、でも練習中の表情を見ていると決して万全の状態ではないことは何となく分かりました。



「来季こそ 得点王になってくれ!」と心の中で叫びながら笑顔を見ていました。


「川西へのこだわり」
スポパで写真を撮るときはクールダウンのときが多いのですが、選手は左回り(時計と逆回り)で走ります。
つまり必然的に右側の顔を撮るのが多くなってきます。
でも私はこだわりがあって川西選手は左から撮りたいんです(笑)
というか撮りたいのは川西選手の流れる髪の毛。
正面も良いのですがやっぱり左から。


右側からも良いのですがやっぱり左から。


左からですが下を向くと目が隠れます(笑)


真横からでもやはり目が隠れます(笑)


この角度からだと両目が見えます(笑)


そう、この角度なんです。


流れる髪と右目とほほの線のバランス。
この1枚の写真を撮るのに苦労するんです(笑)
まぁ人それぞれ、その人のこだわりがあるってことで(笑)


みんなで写真を撮っていただきました。
川西選手 ありがとうございました。



「鈴木 義」

まずはすました顔で写真を撮った後・・・



お姉さま方「来年 どっこも行かんでよ」


「〇〇が〇〇で〇〇じゃけんな」←←自粛(笑)
下を向いて大爆笑の鈴木選手(笑)






「キヨピー」


「キヨピー明日は(試合に)出れる?」
「出たいです」って言ったキヨピー。
自信があったのか言葉に力がありました。


ここからあの奇跡は始まっていた。
今もそう信じています。


「蜘蛛の糸」
ここからはお姉さま方、後方に移動してきました。
前方だと何人かまとめて出てくるとどうしても網から出てしまう(笑)
これはいかんと後方にいれば、糸でからめるかも(笑)と思ったかどうか(笑)
まず1人目は「昂洋」


2人目は「翼」


3人目は「智輝」


4人目は大物「竹内」




自撮りにも参加。
なかなか近づいて来ませんが(笑)



強力な糸で「竹内」ゲット(笑)


5人目は「直人」



捕まった「直人」(笑)

           
「哲平 強化部長」  

「哲平さん、惇くんの完全移籍をお願いします」
「それはサポーターの力で・・・」


「哲平強化部長」と「吉坂GKコーチ」も捕まっちゃった(笑)

          
「シキーニョ」 




もう、ここまで来たら全員捕まえよう(笑)

                    
「ジャニちゃん」





「ジャニちゃん」と「広報のじゅんじゅん」(笑)



「たっくん」
たっくんと大津が同時に出てきました。
たっくん、行ってしまった(泣)

            
「大津」 

何度も書きますがこの時点では大津の契約満了は知りません。



なので「来季もトリニータで頑張ってね」とお願いしました。


でも笑顔はありませんでした。
3時間後に「そうだったんだ」と知ることになります。
「大津  どこに行っても応援するからね」





「ムン」
ムンくんお姉さま方から「勝ち点3」の指を習っています(笑)


あれ?  なんか違います(笑)


でも良いんです(笑)
はい!  「勝ち点3」


「岸田」


以前「ジャニちゃん」、「たっくん」「岸田」3人の珍しいユニ姿のサインを岸田だけいただいていませんでした。


なぜ珍しいかというと選手出待ちのユニ姿は1週間に1度の2部連の時しか撮る機会が無いし、3人が同時に出て来た時限定なんです。


3人のユニ姿にサインをいただきました。
ありがとうございました。


「修さん」



まずは私たちに捕まった後(笑)


てっくん、りっくんと一緒に


自撮り。
りっくんが嬉しそう。


そのあと修さんの弾幕の下に行き子供たちで記念撮影。


ミーちゃんがりっくんと同じポーズをしているのが可愛い。


「ごっちゃん」


2年前からトリニータの得点王に「ゴール! ゴール! ゴール!」のゲーフラーにサインをいただいている嫁。


昨年に続いて今年もごっちゃんにいただきました。


「ごっちゃん3年連続目指してよ」とお姉さまから。




「高木」





前回のブログで書いたのがこれです。
                                
「試合前日のスポパで」
試合前日、最後に出て来た高木に徳島戦のパフォーマンスを話しました。
最初は「そんなことをしたかなぁ?」ととぼけていましたが、あれで「行ける」と確信しましたよと言うとその時のポーズをしてくれました。
(少し恥ずかしそうでしたが(笑))  

高木選手 ありがとうございました。


                
「伊佐」と「さんぺー」  

「♬俺たちバス釣り仲間~♬」と伊佐。


さんぺー「いやいやお前バス釣りしないじゃん」


「私はユニットバスが好きやで」と話に無理矢理入ってきたのは関西のおばちゃんサポ(笑)


「ところでホラ あんたがファン感でやった(裸になって乳首ドリルすな)アレ良かったでぇ」と伊佐に。


「ここでやってくれへんか?」と無茶ぶり(笑)
「寒いわ」と伊佐。


「寒いんやったらヒョウ柄の毛布貸したろか?」
「いらんわい」


「アメちゃんもおまけにあげるわ  どや?」
「やれへん言うてるやろ!」


チャンチャンと(笑)


というような会話があったかどうか・・・(笑)
(ごくごくたまにですが会話が間違っている場合があります(笑))
伊佐君ごめんなさい。


「さんぺー」
さんぺーは可愛いレイチェル(ワンコちゃんの名前)が大好き。





この日は土曜日とあってたくさんのサポさんが来ていました。
てっくん、りっくん、ミーちゃんと自撮りをするさんぺー。


ミーちゃんを抱っこするさんぺー、優しい。


「ハイタッチ」
一方、こちらは伊佐。
子供たちとハイタッチ中。
まず 1人目とハイタッチ。


続いて2人目め。


「勢いよく来いよ!」


その瞬間、スルリとかわして・・・


頭に「はい、タッチ」           

さすがオチを作る天才(笑)



/////////////////////////////////////////////////////


時間は少しさかのぼります。


いつものピッチに立っているのは「ジャニちゃん」と「シキ」


スマホで撮っている先にあるものは・・・


「選手 弾幕」

この1年間、ホームはもちろん全国各地の戦場で選手と共に戦ってきた弾幕です。
最終戦前日、スポパにありました。
                    
「修行 智仁」
「山口 貴弘」


「黒木 恭平」
「竹内 彬」


「鈴木 義宜」
「福森 直也」


「松本 怜」
「黄 誠秀」


「後藤 優介」
「シキーニョ」


「林 容平」
「岸田 翔平」


「清本 拓己」
「山岸 智」


「國分 伸太郎」
「伊佐 耕平」


「大津 耀誠」
「小手川 宏基」


「姫野 宥弥」
「佐藤 昂洋」


「上福元 直人」
「ムン キョンゴン」


「三平 和司」
「岩田 智輝」


「吉平 翼」
「高木 駿」



「前田 凌佑」
「鈴木 惇」


「坂井 達弥」
「常田 克人」


「川西 翔太」   



この弾幕は翌日の最終戦大銀ドーム G裏に集結しました。

                        
この1年間 選手たちを見守り励まし続けた弾幕。
この弾幕に込められたサポーターの熱い想いが最終戦の逆転に繋がった。
私はそう信じています。






























コメント

2017-11-19 最終節 熊本戦 2-1 キヨピー復活ゴール!

2017-11-22 23:06:31 | 大分トリニータ
2017年11月19日 大分トリニータ最後の試合になりました。
最終節、必ず感謝を込めて「ありがとうゲーフラ」を挙げる嫁。
2008年ナビスコカップのときから毎年このゲーフラを見てきました。
今年もついにその日がやってきたなぁ、としみじみ。


11月17日 山口貴弘選手の現役引退のお知らせが来ました。


翌、11月18日には大津耀誠選手の契約満了のお知らせ。


同じく黒木恭平選手


山岸智選手と3選手の契約満了のリリースがありました。


居てもたってもいられず
「トリニータに来てくれて、大分を愛してくれて ありがとう」とインスタとツイッターにアップしました。
この時期は仕方がないとはいえ寂しいものです。


「必勝祈願」
この日もいつものように近くの神社に「必勝祈願」行ってきました。
今年は2月26日第1節 福岡戦から始めた必勝祈願でしたが、この日で42回目となり無事皆勤賞ゲット(笑)
あまりに怪我人が増えたために途中から「怪我をしないように」とお願いを増やしました。
(ホーム戦は当日、アウェーは出発日の前日にお参りに行くようにしています)


神社から自宅に帰りましたが嫁が2階から降りてきません。
コーヒーを飲んでいると「おはよう」の声。
泣き声だったので驚いて見ると「これを見て」とスマホを差し出してきました。
嫁に届いた黒木選手の奥様からのメッセージでした。
「チームメイトのかたも、家族のかたも、サポーターさんも、良い方ばかりで、寂しいですが、またお会い出来ますように。
短い間でしたが、ぶっきらぼう 根は優しい黒木、そして私まで可愛がってくださったみなさんに感謝です。
伝える機会がないかもしれないので、もしよろしければみなさんによろしくお伝え願います。
これからも黒木をよろしくお願いします」         

(なお個人情報は省きました)

どこに行こうと私にはトリニータの黒木選手です。
ずっと応援していきます。
ありがとうございました。
(この後、嫁は2時間泣いていました)




///////////////////////////////////////////////////////


「大銀ドーム」
風は強く冷たくダウンを着ていても寒さが身に染みてきます(笑)


この日で旅立つ選手の旗を見て回りました。
「山岸キャプテン」



「ぐっさん」


「恭平」


「耀誠」


この日県外からドームに来てくれたのは関東から「容平サポ」さんが2人。
同じく関東から「岸さんサポ」さんが1人。
福岡から「伊佐サポ」「惇サポ」「レイサポ」「翼サポ」さんの4人。
翌日関東サポさん3人とスポパで合流。
「トリサポ東京支部女子会」を結成したようです(笑)
関東に遠征に行ったときはよろしくお願いします(笑)


嫁に手作りの品をいただきました。
ありがとうございました。


これは名前入りクッキー。
いただきました、美味しかったです。
ありがとうございました。


容平の似顔絵。
似てる~。
ありがとうございました。


1番と5番とニータン。
食べるわけにいかず、かといっていつか食べないといかんし(笑)
う~ん、どうしよう(笑)
ありがとうございました。


カワイイ孫からラブレターをいただきました(笑)
嫁とほっこりしながら読みましたよ。
ありがとうね。


こちらはロアッソサポさん。
寒い中、ありがとうございました。
1000人を超す大応援、迫力満点でした。
(写真撮影、ブログへの掲載は許可をいただいています)


泣いているのは孫の悠月。
いつものようにばぁばを見てギャン泣き(笑)
天然パーマが可愛い。


今季最後のマッテデーステッカーは「レイチェル」
やったぞ~全部集めた(笑)

                      
「ニータン」

この日のニータンは「めじろんニータン」




外でギャン泣きした悠月。
親と離れたら泣かないかも(笑)
と抱っこしてきたら本当に泣かなかったけれど・・・今にも泣きそう(笑)


泣きたい・・・けれど・・・我慢、我慢(笑)
(笑顔は無し  残念)


「平松学園バトントワリング演技」
この日は厚着をしていても寒い日。
みんな風邪をひくんじゃないかって思いながら見ていましたよ。
演技は素晴らしかったですよ。





「選手サイン会」

この日の選手は4人。
左から「修さん」


「ジャニちゃん」


「國分」


「ぐっさん」



和気あいあいとした雰囲気でした(笑)
(ぐっさんの最後の試合としてこの日出場してくれたらなぁ、って想いはやっぱり叶わぬ夢でした)


お名前を聞くのを忘れてしまったのですが、孫たちにお気遣いいただき本当にありがとうございました。



席にわざわざ来ていただいたのは宮崎県からの「直人サポ」さんと「ごっちゃんサポ」の娘さん。
娘さん、用意していなくてごめんね。
また来季声をかけてください。
ありがとうございました。


関東からは「宮沢サポ」さん。
お久しぶりです。
ありがとうございました。


ビックリしすぎて思わずカメラを落としそうになりました。
頭が真っ白になり何をお話ししたのか覚えていません(すいません)
ずうずうしい嫁は「チエさん」とお呼びするそうです。
ありがとうございました。
来季もトリニータをよろしくお願いします。


私がいないときに来ていただいた「修さんサポ」さん。
北九州から「Aさん」
ありがとうございました。

2度も来ていただいたMさん母娘さん。
いつもの気合「勝つぞ~  オオ~!!」
勝率アップでしたね(笑)
ありがとうございました。


城島高原パークの後藤さん、今季も何度も足を運んでいただき本当にありがとうございました。
伊佐くんのインスタでみんなで楽しそうに城島で「納会ゴルフコンペ」をしている姿を見ました。

城島高原パーク ←←をクリックするとHPに行けます。
11月25日からは城島高原パークでアイススケートが始まりますよ~!  是非!




この日の選手弾幕はG裏に貼ってありました。
前日はスポパに全員分。
自分の弾幕をスマホに撮っている選手もいたりして感慨深いものがありました。
1年間トリニータを支えていただきありがとうございました。


さて今季最後の相手はバトルオブ九州 熊本。


何といっても苦手な相手。
3月26日 アウェー第5節で大分が初の勝利を収めました。
しかしホームではまだ勝ちがありません。
最終戦、絶対に勝利したいところです。


ただ、今季の熊本は調子が悪く現在6試合勝利が無く3連敗中です。
J3に降格する可能性もあったのですが、試合前にJ3の結果が知らされ自動降格がなくなったことに安堵しました。
約1000人の熊本サポさん。
寒い中、ありがとうございました。



//////////////////////////////////////////////////

「GK 高木」
この日のGKは前節の徳島戦に続いて高木です。



「徳島戦の高木」
この写真は徳島戦のときのものです。
それまでの直人から高木にスタメンが代わり、私の周りで動揺が広がっているときに高木が「俺に任せろ」とばかりに出したメッセージがコレでした。
「行ける」・・そう確信したのはまさにこの時でした。
そしてそのメッセージ通りの活躍をしてくれました。


「試合前日のスポパで」
試合前日、最後に出て来た高木に徳島戦のパフォーマンスを話しました。
最初は「そんなことをしたかなぁ?」ととぼけていましたが、あれで「行ける」と確信しましたよと言うとその時のポーズをしてくれました。
(少し恥ずかしそうでしたが(笑))


「直人」



「キックオフ」
このチームで戦う最後の試合が始まりました。


もしかしたらこの日もサポーターに対してメッセージを発信してくるかも、と期待をしていました。
やってくれました。
背中が一段と大きく頼もしく思いました。
ありがとうございました。



////////////////////////////////////////////////

1年間 仲間のゲーフラを撮ってきました。


好きな選手の為、好きなチームのために一生懸命に作ったゲーフラです。


ホーム21試合。
アウェー10試合。
合計31試合のゲーフラです。


ただ私から見えた範囲だけですので、ここにアップされていない素晴らしいゲーフラも当然あると思います。
(その方たちは本当にごめんなさい)


何度も言います。


好きな選手の為、好きなチームのために一生懸命に作ったゲーフラです。


しかしながら作ったご本人にはほとんど許可をいただいていません。


勝手にアップすることをお許しいただきたいと思います。
(どうしてもダメだという場合はお知らせいただければ 削除致します)


素晴らしいゲーフラの数々。
じっくりと見てください。


もしかしたらダブってるかもしれませんが(笑)
































































































































番外編





///////////////////////////////////////////////////////


「初 逆転勝利」
試合はキヨピー、ごっちゃんのゴールがあり2-1で逆転勝利しました。
逆転勝利は今季初です。


「今季3度目の1万人超え」
最多はホーム開幕戦「11370人」
第18節 横浜戦「11050人」
第42節 最終戦「10146人」
この日でトリニータの1年間平均入場者数が「8000人」を超えました。
ありがとうございました。


「セレモニー」
「榎 社長」

(感動を与えるサッカーを目指したい。クラブ一丸となって支えていく)

この中で片野坂監督の来シーズンの続投が発表されました。
ドームに拍手と歓声が起こりました。
「監督 来季も宜しくお願いします」


「片野坂監督」
(感謝しきれないほど感謝しています)


選手がドームを1周します。
手には青いサイン入りのボールを持ちサポーターに投げ入れています。


一番前の席で選手、監督はもちろん裏方のスタッフさん全員の写真を撮ろうと待ち構えていました。
その前に嫁たちの写真も、と思ったのが間違いでした(笑)


嫁もその横の仲間も絶賛 号泣中(笑)


あらら~と思った時にキヨピーが怪我をした3月6日のTMで倒れた瞬間がよみがえって来ました。


さらにスポパでのリハビリの様子。


ランニングができるようになり、ボールを蹴れるようになり、スパイクを履けるようになった。


さらに全体練習ができるようになった日までを思い浮かべ。
この日のゴールまでのキヨピーが次々に現れると、もういけません。


カメラの先はぼやけて誰が誰かも分からない状態にりました(笑)


もう写真は全てブレブレ状態。


でも良いんです。
全部載せちゃう。


2年前のJ3降格の悪夢。
あれがトラウマになって新加入選手の口から「J1へ」という言葉を聞くたびに、気持ちが落ち込みました。
まずは残留の勝ち点「45」
これをクリアすると次は勝ち点「56」を目指す。


勝ち点が「55」とあと1点に迫った時点で初めて「ご褒美」という言葉で「J1へ行くんだ」という高い目標が監督から出てくる。


ここで気持ちを切り替えました。
チームがJ1を目指す以上、自分も全力で応援したい。
先の先を考えるよりもまずは今を考えよう。


前節でPOはなくなりましたが、本当に大満足です。


山岸キャプテンがコメントしたように「誰一人チームの和を乱すことなく最後までやれた」
この言葉が今のトリニータを象徴しているように思い、コメントを噛みしめていました。



スポパに行っても「チームの一体感」を感じていました。


そしてそれがトリニータの強さの原点だと。
これが続く限りこのチームは崩れないと。
その想いが山岸選手のコメントで確信に変わりました。



「伊佐」
インスタは最高でした。
あれでそれぞれの選手の普段の様子が垣間見れました。
「しっぽり飲み」が我が家でも流行(笑)
また岸さんと彬さんがいかに仲が良いのか、よ~~~~く分かったし、トリニータバスの中の席順もばっちり覚えました(笑)
だからまとまりがあるんだな、と1人納得したりしていましたしね。
来季も引き続きインスタをお願いします。


「ごっちゃん」
チーム得点王 2年連続おめでとうございます。
来季もトリニータで3年連続を目指してください。


「鈴木 義」
ぐっさんに想いを託された以上、来季も彬さんと共にDFをお願いします。


「昂洋」
長い間、怪我で苦しんだね。
昂洋くんの笑顔を見れるのは怪我が治り、全体練習に加わったときと思っていた矢先にまた怪我。
やっと治って笑顔を見れたときは本当に感動でした。

来季はスタメン目指してガンバレ。


「容平」
10月に入ったころから出待ちをしていても私の姿を見ると下を向いていましたね。
それがなぜかうすうす分かっていました。
最終戦の翌日「すいません (1年間)無様な姿を見せて」と言った言葉に泣きました。
私たちが応援しているのを知っているから、顔を見るのが辛かったんでしょうね。
来季は今年の分も含めてガンガン点を取りましょう。
今から来季のゲーフラを作ります。


「吉村ヘッドコーチ」
めっちゃ可愛い子供さん。
来季もスポパでお会いしたいです。



「ジャニちゃん」
ジャニちゃんのおかげで凄いバイタリティの溢れるサポさんと仲良くなれました。
でもジャニちゃんには全く弱くてもじもじしているただの乙女(笑)
そのギャップに癒されます(笑)
今年の熊本キャンプでお会いしてからもずっと気さくにお話ができる素敵な女性です。
来季は怪我の無いシーズンで行きましょう。



「キヨピー」
キヨピーサポさんにも今年はお世話になりました。
名古屋遠征で岐阜に行ったときには車で送り迎えしていただきました。
大分に来た時には私たち夫婦では行かない湯布院に3人で行くことができました。
来季はキヨピーのかっこいいチャントを毎回歌いたいと思っています。



「姫野」
来季は毎試合スタメンでお願いします。
応援している子供たちの為にも。



「高木」
スポパで子供さんと遊んでいる高木選手を見て「イクメンパパ」だと思いました。
来季も可愛い子供さんに会いたいです。


「吉坂GKコーチ」
メガネ有り派?  無し派? それとも両方派?
さぁどれが良いのか「チアスポーツ大分」で企画をやってもらいたい私です。


「岸田」
長崎からゲーフラを持ってくるそうですよ、と言った次の試合がスタメンでしたね。
岸田選手が持っているのか?  岸田選手のサポさんが持っているのか?
来季まで答えは保留します(笑)


「竹内」
キャプテン山岸選手が抜けた後の精神的支柱は竹内選手になると思います。
来季のトリニータを宜しくお願いします。


「岩田」
顔つきがすっかり変わりましたね。
より大人に、よりカッコよくなりました。
来季もよろしくお願いします。


「小手川」
すごいシャイで照れ屋は分かります。
が、来季はもう少し話していただくと嬉しいです(笑)


「國分」
私の仲間が國分選手のゲーフラを毎回挙げています。
来季も挙げ続けますよ。




「広報 じゅんじゅん」
驚いたのはサインが上手だったことです。
しかし小学校に選手と一緒に行くと絶対に頼まれますよね。
サインの練習も仕事ですね(当たり前だけれど)



「さんぺー」
今季、スポパで一番多く写真を撮ったのがさんぺー選手。


なぜか不思議に思っていましたが分かりました(笑)

「表情が豊か過ぎたから」


他の選手は1000枚も撮ると同じような表情になるけど、さんぺー選手は全部違うからね(笑)
逆にどれを選んだらいいのかわからなくていつも悩むのがさんぺー選手(笑)
来季はもっともっと撮りますよ(笑)



「つばさ」
ファン感の「ジャスティス」は最高でした。
まさにそのポーズ(笑)
来季のファン感が楽しみです。



「大津」
忘れられないのがアウェー讃岐戦のゴールと山形戦のゴールです。
困ったときに現れて助けてくれるスーパーヒーローでした。
トリニータに来てくれてありがとう。
大分を愛してくれてありがとう。
ずっと応援します。


「黒木」
奥さまが言うように「ぶっきらぼう、でも根は優しい」人でした。
スポパに来て写真を撮っている仲間に「一番笑顔を撮るのが難しいの選手は誰?」って聞くと「黒木選手」(笑)


もう1年トリニータに居て欲しかった。
嫁とその話ばかりです。
どこまでも応援します。
トリニータに来てくれてありがとう。
大分を愛してくれてありがとう。


「山口」


嫁がぐっさんの長髪が好きでした。


モデルのような長身に長髪。
さらにオシャレな服。


そのことを嫁が言うとすごく照れながら、黙って去って行く。


そう、この表情でした。
来季から見れなくなると寂しくて仕方がありません。
トリニータに来てくれてありがとう。
大分を愛してくれてありがとう。
サッカーを愛してくれてありがとう。


「山岸 キャプテン」


精神的支柱はもちろんトリニータをまとめ、今のように1本にしたのが岸さんといっても過言ではないと思っています。


いつも穏やかで落ち着いている岸さんを誰もがキャプテンとして尊敬していたことは間違いありません。


一番苦しい時にJ1からJ3に来てくれ、1年でJ2にあげてくれた恩は決して忘れません。
次に対戦するときは拍手ではなく愛をこめて大ブーイングします(でも大拍手かも)
トリニータに来てくれてありがとう。
大分を愛してくれてありがとう。
選手を続けてくれてありがとう。


「キヨピー」
待っていた。
みんなが待っていた。
最終戦出れる?
そう聞いたとき「出たいです」って力強く答えてくれた。
その瞬間から奇跡が始まっていた。
そんな気がします。


場所は大銀ドーム。
しかも最終戦。
相手はホームでは1度も勝てていないロアッソ熊本。
さらにここ2ヶ月半ホームでの勝利は無い。
8ヶ月前TMで大怪我をし苦しみぬいた。
この日のためにリハビリを頑張っってきた。
その姿をずっと見続けてきた選手、監督。
1点リードされ、時間だけが過ぎていく。
残り5分。
今季初めてのドームに立つことができた。
自身のチャントがドームに響く。
入って1分。
アイコンタクトの中、川西から来たボールを右足で無意識に蹴った。
想いのこもったボールはゴール左に。
この日の出場を決めてくれた監督、それを良しとしてくれた仲間の元へと駆け寄る。
何よりもこのゴールを待ち望んだサポーターは涙が止まらなかった。
この光景に巡り会うことができたことに感謝したい。
トリニータと清本拓己がもたらした奇跡に今も震える。



「35人で撮った最終戦」
時間はかかりますが、希望する方にA4でプリントします。
(一応 1家族1枚でプリントしておきます)
(会ったときで良ければ声をかけてください)
(試作品です)


試合の前日、ぐっさんの現役引退に続き3人の退団が発表されました。
いろいろな意見があると思いますが私はこの発表があったからこそあの感動のセレモニーができたんだと思っています。


昨季の最終日12月4日にはダニエルもパウもドンちゃんも姿はありませんでした。
ドンちゃんと仲の良かったサポにドンちゃんから電話がありました。
場所を聞くと「空港です、今から国に帰ります」という返事だったと後で聞いて本当に悲しくなりました。
分かっていたならなぜ試合の前にリリースしてくれなかったんだろう。
1年間トリニータのために頑張ってきた選手とお別れができないのがどれだけ辛いことか。


きちんとしたお別れの場を設けてくれた大分FCさんには本当に感謝です。
ありがとうございました。


今季はホーム21試合アウェー10試合。
合計31試合に行きました。
スポパは数えていません(笑)
ご挨拶に来ていただいたみなさん、声をかけていただいたみなさん、お気遣いいただいたみなさん。


全ての皆さんに 「ありがとうございました」


最後にいつもの言葉で締めます。
       
がんばろう 大分トリニータ!!
がんばろう 大分12番!!

(2017シーズン リーグ戦ブログ 終わります)
(長いブログを読んでいただきありがとうございました)



























コメント

2017-11-16 スポパへ(最終節 熊本戦の前に)行ってきました

2017-11-17 19:49:30 | 大分トリニータ
公式よりリリースがありました。
本当に驚きました。

=以下  公式より=
                  
山口貴弘選手 現役引退のお知らせ

この度、大分トリニータ所属の山口貴弘選手が、今シーズン限りで現役を引退することとなりましたのでお知らせいたします。
なお、ファン・サポーターの皆様へは11月19日(日)に行われるホームゲーム最終戦セレモニーにてご挨拶をさせていただきます。
               
【コメント】
「今シーズン限りでプロサッカー選手としての現役を引退することにしました。
これまでたくさんのファンの方々、サポーター、ボランティア、スポンサー、監督、コーチ、スタッフ、チームメイト、家族、様々な方に支えられて11年間プレーすることができました。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
大歓声の中でプレーすることは何物にも代え難い喜びでした。
大分トリニータという素晴らしいチームで最後を迎えられることに嬉しさと誇りを感じています。
これまで多くの素晴らしい指導者の方々に育てていただきました。
今後は自分もその道を歩み、成長を促していけるような人間になっていきたいと考えています」
   



今日、スポパに行っていた仲間から送っていただいたぐっさんの写真です。
仲間がねぎらいの言葉をぐっさんに言うと「前向きな引退です」って語ってくれたそうです。
ぐっさん 今までお疲れさまでした。
本当にありがとうございました。
(引退や移籍の知らせは寂しいものですが前向きに捉え、応援しつづけたいと思います)




まだまだ先の事だと思っていたトリニータの試合もあと1試合となりました。
スポパでの全体練習もこの日(11月16日)を入れてわずかに3日。
何かに追い立てられるように焦ってしまいます。
何かを忘れてはいないだろうか?
今何を選手に伝えたらいいんだろうか?
言いたいことはたくさんあるけど、今はとにかく来年もトリニータにいて欲しいとお願いをすることが最優先と考えスポパに行きました。

この日は真冬並みの寒さらしい。
首にマフラーを巻いて完全防備でスポパへ到着。
いつもの仲間が次々に集まってきます。
今日も楽しい1日が始まる予感がしてきました(笑)


////////////////////////////////////////////////


トリニータブルーの空に一筋の飛行機雲が見えます。


AM10時。
全体練習の始まりです。


練習が始まってすぐの仲間たち。
これが最後には何人になるんだろう(笑)

               
「練習終了」 

少しメニューが代わっているようですが練習が終わって楽しそうにしているのは「ジャニちゃん」「川西」「たっくん」の3人。


座ったたっくんにちょっかいを出すのは「ジャニちゃん」(やっぱり)


すかさず加勢したのが「川西」


こちらから見るとじゃれているようにしか見えない3人ですが、たっくんは何となく寂しそう。


私がそういう目で見ているのか、実際にそうなのかは分かりません。
でもそういえば川西もいつもの雰囲気とは少し違います。


ふざけていたジャニちゃんでしたが、


段々口数も少なくなり


いつもまにか、おふざけは無くなりました。


全体練習はこの日(木)を入れて3日。


日曜日に最終戦があり、最後にいつものセレモニーがあり選手とサポはそこが終わりとなります。


翌日の月曜日は選手ミーティングのみで2017シーズンの大分トリニータは解散。
(自主練はあります)


スポパに行けば必ずいた選手がいなくなってしまいます。


そういう季節が今年も来てしまいました。






//////////////////////////////////////////////////
                    
「選手出待ち」   

眠りから覚めたばかりのミーちゃんは少しご機嫌が悪いんです(笑)


でもブドウのグミを食べると元気が出てきました。
(そういえばキヨピーもグミが好きだっけ)


最初に出て来たのは「ぐっさん」と「黒木」   
2人で写真をお願いします。

黒木「やったー小顔効果になる」
ぐっさん「お前 止めろよ、聞こえるだろ」
小声で話したつもりのお2人の会話をしっかり聞いていた人がいましたよ(笑)


お姉さま軍団「おめでとうございます。赤ちゃん可愛いですよね~」と言うとニコニコ笑っていました。
「黒木くん来年もトリニータでよろしくお願いします」


そこにお菓子を持ったミーちゃん登場。


しっかり2人にあげていました(えらいねぇ)



次に出てきたのが「姫野」 
ミーちゃんとハイタッチ。           


お姉さま「姫ちゃん、来年もトリニータをよろしくね」


「シキ」
「ミーちゃーん」と大きな声で近寄ってきたのはシキ。
少し前は逃げられたのですがこの日は大丈夫でした(笑)



でも抱っこできたのは、ほんの数秒間だけ(笑)
帰り際、ミーちゃんに投げキッスをするシキ。


「シキちゃん来年もトリニータでよろしくお願いします」


この日 強化部長 哲平さんの姿がありました。


監督を中心に何か話していますが、もちろん何も聞こえません。
(耳はダンボ状態でしたが(笑))


「岸さん」
お姉さま軍団「1年間 キャプテンありがとうございました」


「岸さん来年もトリニータでよろしくお願いしますね」


岸さんにサインをいただきました。



ありがとうございました。



「日高 由貴(ひだかゆうき)」さん
御存じ チアスポオオイタの日高 由貴さんです。
ミーちゃんからお菓子を貰って


「パクリ!」

今年も1年間 スポパでお世話になりました。
思い返すとずいぶん邪魔をしてしまったと反省しています。
来年は控えめにしようかな、と(笑)
ありがとうございました。

               
「ソンス」 



なかなか試合に出れなくて元気がなかった時もありました。


でも頑張っていたのをずっと見ていました。



「ソンスくん来年もトリニータでよろしくお願いします」


「惇」
ミーちゃんにお菓子を貰って・・


「パクリ」
(日高さんと同じだ)


サインをいただきました。


ありがとうございます。



お姉さま軍団「惇くん、(完全移籍の件)もう哲平さんにお願いしちょんけん」
もう笑うしかない惇くん(笑)


「惇くん来年もトリニータでよろしくお願いします」

               
「レイチェル」 



イケメンぶりに圧倒されたのかだれも言葉を発しないお姉さまたち(笑)


たまらず私がひとこと「すいません 写真を・・」
(え! 違う違う)


「レイちゃん来年もトリニータでよろしくお願いします」


次からはきっちりはっきり言おうと反省(笑)

「コテ」


「来年もトリニータでお願いね」と、10人近くのお姉さまから言われたコテ。


誰に目線をやって良いのかわからずキョロキョロと(笑)


「コテくん来年もトリニータでよろしくお願いします」


「フック」

あるサポさん、フックの顔を見たら泣き出したらしい。


「居なくなる前提で泣いてる?」って聞かれて慌てて否定。


「フック、女心はそういうもんなんだよ」って女心を一番知らない私が言ってみる(笑)



「フック来年もトリニータでよろしくお願いします」



「智輝」
キヨピー2人で出て来た智輝。



「智輝君、来年もトリニータでお願いね」」


「キヨピー」


お姉さま軍団「キヨピー、最終戦出れそう?」


キヨピー「出れるように頑張ります」
心から期待しています。


「キヨピー来年もトリニータでお願いします」



ミーちゃんが監督とハイタッチをしようと待っています(お利口さん)



「片野坂 監督」
ミーちゃんが待っているのを知ると、そばに近寄ってきてハイタッチをしてくれました。


監督に向かってみんなで「監督 来年もトリニータを宜しくお願いします」と言うときちんと帽子を脱いでお辞儀をしてくれました。


                    
「大分FC 広報 じゅんじゅん」     

この日は最後なので私が1年間お世話になった人を皆さんアップしていきます(笑)
毎回毎回、嫁がいろいろな無理難題を言いました(例えばラインにニータンやリッジーのスタンプを作って欲しいとかその他)
そのたびに真摯な回答をしていただき、本当にありがとうございました。



ミーちゃんがお菓子を持って行く相手は?



「伊佐」




伊佐くんのサインをいただきました。



ありがとうございました。



「伊佐くん 来年もトリニータで」と言ったところで「ハイ でもまだ終わってないやん」と言われましたが、先手必勝ですから(笑)




「竹内」


お姉さまから囲まれた彬さん。




「彬さん来年もトリニータでお願いします」と言うと「良い お年を!」と切り返されました(笑)
さすが!!


サインをありがとうございました。


「直人」


今日(11月17日)が誕生日の直人。


みんなで 
                  
「♬ハッピバースデーツーユー♬」



「♬ハッピバースデーツーユー♬」



「ハッピバースデー ♬ディア ナオト~  ♬ハッピバースデーツーユー♬」 




顔を真っ赤にしながら「みなさん 本当にありがとうございます」と何度も礼をしました。



サインをいただきありがとうございました。
「直人くん 来年もトリニータでお願いします」



「昂洋」
ミーちゃんを見つけるとクーラーに座りハイタッチ(笑)



写真をプレゼントすると「おお!」って喜んでくれました。



「昂洋くん来年もお願いしますね」



「ごっちゃん」
このごっちゃんを撮っている女性こそ私が尊敬するアウェーカメラマン「ERI WATANABE」さんです。
ドキドキしていました。
前節の徳島戦。
選手の泣いている姿をまじかで撮っている「ERI WATANABE」さんの姿をずっと目で追っていました。
その距離5~60センチほど。
どんな気持ちで撮っているんだろうってまず思いました。
泣いている選手を撮りながら、心の中で自分も泣いていたそうです。

もっともっと話をしたかったけれど、言葉が出てきませんでした。




「ごっちゃん 来年もトリニータでお願いしますね」



「吉坂 GKコーチ」



ごっちゃんと2人で写真をお願いしました。



隣にいたサポさんが「アイフォン10」を買ったということで「顔認証」の話になり



吉さんが「わしがにらみを利かせても(顔認証は)無理か?」のひとことで大爆笑に(笑)



「常田」



お姉さま「大分どう? 良いところでしょ? (大分に)いてくれるよね」



 「常田くん、来年もトリニータでお願いしますね」




「岸田」「大津」               



「たっくん」「ジャニちゃん」



「川西」の5人が同時に出てきました。


こうなると捕まえられるのは1人だけ。
少し早いですが11月19日の最終戦が誕生日のたっくんにみんなで「誕生日 おめでとう」


サインをありがとうございました。


「たっくん、来年もトリニータでお願いしますね」


「川西くん 来年もトリニータでお願いしますね」


「容平」



なかなか試合に出れない容平。
全体練習は全てこなしているので、もしかしたらという期待は持ち続けています。


最終戦に出てゴールを決めたら泣くよ、きっと。



サインをありがとうございました。
(ア〇さん、ありがとうございました)



「まだかな? まだ出てこないのかな? もう2時間待っているわよ」



「ママ~ 帰ったのかなぁ?」



「でももう少し 待ってみるわ」



「キャー 出てきた」



「どうしよう 隠れたほうがいい?」



「ミーちゃん、お待たせ 待った?」



「あら? 早いのね。  私は今来たところよ」


というような会話はなく、修さんを待っていたミーちゃんは抱っこ大好きです(笑)


インタビューの間もずっと抱っこされていました。





「修さん 来年もトリニータでお願いしますね」


サインをいただきました。


ありがとうございます。


修さんが帰った後ミーちゃんは少し寂しそうでした。



「つばさ」


「つばさくん 来年もトリニータでお願いしますね」


「鈴木 義」


お姉さま「名〇屋には行かないでね、大分に残ってね」


「ノリ君 来年もトリニータでお願いします」


「國分」
「國分くん  来年もトリニータをお願いします」


「ムン」


ゆっくりと「ムンくん トリニータでお願いね」」


「高木」
高木に写真をプレゼントしたら喜んでくれました。
  「高木くん 来年もトリニータでお願いします」


「さんぺー」
最後の最後に現れたさんぺー(笑)



こうやって全部の選手を出待ちするのもこの日が最後かなぁ、と思ったら何となくしんみりしてきました。



さんぺーの笑顔を見ながら今年もこの笑顔に何回助けられたんだろうってボーっと眺めていました。



「来年もトリニータにいてください、宜しくお願いします」
そういってお願いすることがもしかすると選手を苦しめるかもしれない。


今季 1度も試合に出なかった選手は新しい自分の居場所を探しているかもしれない。
今季活躍した選手はJ1からオファーが来てるかもしれない。



短かいサッカー人生を考えると新天地を見つけることは当たり前のことだと思う。




それでもやっぱり今の選手が好きで仕方がない。
だから。
「来年もトリニータにいてください、宜しくお願いします」って全選手に言いました。


今年の春。
新加入の選手のチラシを200枚近く作り熊本キャンプ、スポパで配りました。


そこからなんでも話せる仲間になった人がたくさんいます。
シャッターをアウェーカメラマンの「ERI WATANABE」さんに押してもらう幸運に恵まれました。
本当にありがとうございました。
(皆さんの笑顔が最高に素敵でした)



さて最終戦。
勝って終わりましょう。
そして選手と共にサッカーを楽しみましょう。
                   
がんばろう 大分トリニータ!!
がんばろう 大分12番!!  

                    
トリニータ 最高!!

























コメント

2017-11-11 第41節(アウェー) 徳島戦 1-0 負け

2017-11-14 18:49:12 | 大分トリニータ
今季アウェー最後の徳島へ行ってきました。


その前にローソンにチケットを買いに行くと「トリニータ」の名前が間違っている。
あれ? 「大分トニリータ」ってどこのチーム?って突っ込みを入れるのも大人げないのですが、まぁこれは記念にってことで写真をアップ(笑)
それにしても言いにくいんだよね、この間違った名前は(笑)


今回の遠征はフェリーとバスを利用します。
何度かフェリーを利用したけれど、人が多いと寝付けないという神経質な嫁の意見でベットの部屋をとりました(笑)


これは快適でした。
寝返りが打てるし、テレビは見れるし、スマホの充電はできるし、カーテンを閉めると真っ暗になるしでおかげでぐっすり9時間寝れました(笑)
と言っても私はどこでもぐっすり寝ることができるんですけどね(笑)
(でも夜行バスはけっこうきつかったナァ)


「明石海峡大橋の下をもうすぐ通りますよ」といういつものアナウンスでデッキに写真を撮りに行ったんですが朝はめっきり寒さを感じるようになりました。


フェリーを降りて神戸からツアーバスに乗り換えです。
バス2台で合計78名。
私が乗った2号車は41名。
ドライバーさんは岡山戦で勝った時のドライバーさん。
縁起を担いで同じドライバーさんを指名したというツアー責任者さん、あんたは偉い(笑)
来季も宜しくお願いしますね。


「ポカリスエット スタジアム」
AM10時半「ポカリスエット スタジアム」に到着。


いつものようにアウェーサポ歓迎の幕に迎えられました。
(大分FCさん、アウェースタジアムの良いところは是非学んでください、お願いします)


岡山でも見た「エコステーション」です。


数日前の予報では雨でしたが途中から晴れに変わり、すっかり秋らしい晴天に恵まれました。
良い試合になりそうな予感がします。



神社がありました。
これは大分のパークプレイスのなかにあるトリニータ神社のようなものなのかな?







名古屋で声をかけてくれた美男美女カップルに出会いました。
お久しぶり。
男性がキヨピーファンということでキヨピーの話で盛り上がりました(笑)


「スタグル」
スタグルが11時から開店です。
さて何を食べようかな?


「トンバラ丼」
大分では食べないスタグル、ということで「トンバラ丼」に決定。



「ティスちゃん」   
ビールと一緒に丼を食べていると近くに「ティスちゃん」が見えたので途中で食べるのを止め、さっそく「ティスちゃん」の元へ(笑)
配っていた写真にサインを貰い、再び丼を食べようとしたところに、今度はヴォルタくんの姿が。


「ヴォルタくん」   
またまた食べるのを止めサインを貰いに近くに行くと、何やら面白いポーズをとっています。



よくわからないけど、可愛いので早速サインをいただきました。


2人からいただいたサイン。
とっても上手に書けています。
ありがとうございました。

           
「竹ちくわ 体験コーナー」



やりたかったけれどここで開門の時間が近づいてきたので入場口に急ぎます。


「12時 開門」
スタジアムの中です。
バクスタ側になります。


こちらはメイン。


正面がG裏になります。


入場のときにいただいたポカリスエットのゼリー。
「美味しかった」


「大分 Gうら」

大分G裏。
まだ少しのんびりに見えます。


久しぶりに会う仲間たちといつも会う仲間たち。
(個人サポさんはこの日が最後になるかもしれないって後から気づいて愕然としました、そうだよね来年もその選手が大分に残る保証はないもんね)


ものすごい勢いで作ったという「大津 耀誠」のゲーフラ。
クオリティの高さに驚かされました。
凄い。


嫁のゲーフラと一緒に(笑)


「フックのゲーフラ」
頼まれたものだそうです。
あまりに「ドヤ顔」なのでてっきり本人が作ったんだと勘違いしてしまいました(笑)


試合前 大量の水を撒いています。
これはボールを走らせパスを回しやすいようにする徳島のサッカーの為です、でも大分も今季は得意だからね(笑)
(虹がきれいでした)


GKが出てきました。
なんとスタメンは高木です。
39試合ぶりの出場ですが私は全く不安を感じていませんでした。
スポパでボロボロになるまで練習をしている高木をこの1年間見てきました。


案の定、高木の顔には不安も気負いもありませんでした。


高木のコールが終わった後、彼は手を挙げ「俺に任せろ」と言わんばかりに


Gうらに向かって親指を挙げたんです。
これは自信がなければできません。
高木という男の気持ちの強さを感じました。


今回はサブの直人。
しかし高木も直人がサブにいるからこそ、安心して思い切ったパフォーマンスができたのだと思います。


選手がピッチ内練習に出てきました。
この日のゲームキャプテンは鈴木 義。








         
「徳島 G裏」  

「大分 G裏」

ざっと見て3~400人のサポーターが徳島に駆け付けました。



さんぺーは4試合ぶりの試合となります。


スタメンを大胆に替えてきた片野坂監督。


GKを直人から高木に。
竹内をスタメンから外し、3バックの中央に鈴木 義を入れ、右にソンスを入れました。



PO進出まで2連勝し、なおかつ他チームの結果次第という厳しい条件ではあります。
望みはわずかしかない。
しかし可能性がある限り全力で戦う大分の選手。


さぁ キックオフ!


開始早々 ハイプレスをかけてくる徳島。


球際で激しいぶつかり合いが続きます。


3月18日の第4節ホームでの徳島戦では自分たちのサッカーが全くできずに敗れました。


あの時の悔しさから10ヶ月。


成長し続けた片野坂トリニータの完成した姿を今日は見せてやる。


この日を待っていたかのように選手は生き生きしています。


徳島のハイプレスを受けながら落ち着いて、いなしながらパス回しをする大分。



それでもホーム最終戦の徳島は90分間持つのかと思うほどのハイプレッシャーをかけてきます。









久しぶりのゲームとは思えないほど落ち着いた試合運びをする高木。
見ていても頼もしかった。


               
18分 大分チャンス

フリーになったレイからのクロスを


これまたフリーの岸田がシュート。
が、惜しくもボールは枠の上。


ソンスと岸田の守備も光ります。
徳島16番 渡が持ち込んだボールをソンスが右で抑え、



渡が切り返えたところを岸田が奪いカウンターを狙う連携の良さも随所に見れました。



           
24分 大分チャンス

惇からのボールをレイがクロス。


これをヘディングで合わせたさんぺー。
しかしこれは惜しくも枠の右。

           
25分。 

さらに大分の攻撃が続く。
惇から精度の高いボールがレイに。
レイがクロスを上げる。
あわや得点か?と思わせる。
この日、何度この場面を見たことか。


「32分」 大分ビッグチャンス
まず鈴木 義が下りてきた惇にゆっくりとパス。
受けた惇がいつものスピードでフックにパス。
さらにフックから鈴木 義を経由してGK高木へとゆっくり返す。


再びGK高木から惇へと渡る。
この時点で徳島からのハイプレスは無し。
惇がFW2人の間をうまく通し川西へ。
川西がフックへパス。


フックがレイにパスを出した瞬間、川西が走り出す。
受けたレイがヒールパス。
これを受けたごっちゃんが追い抜いたレイ、川西の前に落とす。
この時点で相手ディフエンスは1人。
完全に数的優位になる。


空いたスペースにはさんぺーがいる。
そのさんぺーにレイがパス。
これでさんぺー対GKの勝負となる。
さんぺー、シュート。
しかしGKの手に触れ惜しくもボールは枠の外へ。
この攻撃は圧巻でした。


「40分」 大分チャンス
カウンターから岸田のボールはごっちゃんへ。


ごっちゃんミドルシュート。


これはGKが触り無情にもポストに弾かれた。



両者 共に譲らない展開にワクワクしながらも絶対に負けられない思いがさらに強くなっていきます。





「ハーフタイム」

知らない間に写真を撮られていました(笑)
選手を応援している嫁と私の2ショットを実は初めて見ました(笑)
後ろからはこんな風に見えているんですね(笑)


この写真を撮ってくれたトリパンダさん、本当に嬉しいです。
ありがとうございました。



「後半 開始」


後半に入ってもお互いのスピードが落ちることはなく、質の高いプレーが続きます。




 

「50分」
「56分」

徳島 コーナーキック。



「58分」
ごっちゃんシュート  これはGKにキャッチされる。






「60分」       
岸田クロス あわやゴールか?

             
「61分」
「62分」
「63分」
  
大分コーナーキックのチャンスが続く。




「66分 」  
三平 和司 → 大津 耀誠に交代



ここまでお互いチャンスがありながら0-0.
ただし決定的なチャンスは大分に数多くあった。







目まぐるしく入れ替わる攻守。
そんな中「71分」ごっちゃんがミドルシュート。            
しかしこれはクロスバーに嫌われる。



                
「75分 」 

岸田 翔平 → シキーニョに交代


             
「81分」

黄 誠秀 → 伊佐 耕平に交代


ここから3枚の写真はレイが快速を生かしてタッチラインを割ろうとしたボールを拾ったところ。
その右に写っている監督の仕草を見て欲しい。
片野坂監督がいかに選手と一緒に戦っているかがよくわかると思う。





「89分」
しかし一瞬のスキを突かれて渡 大生にゴールを許してしまう。
1-0。

大分に必要なのは2点。
残り時間はわずかに4分間。
攻める大分。


守る徳島。


時間だけが過ぎていく。




「94分」最後のコーナーキック
この日13回目となったコーナーキック。
GK高木も加わった。
しかし相手のネットを揺らすことはなかった


審判の長い笛。
この瞬間J1への夢は絶たれた。


思わず座り込んだ惇。


この時はまだわからなかった。
しかし後ほどの惇のツイートを見ると「自分の軽率なワンプレー」という言葉があり、それが気になり自宅に帰って失点シーンを何度も見直した。
ゴールを決められたということはチーム全体の責任であり決して一人の責任ではない。
しかしそれをインタビューの席やツイッターで言えるのは真に心の強さを持っている人なんだと思う。



「大分は強い」
この試合を見た人はみんなそう思った事だろう。


思えば今年の春。
熊本キャンプで片野坂監督から聞こえてくる言葉は「早く、早く、もっと早く」と


「ワンタッチで動かせ、ワンタッチ」という2つの言葉だけだった。


今でこそキーパーから繋いでいく「ビルドアップ」という言葉がサポーターにも浸透して、「前に蹴れ~」という大きな声を聴くことが無くなったが
最初は不安だらけだった。


確認するために、遠征から自宅に帰ったときに徳島戦よりも先に開幕の福岡戦を見た。
(嫁から何してるん?と驚かれたが(笑))


福岡戦、勝ちはしたが不安は残った。
繋ぐというよりも相手が来たから蹴る。
相手を喰いつかせて~など関係なくボールが来たからパスを出す。
決してそうではなかったのだろうけれど、今の完成した大分のサッカーとは程遠い地点にいたのは間違いなかった。


1つのパスミスが即 失点に繋がることの怖さ。


しかしそれをも勉強と捉え3月26日第5節 アウェー熊本戦ではロングパスを1度も使わせなかった監督。


そんな経験が大分のサッカーを高めて行った。
相手ゴールまで攻めても難しいと判断するとGKまでボールを下げ、そこから再び流れるように攻めてシュートまで行ける。


一時期、あれだけ苦しんだハイプレスを今は逆に楽しんでいるようにも見える。


気持ちに余裕があるのが分かるので安心して見ていられる。


どの選手が出ても同じようにハイレベルなプレーができる。
そのことを証明した試合でもあった。


試合を通して押していたのは大分。
レベルの高い最高に面白い試合だった。


昨年はJ3だった。


J2に昇格した今季の目標は残留できる勝ち点45が目標だった。
それをクリアし、次なる目標は勝ち点61に。
さらにクリアしたその次はまったく現実味の無かったJ1へという夢だった。


その夢をあと1歩まで手繰り寄せてくれた選手、監督には感謝以外言葉がない。


来季もこの選手たちと共に戦いたい。


この子供たちが大好きです。










「フック 泣くな~」と叫んだ声が泣いていた。



引き上げる選手たち。


竹内が立ち止まった。


遅れて歩く惇に黙って手を差し出した。


ここで終わったわけではない。
闘うべき試合がまだある。
9月2日 第31節 ザスパクサツ群馬に勝利して以来勝ちが無いホームで何としても勝たなければいけない。


選手が好きで仲間が好きでどこまでも応援し続けた大分トリニータを愛する人のために。



鈴木惇のコメント


「最後までやり切りたい。
それが最低限のプロサッカー選手としての仕事だと思うので」

               
頑張ろう 大分トリニータ!!
頑張ろう 大分12番!! 


(船の中で声をかけてくれた女性サポさんたち、サービスエリアで声をかけてくれた義宜サポさん、
スタジアムで声をかけてくれた皆さん ありがとうございました)
























コメント

2017-11-8 スポパへ(徳島戦の前に)行ってきました

2017-11-09 22:15:49 | 大分トリニータ
小雨が降る中、昨日(11月7日 水)スポパに行ってきました。
嫁は冬夜のお守りでこの日は欠席。
嫁の替わりに私がするべきことを書いた紙を渡され、前日から何度も繰り返し確認をされ、それだけで私の頭の中は満タンに(笑)
さらにいつものお姉さま軍団にもお願いしているという念の入れ方。
さすがはA型の中のA型、自分が請け負った仕事は完璧に遂行します(まるでゴルゴ13のよう)
(味方にすれば頼もしいが敵にはしたくないタイプです(笑))
ということで若干の不安を抱えながらスポパ到着。
同じ時間に来たお姉さま軍団と合流し、いつもの場所に荷物を置きカメラの用意をします。
ふとSさんの姿が見えたので話しかけたところ、お店に飾る旗に選手、監督のサインをいただきたいので手伝ってほしいとのこと。
お安い御用と、選手を待ちます。

               
「レイチェル」

まず一番先に出て来たのはレイチェル。


気さくにサインをしてくれました。

            
「シキーニョ」

続いてにこやかに登場したのがシキーニョ。




同じくサインを書いてもらったのですが、マジックが細字だったのであまりわからず、残念。


レイチェルの右側に書いてあるのですがよく見えないですね。
サイン+(直訳すると大きなハグ、、、と書かれているので大好き?という意味なのでしょうか?わかりません)

          
「岸さん」    




同じ書いていただくのならサインと一緒に一言書いてもらおう、ということで岸さんの書いたのは「お店来てね!!」


「黒木」              
「お子様誕生 おめでとうございま~す」と全員で。
「ありがとうございます」と黒木。


大分で練習が終わって熊本の病院に3日間通ったそうで、本当に優しいですね。
黒木 朝陽(あさひ)ちゃん、可愛いですね、おめでとうございます。


しばらく考えて書いたのが「お店来てね!」って「岸さんと一緒かーい!」(笑)

           
「姫野」

さらさらっとサインをした後、「一言お願いします」に固まる姫野(笑)


なんて書こうかな?と迷っていると。

        
「ぐっさん」   

次に来たのが「ぐっさん」


同じくさらさらとサインを書いた後、、、、手が止まる(笑)



書いた文字が


「ファイト!」

             
「コテ」

なぜか書く前から固まっているのは「コテ」


何を書こうか?


みんななんて書いてるの?


結局コテが書いたのは「楽しむ」、、、良い言葉です。

            
「監督」
    


何と書くのかこれは楽しみ。


「感謝」、、、いかにも片野坂監督らしい言葉ですね。


         
「伊佐」  



「一言書くの?  あれやなぁ」


「しっぽり飲み!!」、、もうこれしかないってくらいピッタリ(笑)

           
「たっくん」  



「う~ん、なんだろう?」


「努力」、、、いかにも真面目なたっくんらしい(笑)

                 

「さんぺー」  



「・・・・」


凄い真面目な顔で「しっぽり」、、、って(笑)

           
「キッシー」 



「全力!」、、、生真面目な岸田にピッタリ。

            
「吉坂GKコーチ」 



「ひとこと?  う~ん」



書いた後、ドヤ顔の吉さん(笑)


何と書いたのか?
「出血大サービス」って(笑)
さすが関西人、、、発想が凄い(笑)

     
「ソンス」



真面目なソンスが何を書くんだろうって興味津々。


伊佐、さんぺーに続いて「しっぽり」3人目か~い!!(笑)

            
「ジャニちゃん」




「がんばりまーす!」
さすが気持ちが伝わる言葉(笑)

       
「大津」

「同点ゴールおめでとうございます」と言うと「ハイ」とうなづいてくれました。
カワイイ(笑)


そんな大津が書いた言葉は。




「結果」、、、周りにいた全員が「おおー!!」
(今の大津にピッタリ)

               
「キヨピー」

あれほど何度も何度も嫁に言われていた「TM(トレーニングマッチ)の復活ゴール おめでとうございます」の言葉をキヨピーに言うのをすっかり忘れていました。
言い訳するわけじゃあないけど、選手を目の前にすると頭が真っ白になるんだよなぁ(これは本当です)
改めて                      
「キヨピー11月6日の復活ゴール おめでとうございます」    



キヨピーが書いたのは「試合に出る!」
(心から待っているよ)

                
「惇」



「なにを書こうかな?」って迷っていたので。


「(来季も大分でプレー!)って書いてくれたらみんな大喜びしますよ」と言うと笑いながら書いたのが。


「がんばります!」でした(笑)

             
「吉村ヘッドコーチ」



ひとこと「J1」でした。
(おお!!)

              
「フック」 



なぜかみんな一瞬顔が固まってしまいます(笑)


「また来てね!」と。

                
「つばさ」



これから試合でも始まりそうなシラシンケンな目(笑)

     
「國分」 



「おいしいよ」と書いてくれたのは國分。


ここまで22人。
最後まで行けるかな?

              
「広報 じゅんじゅん(大橋 改め じゅんじゅんです」 



監督と同じく「感謝」です。

          
「彬さん」 




「がんばります!!」と書いていただきました。

          
「鈴木 義」 




みんなのを見ながら。



「がんばります」ってジャニちゃん、彬さんに続いて3人目か~い(笑)

                
「川西」



しばし考えて。


「待ってます」


              
「容平」 



考えて、、、


考えて、、、


「待ってます」って(笑)

             
「ごっちゃん」 



う~~~ん


「がんばります」

           
「常田」   



「・・・・」

             
「智輝」  




「お店に来てね!」


              
「安岡 副務」


            
「直人」   



じっと見て。


「バモス」

                
「修さん」 



「あれ? 今日はミーちゃんは?」
「そんなに毎日毎日 来れんわ」とお姉さまから鋭い突っ込みを受けていました(笑)



「おおきに♥」と書いた瞬間、お姉さまから拍手が起こりました(笑)

             
「高木」  



しばらく考えて。


「コーヒー!」って(笑)

              
「ムン」 





誰か 訳して?(笑)

             
「昂洋」

最後に出て来たのが昂洋。 


「うわぁ、(旗が)懐かしいですねぇ」とニッコリ。


「おいしい」と書いていただきました。

           
「完成です」

選手の皆さん、仲間の皆さん雨の中ご協力ありがとうございました。
完成しました。
お疲れ様でした。



///////////////////////////////////////////////////////////////////////
          
「番外編」 


伊佐とキヨピーの間に何やら不穏な空気が。

伊佐「本当だろうな!男に二言はねえな!」
キヨピー「あるわけねえだろ」


2人「分かった、もう四の五の言わねえ」



姫野「ヤバイ、 マジだ! この2人はマジだ!」


姫野「よ~しこうなったら、俺は伊佐の兄貴に全てを賭けよう」


伊佐「しかしこの勝負 かなり厳しいぜ」


キヨピー「ふふん、今頃になっておじけづいたのか?」


キヨピー「だったら先に行かせてもらうぜ!」


キヨピー「ど、どうだ?」


伊佐「おや~あ?」


伊佐「あれ? あれ? あれ~?」


伊佐「失敗したのかな~? キヨピーちゃ~ん?」


キヨピー「やば!  マジやばい」


「よし!ここはチャンスやで!」


「よ~く、狙って!」


「どや? どうなんや?」


「ウォォォォォオオオオー!!」


「見たか! ヒメ~見たか~!」


「やったぞ! 俺はやったぞ~!」


「勝利の女神はオレに微笑んだぞ」


「今日は大分市内をパレードだ!」


「♬線~路は続~くよ~♬ど~こま~で~も~♪」


「どうでもええけど、お前スキップ下手やな~」


「インスタに動画アップしたら良かったなぁ」


ヨーヘー「なぁ、あいつら何を賭けてたんだ?」
ジュン「ここだけの話(アンパンマン グミ)みたいです」
ヨーヘー「・・・・あほや」(笑)

チャンチャン。
(なおごくたまにですが、言葉が間違っている場合があります、先にお詫び申し上げます)



とまぁ冗談はここまで。
今季も残り2試合。
まずはアウェー徳島戦、絶対に勝ちましょう。
明日 出発します。
必ず勝ち点3を大分に持って帰ります。
徳島に向けて念をお願いします。
                      
残りの試合を全力で戦おう!
がんばろう 大分トリニータ!!
がんばろう 大分12番!! 



(今回のスポパもたいへん楽しい時間でした)
(ご一緒した皆さん、ありがとうございました)



























コメント

2017-11-5 第40節(ホーム)山形戦 1-1 ドロー(大津同点ゴール)

2017-11-07 18:08:29 | 大分トリニータ
大銀ドームに到着するとDAZNの女性(アナ?キャスター?)さんからインタビューを受けました。
この試合にかけるサポーターとしての想いは?
昨年J3からJ2になったばかりなのに今、POを狙える位置にいるのは何が良かったのか?
そもそもゴールキーパーから繋いでいくビルドアップという今のチームのやり方に不安はなかったのか?
等々聞かれたので選手の名前を挙げながら答えたところ、『選手をよく見てますね〜』って感心されました。
『サポーターですから』と答えるとさらに詳しく聞いてきたので『あなたも良く知ってますねぇ』と私が感心すると『そりゃあね〜』と女性キャスターさんに苦笑いされました。
そりゃあそうですよね。
たいへん失礼しました(笑)
で、それだけ長く話したのに本番では『今朝も(サポーターの方は)必勝祈願に行ったようです』とひと言だけだったで大笑いしました(笑)
でも、そんなもんですよね。
DAZNの女性キャスターの方、楽しくお話しできました。
ありがとうございました(笑)
(実際にこの写真を見せました)


スライム(青葉)くんと歩いていると「ヒロボーさんですか?」と声をかけられたのは修さんサポさん。


フォロワーさんだったのですが初めてお会いしました。
これからもよろしくお願いします。


ふと気がつくとスライムくんがいません(笑)
お姉ちゃん2人とドングリを探していました。



2人とも遊んでくれてありがとう。


この日は京都から来てくれたさんぺーサポさんと、大阪から来てくれたレイチェルサポさんと一緒に応援します。
よろしくお願いします。
(さんぺーサポさんはこの時間スポパへ)

                     
「大分市ホームタウンDAY」 

大分市民だったら無料ということもありなんとか1万人以上を目指したいものです。


「マッチデーステッカー」
この日はソンスですが、スライムくんは仮面ライダーの方が気になる様子(そりゃそうだね)


「今日のニータン」
大友宗麟 のコスプレに変身したニータンと一緒に写っているのはミーちゃんとりっくんとスライムくん(笑)


「大分市観光キャンペーンレディ 戸高 彩菜さん」
後ろのキャラクターは「たかもん」


スライムくんは不機嫌そうに見えますが実は照れているんです。
最近きれいなお姉さんを見ると照れるようになりました(笑)


少し時間をおいて、たかもんとの2ショットでは笑顔全開だったもんね(笑)


ハーフタイムでの今日の抽選の景品。


「サインボールくん、私の元に来るんだよ ナデナデ」(笑)


以前スポパでご一緒した川西サポさん。
(目の前を通り過ぎる川西を見ても、なかなか話しかけられずにいた方です)


山形から来てくれました。
(相変わらず控え目でした)
お土産ありがとうございました。


少しご機嫌が悪くなったスライムくんでしたが、Bさんご夫婦が話し相手になってくれたのですっかり機嫌が良くなりました。
(ドングリ大好き)


いつものようにMさん母娘さんが来てくれたので、いつものように「勝つぞ!  オオー!!」
いつもありがとうございます。
(おかげで負けませんでした)


次にご挨拶に来てくれたのはスポパでご一緒したレイチェルサポさん。
久しぶりにお会いできて嬉しかったです。
ありがとうございました。


「いつもブログを読んでます」とご挨拶いただいたのは延岡から来てくれた「直人ファン」のSさん。
Sさんがツイッターをしていないということで、娘さんがその夜フォロワーさんになっていただきました。
わざわざご挨拶いただきありがとうございました。
(娘さんフォローしていただきありがとうございました)


北九州からはAさん。
本当にクオリティの高い消しゴムハンコにまたまた驚きました。
(素晴らしいですね)


いつも遊んでくれる頼もしいお兄ちゃん「カイトくん」
(いつもありがとうね)

「山形サポさん」
こちらは山形サポさん。
約150人でしょうか?
遠いところをありがとうございます。

                
「ゲーフラ」                    


「直人」


「高木」      


「コレオ 初志貫徹」 

今季のトリニーターのチームスローガン 「初志貫徹」です。
この難しい字をよくぞ表現できたものだと感心するばかりです。
素晴らしい。

        
「キックオフ」  

POへの可能性をかけて絶対に負けられない90分が始まりました。


まず山形がハイプレスをかけてきます。





なかなか大分のペースがつかめません。


「5分」
山形 FK(フリーキック)のチャンス。
「8分」
山形 11番坂野 シュート 直人がクリア
「12分」
直人 ヘディングでクリア


大分はパスがつながりません。




山形が良いリズムで攻撃を仕掛けてきます。

「16分」
鈴木 惇 シュート。
これは相手に当たりコーナーキックを得る。
「18分」大分チャンス
川西から伊佐に渡ったボールを再び川西に。
川西がこれをシュートするも相手にブロックされる。
しかしこぼれたボールに反応したごっちゃんがシュート。
これはGKに止められる。
「23分」
ごっちゃん ミドルシュート これは枠の上。



「25分」大分ビッグチャンス
フックから岸田、再びフックと渡り素晴らしいクロスをあげる。
これに伊佐がヘディングで合わせる・・・


入ったかに見えたボールは惜しくも枠の右へ。
これは惜しかった。


「31分」
川西 シュート これは枠の上。



30分を過ぎたあたりから大分がセカンドボールを拾えるようになりました。




「40分」再び大分にビッグチャンス
川西からのロングボールを伊佐が落とし、後ろから走りこんだごっちゃんに。
ごっちゃんがこれをシュートするもクロスバーに弾かれる。
前節からクロスバーに嫌われているようです。
「44分」
鈴木 惇のロングボールに反応したごっちゃん、シュートを打つも枠の上。






「後半 開始」


0-0で折り返し。


立ち上がり主導権を握ったのは山形。
その後徐々に盛り返し惜しいチャンスを何度も掴みかけたのは大分。








「50分」大分チャンス
ゴール前で川西が倒されFKを得ます。



キッカーは鈴木 惇。


「53分」


選手の頭の上を過ぎたボールは大きく弧を描いて・・・


入ったかに見えたが・・惜しくも枠の右に流れました。


お互い相手ゴールを割れないまま時間が過ぎていきます。






「66分」
GKの一瞬のスキを突いて伊佐が詰めます。


「あわやゴールか」と思えるほどの伊佐の闘志溢れるプレーにドームが湧きました。


なんとか相手ゴールをこじ開けに行くもシュートまでできない時間が続くじれっい展開に。









             
81分

岸田 翔平 → シキーニョに交代
松本 怜 → 岩田 智輝に交代
両サイドを2枚替えしてきた監督。


この日は「大分市ホームタウンDAY」 
大分市民であれば無料にも関わらず1万人に届きませんでした。
それももしかするとJ1へ再び上がれるかもしれないという一番盛り上がって良い試合にも関わらず・・・。
これはかなりショックでした。
数字を見た時に驚きで固まりました。
普段が7000人から8000人の観客だから多くて1万3~4000人は入るだろうし、少なく見積もっても1万1~2000人は間違いないと思っていただけに・・・。
これは本当に怖い数字です。




「85分」
シキにうまくボールが出たがシュートまで行けず。


「山形 先制ゴール」
88分 山形 阪野 豊史がゴール。
0-1。


「90分」     
竹内 彬 → 大津 耀誠 に交代。  


シキからのボールを大津が受け・・・


こぼれたボールを伊佐がごっちゃんに・・・




ハーフラインから持ち込んだボールを・・・


上がってきたのを確認して・・・


蹴った。


そのままGKがキャッチするのかと思いきや・・・


20番がクリアーミス。


ボールはそのままゴールに向かうがおそらくクリアされる運命。


そこに現れたのが「ピカチュウ大津」じゃなかった「神様仏様 大津様」


祈るように見つめていたサポのすぐ目の前のゴールに大歓声が上がりました。


しかしそんな声にわき目も振らず、すぐにボールを抱えて逆転ゴールを狙う大津。
(頼もしい)


鈴木 惇がやって来てハイタッチ。


ごっちゃん、伊佐、川西もやってきた。


                               
「僕にできることは点を取ることだけだったんで」
「もう1点取れたので勝てた試合だったと思います」


「(自分の出番が)来たら絶対に(ゴールを)決めてやろうと思って見ていました」
「(監督からは)点を取って来いと言われました」    
大津 試合後のコメントより


「アデショナルタイム 4分」大分チャンス
コテがクロス。


受けた大津、周りをディフェンス3人で固められながら・・・・


強引に反転シュート・・・



惜しくもGKにキャッチされる。


悔しがる大津。



「大分最後のチャンス」
シキのロングボール。


再びシキに戻りドリブルでディフェンス2人をかわし・・・


クロス・・・


相手に弾かれたボールを智輝がシュート。
しかしこれは相手ディフェンスに当たり、ここで試合終了。


試合結果 1-1 ドロー。


終了の笛と同時に倒れこむ伊佐。
絶対に勝つことが求められた試合で勝つことができなかった。
引き分けたことでPO進出のチャンスがより厳しくなった。
自分があの時決めていれば。


この試合に勝つために毎日練習を積み重ね、その自信もあったことだろう。
あと1歩早ければ。
あと半歩先に行ければ。
時間にすれば一瞬だったのかもしれない。


伊佐の気持ちをあれこれ考えていると不覚にも涙が止まらなくなった。
まずい。
誰にも見られたくない。
幸いなことに一番前で写真を撮っていたので誰も気がついていない。


選手の写真を撮り終えて嫁のところに戻り、顔を見せないように下を向いていた。
嫁の視線を感じた。
ごまかしはきかない。
伊佐が肩を落としているのを見ていられなくて・・・と正直に話した。
よけいに止まらなくなった。


辛い練習をしたからといって必ず結果に結びつくものではないことは知っている。
がんばってる人にガンバレとは言いづらい。


それでも「伊佐 ガンバレ!」


厳しくなったと今一番感じているのは選手。
唇をかみしめる「彬さん」



「鈴木 義」


「レイ」


「フック」


「ソンス」


「直人」


「智輝」


「川西」


「ぐっさん」


「つばさ」


「大津」
                                  
『僕にできることは点を取ることだけなんで 「点を取ります」』 
試合後コメントより


京都からと大阪からのサポさんを大分駅で見送り、嫁に無理を言って誰もいなくなった大銀ドームに再び来ました。
残り最終節だけとなったドームを見ながら「最後は絶対にサポーターの笑顔を見せるから」と約束をしました。


「37周年 結婚祝い」
あるサポさんからプレゼントをいただきました。
開けると容平のサイン入りのトートバックでした。
手紙には「結婚37周年 おめでとうございます」と書かれていました。
2人で感激しました。
本当にありがとうございました。


もう一つ感激したことがあります。
東京銀座の画廊で個展を開いた銅版画の作家さんから作品をいただきました。
こんな高価なものをいただいていいのですか、と何度も確認をしました。
お手紙には「ブログの中に愛情があふれていて幸せな気持ちになります」と過分なお言葉がありました。
本当に恐縮するばかりです。

ありがとうございました。
作品名 『トリニティー(Trinity)』 



アウェー最後の徳島戦。

夢を追いかける選手を応援したい。
41回目の背中を押し続けたい。
残り2試合。
                   
がんばろう 大分トリニータ!
がんばろう 大分12番!!


(今節もご挨拶いただいた皆さん、声をかけていただいた皆さん、ありがとうございました)
(帰りのコンコースの男性サポさん、声をかけていただきありがとうございました)





























コメント

2017-11-1,2 2日連続でスポパへ(山形戦の前に)行ってきました

2017-11-03 19:46:12 | 大分トリニータ
11月1日(水)・11月2日(木)の2日連続でスポパに行ってきました。
11月1日に行ったのは川西の誕生日(10月28日)の恒例の水かけを見たかったからです。
日にちが違うじゃん、と今思ったでしょ(笑)
良いんです。
10月28日は千葉戦のために水かけは無し。
次の日(日曜日)は雨のために無し。
続く月曜日・火曜日は練習がオフ。
となると天気予報では晴れの11月1日に間違いない・・・と思って行ったのですが。
水かけはありませんでした。
やっぱり川西に水かけは気が引けるのかなぁ、と思っていたらなんと翌日の11月2日に水かけがありました。


/////////////////////////////////////////////////

まず最初に。
黒木選手、マーガリンさん 赤ちゃん誕生おめでとうございます。
とっても可愛いですね。
3日もかかったようでマーガリンさんお疲れさまでした。
本当におめでとうございます。

(スザンヌさんインスタより)

////////////////////////////////////////////////

ということで、残り3試合となり私がスポパに行くのも、あと数回となりました(寂しい)
でまぁ今回せっかく2日続けて行ったのだから、2日分の写真をアップしようと思い、なんと撮った枚数8千枚超え(もう笑うしかない)
アップした写真が多分200枚を超えました。
なので全員を載せていきます。

                   
GK(ゴールキーパー)
「上福元 」 



ここまでが限界と思いきや・・・


ここまで曲がるんです(凄い)

             
「修行 」

飛び上がるのは相手がシュートを打つタイミングを合わせるため、だそうです。



                
「ムン 」     



「高木」



「山口」

選手のオンとオフの表情のギャップに注目(笑)



「黒木」



「竹内」   



「鈴木」




「福森」



「レイチェル」 



あれ? レイチェルは変わらなかったかな?  (笑)


「ファン ソンス」      



「後藤」



「シキ」



「容平」



「岸田」



「清本」




「山岸」



「國分」



「伊佐」



「大津」 



「小手川」



「姫野」




「佐藤」



「三平」




「岩田」



「吉平」




「前田」



「鈴木」



「坂井」



「常田」



「川西」



「吉村ヘッドコーチ」


「吉坂GKコーチ」 




\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

11月2日(木)目の前でのオールアウトは大迫力で圧倒されました。
身体がぶつかる音。
選手の息遣い、飛び散る汗。
コーチングするGKの声。

全てが圧巻でした。

「さんぺーvsかわにー」


「つばさvs智輝」


「かわにーvsキヨピー」



「キッシーvsさんぺー」


「キヨピーvs惇」


「常田vsソンス」


「姫野vs伊佐」


「姫野vsつばさ」


「惇vsフック」


「智輝vsソンス」


「かわにーvsさんぺー」





\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\


「オールアウト  終了」
疲れ切った選手たち。











\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

                          
「11月1日(水) コテ チアスポの生中継」

本番前数秒前  コテの緊張が伝わってくる(笑)


本番 こっちまでドキドキしてきた(笑)


聞こえないけど上手く喋れてる?


日高由貴(ひだかゆうき)さんが手を挙げているので終わったのかな?



あ! コテも手を挙げたけど表情が・・・固まってる(笑)
(笑ったほうが良いんじゃないかなぁ)


え!?  笑ってる?  どうなの?


終わった~~~(笑)
こっちまでドキドキしたわ(笑)



\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

少し時間をおいて・・・。
11月1日(水)                              
「コテ チアスポ大分facebook限定インタビュー」 

今回はやり直しができるためか少し表情に余裕のコテ。


「チア」


「スポーツ」


「オオイタ」
コテ さすが余裕の笑顔でクリアしました(笑)
今回は邪魔が入らず良かったね。



/////////////////////////////////////////////////////

11月2日(木)                       
「川西 誕生日恒例 水かけ」   


本来の流れなら昨日(11月1日)だった水かけ。
スタッフさんももう(水かけは)無いなって思っていた気がします。
でも、何となく、そう何となく感じたんです(笑)


川西に近づく鈴木 義。
警戒する川西。


「次の山形戦ゴールしたら例の指輪にアレをする?」と鈴木義(笑)


なーんてことを言って川西の気をそらす鈴木(笑)
(目が笑ってない)


そこにオールアウトの疲れも何のその、横からゴールを狙う・・・じゃない顔を狙うごっちゃん(笑)


一瞬川西の判断が良く、顔をそむけ水は肩に。


そこで顔は諦め首の付け根に狙いを定めたごっちゃん(えぐい)


たまらず逃げる川西。


ごっちゃんの水が少なくなったところに横から川西に水攻撃。
誰だ?


あ!  悪そうな顔(笑)


スキを見つけたごっちゃん、再び首の付け根攻撃(笑))


こうなりゃあ、と最後の1滴まで絞り出すごっちゃん(笑)


川西 反撃開始。

「俺は無実だ、潔白だ」とぐっさん。
「いや! オフホワイトだ!」


「ごっちゃんvs川西」
オールアウトに続いてバトルに発展・・・の横を彬さんが何事もなく「す~~」と通り過ぎていった(笑)


結局ごっちゃん川西から一方的にやられる羽目に。


そこにレイ登場。
そっとレイにペットボトルを渡す策士ごっちゃん。


その水を頭からザザーツと・・・ではなく足元にこっそりかけるレイ(笑)


これにはさすがの川西も苦笑い(笑)



レイからペットボトルを受け取り・・・


きっちり栓を閉めるごっちゃん。
(真面目か!)


そこに現れたさんぺーちゃん(たぶん)


ブログにはアップできない恰好(たぶん)


もう笑うしかない(笑)(たぶん)


それだけは(笑)・・・(たぶん)



//////////////////////////////////////////////
                           
「選手 出待ち」 

さて選手の出待ちです。
この日の主役はミーちゃん。


指さす先には・・・


「直人」


続いて「ムン」


「高木」


みーちゃんの表情が嬉しそう。
誰でしょうか?


「修さん」でした。
「これで挨拶するのは3回目だよ」


最初に出て来たのは「コテ」
すぐにミーちゃんを見つけ・・


ハイタッチではなくロータッチ?




続いて「姫くん」


ハイタッチ。



「ごっちゃん」



「伊佐」


サインをいただこうとしたら細い方から太い方に持ち替え「こっちで良い?」と聞いてきた気遣い上手な伊佐。


写真を見て「これ良い写真やなぁ」と。


そこに通りがかった?「レイ」
「これこれ」とレイに見せる伊佐。


この写真の通りのポーズをしてくれる伊佐。


少し照れるレイ。
2人ともありがとうございました。


「シキ」
すしざんまいの(ざんまいポーズ)のシキ(笑)
なぜ?
いつもはハイタッチをするミーちゃんがこの日は近寄ってきません(あらら)
そこに伊佐が助け船を出します。


「ホラ、こんなことをしても怒らないから、こっちおいで」と伊佐。
ミーちゃん目を合わせません(笑)


「こーんなことをしてもぜんぜん大丈夫だから」
でもダメ(笑)


諦めた伊佐。
「バイバーイ」


ふとピッチに目をやると吉坂コーチが練習が終わってホッとしたのか少し和んでいました(笑)


「キヨピー」


練習の合間合間に見せるキヨピーの表情が凄い明るいことに「おや?」と思っていました。


みんなが疲れ切った表情の中・・・


ずっと笑顔でした。


おそらく思いっきり走れることや、ボールを追いかけること、なによりサッカーができることを喜んでいるのだろうな、と。


う~ん、それにしても、なぁ。


そこでサインをいただくときに質問をしました。



そのときキヨピーが嬉しそうに報告してくれたんです(言えませんが)


いつの日かこの時のやり取りをブログに書きたいと思います(ごめんなさい)


「ソンス」


「黒木」


「奥様入院されたみたいですがもう産まれましたか?」と嫁。
「まだなんですよー」と黒木。
スザンヌさんのインスタで赤ちゃん誕生のご報告がありました。
おめでとうございます。
次節、決めたゴールは「ゆりかごダンス」
選手の皆さん、絶対にゴールをお願いします。


そのころはるか向こうで伊佐くんとシキちゃんがミーちゃんに「バイバーイ」と。(笑)


それに気がついた黒木が「ホラ、手を振ってるよ」と教えているようでした(たぶん)(笑)


「岸さん」



「惇」
この後の惇の目の動きに注意(笑)



「惇くん、何回も言うけど来年もトリニータにいてね」と嫁。



「それは哲平さんに・・・」と惇。
惇にお願いできるのもあと数回。
笑顔が以前より増したと思っているんだけど(気のせいかなぁ)


ミーちゃんが指さす先にいたのが・・・


片野坂監督でした。
前回の写真のお礼を言われ・・


ミーちゃんが持っているうちわに自らサインをする監督、優しい。


「残り3試合 監督お願いします」と言うと「ハイ」と答えてくれました。


「容平」


容平がかなり急いでいましたので喋れませんでした。



「常田」


「頑張ってね」と言うと「がんばります」
(初々しいなぁ)


「さんぺー」



さんぺーはお姉さま軍団と話を(笑)



「たっくん」



「キッシー」


前節の千葉戦。
「長崎から来てくれたキッシーサポさんのゲーフラ、見えましたか?」と聞くと「見えました」と答えてくれました。
良かったですね(笑)


「フック」



少しプライベートな会話(笑)


「直人」
ここで「ハッ」と気がついたことが・・・。
みんなで「来年も残ってね」と出てきた選手にお願いしようと言っていたのに、言っていなかった。
そこで「直人」に・・・。



「来年もトリニータでプレーして下さいね」
「ハイ」



「大津」



「大津君 来年も居てねお願いします」
「ハイ」


「ジャニちゃん」


「ジャニちゃん 来年もトリニータでお願いします」
元気よく「ハイ!」って言ってくれたのは嬉しいけど・・・あの社長が「ウン良いよ」って返事をしてくれるかなぁ(笑)


「彬さん」


彬さんが子供を見る目は本当に優しい。



「彬さん 来年もトリニータでお願いします」
「えええ もう? 早いなぁ」


そこに帰ってきたのが「吉坂GKコーチ」と「吉村ヘッドコーチ」
「もう少し2人が寄ってもらって良いですか?」と言うと
「仲が悪いんや」と吉坂コーチ(笑)(もちろん冗談で2人はいつも一緒)


「智輝」


「智輝くん、来年も一緒に頑張ってね」
「ハイ」


「國分」



「國分くん、来年もよろしくね」
「ハイ」



何やら指さすミーちゃん。


ミーちゃんが大好きな「修さん」がいました。
しばらく遊んで・・・



修さんが帰ると・・・追いかけて行き・・・


「あなた~行ってらっしゃ~い  車に気をつけてね~」


「今日は2人の記念日だから早く帰って来てね~」


「帰る前にはライン、お願いね~」・・・(たぶん(笑))


さてこの選手は?


「川西」


「かわにしくん 誕生日おめでとう~」と言うと少しびっくり顔。

                          
「♬ハッピーバースデー  ♪ツーユー♬」


「♬ハッピーバースデー  ♪ツーユー♬」


「♬ハッピーバースデー  ♪ディア カワニシー♬」


「♬ハッピーバースデー  ♪ツーユー♬」  



川西 照れながら何度も頭を下げていました。
トリニータの選手は本当に礼儀正しい。


さて今回ご一緒していただいた皆さん。
まず11月1日(水)です。
ありがとうございました。



11月2日(木)の皆さん。
最初は7人でしたが・・・


10人に増え・・・


11人となりました。
ここでスポパの奇跡がおこりました。
顔を見合わせた2人。
「どこかで会ったよね」
「そういえば・・・」
なんと2人は20数年前あるクラスで出会った知り合いだったんです。
たまたま来たこのスポパでお互いがあの時のあの人だったと分かった・・・と聞いて鳥肌でした。
ここは本当に不思議な場所だと思います。
今でこそ何年も前からの知り会いのように、会えば腹を抱えて笑うほどの仲になりましたが、ほとんどの人がこのスポパで知り合った人々です。
この日もこの愉快な仲間たちと楽しく1日を過ごせました。
いつまでもこの縁を大事にしたいと思います。
皆さん よろしくお願いします。


さて残り3試合となりました。
下の写真は今年2月2日の熊本キャンプ初日の写真です。
何となくぎこちなく遠慮がちに見えた選手も、いつの間にか汗と涙と笑いを共有した、無くてはならない仲間となりました。
この選手たちと一緒に夢を追いかけたい。
1試合でも多く共に戦っていきたい。


まずは目の前の1勝に向けて。
山形戦に勝利しましょう。
川西 恩返し弾をよろしくお願いします。
                   
がんばろう 大分トリニータ!!
がんばろう 大分12番!!


コメント