2019-12-6 今季最後の練習(スポパ) ハセ誕生日おめでとう!

2019-12-07 00:10:23 | 大分トリニータ
いつもなら試合の前日は完全非公開なのですが、今日は公開練習となりました。
そのため午前10時の練習開始時には多くのファン、サポーターのみなさんが来ていました。

練習は10時前から始まり10時40分に終わり。
約40分間の短い時間でした。

10月6日。
この日はハセの誕生日です。
でも気温は低く手袋をしていても指先がジンジンするほどの寒さ。
誕生日恒例の「水掛け」はするのでしょうか?
嫁は「寒くてもする」
私は「寒いからしない」と意見が別れたのですがなんと嫁の勝ち。
                                
「誕生日 恒例 水掛け」


まず、ムンがハセの手をがっちり掴みました。


逃げようとするハセ。


そうはさせないと足をかけて倒すムン(コラコラ)



さらに後ろから羽交い締めに。


ペットボトルのフタを緩め、ゆっくり近づく高木。


顔をめがけて「ブシュー!」


逃げるハセ、捕まえるムン、不気味に笑うシュン(笑)


この寒空にびっしょりになるハセ。


その時ムンが大きな声で「おめでとう~!」
(なんていい男だろう)


見ていたファン、サポーターも大きな声で「おめでとう!」
律儀に頭を下げるハセ。


片野坂監督も近寄ってハセと握手。



この日がプロになって1年目の水掛けだったハセ。
この1回で終わったと思ったのでしょうか?
(そんな訳あるわけ無いじゃん(笑))

後ろから忍び寄るシュン。


「ブシュー!!」とシュン、ムン、トモキの3人から一斉攻撃。


逃げる背中に追い打ちをかける3人。



                         
「ハセ 誕生日おめでとうございます!!」




/////////////////////////////////////////////////////////


さて、練習を済ませた選手たち。
ここからファンサです。
約50人ほどのファン、サポーターが待っていました。

この日で今季の練習は最後。
感謝を込めて、クラブハウスから出てきた順番に今季頑張ってくれた選手の今日の様子を伝えたいと思います。

まず
「背番号50 田中 達也」


あすはゴールを決めてもらいたいですね。



///////////////////////////////////////////////////////


片野坂監督が出てきてくれました。
写真にサインをいただき



さらにレプユニの背中にもサインをいただきました。


監督とはなかなかタイミングが合わず最後の最後にサインをいただくことができました。
監督 ありがとうございました。



///////////////////////////////////////////////////////


「背番号31 ポープ ウィリアム」



おしゃれ番長!




「背番号23 高山 薫」



「背番号44  ティティパン」





「背番号45  オナイウ 阿道」
ここまで大分の得点王です。



/////////////////////////////////////////////////////////


「背番号41  刀根 亮輔」



ひげが凄いので後ろ姿をチョイス。


「背番号37 嶋田 慎太郎」



「背番号46 伊藤 涼太郎」



「背番号39 庄司 朋乃也」



「背番号32 前田 凌佑」







「背番号20 小手川 宏基」



////////////////////////////////////////////////////////////


「吉村 光示コーチ」




「吉坂 圭介GKコーチ」



////////////////////////////////////////////////////////////


「背番号27 三平 和司」


さんぺーちゃん、自分の写真にサインをするときに「爽やかですね~」と一言(笑)



周りのファン、サポーターを和やかにする話術はプロ並です。


/////////////////////////////////////////////////////////////


「背番号9 後藤 優介」







「西山哲平 強化部長」



/////////////////////////////////////////////////////////////


「背番号18  伊佐 耕平」



帰り間際「良いお年を~」と伊佐くんが言ったので思わず「良いお年を~」って返したけど、明日試合があるじゃんって後で一人ツッコミをしてしまいました(笑)





////////////////////////////////////////////////////////////


「背番号7 松本 怜」



///////////////////////////////////////////////////////////


「背番号40 長谷川 雄志」
風邪を引かないようにね。



「背番号5 鈴木 義宜」



明日で3年連続フル出場 おめでとうございます」



///////////////////////////////////////////////////////////


「背番号8 丸谷 拓也」



「丸谷会」お疲れさまでした。



丸ちゃんになにやらサプライズの予感



首にかけてる?

なんだろう?


丸ちゃんがかじろうとしている。
「金メダル」だ~。

丸ちゃんが喜んでくれそうなことをいろいろ考えて、買いに行って・・・。
ファン、サポーターは温かいなぁ。

「丸ちゃん、本当にありがとうございました」



///////////////////////////////////////////////////////////


「背番号49 羽田 健人」


前節、衝撃的なデビューでした。


仲間のゲーフラのサインをいただいて完成しました。



性格も笑顔も最高です。



/////////////////////////////////////////////////////////////


「背番号16 岡野 洵」



「背番号3 三竿 雄斗」







/////////////////////////////////////////////////////////////


「背番号19 星 雄次」




星くんがユニになにか書いています。




うん? 
首をひねっていますよ?
途中で手が止まりました。



でも思い直したのか再び書き出しました。



よくよく見ると星くんの耳が真っ赤!
どうした、どうした?


いやいやかわいいではないですか。
凄い思いが伝わってきましたよ。
「1年間ありがとうございます。来年もよろしくお願いしました!!」



//////////////////////////////////////////////////////////


「背番号14 小塚 和季」





////////////////////////////////////////////////////////


「背番号29 岩田 智輝」



もしかしてだけど、もしかしてだけど・・・




来年行われる新体操に出ようとしてるんじゃないの?



/////////////////////////////////////////////////////


「背番号6 小林 裕紀」


「背番号4 島川 俊郎」





「背番号22 ムン キョンゴン」




/////////////////////////////////////////////////////

10時40分に終わった今日の練習。
この日が練習の最後とあって、選手全員が出てくるまで待とうということにしました。
時刻はすでに13時過ぎ。

練習が終わって2時間過ぎています。
あと2人。
シュンくんとコジ。

13時15分、シュンくん登場。
待ちかねた女性陣が声を揃えて「シュンく~ん、待ってたよ~」
一瞬、瞬くんの鼻の下が伸びたように見えたのは気のせいだろう(笑)

「背番号1 高木 駿」



シュンくんを囲んで「勝ち点3」


さらに待つこと5分。

「背番号21 小島 亨介」






選手一人一人の顔を見ていて思ったことがあります。
明日のC大阪戦。
もちろん勝ちたいと思う気持ちはありますし、勝ち点「50」も一桁順位もクリアしたいと思っています。


ただ、このメンバーでやるサッカーは明日が最後。
監督は来季「タイトルを狙う」とコメントしました。
となるとおそらく今のメンバーがそのまま残ることはないと思われます。

勝ちにこだわる自分と、純粋に今のメンバーのサッカーを楽しみたい自分がいます。
勝っても負けてもトリニータ。
泣いても笑っても明日が最終戦。


選手が1年間頑張ってきた大分のサッカーを目に焼き付けたいと思います。
                                 
本当に感謝しかありません。
ありがとう 大分トリニータ!!

























コメント

2019-11-30 第33節(アウェー)仙台vs大分 2-0 敗け(プロ初出場、初スタメン 羽田健人 躍動)

2019-12-04 17:09:23 | 大分トリニータ
「え! 羽田健人がスタメン?」
本当に驚くと私は瞬きするのさえ忘れてしまうようです(笑)
第33節 仙台vs大分のスタメン発表を見たときの驚き。



なんとそこには「羽田健人」の文字が!
す、凄い!
羽田健人=特別指定選手
                                              
「特別指定選手とは」
簡単にいうと学生とプロの垣根を超えて「個人の能力に応じた環境」を提供することを目的としたもの。



「DF 49 羽田 健人」
堂々のプロ初出場、初スタメン!


片野坂監督もコメントしているようにほぼぶっつけ本番のようです。

「今日は強化指定選手の羽田健人を先発で起用した。
今日のゲームに関してもほぼぶっつけの中でトライさせた。
わたし自身も、これまでトレーニングを見て、目の前の試合に向けていい準備をしている選手、狙いを合わせて出来る選手を使うようにしてきた中で、羽田はしっかりとその役割を果たしてくれたと思っている」
                              
「羽田 健人 プロ初出場、初スタメン おめでとうございます!」




////////////////////////////////////////////////////


ということでそんな来季に向けてすでに動きだした片野坂監督率いる大分トリニータの試合を、羽田健人を中心に振り返ってみたいと思います。


2019年11月30日(土) ベガルタ仙台vs大分トリニータ戦に車でやってきました。
今季最後となる自走車中泊遠征です。


11月21日(木)に自宅を出発、23日の清水エスパルス戦に参戦。
大分に帰らず、観光をしながら11月30日(土)仙台に参戦という流れです。



自宅を出て10日目。
気になったのがすでに冬が近づいていることを実感として感じる寒さです。


11月28日の最低気温は「-3℃」
車の中にあるカーテンが朝カチカチに凍っていました。
「これはやばい」ということで29日の車中泊はやめてホテルへ。
エアコンが暑すぎたというハプニングもなんのその、2人共元気に仙台のスタジアムへやってきました。


待機列で待っている間に今季で引退を発表した丸ちゃんの弾幕に寄せ書き。


                            
「丸ちゃん、大分のために戦ってくれてありがとうございました」 






/////////////////////////////////////////////////////

「ユアテックスタジアム仙台」
見ての通り専用スタジアムです。



ピッチまでの距離が近いので選手の表情がはっきり見えます。



選手からもゲーフラや弾幕が見えるでしょうね。


クラブマスコットの名前は「ベガッ太」くん。
妹は「ルターナ」ちゃんです。



//////////////////////////////////////////////////////


さて選手がピッチ内練習に出てきました。

「高木」



「ムン」








「キャプテン のり」



「羽田 健人」



//////////////////////////////////////////////////////////


お辞儀の仕方も初々しくて好感が持てる健人。


さて試合開始。



のりが最後に握手したのが健人。
無口なのりが健人に何を言ったのか気になるところ。



その健人が最初に触ったボールが相手と競り合ったヘディング。
彼のプロ人生は今まさにここから始まった。




大分はここ5試合で2勝2分1敗。
アウェーでは6戦負けなし。
仙台はホームでは6節の鳥栖戦から17節の札幌戦まで6連勝。
11勝の内8勝がホームでの勝利。
圧倒的にホームの勝率が高い仙台。


仙台はこの試合に勝つか引き分けでJ1残留が決定。



気になるのは残留を決めている大分と、この試合に勝てば残留が決まる仙台とのモチベーションの差。



試合開始。
流れは大分。



いつものように高木を含めた後方からビルドアップしながらボールを繋げていく大分。



苦し紛れに大きく蹴ったり、逃げるためのバックパスは見られない。



トリニータの戦術で好きなところは相手エリアまで攻め上がっていても、攻めるのが難しいと感じれば再びGKまでボールを返し、何度でもやり直すところ。




人によってはそれがまどろっこしいと感じる人もいるかも知れない。



とにかく早く攻めて相手ゴールまで行ったら、真ん中にボールを集める。
それでだめだったらしょうがないじゃん、と思う人もいるかも知れない。



しかしよくよく考えてみると、相手は大分よりも経験も実力もある強いチームだらけ。



そのチームに勝つにはチームとしての確固たる戦術がなければ勝つことはできない。
勝てば相手に研究される、しかしそれ以上に戦術を熟成させ進化させていく。
それこそがJ3のときから作り上げてきた「大分スタイル」と呼ばれるものなのだと思う。



////////////////////////////////////////////////////////////


怪我から復帰した「成豪」


私達がいるすぐ下でアップを始めた。






/////////////////////////////////////////////////////////////


「13分」
大分チャンス。
トモキからの大きなサイドチェンジを受けたタナタツがクロスを上げる。
これに飛び込んだアドが頭で合わせ、あわやゴールかと思われたが相手DFにかき出されてしまった。
これは惜しかった。




「26分」
仙台先制ゴール。
コーナーキックから先制された。
これは仙台が用意してきたプレーだったのだろう。
ここまで大分のペースだっただけにこの1点は仙台に勢いを与えてしまった。



しかしそれでも慌てることなく自分たちのプレーで相手陣地まで攻める大分。


大きく展開するサイドチェンジ。
悪くない。



レイチェルもタナタツもクロスの精度はワクワクするものだった。



ただ最後の決めきるところで跳ね返されてしまった。



大分が悪かったのではなく仙台が良かった。




初スタメンの健人の落ち着きぶりが頼もしい。


                              
この試合で一番驚いたのがキャプテンのりに指示する健人。


のりに指示できるのはピッチ上では高木くらいと思っていたのだが、まさか健人もとは!
まさに大物の予感がする。
スタメン発表からずっと心配していた私はなんだったのだろうか(笑)




サブの選手の動きが慌ただしくなってきた。


「コテ」



「星」




「シマシン」



「島川」



「オカジュン」



「成豪」




////////////////////////////////////////////////////////////


「65分」
ティティパン → 小林 成豪に交代



成豪が呼ばれた。
4試合ぶりの試合。
頑張れ成豪。 



点差は2点。
まずは1点返したいところだ。





////////////////////////////////////////////////////////////


「72分」
田中 達也 → 星 雄次に交代



応援するサポの声はきっと届いている。



ドリブルからのカットイン。
星の動きが良い。



//////////////////////////////////////////////////////////////

「83分」



羽田 健人 → 嶋田 慎太郎に交代



健人、落ち着いたナイスプレーだった。


試合終了。
仙台のゴールを割ることはできなかった。
2-0  敗け。
うまくやられた、というのが正直な感想だ。




/////////////////////////////////////////////////////////////////


4年前。

2016年片野坂監督が就任したときに言った言葉を覚えているだろうか。



                             
「J1で戦えるチームを作る」
と言ったのだ。
この人は何を言っているんだ、と思った。
借金が残っているチームで現状はJ2からJ3に降格。
これからは観客も入らないだろうし、スポンサーも減っていくだろう。
選手に払えるお金も少なくなるだろう。
そんな状態でJ2に上がるのさえままならないことが予想されるのに「J1で戦えるチーム」を作る?



もちろんそう言ってくれることは嬉しかった。
とことん落ち込んでいたときだったから、それが就任のリップサービスだとしても嬉しかった。
でも、それは無理。 できることとできないことがある。
スタートラインそのものがマイナスの位置からではよほど実力差が開いていない限り絵に描いた餅のようなもの、そう思っていた。



しかし、片野坂監督は違っていた。
「有限実行」
J3を1年。J2を2年で駆け抜けJ1に上がってきた。



奇跡だと思った。
もうそれだけでいいと思った。
2013年J1に帰ったときは1年でわずか2勝だった。
正直な話、3勝したら私の中では拍手しようと思っていた。
嫁と祝杯を揚げるのは3勝と決めていた。
開幕の鹿島アントラーズ、第3節のジュビロ磐田、第4節の横浜マリノスに勝って3勝目を揚げたときは嬉しくて涙が止まらなかった。


勝つと「まぐれ」と言われた。
対戦前は「J3上がり」や「J2上がり」と言われ、対戦後は「大分なんかに・・・」と言われた。



誤解しないでもらいたいのはそれが悔しいとか悲しいとか言っているのではない。
「出る杭は打たれる」の格言があるように、打たれていることを実感していた。
つまりJ1で出ているということ、躍進をしていることの裏返しだったのだ。



今季は最高3位まで上った。
最低は8位だった。

残り最終節を残して現在7位。



有言実行してきた片野坂監督。


来季に向けての大事な試合。



さらに
丸ちゃんの引退の花道を飾るためにも!

勝ち点「50」「一桁順位」を達成するためにも!

最終戦絶対に勝とう!
セレッソ清武を倒そう!

       
頑張ろう 大分トリニータ!
頑張ろう 大分12番! 


清水戦でお世話になった皆さん
仙台戦でお世話になった皆さん

ありがとうございました。

(なお清水戦と仙台戦の間に行った観光のブログは最終戦が終わったあとにアップします)










コメント

2019-11-24 第32節 アウェー 清水エスパルス戦 1-1 ドロー タナタツ初ゴール!福森選手挨拶!

2019-11-25 21:49:25 | 大分トリニータ
11月21日、今季最後となる自走車中泊遠征に出発しました。
21日、22日と高速のSA(サービスエリア)に泊まり23日(試合当日)清水エスパルスの本拠地『IAIスタジアム日本平』へ。
この日は伊佐くんの誕生日。
勝ってバースデーを祝いたいものです。

このスタジアムからは富士山が見えるのですが、あいにくと雲が邪魔をしてスッキリと見えませんでした。
残念。



私たち2人はこの"日本平"はお初。
待機列に荷物を置き、いつものようにスタジアム散策へ。
歩いているとフックにご対面!
といってものぼり旗。
それでもなんだか嬉しくなります。


『パペ パル』ちゃん。
このパペパルちゃんに惹かれて見に行った様子を書いたブログに私たち夫婦が登場していました。
さらに車に貼ったトリニータのステッカーも。
ブログの方は同一人物だとは気がつかなくてアップしたようです(笑)
偶然とはいえ面白いですね。


この右下をよーく見ると・・


『長い坂道 お疲れ様でした!ようこそ!
トリサポさん
ありがとうございます!』
と温かい言葉が書かれています。
さらにニータンのタスキが『コスプレ王子』

ありがたいですね。


この清水で逢いたいと思っていた方が嫁のサッカー帽で我々を見つけてくれました。
(サッカー帽 様々 笑)
元トリニータの兵働氏(現 清水コーチ)の個サポさん。
お世話になりっぱなしの方です。
『お久しぶり会えて嬉しかったです』


その兵さんに、遠くからですが会えました。
『懐かしぃ!』


さてとスタグルはなんにしようかなぁ?
『まぐろナゲット』に決定!
ソースが3種類あって選んだのはタルタル南蛮ソース。



スタジアムの中で食べたいものがあったので、まずは軽いものから。
『ごちそうさまでした』



14時キックオフなので、てっきり開門時間が12時だと思いこんでいました。
11時30分の開門に大慌て。
思い込みはダメですね。




イスに荷物を置いて選手バスを出迎えに再び外に。
ちょうどトリニータの選手を乗せたバスが入ってきました。


監督を見ると厳しい顔。
それは当たり前、これから戦場へ!
『頑張れ、トリニータ!』




アウェーの楽しみはなんといってもホームで逢えない人と逢えること。
この日はTさんとずっと一緒でした。
ところで右手に担いでいるのは・・もしかして


やっぱりレイチェルのワンちゃん用のバッグでした。
それにしても何でパンダ?
聞くとレイチェル大好きなTさん、犬はいないけどレイチェルが作ったものだし・・と迷いに迷って買ったもののワンちゃんがいないのでパンダを入れているそうです。
いつかレイチェルにサインをいただきたい、と熱望していました。


スタジアムの中を散策中、榎社長を発見。
なんとトリニータのグッズを販売しているではありませんか。
『ご苦労様です』


パーカーを買ったTさん、先ほどのレイちゃんのバッグを社長に担いでもらって、『はい、パンダ!』

本当に腰の低い気さくな社長です。
『ありがとうございました』



さらに散策中に出逢ったのが『足立のおばちゃん』
(顔出し了解済み)
"いやぁ懐かしいねぇ"としみじみする暇もなく、マシンガントークをかまされ、私が喋る間もなく去っていきました(笑)
相変わらずのキレキレ(笑)
背の高いイケメンの清水サポさんに案内されて目的の場所へ。


それはココ!
『桜えびしらす丼』=800円
見ると30人近く並んでいます。
これは1時間ほどかかるだろう、と覚悟していたらスイスイ進みます。
混雑してるが渋滞無し。
注文を取る人を含めて総勢8名のスタッフさん。
見てると段取りが良くてテキパキこなしています。
ここの店長さん及びスタッフは凄い、と感心しながら食べると。



う、美味い。
エビとシラスの味付けが絶妙なバランス。
これは名物になるはず。
『来季もここで食べようっと』



アウェーの楽しみはもう一つ。
この可愛い子供たち。


この日はカメラに夢中。
将来のカメラ女子かな?



この日見つけた2枚のゲーフラ。
カッコいい!

試合が終わると静かな青年なのに、試合中はみんなを鼓舞し、ある時は大声で指図をしています。
さすが『コバユウ兄さん』と言われるはずですね。



この日の応援のメインは2階の中段。
私は一番前の席。
いつもと違って不思議な気持ちがします。



さて選手入場。


この後に全員で写真を撮る場面ですが・・・


みんなが歩く中、さんぺーだけが走っています。
『なにがあったんだ?』



そして一人この格好でみんなが来るのを待っています(笑)
(この格好を見るとカンチョーをしたくなる人は私と同年齢かも)


それを見ても、のりはゆったり歩いている中、トモキは慌てて走って来ました。


どんな状況でもみんなを笑顔にさせるさんぺー。
ノリのトモキ。
動じないのり、コバユウその他。
このチームは本当に面白い。
つくづくそう思う。


ということで、たいへん長い間お待たせしました。
やっと本編の始まりです。


さて、清水はこの試合に勝てば他会場の結果次第で残留を決められる可能性があります。


かたや大分はすでに残留を決めています。
当然、清水は開始から得点を狙って攻撃をかけてくることは予想できました。


2分、3分、19分と清水から攻められる大分。
19分にはゴールを決められるも相手選手のハンドがあり無得点の判定。

そこから徐々に盛り返した大分。
『45分』
レイの縦パスからそれは始まった。
(ここから写真が多いからね)


アドがヒールで落とす。




さんぺーが受ける。
相手3人に囲まれそうになるさんぺー。



左に鋭いパスを出す。


コヅがDFを引き連れ、このボールをスルー。


DFとGKの間に転がるボール。
これに逆サイドから走り込んだ選手がいた。
タナタツだ!
しかし相手DFもクリアしようと必死に滑り込んでくる。


タナタツの足が一瞬早かった。


GKの横をすり抜けボールはネットに突き刺さった。
ゴールしたことを確認したタナタツ。



監督、コーチの元へ猛然とダッシュ・・・と思いきや



立ち止まって"ガッツポーズ"を決めると


クルリと半回転してゴール裏のサポに向かって両手を高々と上げた。


そこから再び"ガッツポーズ"


さらに右拳を握りしめてから


『雄叫び』をあげた!


G大阪から移籍してからずっと試合に使われ続けてきたタナタツ。
しかしゴールは遠かった。
焦りもあったことだろう。
責任も感じていたことだろう。
それだけに決めたかったゴールだった。


みんなから祝福を受けたあと。
タナタツが頭を下げながらコバユウの腰に手をやった。
『コバユウ兄さん、アドバイスありがとうございました』(これは妄想)


応えるようにタナタツの頭をポンポンとしたコバユウ。
『大丈夫、まだまだ決めてやれ!』(これも妄想)

この試合の中で私の好きな1枚はコレ!


しかし、清水の猛攻撃にあい、88分ついにゴールを決められ同点。






そのまま試合は終わり勝ち点1を分け合った。




試合後、トリサポの元に挨拶に来てくれたフック。


待ってました。


突然の移籍発表からオレンジユニのフックを見たときは本当にショックでした。


でもこうしてフックとのりが笑ってる姿を見てると胸が熱くなってきます。



J3、J2、J1と不動のコンビだった2人。
試合開始のハイタッチはいつも最後に残った2人でした。
ガッチリ握手から、フックの背中を軽く叩くのり。


その姿を見ると点を入れられる気がしませんでした。



勝てなかったけれど、私にとってこの清水戦は本当に良いことづくめでした。

まず逢いたかったサポさんに会えたこと。
兵働氏の元気そうな姿が見れたこと。
勝ち点1を積み上げたこと。
フックがサポーターに挨拶に来てくれたこと。
そのフックのお母様と会えたこと。
また、フックの奥様が『ブログを読んでいます』と言ってくれたこと。
フックと会った『のり』の笑顔が最高に嬉しそうだったこと。
そしてなによりも念願だったフックとのお別れがちゃんとした形でできたこと。

アウェー清水に来て良かった。
心からそう思っています。

最後に。
何人かのサポさんから『今季はこれが最後です。また来季もよろしくお願いします。少し早いですが良いお年を!』
と言われました。
もうそんな時期。
来年と言われると急に寂しくなります。
今季、本当にお世話になりました。
私も早いですが
『良いお年をお迎えください』




さて
次節は片さんの古巣、仙台。
絶対に勝ちましょう!
現地の皆さん、参戦します。
よろしくお願いします!
勝ちましょう!


闘え 大分トリニータ!!
闘え 大分12番!


今節も声をかけていただいた皆さん
ご挨拶いただいた皆さん
お気遣いいただいた皆さん
ありがとうございました。




















コメント

2019-11-20 片野坂監督 契約更新&必勝祈願&スポパへ

2019-11-20 17:36:13 | 大分トリニータ
『決まったよ〜!片さん、来季も続投よ〜!公式を確認して〜』

階段の下から弾んだ嫁の声が聞こえたのは昨日の午後のことでした。
慌てて公式を見ると

【速報】 片野坂知宏監督 からサポーターの皆様に重要なお知らせ


え!? なんだこの思わせぶりな書き方は(笑)

事前に嫁から"続投"と知らされていたから良かったものの、もし聞いてなかったら・・・
『この書き方は心臓に悪いよ』と思い見ると
                                                  
この度、大分トリニータは、 片野坂知宏監督 と2020シーズンの契約を更新いたしましたので、トリニータを応援していただいてる皆様に先んじてコメントと共にご報告させていただきます。




「ヤッタ~!」
これは嬉しい。



このリリースを見るまで毎日が不安で不安で、正直嫁と2人で覚悟を決めていました。
もし契約を更新しなかったとしてもJ3優勝からJ2、J1昇格をしてくれた片さんに感謝をしよう、片さんが選んだ道を尊重し応援しようと。

片さん、いろいろなところからオファーもたくさんあっただろうと思いますが、最後にトリニータを再び選んでくれた。
本当に感謝です。
来季も愛すべき監督と共に戦うことができます。

監督及び監督のご家族の皆さん、大分トリニータの社長を始めとするスタッフの皆さん、スポンサーの皆さんご尽力ありがとうございました。

間違いなく最高で最強の補強です。



/////////////////////////////////////////////////////////////

ということで、リリースの数時間前。
私達は覚悟を持って、片野坂監督の姿を目に焼き付けようとスポパにやってきました。

代表から帰ってきたトモキが監督と話をしているのが見えます。
元気そうで良かった。




トモキがにこやかに話をしているのはコバユウ。




2人に近づいてきたのは、トリニータがJ3に降格したときに来てくれた「吉村コーチ」



トモキに「代表お疲れ様」と言っているのか握手を求めてきました。
まぁここまではどこでもある風景なのかもしれません。
驚いたのはこのあと。




なんと吉村コーチは握手をするのにわざわざ手袋を外したのです。



コーチが選手に握手するのに手袋を外すなんて見たことがありません。



この光景を見て先日の第31節 G大阪戦を思い出しました。



さんぺーが同点ゴールを決めた直後の片野坂監督。
スクイズボトルを2本持ち、キャップを開けているところがDAZNに映っていたので知っている方も多いと思います。
(DAZNより)


選手のために監督がスクイズボトルを持って待っていることも十分に凄いことですが、片さんはコバユウとレイがすぐに飲めるようにわざわざキャップを開けて手渡したんです。
選手にここまでする監督は見たことがありません。



自然に振る舞っているので当たり前のように思われがちですが、決して誰でもできることではありません。
これが片さんの普通、だとしたら片さんと共にトリニータを支えてきた吉村コーチの手袋も普通のことなんでしょう。
類は友を呼ぶ。
良い監督の元には良いコーチが集まるものですね。



良いコーチといえば忘れてはいけないのが「吉坂コーチ」
ご存知のように周作を始め数々の名GKを育ててきたGKコーチです。




GKの練習は一番先に始めて、終わるのは一番最後です。

もちろんきついだろうなということは素人の私でも分かる程です。
でも4人のGKは練習を楽しそうにこなしています。
「高木」



「ポープ」




「ムン」




「コジ」



これも「吉坂コーチ」の人間力といえるのではないでしょうか。
明るくて楽しくて笑顔の素敵な方です。
それを知っているからこそいくら厳しくても笑顔でこなせるのではないでしょうか。



ただ、練習中の「目」は真剣そのもの。
怖くなるほどです。

「高木」



「ポープ」



「ムン」



「コジ」



サッカーはメンタルな部分が大きく左右するスポーツと言われています。

良い監督と良いコーチがいるチーム。
そこに良い選手が集まってくる。

大分の強さの秘密はここかもしれませんね。




////////////////////////////////////////////////////////////////////


                          
「あ~がり目、さ~がり目」



この日のスポパは北風が吹く寒い日でした。
殆どの選手が長袖の中、半袖の選手がいました。
「コヅ」



一人遊びをし始めました(笑)
「上~がり目」



「下~がり目」



「上~がり目」




「下~がらないで、上~がり目」


コヅくん、風邪を引かないように!


//////////////////////////////////////////////////////////////////////

                              
「必勝祈願と片野坂監督 続投のお礼」



最近お参りするときに片野坂監督の続投をお願いしていたので、そのお礼にいつもの「臼杵福良天満宮」に行ってきました。



まずは「片野坂監督 契約更新」のお礼。



続いて「必勝祈願」
今回はアウェー清水エスパルス戦に行き、そのまま大分に帰らずにベガルタ仙台戦に行く予定をしています。



ただ今回も「自走車中泊」なので万が一天候が崩れて雪になるとベガルタ仙台は厳しいかもしれません。



残り3試合。
2019シーズンを見届けたい。

私の力は微力ですが少しでも頑張ってきた選手たちの背中を押し続けたい。



天気次第ですが今回の遠征は「11泊12日」の予定です。



明日出発します。
現地への爆念をよろしくお願いします。
シラシンケン応援します。

勝ち点「50」まで残り「4」
一桁順位に向かって絶対に勝つ!


                             
戦え 大分トリニータ!!

戦え 大分12番!!



「フックに会いたいなぁ」




コメント

2019-11-15 スポパへ(清水戦の前に)行ってきました

2019-11-15 17:08:39 | 大分トリニータ
11月14日 冷たい風が吹くスポパへ。
残りわずか3試合となった今季。
試合に出るために毎日汗を流している選手を見ていて胸が熱くなってきた。


////////////////////////////////////////////////////////


いくら自分なりに頑張っても『これで良いのだろうか』と自問自答してしまう。




漠然とした不安。
押しつぶされそうなプレッシャー。




誰かに熱く背中を押してもらいたい。




若い頃、仕事に行き詰まり悩んだことがあった。







自信が無いのは自分だけ。
迷っているのは自分だけ。




周りのみんなが自分より上に見えた。





『いっそのこと仕事を辞めてしまえば楽になれる』でもそんなことはしたくない。
なんとか前を向きたい!




毎日毎日、自分に勝つことしか考えていなかった。





救ってくれたのは友人の言葉。




『弱い心は誰でも持っている。
だから君も弱い。
まずはそれを認めることから始めてみればいい。
誰かがきっと君を見ているし必要としているから』





思い悩んでいるときは周りが見えなくなっている。





自信に満ちているように見える選手だって落ち込むときはあるはず。




必死に頑張っているのに。
体調は万全なのに。




何故試合に使ってくれないのだろう?






ファンやサポーターは選手の"がんばり"を見てきたからこそ、苦労や努力を知っている。


試合に出れない悔しさも分かっている。





もしも声をかけることができたなら。
『頑張れ』とひとこと言えたなら。






でも・・・
そこで迷ってしまう。
頑張っている人に頑張れと言って良いのだろうか?
これ以上頑張れというのは酷ではないのだろうか?





選手は知っている。





自分のために時間とお金を使って来てくれるファン、サポーターの気持ちを。
だからこそ、その人たちのためにも試合に出たいと苦しむ。






アウェー清水戦!

闘おう!
勝利を信じて待っている仲間のために!



世界の誰よりも応援してくれる家族のために。
そしてなにより自分自身のために!



僕たちはシラシンケン応援するから!



きっと背中を押すから!





                           
闘え 大分トリニータ!
闘え 大分12番!





*今回はあえて主力選手を何人かアップしていません。























<
















































コメント

2019-11-10 第31節 (ホーム)G大阪戦 2-1 逆点勝ち (サンペー・トモキ)

2019-11-12 18:14:32 | 大分トリニータ
大分トリニータの残留が決まって1週間。

毎年、この時期になると残留やら昇格やらが頭にちらつき、数字とにらめっこしてため息をついたり、取らぬ狸を数えてニンマリしていたりで病気をする暇もなかったのですが(笑)
今年は心が穏やかすぎて風邪をひいてしまいました(笑)

そんな私のようにまったりしすぎて体調を崩すサポが増えることを心配してくれたのが片野坂監督。

新たに勝ち点「50」一桁順位という目標を示してくれました。

まずは勝ち点5差で9位につけているG大阪との直接対決。
ここに勝てば一桁順位も見えてきます。


//////////////////////////////////////////////////////////////


2019年11月10日 ホーム 昭和電工ドーム大分 第31節 G大阪戦 当日。


さて今日のニータンのコスプレは何でしょう?
一緒にいるのは”トリニータの孫”たちです。



服は「きのこ柄」
ニータンのお姉さんに聞くと「秋のカフェ店員さん」との返事でした。



そんな店員さんがサインをしていますよ。


あれ? どこにしてもらったんでしょうか?


おっと!

こんなところに。
それにしてもニータンはサイン上手です。



「SBS」ってなんでしょう?
聞くと”スーパーボールすくい”なんだって!
某タレントさんの真似らしいです(お店の方より)



実はここにスーパーボールの天才が現れたんです。



1回で取ったスパーボールの数「169個」
今季の最高数だそうです。
お店のご主人・・・唖然としていました(笑)



この日一緒に応援したのは高山のサポさん。
ゲーフラが可愛くて。
撮らせていただきました。


先着1万名に配布した片野坂監督のお面。

今まで選手のお面はあっても監督のお面ってありましたっけ?
記憶にありません。
それだけみんなに愛されている監督なんですね。
みんな片さんが好きだもんね。

ということで女性4人が片さんのお面をつけたのですが・・・怖い(笑)




/////////////////////////////////////////////////////////////

                
「試合開始」




この日私が楽しみにしていたのはガンバが古巣の「タナタツ」と小野瀬選手とのマッチアップ。




お互い負けたくない、意地と意地のマッチアップは見ていて迫力がありました。


            
開始「11分」 


宇佐美選手からニアを鮮やかに決められ大分0-1のビハインド。


FC東京戦の嫌な流れが頭をよぎる。




その後も攻めるガンバ。



何点入れられるのか分からないと恐怖に感じるほどガンバの入りは良かった。


     
「39分」

そんな圧を撥ね退けたのが日本代表に選ばれたトモキ。

                                          
「リスタートしたら相手が止まっていたのでチャンスだと思って勢いよく前に行った。
今週、クロスからの練習をしていたので、その成果が出てよかった。」




トモキの好判断でリスタートし、アドをオーバーラップしてからの鋭いクロス。
これに合わせたのがさんぺー。
一度ファーに走ったさんぺーだったが、ニアに方向チェンジ。
これで相手DFの対応が一瞬遅れた。
相手GKの股の間を抜けたボールはそのままネットに刺さった。
これで1-1。


2人の選手が監督の元に駆けつける。
両手にスクイズボトルを持ってレイとコバユウを待つ片野坂監督。


ちょっとしたこと。
でもそれを普通にできることがすごい。
この想いこそが疲れている選手の”あと一歩”を出す力となっているのだろう。




そしてさんぺーのこのパフォーマンス。
これですよこれこれ!
やっぱりさんぺーはこのパフォーマンスが似合う。



これで「1-1」同点。
試合は振り出しに戻った。



                                       
 「さんぺー 同点ゴール及びDAZN週間ベストプレーヤー及びベスト11(イレブン)  おめでとうございます!」





前半のピンチ。
ガンバフリーキックのチャンス。



アップを中断してサブの選手が心配そうに見守る大分。
こういうところも大分ならではの場面。


ここを無失点で抑え、前半が終わって1-1の同点。
なんといってもこの前半を同点で終わったのが大きかった。


//////////////////////////////////////////////////////////////////


「ここからは 後半の逆転劇」
                    
「64分」

大分CKのチャンス。


17000人を超えるお客さんが詰めかけたドーム。


オーロラビジョンには「手拍子で応援しよう!」の文字。
一段と歓声が大きくなる。


キッカーはコズ。


アドが落としたボールは先制ゴールのアシストをしたトモキの前に。
右足で蹴ったボールは勢いよくネットに刺さった。



センターバックながら今季4得点目。
その勢いは止まらない。



ただ忘れてはいけないのはトモキの空いたスペースをのりたちがうまくカバーしているからこそ、トモキが自由に動けるのだということ。
もちろんそれは百も承知だろうけれど。




3人が走り出す。
(ここでコバユーの手に注目)




トモキを真ん中に、左にコバユー。
右にさんぺー。



どうにもコバユーの手の動きが不自然だ。



と思って見ていたらコバユーがトモキを捕まえたではないか(笑)
ついにさんぺーに毒されたか、コバユー。




まるでゴールを決めたのが自分であるかのようにさんぺーはそのまま走り・・・待ちわびるコテと



激しくハグ(なんでやねん!)・・・(笑)


遅れてやってきたトモキだったが



さらにコズが邪魔をする(笑)
(コズ お前もか!)



ここでやっとサブメンバーの祝福を受けるトモキ。



もう入り乱れてなにがなんだか。
分かっているのはさんぺーとコテのハグが長いこと(笑)





やっと離れたさんぺーとコテ。
ゴールをしたのはトモキのはずなのに、頭を叩かれてみんなに祝福されているのはさんぺー。


ゴッチャンまで。
あれあれ?  どうなってんの?



ここでトモキが確認。
「ゴールをしたのはオレだよね」




ハイ! そのとおり!
ゴールをしたのはトモキ!

                            
「トモキ 今季4ゴール目 おめでとうございます!」







それにしても
さんぺーイズムにハマってしまったコバユーとコヅの2人。

これは事件だ(笑)


///////////////////////////////////////////////////

試合 終了。
2-1 大分逆転勝ち。
(一斉にガッツポーズのスタッフ)




//////////////////////////////////////////////////////



まだ早いと思いながらこの時期になるとどうしても2009年を思い出してしまいます。



2009年。
選手が次々に出て行ってしまいました。
いや、出て行かざるを得ない状況でした。



あの時は去っていく選手の背中を眺め、『頑張れ』という声しかかけれませんでした。








周作、モリゲ、ヒガシ、清武・・




そんな選手たちとガチで戦うことができた今シーズン。
本当に幸せでした。




J3まで落ちたチームはJ1に返り咲き、残り4試合を残して残留を決め、ガンバに勝った今節目標であった勝ち点『45』を達成し、最後には一桁順位が狙える位置までやってきました。



31試合を終えて7位。
勝ち点『46』



誰も予想していなかった場所にいます




残り3試合。
片野坂監督と一緒に見る景色。



それがどんな景色なのかまだ分かりません。
ただ、今年の初め私が想像していたものより輝いていることは間違いありません。



来季はさらにその上の景色を見てみたい。
そのためにはまずは片野坂監督の残留を確定すること。
このことが最優先事項だと思います。



大分が勝てば勝つほど片野坂監督を熱望するチームの声は大きく広がっていき、ビッククラブからのオファーも複数来ているだろうことは予想されます。



当然その提示額は高額に違いありません。
貧乏クラブの宿命として今まで何度もお金で痛めつけられてきました。




『サッカーはお金じゃない』と思いつつ『サッカーはお金だ』とも思っています。
矛盾しているようですが、どちらも存在するのがプロサッカーの世界なんだと思います。



ただそれでも夢を見続けていたい。



いつかJ1でテッペンに立つ。



その監督が片さんだったらどんなに幸せな事でしょう!



一人の選手の力には限度があっても、チームとして戦えばどこまでも伸びていけることを片野坂トリニータで身を持って知ることができました。




できるなら来季もその先も共に片さんと戦っていきたい!

残り3試合。
18位スタートのチームがどこまで行けるのか楽しみで仕方がありません。
共に戦い、共に喜びましょう!!

                           
頑張ろう 大分トリニータ!!
頑張ろう 大分12番!!




今節も声をかけていただいた皆さん
ご挨拶いただいた皆さん
お気遣いいただいた皆さん 


おりがとうございました。














コメント

2019-11-2 第30節(ホーム)FC東京戦 0-2 負け(J1残留 決定! おめでとうございます!)

2019-11-04 20:40:31 | 大分トリニータ
まずは大分トリニータの今季の目標であったJ1残留!

決定しました。
                           
「大分トリニータ J1残留おめでとうございます!」










お金があり、スター揃いのチームが残留争いをしている中で18番目からスタートした大分が残り4試合を残してJ1残留を決めました。



この事がいかに難しいことなのかは、どこのチームも残留に向けて血涙を流したことからも分かると思います。





監督を替え、選手を補強し、開幕から積み上げてきた戦術を変えてまで残留を目指す。
それはこの世界では当たり前のことなのですが、お金のあるチームだからこそできることでもあるのです。



地方のチームという厳しい財政状況の中で選手を補強し、相手チームを研究し、対策を練り、チームとして戦術を駆使し、勝ち点を積み上げていく。
こう書けば簡単なようですが・・・

『言うは易し行い難し』

そこがまさに監督の手腕が問われるところだったのです。

その結果、30試合の中で連敗はわずかに1回。
リーグ戦での連敗は13節の川崎戦と14節の FC東京戦のみ。
毎試合、毎試合苦しみながらも全員で勝ち点を積み上げてきました。

ここまで「11勝10分9敗」

中身を見ると11勝も素晴らしいことですが、9試合しか負けが無いという安定感。
さらに引き分けたことで"勝ち点10"を積み上げられたこと。
これらが大きかったと思います。


先日の FC東京との試合。



いつだったか忘れましたが片野坂監督のコメントの中に
『J2の上位とJ1の下位の差はあまりないが、優勝を狙っているJ1の上位とは明らかに力の差がある』
というようなコメントがありましたが、 FC東京戦の試合でそのことを実感として思い知らされました。



















FC東京のパスの速さ、精度、プレスのかけ方、決めるべきところで決め切る力。
2点取った後は、リスク管理をしっかりしながら追加点を狙うしたたかさ。
全てにおいて歯が立ちませんでした。








今季対戦した中で、何もさせてくれなかったと感じたのは川崎とFC東京の2チーム。










もちろん他のチームも上位にいるチームはそれぞれストロングポイントがあり、怖さがあるチームばかりではありましたが、特に何もさせてもらえないと感じたのはこの2チームが群を抜いていました。















負けて悔しくないと言えば嘘になりますが、こういうチームでないと優勝争いはできないと逆に考えれば、悔しさは来季に持ち越しです。









来季も同じカテゴリー。
必ずリベンジしたいと思います。









////////////////////////////////////////////////////////



さて試合が終わって元大分トリニータの森重選手と東選手が挨拶に来てくれました。











私の周りでは
『頑張れよ』とか『優勝しろよ』との温かい言葉が両選手には送られていました。








それにしてもあのヤンチャ(失礼)だったモリゲとケイゴがJ1で優勝を狙うチームの大黒柱とキャプテンとか。






本当に感慨深いものがあります。
(この日のために持ってきたという当時の森重選手のユニです)
(撮らせていただきありがとうございました)




                          
『頑張れ! モリゲ!』
『頑張れ! ケイゴ!』 




//////////////////////////////////////////////////////


30節が終わって現在8位。

今季、私がここまでずっと抱えてきた不安がありました。
それは大分のDFの要、キャプテンのりです。



今季第2節、3節と早々にイエローを貰い、ついに第20節で3枚目を貰ってしまいリーチがかかったのです。
いつ4枚目を貰うのか毎試合ハラハラドキドキでした。

もちろん最後の試合までそのハラハラは続くわけですが、残留が決まり少しホッとしています。
のりのいないトリニータは考えられません。


//////////////////////////////////////////////////


さて改めて今季が始まる前の大分の予想順位を見てみると・・・まぁ物凄い低評価ですね(笑)
とはいえ仕方のない部分もあります。
高木もコメントしていましたが”高木本人”もこの位置にいることが予想できなかったわけですから。

それだけに今のこの位置にいることが奇跡としか思えません。

選手の頑張りはもちろんですが、監督を始めコーチ陣の踏ん張り、支援してくれたスポンサーの皆さま、サポーターの後押し。

それらがうまく噛み合った結果なのではないかと思っています。
本当に感謝しかありません。



残り4試合。
片野坂監督は目標勝ち点『45』から『50』へ、さらに一桁順位へと上方修正しました。

選手もサポーターもベクトルを合わせ、残り4試合さらなる高みを目指して戦いたいと思います。





ホーム2試合。
アウェー2試合。
合計4試合を最後まで現地で応援したいと思います。

まずは次のガンバ戦。
シラシンケン応援します。
絶対に勝ちましょう!

頑張れ! 大分トリニータ!
頑張れ! 大分12番!



今季も声をかけていただいた皆さん。
ご挨拶をいただいた皆さん。
お気遣いいただいた皆さん。

皆さん本当にありがとうございました。












































コメント

2019-10-29 スポパへ(FC東京戦前に)行ってきました ”トニー誕生祝い水掛け”

2019-10-30 15:44:23 | 大分トリニータ
昨日はトニーの誕生日。
もしかしたらトニーのサポさんに逢えるかな?
と期待しつつスポパ(練習場)へ。



良かった、いました。


隣には神戸でお世話になり、ホームでもお会いしたMさんの姿もありました。
『おかえりなさい』
『ただいま、お久しぶりです』

挨拶をしているといつもスポパやホームで会う仲間もやって来ました。
『おかえり、元気やった?』
『元気でしたよ〜』

皆さんの姿を見て大分に帰ってきたという実感が湧いてきました。




選手の顔を見ていると浦和戦が思い出されます。

”試合前の埼スタで見た選手の顔、緊張していたっけ(笑)
勝ったときのあの笑顔は本当は良かったなぁ。
さんぺーが倒れながら繋いだボールをタナタツがドリブルで持ち込みオーバーラップしミサがクロスを上げたっけ。
それを同じく駆け上がった伊佐とごっちゃんがゴール前にいたんだよなぁ”

ほんの少し前のことなのに、ずいぶん昔のことのように感じます。

肝心なチームの雰囲気は?
良い感じに見えます。

※なお、あえて主力選手、何人かの写真はカットしています

「コバユウ」


いい笑顔でしょ!


「島ちゃん」





「トモキ」





「ミサ」





「星」



「オカジュン」





「キャプテン のり」



「ジャニちゃん」



「さんぺー」



「丸ちゃん」


「レイチェル」


「監督」








////////////////////////////////////////////////////


さて、練習も終わりそろそろ恒例の"誕生祝いの水掛け"の時間となりました。
終わってからウインドブレーカーを着て走るトニー。




水掛けを受ける気満々。
いや準備万端と言った方が良いかも。
とはいえ、トニーに水をかけれる度胸のある選手はいるのでしょうか?

1周、2周、3周とクールダウンを続けるトニー。
今か今かと待つ私(笑)

虎視眈々とその時を伺う「ジャニちゃん」と「ホノヤン」


トニーが止まった。

「ホノヤン」の顔が「ニヤリ」
いやいや、「ニッコリ」に訂正(笑)



勇者たちが集結する。

オオ!
その中にユースの後輩トモキの姿が。




トニーと仲の良いジャニちゃんも。
さんぺーもホノヤンもいた。



後ろにペットボトルを隠して
一斉に『プシュー!』






悪いことをするときの顔がなんとも言えず嬉しそうなさんぺー(笑)








経験からいう耳に水が入った瞬間・・たぶん。







やっぱり。





かけられた水を舐めたトニー。
『甘い』と言ったかどうか定かではないが、確かジャニちゃんがアクエリアスを持っていた(笑)




                
『もっとこいよ!』


と嬉しそうに言うトニー。
オオ!さすが!



さんぺーとジャニちゃんの手にペットボトルはあるもののその中身はほぼ無し。


それでも頑張ってかけたけど・・


なぜか自ら水を掛けられにいったのはホノヤン(笑)


『なんでやねん!』
と心の中で突っ込む。



とその頃、トモキの姿を探すとすでに何食わぬ顔で座っていた。
さすが大物!



                       
『トニー! 誕生日おめでとうございます』 



その頃監督は・・・。



////////////////////////////////////////////////////



シマシンとタナタツがクールダウン中。



後ろからやってきた駿。


この顔。
皆さん覚えていてください。
この顔は何か企んでいる顔です・・たぶん(笑)



当然、カメラを構える私。
2人の間に入った駿
      
『ワァ!』 





何が起こったか理解不能のタナタツ。
シマシンは冷静(笑)
その2人のギャップが面白い。




タナタツはやっと理解したよう。



それでもまだドキドキが止まらないのか腕を交錯して乙女モード突入。




『駿、脅かしたりしてもし倒れたらダメじゃん』と思いながら爆笑してしまった私。
心から反省(笑)



////////////////////////////////////////////////////////


今日はある番組に「ハセ」が出演していたようで、ニコニコ顔がかわいい。





/////////////////////////////////////////////////////////


                         
=10月23日 公式より=
小林成豪選手 怪我の診断結果について


「10月23日(水)の第99回天皇杯準々決勝 vsヴィッセル神戸戦試合中に負傷した小林成豪選手のケガについて、大分市内の病院で検査を受け、以下の通り診断されましたのでお知らせいたします。

 
◆診断名    右ハムストリングス肉離れ(みぎはむすとりんぐす にくばなれ)
◆全治     6週間 
◆今後の予定   経過を見ながらリハビリを開始


//////////////////////////////////////////////////////////

練習が終わって選手が私服に着替えて出てきました。
最初に出てきたのは「小林成豪」

『成豪くん、待ってるからね』と嫁。
『ハイ!』

なんとか早く治してピッチで暴れる姿を見せてください。
でも無理はしないで!
待ってます!
(写真を撮り損ねた私。嫁から怒られました(笑)

/////////////////////////////////////


『レイちゃん、北海道一周してきたよ!
レイちゃんところの室蘭にも行ってきたよ。
ここがレイちゃんが育ったところやなぁと思いながら・・・
"道の駅 みたら"にも行ってきたよ』と北海道旅の報告をする嫁。




『オオ!』と驚くレイちゃん。




『松本がないなかぁ、と探したけど・・』
『無い無い』(笑)とレイちゃん。



『白鳥大橋も渡ったよ〜』に
『地球岬は行った?』と返すレイちゃん。

『行った、行った綺麗やったよ』
『あそこは実は○○○なんですよ』



と地元民情報をレイちゃんから聞いた嫁は"ビックリ顔!"

レイちゃん大笑い。
周りのみんなも大笑い。

なんと言ったかは・・秘密(笑)








/////////////////////////////////////////////////



伊佐くん登場!



周りにいるサポさんに『(俺の)写真撮った?』
『撮ってない人いる?』
と聞く伊佐くん。





ファンサの神。



/////////////////////////////////////////////////////



ミサくん。



『ミサくん、駆け上がり素晴らしかったです』
『ありがとうございます』



//////////////////////////////////////////////////////




『浦和戦、ごっちゃんのゴールでベンチ全員が集まり喜んでいる時、吉坂コーチの頭をペシペシ叩いた人がいましたね』と私。




『あ〜いろんな人から言われたけど(笑)
ワシにあんなことできるのは"あの男"しかおらんよ(笑)』
だって。




"あの男"登場(笑)


浦和戦での勝利のラインダンスの写真にサインを頂いた後。





『松本山雅戦から浦和戦まで?
ずっと車中泊で?
54日間も?
北海道一周?
スゴイ! カニ美味かったでしょう!
嫌いで食べられない?
何を食べたんですか?
ウニ? あ〜ウニも美味しいよね。それにしても54日間はスゴイ』



『この人が一人でずっと運転してきたんよ、褒めちゃって』と臼杵弁でさんぺーちゃんにお願いする嫁。

『何キロ走った? 8,000kmを超えた? 本当にお疲れ様です』
と深々と頭を下げてくれたさんぺーちゃん。




『いえいえ、そんなこちらこそありがとうございます』と私。

さんぺーちゃんから労いの言葉をもらって疲れが吹っ飛びました(笑)
                           
「さんぺーちゃん、ありがとうございました!」


/////////////////////////////////////////////



『ごっちゃん、ゴールおめでとうございます』
『ありがとうございます』
と笑顔のごっちゃん。




浦和でのゴールパフォーマンスとラインダンスの写真にサインをいただきました。




「ごっちゃん!おめでとうございます」



選手、コーチの皆さん、お疲れのところをありがとうございました。
残り5試合。
目標勝ち点 残り『2』
全力で積み上げましょう!

                          
頑張れ 大分トリニータ!!
頑張れ 大分12番!!




なお、この日スポパでお会いした皆さん
お気遣いいただきありがとうございました。




























コメント

大分発・北海道一周 自走車中泊 夫婦旅 (夢・完結)

2019-10-27 21:09:04 | 
2019年10月21日(月)AM8時。
54日ぶりに自宅に帰ってきました。
出発したのが8月29日。
そこから松本山雅戦、北海道一周、さらに青森から浦和戦と怪我も病気もせず元気に帰ってきました。

そんなロングラン車中泊の旅を少し振り返ってみたいと思います。

そもそも"車中泊"ってなんなんでしょうか。
読んで字のごとく『車の中で寝ること』なんです。
それってホテルで寝るのとどう違うのでしょうか。

まず時間を気にする必要がありません。
ホテルの予約をしたり、チェックインやチェックアウトの時間を気にしなくて良いのです。
風の吹くまま気の向くまま、好きな時に好きな場所に泊まることができる、それが車中泊の魅力なんです。

それを後押ししているのが全国にある"道の駅"の存在。
(一部例外があります)
24時間トイレを使うことができますし、他の車中泊の人が近くにいるという安心感があります。

そんな良いことづくめのような車中泊ですが、ホテルを使わないということはイコール狭い車内に24時間ずっと2人でいるということです。

起きている時も、寝ている時もずっと一緒。
今回の旅でいえば54日間✖️24時間=1,296時間ずっと2人で一緒にいることになるわけです。
新婚さんなら大丈夫でしょうが・・・(笑)
あなたは1,296時間、奥さんもしくは旦那さんとずっと一緒にいられますか(笑)

ということで、今回の旅で一番多かった質問がこれ!

『50日以上も2人でいてケンカをしなかったの?』


もちろんしました(笑)

ただ、内容はそれこそ『エアコンをつける方が良いと一方が言えば、いやいや窓を開ける方が良いと一方が言う』程度の小さな事が殆どでした。

まぁケンカというか、お互いの自己主張でしょうか。
でも逆にケンカをしたからこそ一緒に居られたと思うんです。

もしどちらか一方が何も言わずに我慢をしていたとしたら、どこかで壊れていたかもしれません。

それともう一つ。
ケンカをした後の沈黙。
これがいつまでも続き"2人の間に会話が無くなること"これが一番マズイわけです。
ケンカをしても間を置かず必ず会話をする。
いつまでも根に持たない。

そういう暗黙の了解がお互いにあれば、50日間でも100日間でも大丈夫ではないかな、と思います。

////////

次に。
今回の旅では大勢の車中泊をしている方々と話をしました。


"YOUは何しに北海道へ?"


何やらどこかで聞いたようなタイトルですが、北海道の道の駅で車中泊をしている人たちは"何をしに北海道に来ている"のでしょうか。

私たちの旅の目的は『観光』

同じように北海道で車中泊している人たちの目的のほとんどが観光だと思っていました。

いえいえ、私はとんでもない"勘違い野郎"でした(笑)

最初に出遭った方は長崎から来た男性の一人旅。
同じ九州ということで話しかけられました。
昨年は北海道の"灯台巡り"をし、今年は"岬巡り"を終え、これから九州に帰ります、という方でした。
この人は私たちと同様、観光を楽しむために北海道に来たという方。
ここまでは私たちと一緒。

問題はここから(笑)
次の人は"北海道の祭り巡り"をしている一人旅のおじいちゃん(80歳以上?)
祭りにはイベントがあります。
例えば"カニの早食い競争"とか"サケの掴み取り"とか。
それに参加すると無料でカニやサケをもらえるんだそうです。
その無料の食材をゲットするために北海道を回っている、と言っていました。
もうこの時点で"私たちとは別の世界"があるんだと感じていました(笑)

祭りといえば"歌手巡り"の人たちもいました。
お祭りには歌手(主にその地元出身)が出ます。
もちろん無料でプロの歌を聴けるわけです。
そんなプロ歌手の歌声を聴くために北海道を回っているんだそうです。

驚いたことにそのネットワークも確立されていて、どこの祭りには誰が出るとか、どんなイベントが用意されているとかの情報を仲間の皆さんで共有されているそうです。
凄い世界でしょ(笑)

私たちも聞かれたので『大分トリニータというプロサッカーのサポーターで、今回は同じくプロである長野県にある松本山雅の試合の後に北海道一周に来たけど、いつもは試合を見るために全国を回っている』というと奥さんと旦那さんが顔を見合わせて『こんな人たちもいるんだなぁ』と珍しいモノでも見るように一言。

いやいや私たちから言わせるとあなたたちも充分に"こんな人たち"ですから(笑)


"紅葉"を求めて来たという人もいました。
東北に紅葉を観に来たけどまだ早かった。
そこで北海道まで来たけれど、紅葉がまだまだだったので明日自宅に帰りますとのこと。

逆パターンで桜前線を求めて九州から北海道に来る仲間の方もいらっしゃるそうです。

6月から来て"花巡り"をしているご夫婦もいました。
春の花と夏の花が一斉に咲く北海道。
まず春、夏と花を観て、秋の紅葉まで北海道で過ごして本州に帰ると言っていました。

九州から来て北海道一周を1ヶ月かけて回る予定の私たちに『ええ!たった1ヶ月ですか?』と言われたのが逆に驚きでした。

たしかに5ヶ月も6ヶ月もかけて北海道を旅をする人から見たら1ヶ月で北海道一周なんて"無茶な人"に見えたのかもしれません。

ただもうこうなるとなにが普通で、なにが普通でないのか分かりません(笑)
価値観なんて本当に人それぞれですね。

そういえばサケ釣りに愛知県から来たというご夫婦もいました。
釣ったサケは子供さんに宅配便で送るんだとか。

"北海道にサケ釣りに来る"


いやぁ良いですねぇ。
ロマンですねぇ。

ロマンといえば福岡から自転車で来て北海道を一周し、最終的には全国を制覇するという若者にも出逢いました。
会社を辞め、自転車で日本一周をする。
本人にとっては"自分磨きの旅"かも知れませんが、私から見ると間違いなくロマン。

全国制覇を成し遂げるまで見守っていますよ!
といっても無理は禁物ですからね。
『頑張って!』

さまざまな目的を持って全国から集まって来る北海道。
そんな全ての人々を受け入れてしまう北海道はやっぱりあの言葉。

『北海道はデッカイドー!』


////////

トリニータに始まりトリニータに終わった今回の旅。

旅の初めに対戦した松本山雅戦は引き分けでしたが、旅の終わりとなった浦和戦では最後の最後にごっちゃんがゴールを決め、生涯忘れることのできない最高の時間となりました。

ただ良いこともあれば悪いこともあるのが旅。
心が折れそうになったこともありました。
それらを支えてくれたのが皆さんからの愛情溢れる言葉でした。
TwitterをはじめLINE、Instagram等、様々なSNSでたくさんの方々から励ましの言葉、観光や台風や雪情報、さらに安否確認等もいただきました。

私たちにとってそれら一つ一つの言葉は宝物でした。

逆に普段コメントをくれる方が旅の途中ということで、あえてコメントを控えていた事にも愛を感じていました。

発信するのも愛情なら、発信しないのも愛情。

見守られている安心感と温かな繋がりを持てていることへの安堵感は常にありました。

皆さんには感謝しても感謝しきれません。
『本当にありがとうございました』

また、松本山雅戦でお世話になった皆さん。
浦和戦でお世話になった皆さん。
新潟のフェリー乗り場で逢った新潟サポさん。
今回の旅でお世話になった全ての皆さんに感謝です。

『本当にありがとうございました!』

最後にパートナーとしても口ナビとしても活躍してくれた尊敬する嫁に感謝です。

『お疲れ様でした、ありがとう!』

大分発・北海道一周 自走車中泊 夫婦旅(54日間)

・・・夢・完結です!















コメント

2019-10-18 第29節(アウェー)浦和vs大分 93分ごっちゃん決勝弾! 大分勝利!

2019-10-20 14:53:29 | 大分トリニータ
ゴール決めた瞬間。
誰よりも先にごっちゃんに駆け寄りごっちゃんを抱きしめた監督。
これが大分なのだ!
これがトリニータなのだ!


/////////

2019-10-18日(金)
第29節 アウェー浦和vs大分。
私たちにとって埼スタはお初。



前日の夕方、下見と場所取りに行ったものの、当日の朝7時の列整理に間に合わず、結局列に入れていただくことになりました。


Aさんお世話になりました。
『ありがとうございました』


17時開門。
これが埼スタです。
今日は金曜日開催なので満員は無理でしょうが、それでもその大きさに武者震いがしてきます。
憧れていた埼スタです。



挨拶に来た高木。


彼も緊張しているのかなぁ、と思っていたのですがいつもの高木でした(笑)



そして大分の選手たち。



こちらはさすがに緊張感満載かと思いきや、さんぺーと成豪はにこやかに喋りながらの登場です。



もうね、緊張するのヤーメタ(笑)

いやいや、それでも他の選手に笑顔は見れませんでした。
タナタツ





ハセ


ごっちゃん


ミサ


コヅ



怪我から復帰のトモキ


アレ?
島ちゃん、何がそんなに可笑しいのでしょうか?


ここにも心臓に毛が生えている人が1人いました。
いったい何人の心臓に毛が生えているのでしょうか?
大分の選手恐るべし(笑)



/////////

『試合開始』

前半は大分のペース。
『13分』
レイがドリブルでカットイン。
小塚とのパス交換の後、レイがペナルティエリアでシュート。
左のポストに当たり跳ね返ったところに詰めたごっちゃんが体を投げ出したがわずかに合わず。
本当にタイミングはわずか。
成豪がゴールと思って両手を上げたほど。




しかしエンドが変わった後半。


ペースは浦和に!



『やられた!』と思った場面が何度もあった。
そのたびに高木がスーパーセーブを見せ、DFが体を張り、選手全員がゴール前に立ちはだかった。

『90分』
大分に絶体絶命のピンチが訪れた。
ファブリシオ選手がカウンターで持ち上がり、ペナルティエリア手前で大分DFをかわし高木と1対1に。
しかしここも高木がスーパーセーブ。
高木のこのスーパーセーブから勝負の流れは大分へ。


アディショナルタイム3分。
このままいけばスコアレスドロー。
アウェーの地で勝ち点1は決して悪くはない。


でも、私たちにとって初めての埼スタ。
この埼スタで大分よりの使者を歌いたい。


『埼スタで勝ってレッズサポを黙らせたい』
そう言っていたフジモンはいない。
しかし大分にはごっちゃんが、さんぺーが、伊佐が・・・まだまだゴールを決めきれる選手はたくさんいる。
前かがりになった浦和。
大分にチャンス!
アディショナルタイム、残り30秒。

大分がボールを持った。
しかし勝利の女神は簡単にマイボールとはさせてくれない。
まるでピンボールのようにさまよったボールはJ3を知るさんぺーの腹に当たり途中ガンバから大分へと来たタナタツの元へ。
タナタツが持ち上がる。


そのタナタツをオーバーラップした選手がいた。
鹿島から来た三竿だ。



怪我で苦しんだ三竿にボールが繋がる。
『最後はアディショナルタイムだったので、もう出し切ればいいかなと思った』

ゴール前には伊佐とごっちゃんの姿。

『最初はニアに流し込もうと思ったのだが伊佐が結構疲れていて、ファーに後藤が見えたので、しっかり後藤の前のスペースに落とせば絶対に決めてくれると思った』
三竿がクロスを上げる。
ごっちゃんが頭で叩きつけた。
ボールは元大分トリニータ西川周作選手の横を抜けネットに刺さった。



試合開始から93分。

埼スタが沈黙した。
(と感じた)


/////////


ゴールを決めたごっちゃんは一瞬大分サポに向かった。


しかし次の瞬間100mダッシュをするかのように監督の元へと走った。

同時にごっちゃんに向かって走っていた監督。

『後藤は最後まで90分間、タフに戦える。
シュート力のところでも、ずっと一緒にやっているが、一発を持っている選手なので。
強度の高いゲームになると思ったので、強度を保てる選手をピッチに残しておきたいと。
それで後藤を頂点とシャドーとで回す形を取った』



こっちゃんを信じ90分間使った監督。
(吉さんの頭をナデナデするのは誰だ!)



その監督の気持ちに応えて決勝ゴールを決めたごっちゃん。
(だ、か、ら吉さんの頭を・・・こんなことをするのはあの男しかいない(笑))



ゴールまでの道のりは長かった。

そのごっちゃんの苦しみを一番近くで見てきた監督もまた苦しかったのではないだろうか。



/////////

埼スタでの勝利。



思えば6年前。
3点取って4点取られた埼スタ。


『何を置いても埼スタに行く』
J1に昇格した時からずっとそのことを言い続けた嫁。




この完全アウェーの地でレッズに勝つ!
その夢が叶った。
(ごっちゃんが吠えた!)





選手が引き上げてくる。
その顔は疲れていても誇らしげだ。



赤一色の埼スタに陣取った青いサポたち。
その場に自分がいる。
なんという幸せなんだろう。


雨の中、よくぞ戦ってくれた。
よくぞ勝ってくれた。

埼スタに流れる、"大分よりの使者"

『最高で最愛の大分トリニータ』

伊佐を見た。


泣いている?



いろいろな想いが込み上げてきた。

熱いものが込み上げてくる。
頬を伝うのは決して涙ではない、雨なのだ。




『た・か・ぎ』コールの中。
(レイの笑顔)



"むしって〜ん"
(星の笑顔)


そしてお笑い芸人も逃げ出す芸達者といえばこの人。



我らが"さんぺー"



この人の行くところ常に笑いあり。



そしてそして今日のヒーロー



"ごっちゃん"登場!
なぜか笑う後ろの選手たち。



ごっちゃん渾身の演技。
『ご・ と・う!ご・と・う!』





冒頭にも書いたが・・

ゴールを決めた瞬間。
誰よりも先にごっちゃんに駆け寄りごっちゃんを抱きしめた監督。
この場面が今の大分をなによりも表している。
情に流されることなく常に冷静沈着。
しかし誰よりもトリニータを選手を熱く愛する監督。
これが大分だ。
これが片野坂トリニータだ。




29試合を終えて7位!
残り5試合!
目標勝ち点 残り『2』



この時期に怪我人が全員復帰した。
これは有難い!
また熾烈なレギュラー争いが始まる。
その中で選ばれた選手は結果を出すために走り!闘う!
チームのために!
自分自身のために!



この監督と選手の間にプロ同士の信頼関係が続く限り大分はさらに走り続けるに違いない。





頑張ろう!
大分トリニータ!!
頑張ろう!
大分12番!!





















コメント