2017-7-29 第25節 讃岐VS大分 0-1 勝利 大津 決勝弾!

2017-07-31 18:47:00 | 大分トリニータ
7月最後の試合、アウェー讃岐戦に行ってきました。
試合当日の朝  「練習環境すら転々、J2讃岐の苦悩。「このクラブを潰しちゃいけない」 というコラムを読みました。
自前の練習場が無い中、厳しい環境の中で 讃岐の選手がんばっているな というのが読み終えての感想です。
どうもこういう話に弱いんです。
読むタイミングを間違えたな、と後悔しました。
だからといって勝ちたい、勝たなければいけないという気持ちになんら変わりはありませんでしたが・・・。
ただ、トリニータ以外の相手には勝ってもらいたい。
何といっても元トリニータの西 弘則選手のいるクラブですから。

さて7月16日の愛媛戦に続いての夏の四国決戦です。
今回も 日豊観光さんのツアーバスを利用しました。
バスは2台。
総勢85人を乗せ Pikaraスタジアムに向けて出発。


途中のフェリーの中で仲間から 勝ち鶴 をいただきました。
(縁起がいいので、机に飾っています)


「Pikaraスタジアム」
丸亀も今回で3回目となります。
初めて対戦した時の夜、居酒屋の祝勝会で会ったトリサポの親子さん(4人)とあれからずっと仲良くさせていただいているのも、この讃岐戦があったからこそです。
毎年、毎年トリニータの輪が広がっていることに感謝しています。

              
アウェー入り口。  



ウエルカムボードが迎えてくれました。


メッセージが書けるようになっていて、中には知り合いの名前もちらほらと(笑)


「手紙」
そこには「ようこそ!大分トリニータサポーターの皆さん!Pikaraスタジアムへ」から始まる手紙がありました。
カマタマーレサポさんの次男(小学生)さんが書かれたようです。

温かいおもてなしに感謝です。


さて一旦、荷物を置いてこれからスタグル見学に(笑)


「さぬぴー」くん
2017-7月1日に名前が決まったばかりのキャラクター「さぬぴー」くん。
◆プロフィール
身    長  うどん職人の腕次第
体    重  うどんの玉数によって増減
性    別  男の子
好きな食べ物  うどん


頭がうどんになっていて可愛い。


女性サポさんがお願いしてサインをいただいたので、私も便乗して撮らせていただきました。
ありがとうございました。


「おいり」
こちらの素敵なお嬢さんが持っているものは?
第19節 ホーム讃岐戦 大銀ドームで讃岐のうちわをいただいたのですが、そのうちわを見せると可愛いお菓子をいただけました。


丸亀発祥でお嫁入りのときに持っていく祝い菓子で「おいり」といいます。
いろいろなパッケージに入っています。
綺麗なお嬢さん2人、ありがとうございました
(なお撮影・ブログ掲載の許可はいただいています)


「カマコロ」


ホクホクしたジャガイモの中にお肉が入っています。


美味しくて2個や3個 ペロリと食べれます。


愛媛で探したけれど分かりませんでした。
ここで会えるとは(笑)


「ミーちゃん」にピカリスタジアムでも会えました。
暑かったね(笑)


「小さなカマタマーレサポちゃん」
あまりにも可愛いのでお母さんに撮影とブログ掲載の許可をいただきました。
お名前は 奏珠(かなみ)ちゃんです。
その後、カマタマーレスタッフの方からも声をかけられていたので、みなさんよくご存じの子どもさんのようでした。
 奏珠(かなみ)ちゃんのママさん、ありがとうございました。


こちらは私の孫の「悠月(ゆづき)」
人見知りからでしょうか、ぎゃん泣きです(笑)


その悠月の頭を ヨシヨシ と撫でてくれるのは・・・


10歳になった記念に「富士山」に挑戦して見事登頂に成功した てっしょうくん。
お手紙付きのお菓子をありがとうね。


さてスタジアムの中に入って選手を待ちます。
天気はくもり。


温度は31度。


夏休み最初のホームゲームとあってたくさんの観客が入ってくれたらいいのですが。


神戸から「前田」サポさん、京都から「さんぺー」サポさんと合流しました。


右側にいる嫁が持っているのはセレッソの「清武」の手ぬぐいです。
ありがとうございます大事にします。


Yちゃん、大分を朝早くから出発、お疲れ様(笑)


今日の仲間のゲーフラです。




選手が練習に出てきましたが、何かあったのでしょうか、大津を囲んでいます(笑)




スタメンが発表されました。
大分は前節と同じメンバー。


讃岐は31番アレックスのデビュー戦となります。
大分はこういう初に弱いので要注意です。


驚いたのが讃岐のサブメンバー。
20番 原一樹、23番 西弘則、11番 馬場賢治の3人がサブです。


大分のフォーメーションはいつもの3-4-2-1。
讃岐は4バックと思っていたら3-5-2の3バック。


レイチェルとアレックスのマッチアップは足の速さならレイですが、どうなるのでしょうか。


とにかく新勢力31番のアレックスがどれだけ連携できるのかが、勝敗の別れ目となる気がします。


さぁ、豊予海峡ダービーの開始です。


1番怖かったのがこの選手 讃岐19番 仲間 隼斗選手。
孤軍奮闘という感じでしたが、良い選手ですねぇ。


3分。
最初のシュートは10番高木和正。
これは直人が神セーブ。
7分。
大分フリーキック。キッカーはごっちゃん。直接狙うもこれはバーの上。


12分。
13番木島徹也のボレーシュートはゴール右外へ。
16分。
鈴木惇 ミドルシュート。 これは相手GKがキャッチ。


18分。
アレックスの抜け出しからクロス。
走りこんだ木島、合わなかったが危うく失点も。
24分。
鈴木惇 2本目のミドルシュート。
これが後々、大津ゴールの布石になるとは(笑)


27分。
岸さん 左サイドからシュート。
29分。
鈴木惇のロングボールに合わせたのがさんぺー。
惜しくもトラップが流れシュートまで至らず。



30分。
レイからのクロスをわざとさんぺーがスルーするも飛び込んだ鈴木惇 惜しくも合わず。
41分
大分フリーキック。


42分。
このフリーキックで得たコーナーキックをごっちゃんがミドル。
ゴールならず。


試合当初は讃岐ペース。


しかし徐々に大分ペースに。
ただ守るときは5-3-2となる讃岐に仕掛けて行くも、決定打が出ないまま前半が終了。



後半開始。
大分交代は無し。


49分。
大分にチャンス。
惇からさんぺーとつなぎごっちゃんへ。
コースを狙ったごっちゃんのシュートは惜しくも相手キーパーがセーブ。


その後も大分が攻め、讃岐がカウンターといった一進一退に。








59分。
山岸 智 → シキーニョに交代。






67分。
シキがフワっと浮かしたボール。
しかし誰も反応できず。
シキと前線の連携がうまくいけば期待がさらに高まります。


68分。
小手川 宏基 → 大津 耀誠に交代。



ワントップが大津。
シャドーがさんぺーとごっちゃんに。



公式 入場者数「3143人」
スタグルの付近では多いと感じましたが意外と少なくて驚きました。


「大津 ゴールシーン」
77分。
竹内がファールをもらったロングボールを大津が胸トラップし惇へ。


惇が前半ミドルシュートを2本打ったことでディフエンスが食いついてきたところに大津への柔らかいスルーパス。



これでフリーになった大津。


落ち着いてコースを見極めて・・



シュート!


見事にゴールネットを揺らしました。


大津 1直線にサポーターの待つGうらに・・・来るかと思いきや、逆方向に(ま、それはそうだろうね(笑))


大津 1直線にサブメンバーの元へ(笑)


欲しかった先制点。


大津 決勝ゴール おめでとう!



その後も2点目を狙う大分。



そんな中讃岐は
81分
アレックス → 西 弘則に交代。


82分大分
三平 和司 → 前田 凌佑に交代。


87分。
讃岐 コーナーキック。


アデショナルタイム 3分。
91分。
シキからサイドチェンジはレイへ。
レイからのクロスにごっちゃん合わず。


最後の笛が鳴るまで、西の存在が怖くて怖くて。







試合が終わりました。
0-1 久しぶりの勝利。
勝ったのは嬉しいけれど 西が下を向いているのを見ると辛くなります。


出番はなかったけれど「伊佐」が両手を広げてやってきました。


ぐっさんもハイタッチ。


「見つめあう2人」
誰も入ることができない2人だけの世界。
でもでも・・・
それは禁断の世界(笑)
踏みとどまらなくて・・・いいの?


と言っている間にあちこちでカップルが(笑)


うむむむ。


なんと。


関係者に怒られそうなのでここで止めます(笑)


勝った時と引き分けた時の差ってGうらに挨拶に来た時の選手の表情だと思うんです。


試合中の緊張感が抜けないのか固い顔の選手。


ホッとした選手。


試合に出たかった選手。


ゲームキャプテンの重みを感じている選手。


オレ、本当にラインダンスは苦手なんだと思っている選手。


今日は誰が躍るんだ? と期待している選手。


まさかのサプライス? いやいや、ないない。


そんな中。
修さんを後ろから押し出した選手がいました(笑)
川西です。


「なにすんねん、ペチッ」
かる~く 触ったくらいの ペチッ(笑)


「油断ならんやつや」と修さん(笑)


でも大津はインタビュー中だし、だれが出るんだろう? とジャニちゃん。


そうだよな とレイ。



ボクは絶対にダメだからね・・わかってるよね。


俺はスルーパスだ。


ということで岸さんと伊佐の協議の結果。
シキーニョに決定。


「シキーニョ 初ラインダンス」


さすが陽気なシキ。


音楽に合わせて?  踊る(笑)


そこに本日の「真打ち登場」


両手を挙げて踊り出した・・・までは良かった(笑)


前に行こうとしたのか・・・



足を取られて・・・ズコ!!



まるでコントのように「ズコ!」
もうね、お見事!  としか言えません(笑)


それを黙って直す「竹内」が凄い(笑)


これで選手もサポも大爆笑。


私の後ろからも笑い声が凄かった。


ツボにハマったのがレイ。



最後は座り込むかと思ったほど(笑)



こちらはコテ(笑)


何やら言い訳をしている? 大津(笑)





そういえばツイッターで
「ラインダンスで転けたのはわざとです。笑」って言っていた大津。


ここで、もう一度こけたら最高だったんだけれど(笑)

                                          
練習では僕はあまり先発組に入らないのだが、惇さんのパスを出すところを見ながらイメージしていた。
体が勝手に動いてくれた。  
  大津コメントより



試合後のバスの中、フェリーの中とみなさん疲れていたのか喜びはあるものの会話は少なめでした。
自宅に帰りついたのが朝の3時半。
遠征は無事に帰りつくまでが遠征。

試合後から帰るまでたくさんのツイートをいただきました。
改めてトリサポの温かさを感じました。
今回触れ合ったカマタマーレサポさん、ご一緒したトリサポのみなさん、ツイートをいただいたみなさん。
ありがとうございました。
                        
頑張ろう カマタマーレ讃岐!!
頑張ろう 大分トリニータ!!
 






























コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017-7-27スポパ(讃岐戦の前に)行ってきました

2017-07-28 18:56:45 | 大分トリニータ
青葉ママと幼稚園の先生との面談での会話。
「青葉君はいつも良い子で1度も怒ったり泣いたりしたことが無く、何も問題がありません」
「反対に悪いことをしているクラスメイトにビシっと注意をします」
「先生や友達にも我儘を言ったことは1度もありません」

その話を聞いた瞬間大笑い(笑)
いったいどこの孫の話なの? 
もしかして先生は別の生徒と間違っているのではないか? と本気で思ったほど(笑)
私たちの前ではまるで逆。
すぐ泣くし、甘えるし、我儘は言いたい放題。
それでも良い方で、青葉ママの前ではもっともっとひどくなります(笑)

それでも自分の家、じじばばの家、幼稚園とそれぞれ使い分けているのは成長した証。
と、喜んでいます。

(やっぱりじじバカかな? (笑))


・・・・・・・・・・・・・・・・


最近、何人かの方から「どんなカメラとレンズを使っているのですか?」と聞かれましたので、書きます。
現在使っているトリニータ専用機材です(笑)
カメラ本体は 「CANON EOS 7D Mark II 」
レンズは「CANON EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM」
これに選手の顔のアップを撮りたいときは「EXTENDER EF1.4X」を本体とレンズの間に入れています。
(下はエクステンダーを入れている状態です)


さて今日のスポパは午後から雨の予報。
そのためか少し空気が重く感じられます。

いつものさんぺーの笑顔で練習は始まります(笑)


容平も上り調子のようです(と勝手に思い込んでいます(笑))


一時期暗かったキヨでしたが、最近は笑顔が絶えませんし「変わったな!」という印象です。



今日はシキの28歳の誕生日です。
水かけのタイミングが分からず油断していたら突然始まりました(笑)


逃げるシキ、追うさんぺー。


シキにとって初めての水かけですが、嬉しそうです(笑)



「少し濡れたけど・・暑かったからOK」
もしかしてこれで終わったとか思っていないよね(笑)


「シキ~! ハッピバースデ~! ハンドシェイクしようぜ!」


「ノーノー 来るんじゃない。止まれ!」



「なに言ってんだよ。 何も持っていないって。  ホラ!」


そのとき後ろから姫野が「ビシュー!」  見事な連携プレーは、さすが練習の成果(笑)


思わず下を向いたシキを捕まえた翼。


これにはシキも耐えるだけ(笑)


どうしたことか姫野を捕まえて離さないシキ(笑)


ほら~やられたじゃん(笑)


満足感でいっぱいの悪ガキ2人(笑)


さすがにシキちゃん・・・ボロボロ(笑)


このままでは終わりたくないシキ。
あ~あ、よせばいいのにさんぺーにかけちゃった(笑)


だ・か・ら  言ったじゃん(笑)


これでもか・・・と滝のような水(笑)


さらに 止めない姫野(笑)


ああ! やばい、やばい(笑)

シキちゃん逃げろ~~!!
敵は本気だぞ~!


あ~あ やられちゃった(笑)


氷入りの水は冷たいよ(笑)



シキちゃん   ボロボロのズブズブ(笑)


でもその横で飛んで行った氷を一生懸命に拾っている姿がなんとも言えません(笑)


シキにとっては初めてだけどこれは大分トリニータ恒例のお祝いごと。

「シキーニョ 28歳の誕生日 おめでとう!」


今日は知り合いの女の子が一緒に出待ちをしています。
Mちゃんは姫野のファン。


少し恥ずかしいけどサインをお願いしました。


空手着にも書いてね。


今までは恥ずかしくて姫くんとの写真は逃げていましたが、今日は頑張って一緒に撮りました。
Mちゃん、良かったね。


それともう一つ。
今日だけ限定の「魔法の言葉」(笑)
選手が帰ろうとしたそのとき「呪文」を唱えると選手は振り向き笑ってくれます。


どれくらいの効き目があるのか・・・では岸さんで(笑)

「岸さん  〇〇〇!」


ほら~!  凄い呪文でしょ(笑)
めちゃくちゃ 良い笑顔です。
呪文?  当然内緒です(笑)



「大将」


おば様「いつも 伊佐君のインスタに出ているねぇ」


大将「僕 口は達者なんですけど ああいうのは(インスタの事?)苦手なんですよ」
おば様たち  大爆笑。



今、シティ情報大分で「大分トリニータ イケメン頂上決定戦」 という企画をしています。
で、その中に5人のイケメンの動画があるんです。
順番に「レイ」「伊佐」「ソンス」「前田」「野上」の5人です。

「レイチェル」


まずはレイチェルサポさんとの2ショットを撮った後に・・。


おば様 「ところでレイ君 シティ情報大分見たよ」


おば様「トリサポ女子がカワイイーって言ってたよ、素敵だったよね」


「いやぁ、もうー恥ずかしい」


レイ 顔が真っ赤に(笑)


それを見たおば様たち。
「カワイイ~~~!!」


Mちゃんは姫くんと一緒に撮れたので自信が付いたのでしょうか。
自分からも進んで行くようになりました。
(ちなみに2人は姉妹ではありません)


そこに黒木選手が来ました。
慌てて写真をお願いしました
どんどん選手が出てきます。
「黒木」


その後ろには「たっちゃん」


「頑張ってください」としか言えない自分が歯がゆい(笑)


「吉坂コーチ」


続けて「コテ」
なにか言いたいんだけれど気の利いた言葉が出てきません(笑)


「ソンス」
シティ情報大分の動画でソンスが言っていた「サランヘヨ」(愛してるの意味)


おば様 「これは奥様に言ったのよね」
ソンス 「あれは・・・〇〇〇」・・書けません(笑)


じつはMちゃん 近々空手の全国大会に出場します。

そこで「型」を見せてもらいました。


これがまたかっこいいんです。
少し前まで恥ずかしがっていたのに 子供は成長します。

全国大会 がんばれ Mちゃん。



さて3人が一緒に出てきました。


まずは3人で写真を撮った後。

おば様「シティ情報大分の動画カッコ良かったねぇ」
伊佐 「え???? 何のことっす?」
おば様 「え! サポがかっこいいって騒いでるよ」
伊佐 「えーー、あれ今頃っすか?」
それを聞いてこっちがビックリ。



帰る伊佐に例の呪文(笑)


ごっちゃんにも(笑)


川西
お米を抱えて出てきました。


おば様 「山形のつや姫?」


川西「はい いただきました」
とっても嬉しそうでした。



表情がとても明るいキヨ。
おば様「どう? がんばってるねぇ」


キヨ 「なるべく早く出れるように頑張ります」
おば様 「みんなで待ってるからね」


そのキヨを追いかけてきた「大津」


「岩田」


残念ながら岩田には呪文が半分しか効かずここで諦めた私(笑)


「直人」


「前田」
シティ情報大分の動画で右腕を上げ「俺のここ(脇のところ)空いてるよ」とトリサポ女子を騒がせた前田(笑)



そのことには触れずに、まずは子供たちと3人でパチリとしていたら・・・



「俺の両脇空いてるよ」と(笑)さんぺー登場。
と思っていたら「オレの瞳に映る君に乾杯・・・(チラッ)のほうでした(笑)


「いやいやいや」と前田(笑)
当然、ピンときたけれどまだまだ触れません(笑)



神戸から来てくれた可愛い前田サポちゃん。


しばらく前田と遊んでいました。



さぁ時は来た(笑)
おば様「ところで前田君、前田君のここって(指を指して)まだ空いてるの?」


「えー!! あははは」



「いやぁ 見ましたかぁ」


「参ったなぁ」


「・・・・」


顔を赤らめながら「もちろん空いてます」


おば様 「うわぁ かわいい」


横で見ていたのが「フック」


何か言いたそうでしたが、何も言わず(笑)


その後も次々と選手が出てきます。
ゆっくりできません(笑)
「岸田」



「惇」



「國分」


「ぐっさん」


ぐっさん、子供との写真は特に目が優しくなります。


同じく竹内も優しい目をしています。



「昂洋」


みんな子供が大好きなんでしょう。


本日誕生日の「シキーニョ」が通訳のアレさんと出てきました。


そこでみんなで(約10人で)
「ハッピバースデー♬ シキーニョ~🎶 ハッピバースデー♬ シキーニョ~🎶 」と声を揃えて即席の合唱団(笑)
「シキちゃん 誕生日おめでとう」とお祝いを伝えました。

なんか感動してしまいました(笑)



シキの写真を1枚プレゼントしました。


さらに同じ写真をもう1枚、サインをお願いすると・・・なにか書いてくれましたが読めません(笑)


アレさんに聞くと「よろしくお願いします」という意味のようです。


改めて
                  
シキーニョ  誕生日おめでとう!



そこから待つこと10分・・・20分

時計はすでに13時を回っています。
待っていたサポもみんなそれぞれ用事があるので帰っていきます。
修さんが出て来たのが13時半。


仲間は修さんを待っていましたが用事があり、修さんへのプレゼントをPさんが預かりました。
「修さんを待っていたけれど美容院に行くと言って帰ったんよ」と説明。


「今度会ったらきれいになったね、と言ってあげてね」とPさん。


すると「任せて。いつもきれいだけどますますきれいになったね、と言っておきますわ」と関西のノリの修さん(笑)
いつもながらノってくれる修さん、最高です(笑)


次に出て来たのはリュックッサックに半パン姿。   
だれ?
だれか分かりますか?


片野坂監督です。
若いなぁ(笑)


「お疲れ様です。これからもよろしくお願いします」と伝えました。


さらに待つこと15分。
時計はすでに14時前。
最後の最後に出て来たのが「容平」


いろいろな表情の写真を容平に渡すと喜んでくれました。
本当に待った甲斐がありました。
容平が復活するのも時間の問題だと思います。
ホームでアウェーで暴れまくる容平が楽しみです。
                 
待ってるよ 容平!!



そして仲間から。
いっぱい採ってきたからと、青葉にカブトムシをいただきました。


虫かごに餌も入っています。
ありがとうございました。


今日もたくさんの方々と一緒に見学しました。
竹田からのレイチェルサポさん。
神戸からの前田サポさん親子。
ホーム戦では会うけれどここでは久しぶりのみなさん。
ワイワイ楽しく笑いながら過ごしたスポパでした。
楽しい1日をありがとうございました。


さて明日はアウェー讃岐戦です。
どうしても勝ちたい、何としても勝ちたい。
私の中のモヤモヤを払拭したい。
それがアウェー丸亀スタジアム(現PIKARAスタジアム)の讃岐戦なんです。
2015年、J2優勝を目指し戦った開幕戦。
勝つ気満々でした。
勝ち点3は当然と思っていました。
負けるなんて頭の片隅にもありませんでした。
ところが終わってみれば2-0の完敗。
何もできずに終わった90分間。
帰りのフェリーの中は暗い顔のトリサポでいっぱいでした。
そこから始まったJ3降格へのカウントダウン。
まるで勝てない1年間を過ごしました。
あの日のリベンジをする日がやっと来たんです。
ホームでは勝ちました。
でも、ダメなんです。
モヤモヤは依然残ったままです。
あそこで、あのスタジアムで完勝するしかないんです。

勝ちましょう!
勝ち点3をフェリーに乗せて持ち帰りましょう!
             
頑張ろう 大分トリニータ!
頑張ろう 大分12番!


(スポパで一緒になった皆さん、本当に楽しい時間でした。
お気遣いいただいたみなさん、ありがとうございました)



































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

臼杵石仏・・・ハスとカモと青葉と海と

2017-07-26 17:44:42 | 臼杵 四季の花
7月22日(土)
水戸戦から青葉が一人で我が家に泊まりに来ました。

7月23日(日)
朝から見ているのは「仮面ライダー」
見放題ではあっても見せすぎると青葉ママから怒られるので、駐車場に小さなプールを置いて水遊び。
汗と水でびっしょりになった後は、ばぁばとお昼寝タイムです。


夜は恒例の花火大会(というほど大げさではありませんが(笑))


青葉は恐がりなので、大きな音がするのはダメだし あまり派手なものも苦手です。


どちらかというと線香花火のようなおとなしい方が似合ってます。
(それにしてもホラー映画を見ているような顔(笑))


「臼杵石仏 ハス畑とカルガモ」
7月24日(月)
臼杵石仏のハスを見に行きました。
暑くならないうちに、少し早く家を出て、まずはカモたちに朝の挨拶を(笑)


「エサをちょうだい」とばかりに青葉の近くに集まってきました。


でも・・・エサを持っていないと分かると・・・


みんないなくなってしまいました(笑)
青葉・・・寂しそう。



カモは、柔らかくてスジのない草を喜んで食べる習性があります。


そこで朝ごはんを求めて出かけて行きました(笑)


この日は晴れ。
ハス畑の向こうに臼杵石仏の建物が見えます。


ここ臼杵 深田の里はのんびり、ゆっくり時間が流れているせいか、とても落ち着きます。


まだまだつぼみのハスはまるで孫たちのよう(笑)


早く小学生になり・・。


中学生になり・・・


大人になって・・・


太陽の元でまっすぐに生きて欲しい。


いろいろ高望みはしません。

今は元気に走る姿を見れることに幸せを感じています。



あれ?  一人でどこかに移動しています。


あれあれ? どこに行くんだろう?


「じぃじ~、カモちゃんのしっぽが見えてるよ~」


「じぃじ~、ここ、ここ、ここにいるよ~」
ハスの中にカモを見つけて大さわぎです(笑)


カルガモたちが帰ってきました。
朝食タイムは約20分間ほどでしょうか?



陽が高くなってきました。

朝日に照らされたハスは淡いピンク色に変身します。




朝露も空へと帰っていきます。


ハスたちは夏の日差しを浴びて今日も咲き誇ります。



ハス畑にお地蔵さまがいます。



「何でもいいから、なにかお願いをしてごらん?」



前に来たときは、お願いしたことを聞くと「ナイショ」と言われました(笑)
ダメもとで聞いて見ました。
「なにを お願いしたの?」


「(仮面ライダーの)ゴーストになれますように」・・・(笑)


「ハスまつり 協力金」の箱です。


小額ですがさせていただきました。
来年も、再来年もずっとこのハス畑が続きますように。


青葉 汗びっしょりです。

               
「臼杵 浜公園海水浴場」 


そこで海に行きました!
この日は平日とあって人はまばらです。


なにも付けずに海までまっしぐら・・・と思ったら


何か手に持ってすぐに帰ってきました。
握っているのは「小さな貝がら」
ママへのお土産です。
ママがいないときは必ず一番先にママへのお土産を見つけてきます。
花だったり石だったり昆虫だったりしますが・・たまにダンゴ虫だったりします(笑)


パラソルをセットして・・準備完了です。




浮き輪に水中メガネ。
これさえあれば・・・


スイスイと前に・・・・とは行かず、ひたすら浮かんでいるだけです(笑)
いつになったら泳げる日が来るのでしょうか?


と思っていたら「ボクはこれも(水中メガネ)、これも(浮き輪)いらない」と突然置いてしまいました。
「エエエ! 泳げるのか?  いつの間に?」


ところが、浮き輪を外したものの、自分が泳げないことに「ハタ」と気がついたようです(笑)
どうやら隣にいた青葉より少し年上のお兄ちゃんが浮き輪を外し泳ぎだしたことに刺激されたようです(笑)
自分の行動が可笑しかったのか思わず笑ってしまいました(笑)


それでも首がつかるギリギリまで行けました。
すぐ近くで見守りながらいつも恐がる青葉が泳ごうとした行為を褒めてあげました。
恐がりなくせに無謀?  よくわかりません(笑)


少し怖さもあったのかそれ以降 海に入らず砂遊びをするようになりました。


ということで「給水タイム」・・・ではなく「おやつタイム」(笑)


帰り間際「3人の孫の名前」を砂浜に書きました。


「ボクの名前はこれだよ」


来年は青葉、悠月、冬夜の3人で来れるかな?


その後、青葉を「空手のけいこ」に間に合うように送って行きました。
「お帰り~」と迎えてくれたのは「冬夜」



さっそく青葉は道着に着替えて「ヤァー!」
(おお!顔がそれなりに!)

お兄ちゃんを見守る冬夜。
冬夜はどんなお稽古事をするんだろうね。


今度こそサッカーって思っているけど・・本人しだいかな(笑)


7月26日(水)
御先祖様のお墓参りに行ってきました。

嫁のご先祖様は坂の上。
汗をかきながらフウフウとお墓の周りの草取りをして。
水とサカキを替え、孫たちの健康をお願いし、お盆前にまた来るねと声をかけました。

私のご先祖様は山のふもと。
間延びしたウグイスの声とガシガシとせわしないセミの合唱を聞きながら歩くこと10分。
どこからか聞こえた「久しぶり」の声に「ごめんね」と返事をしてお墓の掃除。
お願い事はここでも同じ、孫たち全員の健康。

             
孫たちみんな健やかに育て!!



























コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017-7-22 第24節 大分vs水戸 0-0 スコアレスドロー

2017-07-23 21:07:50 | 大分トリニータ
私には青葉、悠月、冬夜という3人の孫の他に孫がいます(笑)
とっても可愛い孫たちです。
でも会いたいときに会えるわけではありません。
どこに住んでいるのかもわかりません。
でもスポパや大銀ドームに行けば会えるんです。

ご紹介します。
あれ?こちらから顔は分かりませんね(笑)


改めてこちらから。
可愛いでしょ。
私の顔を見ると「ヒロボーさ~ん」と言って近づいて来ます。


「この間な、こんなことがあったんで~」と大分弁で話してきます。


写真に載っていないけれどしょうくん、みーちゃん、さらに他にもいます。
孫と同じくらい可愛い子供たちと会える大銀ドームとスポパが大好きです。


「私たちは幸せだね」
という話を嫁と2人で話しながら、いつもの時間に来ると駐車場は満杯で停めるところがありませんでした。
「大分市消防親子ふれあい消防パーク」の関係でトリサポ以外の方が早めに来たのではないか、という話でした。


車を遠くに停め急ぎ足で荷物を置き、青葉と体験コーナーに行きました。


まずは消火器を使って「消化」の体験をします。
恐がりの青葉は腰が引けています(笑)


火が消えて・・・やれやれと笑顔が見れます(笑)


こちらは人口呼吸のやりかた。
心臓マッサージとAED(自動体外式除細動器)のやり方を学びました。
見たことはあっても実際に触ったのは初めてです。
知っていれば助かる命も知らなければ助からないこともあります。
係りの方も大変親切でした。


中に入って荷物を置き東口に。
今日は「鈴木 義」選手です。


今日は以前よりお会いしたいと思っていた方と会えました。
初めて会ったのですがツイートを見ていたせいか以前から知っているようで、不思議な感じがしました。
関東から来てくれたサポさんです。
これからもよろしくお願いします。


なんと「林ライス」に今日から容平が付いた・・・じゃなくて「メンチ勝つ」が付きました(笑)


これはなんなくゲットしました(笑)
そこで偶然に会ったのがやはり関東からの容平サポさん。
この方もお会いしたいと思っていた方です。
この方のツイートも見ていましたが、言葉が生きているからでしょうか、いつまでも心に残ります。
あとからご挨拶に来てくれたのですが、嫁と一緒に写真を撮ることをすっかり忘れていました。
これからもよろしくお願いします。



しばらくたってご挨拶に来てくれたのが同じく関東からの容平サポさんです。
今日で3回目となります。
じつは数日前、スポパに行ったとき容平から「この写真が欲しい」と言われた瞬間に思い浮かべたのがこの容平サポさんでした。
写真をプレゼントができて良かったです。


青と黄色のトリニータカラーの容平の缶バッチをいただきました。


何に付けようか考え中です(笑)
ありがとうございました。


さらに、そのすぐ後にご挨拶に来てくれたのが佐伯サポさん。


愛媛の写真、ありがとうございました。


その他たくさんいただきました。


みなさんありがとうございました。


今節はJ2ホームゲーム100勝の仕切り直しです。


ただ相手は何となく?勝てていない水戸。
最近の対水戸戦は0勝3敗2分と全く勝てていません。
それなのに完敗のイメージがありません。
もしかするとそのことこそが負けることの一番の原因かもしれませんね(笑)


前節 先制ゴールを決めた大津はサブスタート。


アディショナルタイムに同点ゴールを決めた前田もサブスタートです。


一方の水戸のスタメンです。
前回の対戦でハイプレスからボールを奪われ、ゴールを決めた38番前田大然は名前がありませんし
同じくゴールを決めたは8番林陵平はサブスタートです。
前回の2トップがいません。


水戸サポさん。
円陣を組んでいるようです。


(株)城島高原オペレーションズ 代表取締役 志賀 敏昭様



7月15日から「ジュピター」が新車両になります。


このうちわを持っていくと入園料が無料になります。
御家族、カップルで是非(もちろん1人でもかまいませんよ)


川西がJ2通算100試合出場です。
川西選手 おめでとうございます。


午後7時とはいえ昼間の蒸し暑さが残るドームは座っているだけで汗だくです。
選手はもっと大変でしょうね。


大分はいつもの3-4-2-1。
水戸は4-4-2の布陣です。


恐いのはこの男。
17番MF 湯澤 洋介選手。
9分
密集から出たボールを湯澤選手からミドルシュートを打たれました

これが水戸のファーストシュート。


大分にもチャンス。
16分。
惇からのロングボールをさんぺーが頭で弾きコテへ。
コテ、ダイレクトシュートも枠外へ。


大分18分にもチャンス。
右サイドのレイがマイナスのボールを川西へ。
川西ミドルシュートを打つも相手に当たり跳ね返されます。


さらに19分、21分とコーナーキックを得て、ニアサイド、ショートコーナーと使い分けるも得点に至りません。


守っては32分。
レイ、大分ゴール前で体を入れ危険を未然に防ぎます。


さらに34分。
ごっちゃんからのボールを受けた川西、ヘディングするも枠外へ。


36分。
川西が倒されフリーキックを得ます。
キッカーごっちゃんもボールはバーの上に。


一進一退の中
前半0-0のまま後半へ。



最初に動いたのは水戸。
後半頭から橋本 晃司 → 林 陵平に交代。
どうして長身の林 陵平を最初から使ってこなかったのでしょうか?


50分。
水戸 17番湯澤がドリブルで持ち込んでシュート。


53分。
水戸 コーナーキックを得るもこのボールはバーの上。


お互い絶対に負けたくない、との想いが強すぎるのかリスクを冒さない攻めが続きます。





そんな中、大分が動きます。
57分  シキーニョが準備を始めました。
6月18日 大分へ移籍。
合流して約1か月。
いよいよ背番号10の登場です。


59分
山岸 智 → シキーニョに交代。


61分。
シキがファーストタッチ。
川西とのワンツーが合わずしきりに悔しがります。
かなりの負けず嫌いかな?


63分。
8番林が直人と接触。
66分。
コテがミドルを打つもバーの上。


79分。
攻めない水戸。
明らかに引き分け狙いとなります。


完全に引いた相手に対して攻める手段がありません。




81分
鈴木 惇 → 前田 凌佑に交代。


83分
三平 和司 → 伊佐 耕平に交代。


レイが何とか打開しようとシュートを打つも枠外へ。



87分。
この試合の中でドームが一番湧いたのがこのシーン。


シキの行く手を阻む2人の水戸選手。


え! と思う暇もなく


2人の間をすり抜けた? と思った(笑)


そのままシュートするもこれはキーパーに止められます。
が跳ね返ったボールを再びシュート。
これでコーナーを得ると・・・シキが両手を挙げサポーターを煽る、煽る。


自分でボールを持って行き・・・


そのまま自分で蹴りました(笑)
ドームはこのシキの一連の動きに大盛り上がり(笑)


もう、何かが起こりそうな予感がプンプンしてきます(笑)


前田とのワンツーにドームが湧きます。


その後、アディショナルタイム5分の偶然に前節の歓喜を思い出しましたが・・・ゴールを割れずスコアレスドロー。


これで後半 3試合連続引き分けです。


選手に笑顔は見えません。


大分はホームで勝ち点1しか取れず、水戸はアウェーで勝ち点1を取れた。
まぁそれはそうなんだろうけど、少し違う気もします。


最初の目標は あくまで勝ち点45の達成。


この達成が何より優先のはずです。


後半3試合連続の引き分けを勝ちが無いと捉えるか、負けが無いと捉えるか。


目標がJ1昇格なら勝ちが無いとなるでしょうが、目標が勝ち点45ならば負けが無いと捉えたほうが良いと思います。


今日の引き分けで勝ち点1を得て、目標勝ち点45まで 残り10となりました。


この3試合で確実に減っていることを考えれば、この引き分けも大きいのではないでしょうか。


勝つことも大事ですが、今は何よりも負けないことの方が大事です。
この1点が最後に響いてくることを、J3に降格した私たちは誰よりも知っているはずです。


インタビューを終えてシキが挨拶に来ました。


頭を下げ、エンブレムを指さし・・


軽くたたく仕草は見ていて涙が出そうになります。


軽く手を挙げた顔にはいつも私がスポパで見ている笑顔はありません。

                               
「自信を持ってやれ(と言ってくれた)チームメイトのおかげ。
1日1日100%の力を出し切ってチャンスが来たらアピールできるようにする。
サポーターに感謝」
 
シキ  試合後のインタビューから。



新しい戦力、新しい風にワクワクが止まりません。
                  
がんばれ 背番号10番 シキーニョ!  




そのころ青葉は・・・爆睡していました(笑)


後半はまだまだ始まったばかり。


                
頑張ろう 大分トリニータ!
頑張ろう 大分12番!
 


(今節も声をかけていただいたみなさん、お世話になりました。
ありがとうございました)























コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017-7-20 スポパ(水戸戦の前に)行ってきました

2017-07-21 18:16:02 | 大分トリニータ
世間は夏休みになりました。
そこで一昨日、青葉と冬夜を連れて「ジブリの大博覧会」に行ってきました。
場所は大分県立美術館
○会期2017年7月7日(金)~9月3日(日)まで
○開館時間10:00~19:00
○観覧料大学生・一般 1,400円
中学・高校生 1,000円
4才~小学生   600円
「ジブリの大博覧会~ナウシカからマーニーまで~」
スタジオジブリの歴史を未公開のものを含む膨大な資料から振り返る特別企画展です。



車を停め急いでエアコンの効いた建物に入ると、動く「巨大な船」が出迎えてくれました。
青葉はこれに大喜び。


細かいところまでよく作られています。


この船が上下に動きます。


2階から見ると光りに包まれて幻想的に見えます。


子どものキラキラ輝く目にはこの船がどのように映っているのでしょうか?


青葉の喜ぶ声に冬夜が反応します。
冬夜は青葉が大好きです。
青葉が泣くと一緒に泣くし、青葉が喜ぶとニコニコします。
そんな2人の仲良しぶりが嬉しくなってきます(笑)


「ジブリの大博覧会」
入り口は巨大な歯車です。
そこを抜けるとトトロがカウンターの向こうにいます。

青葉はカウンターの上にある大きなドングリに興味があったようですが、ここからは触ることはできません。
もちろん写真も厳禁です。
奥に進むと公開された全ポスターと原画が壁にびっしりと貼っています。
これを見比べるのが面白い。
いくら時間があっても足りません(笑)
夏休みに入ったとはいえ平日とあって人の数はまばらでしたのでゆっくり見ることができました。


出口付近には「ネコバス」が。
乗車もできますし写真も撮れます。
シートはモフモフ(笑)でした。


「もののけ姫」
糸井重里さんの有名なキャッチコピー「生きろ。」が生まれるいきさつもありました。
もう一度、一日かけてゆっくり見たい。
そんな「ジブリの大博覧会」でした。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


7月19日 公式より発表がありました

野上拓哉選手 ヴェルスパ大分へ期限付き移籍のお知らせ
【野上選手 コメント】
                                          
「この度、ヴェルスパ大分に期限付き移籍することを決断しました。
大分トリニータにはU-15から所属しているのでチームを離れるのはとても寂しいですが、新しい環境でチャレンジして確実に成長してきます。
ヴェルスパ大分で結果を出し、トリニータのファン・サポーターのみなさんに成長した姿を見せられるよう頑張ります」 


野上=ノガチョ と選手から親しみを込めて言われています。
知らないサポーターもいると思いますが、ゴールへのセンスは抜群です。
アイディアは多才で、対応力もあります。
TMの結果を見たらそのゴールの多さに驚かれると思います。
間違いなく将来のトリニータを背負う選手の一人です。
                
頑張れ ノガチョ!



7月20日。
2016年度 クラブの経営情報が開示されました。
大分は昨年J3でしたが、ダントツの黒字です。
なんと6400万円。
サポーターの年間チケット数が多かったこともその要因でしょうが、なにより大分FCの頑張りも大きかったのではないかと思います。
赤字で大事な選手たちを泣く泣く手放したあの思いは2度と味わいたくありません。
これからも黒字経営をよろしくお願いします。



さて、昨日(7月20日)スポパに行ってきました。
暑い。 特に後ろから太陽がジリジリと照り付けてきます。
皆さん、これからのスポパは暑さ対策しないと大変なことになりますよ。

まず最初に探したのが大津。
1年ぶりのスタメンで先制ゴールを決めた大津はどこに?
いました、川西とコテに挟まれてなにかアドバイスを受けている様子・・・ちがうかな?


大津 神妙に聞いている様子でした(笑)


次に探したのが貴重な同点ゴールを決めた「ジャニ」ちゃん。
いつものイケメン健在でした(笑)


なんとなくチームの雰囲気が固い感じがします。


ここ3試合まだ勝っていないからなぁ、などと思いながら練習を眺めていました。


今日の練習場所はラッキーなことにすぐ目の前です。
もしかすると選手の汗が飛んでくるかもしれません(笑)


なんてことを思っていたらボールが飛んできました(笑)


そんな固い雰囲気を破ったのがこの男(笑)


突然? 笑い始めました。
何に反応したんだろう?


顔を赤くして笑っています。
それを見て私も思わず笑ってしまいました(笑)


ぐっさんも


翼は別のことで笑っています。


つられて笑うのはめったに笑わない黒木。


こちらは容平。


さわやかなのはレイ。


・・・・・・・・・・・・・


ここで一部 非公開となり全員外に出ることになりました。
時間にして3~40分間ほど。
今日はいつものスポパ常連のメンバーに加えて山形から初めて大分に来てくれた川西サポさん。
福岡からのたっくんサポさん。
県北からのレイチェルサポさんといつにもましてにぎやかです(笑)
ワイワイガヤガヤとみんなで楽しく過ごしたのであっという間の待ち時間でした。


中に入るとすでに練習は終わり、選手はクールダウンに入っていました。



私はGKが近くで見える場所に移動したのですが・・



向こうで何やら不穏な動きが(笑)


さんぺーの前には大津の姿。
これは何かあるはず(笑)
そこで前の場所に移動しました。


日高アナウンサーからインタビューされているのは大津。
もうこれはアレですよ(笑) アレ。
大分ケーブルテレコムの「Cheer Sports Oita」の予告撮りでしょう。



それを嬉しそうに見る  さんぺーと



いたずらっ子顔のコテ(笑)と


その隣には高木(笑)
なんと大津  絶体絶命のピンチじゃん(笑)


当然、危険が迫っているのは承知の上。
かなり目が泳いでいます(笑)


さぁ、まずは練習です。
「チア スポーツ 大分」と動作は3つ。
「チア」で左手こぶしを握りガッツポーズを作ります。
大津 最初から間違えています。


「さんぺーくん、ウソを教えたやん」


「あははは、オレが嘘を教える訳ないやん、あははは」


次は「スポーツ」なので両手で「S」を作ります。
「知ってる?」と高木。
「当然!」とコテ。


さすがコテ その通り(笑)


この時、日高さんのくつひもが緩み、下を向きました。


今がチャンス。
「だれかおしえて」


「早くせんとみんなが待ってるだろ」


その後 3回ほどやり直し(笑)

いよいよ 本番!
日高さんの明るい声が響きます。
「大分のスポーツを応援する チア!」                   


「スポーツ!」
 
ここまでは完璧。
心配そうな日高さん。
さぁあと少しだ大津。        

            
「オオイタ!」 

(スポーツは「S」、大分は「O」じゃん・・・とだれかの声が聞こえそう(笑))


だ・か・ら・・・本番だって(笑)


まぁ当然 悪ガキ3人 から大ブーイング(笑)


「・・・しょんぼり」


それでも最後の締めには笑顔の大津(えらいぞ)


収まらないのがこの悪ガキ3人(笑)
「全カットでお願いしま~す」


「モザイクかけたら?」


でもまぁみんな大津が心配だったんだろうなぁ、と少しフォローしかけたら・・・


「今日は人選間違いだったよ」の誰かの声で「フォロー」が引っ込んでしまいました(笑)


ということで遠いところから個人サポさんが来てくれているので今日は最後まで出待ちするつもり。
まずは「岸さん」


「姫野」


日高さんが持っている棒を下に落とさずに、なおかつどれだけ早くつかめるか? というゲーム。


結果は書かないのでぜひ 大分ケーブルテレコムの「Cheer Sports Oita」をご覧になってください。


「黒木」


みんなかなり真剣です。


「シキ」


シキの腕時計が気になって、気になって(笑)


さて結果は?


成功か? 失敗か? 表情で分かりますか?


「レイチェル」


指をどれくらい広げたらいいですか? と聞いていました。
真面目、本当に真面目。


「伊佐」


身体が前のめりになって闘争本能がむき出しでした。
何事にも本気モードが伊佐らしくて好きですね(笑)


この表情は!  はたして?


「ごっちゃん」


どこにも闘争心が見えないんだけど・・・。
でもハットトリックを2回も決めているんだよね(笑)


「岸田」


「翼」


「さんぺー」


さんぺーちゃんは静かに燃える闘争心。


日高アナのいろいろな言葉に・・・どうなったのでしょうか?


「コテ」


「ソンス」
髪の毛を切ったね!  と言うと「奥さんが切ってくれたんです、初めて切ったんですよ」と嬉しそうに話してくれました。
(似合ってますよ!)


「ソンス君の誕生日に仲間がプレゼントをして、そのプレゼントを奥さんがとても喜んでました!とお礼を言うのをそばで見てて、
とっても礼儀正しい人やなぁー!とみんなで話しました。
子供さんの絵本、嬉しかったんだね!良いパパだ」

嫁のツイートより


吉坂コーチ
仲間がクラブハウスのベランダにピンク色の何かがあるよ!
と言っていたのですが、まさか吉坂コーチ愛用の枕「ピンキーちゃん」という名前の枕だったとはビックリでした(笑)



「フック」



「川西」

遠い山形から大分まで川西選手に会いに来てくれたのに、最初 恥ずかしがって動けなかったサポさん。
そのことを知らない川西選手は通り過ぎる手前。
慌てて引き止めるおば様たち。
、というような場面もあり、楽しい中にもかなりスリリングな今日のスポパです(笑)


「竹内」



「ぐっさん」


「たっくん」


たっくんサポさんとスポパでお会いするのは今回で3回目。


会うたびに人となりが分かって来て嬉しいですね。


「岩田」



「修さん」



「直人」



「惇」


最初のころ、気配を消して帰っていたのを思い出しました(笑)
今日はたくさん話ができました。
(大分に慣れてくれて良かった)


「大津」
みんなで「初ゴール おめでとう」と言うとにっこり笑っていました。
照れくさそうな顔が可愛いですね。


「初ゴールサイン」をいただきました。


それをキヨが嬉しそうに見ていました。


「ジャニ」ちゃん。



「初ゴール おめでとう」の声にやっぱり少し照れていました。


2枚もいただきました。



最後の最後に出てきたのが「容平」


最初の選手から待つこと2時間半。
でも待った甲斐がありました。
サインを貰った後「この写真 欲しいです」と容平から嬉しい言葉が。


「何枚でも印刷して持ってきます」とかなり舞い上がってしまいました(笑)
偶然にも数時間前、大分FCのスタッフさんと写真のことで少し話をしました。
選手の誕生月にご家族に選手の写真を贈っているそうです。
すごく喜ばれると言っていました。
考えれば私服姿や試合の写真はあっても練習場での写真ってないんですね。
「選手にあげたら喜ばれますよ」という言葉でした。
「私、素人ですよ」と言うと「素人だから良いんですよ」とは別の人からの言葉。
前のプリンターが壊れて新品になったのも偶然ではないかもしれません(笑)
とってもやる気が出てきました(笑)


さて明日はホームで水戸を迎えます。
はっきり言って「強い」というイメージはありません。
でも大分が勝ったというイメージもありません。
確かに2012年6月17日にホームで勝ったのを最後に勝ってはいません。


ただ今年はクラブが進歩し続けています。
5年間勝ったことのない水戸に対して片野坂監督はどんな采配を振るうのか?
前節ゴールを決めた大津、前田の出番は?
シキーニョは出るのか?
ごっちゃんは?

楽しみが多すぎて今からワクワクが止まりません。
                           
頑張ろう 大分トリニータ!
頑張ろう 大分12番!


(昨日は本当に楽しいスポパでした。ご一緒したみなさんありがとうございました)



























コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017-7-16第23節 愛媛VS大分 2-2 引き分け

2017-07-18 18:05:29 | 大分トリニータ
「絶対に獲ったる、という気持ちでボールを蹴りこみました」
試合後のインタビューで劇的な同点打を放った前田凌佑は少し興奮気味に語ってくれました。

2-1と愛媛にリードされたアディショナルタイム。
5分あった時間もあとわずかとなり、崖っぷちまで追い詰められた中、32番前田の放ったボールは勝利を諦めないトリニータサポーターの目の前で相手ゴールを揺らしました。
豪雨災害で被害にあった人たちに、サッカーを通じて諦めない姿を見てもらう、と試合前語っていた片野坂監督。
選手、サポーターはもちろん、全員でもぎ取った勝ち点1はとてつもなく大きい1点になりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


第23節 アウェー愛媛戦にツアーバスで行ってきました。
午後6時キックオフということで出発時間は遅く大銀ドーム近くのH駐車場を12時に出発しました。


ツアーバスは4台 総勢151人を乗せて 「愛媛にしゅぱーつ!」


フェリーは昨年新造したばかりということで非常に綺麗です。


「カンパーイ」と言うと隣にいたツアー仲間から「完敗」に繋がるからとの指摘があり「かんしょー(完勝)」と言い直したり、と相変わらずトリサポ同志の旅は楽しい。


「四国夏の陣が始まります」で始まった添乗員さんの言葉を思い出しながら「伊予灘」までやってきました。
スタジアムまであとわずか。


「ニンジニアスタジアム」到着。


「九州北部豪雨災害 義援金募金」をやってくれていました。


もちろん小額ですが募金をさせていただきました。


おなじみの面々にも会えて感激です。


「一平くん」と。
今日は良い試合をしようね。


「オーレくん」と「たま媛ちゃん」


右のチアガールのお姉さんがノリノリでしたよ(笑)
それにしても愛媛ってキャラクターが多いよね。
うちもそろそろニータンに似合いの彼女を・・って案はどうなんかなぁ?
(でも、ニータンは中性ってことだから無理なのかも)



一度スタジアムの中に入って荷物を置きに行きました。
ツアーは時間がギリギリだからゆっくりできないのが厳しい(笑)


こちらは少し閑散としていました。


逆に「じゃこ天」のお店の方はさすがに多いですね。


別の「じゃこ天」のお店ではあと少しで売り切れですと言われていました。



私は先に来ていた仲間からいただきました。
「ありがとうございます。ごちそうさまでした」


今日の天気は晴れ。
温度は30度を超えた夏日です。


ただ我慢できない・・という蒸し暑さではありません。


正面はGうらの愛媛サポさん。
左側は何を作っているんでしょうか?
なんだか応援するのに窮屈そうです。


先程の愛媛キャラクターとチアガールのみなさん。



「金太」くん。


ご存じ「一平くん」


試合前の「岸さん」と


「ジャニちゃん」
時おり笑顔が見えるのでリラックスしているな、と思っていました。


キックオフ 10分前。


スタジアムに風が吹いてきました。


「豊予海峡ダービー」

現在3連敗中、4試合で10失点の愛媛ですが、それだけにホームでの勝利に燃えるものも大きいはず。
今日は厳しい戦いになりそうです。


 「さんぺー」   
愛媛にとって嫌な相手はさんぺー。
大分にいた2012年は2試合で3ゴールを決められ、京都に移籍した2013年は2ゴールを決められています。
さんぺーへの警戒は覚悟しないといけないかも。


 「大津」
天皇杯でレッドカードのごっちゃんが出れないことで白羽の矢が立ったのが「大津」
TMでも非常に良い動きをしていました。
ただFWは良い選手が多いのでリーグ戦に出るのは難しいかな、と思っていたところにスタメンの声。
ごっちゃんには悪いけど大津本人にとってはこれは大チャンス。
大津 初出場 初先発 がんばれ!


「黙祷」     
今回の豪雨災害で犠牲になられた方へ哀悼の意を込めて「黙祷」
(大分・福岡で30人以上の方が犠牲になりました)


お互い 3-4-2-1 のミラーゲーム。
試合開始。


愛媛でだれが怖いって20番のえなり君(河原)が一番。
なぜか大分戦では燃えに燃えてくる(笑)
ふと思ったけど毎試合、大分戦だと思ってプレーしたら年間40得点するんじゃないか?
と冗談なく思ってしまいました(笑)


立ち上がり、ボールを保持するのは愛媛。


ただ大分が必要にプレスに行かないのは作戦かもしれません。


8分。            
えなり君がボールを持ち、切り替えた時に シュートコースが空いてる と思った瞬間ミドルを打たれました。
しかしボールは直人の指?に当たりバーに跳ね返されました。
触ってなければ入っていたかも、これは直人の神セーブ!


10分。
大分のチャンス。
岸田からさんぺーへ。


ボールはGKとディフェンスの間をすり抜けたが、誰も反応せず。


11分。
愛媛17番小暮にドリブルで持ちこまれ「あわや」のシーン。


大分 全体的に動きが重くパスミスが目立つ。


そんな中、愛媛に決定的なチャンス。
18分
17番小暮からのボールは20番えなり君の前に。
得意なダイビングヘッドで合わせるも枠を外し、鈴木 義がクリアー。
(あぶない あぶない)


20分
大分に待望の初シュート。
相手を背負った大津。


前に落としたボールをシュートするも惜しくも右に流れる。
ただこのシュートで大津の動きが良くなる。


26分 大津先制ゴール!
試合が動いたのが26分。
川西から大津へロングボール。


スペースでボールを受けた大津。


華麗なトラップを見せ、エリア付近に持ち込み・・・



GKの動きを見つつ、落ち着いてシュートまで持っていき・・・


ゴールネットを揺らした。


                                                
「とにかくほっとしている。ずっと試合に絡めず、怪我もしていたので、昨年の夏から約1年ぶりの公式戦だった。
昨日は緊張していたようで全然眠れず、すぐに目が覚めてしまった。
試合の入りからすごく緊張していて、キープも出来ずにいたが、得点してからリラックスできた」


「お前ここが最大のチャンスだぞ。これしかないから」とみんなから言われ、自身でもそう思っていた。
大津 試合後のコメントより

                                             
大津 初出場 初先発 初ゴール おめでとう!  
 


最近、気になるのが5番鈴木 義と27番さんぺーが削られるシーンを各試合で見かけること。



相手にしたら危険な相手をつぶすのが一番なのだろうが怪我をされるのが怖くて仕方がない。


大分が1点 リードで迎えた後半開始。


大分が追加点を取るのが先か、愛媛が同点に追いつくのが先か。





必死の攻防の中。


52分
2番浦田にパスカットされるとボールはえなり君のもとへ。
振りぬいたシュートはゴール左隅に突き刺さった。
これで 1-1 同点。
                            
えなり様へ
過去 幾度と貰った恩返しでお腹いっぱいになりました。
これ以上食べれません。
これを最後に受け付けを終了します。
もう、本当になんにもいらんけんね。




59分
大津 耀誠 → 伊佐 耕平に交代




大分、シュートまで行くも勢いは愛媛。



70分
ここでも河原がカウンターから縦パス。
ディフェンスがもたつく間に9番有田にループシュートでゴールを決められた。
これで 2-1 と逆転される。


このまま終われるはずのない大分は攻撃を仕掛けるもゴールできず時間だけが過ぎていく。





80分
三平 和司 → 前田 凌佑に交代



同じく80分 川西 翔太 → 吉平 翼に交代。










87分
田中 裕人 → 深谷 友基に交代。
残りの時間を逃げ切りにかかる。
ここから愛媛は攻撃に出ないでゴール前を固める。



「アディショナルタイム5分」
「大分に勇気を与える5分です」とアナウンサーの声。
勇気 いただきました(笑)
残り 4分
愛媛にとっては長い長い時間。
残り3分
片野坂監督が急いでマイボールを選手に渡す。
残り2分
ここから物語は一気に感動のラストへ(笑) な~んてね(笑)

まず惇が翼の位置を確認してボールを出す


そのまま向きを変えた翼はドリブルで持ち込み


クロスを上げる。


GKがはじいたボールをコテが後ろのジャニ(前田)に



ジャニちゃんの蹴ったボールはキーパーの手をはじき・・・


22番深谷に当たり・・



右隅に突き刺さった。



ボールをいち早く取りに行ったのが伊佐と岸田。
残り時間はおそらく1分。
もう1点取って勝ちに行こうとしたもの。


絶対に勝ちたい、勝たないといけない。
そのみんなの想いがボールをゴールへと繋げた。

                                   
何も考えずにシュートした。
何が起きたか全然覚えていない。
ちょっと当たり損ねたが、なんとか入って良かった。
全然きれいなゴールではないが、チーム全員の気持ちがこもったゴールだったと思う。
初ゴールはうれしいが、引き分けだったので、次はチームを勝たせるゴールを取りたい。

前田 コメントより


これで大分Gうらは大騒ぎ(笑)
あちらこちらでハイタッチ。
勝ってはいないけれど勝った気分。


前回戦った第6節のホームでも90分+5分と最後の最後に入れたのが容平の初ゴールだった。
今節もゴールを決めたのが90分+5分。そしてジャニちゃんの初ゴール。
愛媛にしたらまさにデジャブ(笑)
キャプテン岸さんを先頭にGうらにやってきます。


疲れ切っている顔の選手。


でもどこか満足しているようにも見えます。


負けなかった安堵感も見えます。

                                                
「耀誠、凌佑といった普段あまり試合にからんでない選手と、サポーター応援の力で何とか勝点1を取れました。
ただ、失点の場面含めて課題も多い試合になりました。
水戸戦、後半戦初勝利をホームで挙げれるように、またチームみんなでがんばります。
今日も暑い中応援ありがとうございました」

鈴木 惇  ツイッターより

勝っても負けてもツイッターを更新する惇。
本当に気持ちの強い選手だと思います。
負けた時は発信するのが嫌だろうなぁ、と思いますが惇の言葉に力を貰っています。
これからも発信し続けてください、お願いします。


「勝ちたかった」
そういう気持ちが表情から伝わってきます。


選手にすれば勝つために戦っているわけで引き分けでは納得していないのかもしれません。


でも私は充分に満足です。
必死に1点を追いかけた選手。


追いついた時も満足せずにすぐに勝ちに行こうとした選手。


スタメンを言われたとき、喜びと不安が襲い眠れなかった選手。


持ち前の元気で走り回り相手をかく乱し、ゴールまでの道筋を立てた選手。


「諦めない姿を被災された方々に見せたい」と語った片野坂監督の想いをピッチで表現してくれた選手たち。




そんな選手に感謝です。
みんなありがとう!

                                                  
選手が強い気持ちをもって最後まで戦った成果として、サッカーの神様がプレゼントしてくれたのかと思う。

片野坂監督 コメントより

                            
初ゴール!
みんなの気持ちがこもったゴール!
引き分けは悔しいですが次はホームなので絶対に勝つ! 

凌佑 ツイッターより
 凌佑 J2 初ゴール おめでとう!


この後深谷選手が大分Gうらに挨拶に来てくれたようです。
ただツアーバスの時間が決められているので長くは居られませんでした。
できれば深谷選手に会いたかった。
選手バスを見送りたかった。

帰りのフェリーの中、仲間とトリニータの話で2時間半。
あれやこれやトリニータの話は尽きません(笑)


               
よーへい 誕生日 おめでとう! 




声をかけていただいたみなさん、お土産をいただいたみなさん
ありがとうございました。


次節はホームに水戸ホーリーホックを迎えます。
                    
がんばろう  大分トリニータ!
がんばろう  大分12番!


今回も楽しいツアーでした。
ご一緒したみなさん、お疲れ様でした。

















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天皇杯 3回戦 柏 VS 大分 2-0 負け

2017-07-13 18:27:52 | 大分トリニータ
まずは公式より
                                       
7月8日(土)ホームゲーム会場で行った豪雨災害に対する義援金募金活動のお礼とご報告
【義援金募金活動 報告】

◆実施日時   2017年7月8日(土)湘南ベルマーレ戦 16:30~19:00
◆参加者    大分トリニータ選手13名、U-18選手、レディース選手、スタッフ
◆募金総額   610,698円
◆寄付先    大分県豪雨災害義援金口座 


多くの方々にご協力いただき、誠にありがとうございました。
今回お預かりしました募金は、大分県を通じて被災者へ寄付いたします。

第24節水戸ホーリーホック戦試合会場内でも、義援金募金活動を実施いたします。
みなさんよろしくお願いします。


今節の天皇杯は場所は大銀ドームですが、ホームとしては柏。
つまりホーム柏 アウェー大分  となります。


ということで「柏レイソル VS 大分トリニータ」の試合となります。



試合の前の腹ごしらえは「俺たち 勝つ!カレー」


いつもは売り切れていることが多いのですが、今日は人が少ないので無事にゲット!


今日はMさん母娘と別府さんご夫婦でいつもの「勝つぞ~!」





大分はいつもの3-4-2-1 
伊佐 ワントップのシャドーに大将と國分。
ボランチは姫野と前田、サイドに岸さんと黒木、最終ラインに左からたっちゃん、ぐっさん、ソンス。


驚いたのがサブ。
背番号61のGK津村選手。
アンダーの選手、そういえばスポパで見たことあるな(笑)



選手が練習に出てきました。


笑顔もあって少し余裕が感じられます。


「シキ」の子供さんかな?


自分をアピールする絶好のチャンスなので柏というチーム名に臆せずガシガシいってもらいところです。






こちらは柏レイソルのメンバー。
ガチもガチ(笑)



9番のクリスティアーノは昨季 16得点。


11番のディエゴオリベイラは昨季 12得点。
2人で28得点とえげつないメンバー(笑)



中断期間のJ1に比べ、J2はリーグ戦の真っ只中とあって、いつものメンバーを出せない台所事情は仕方がないこと。


それでも何とかしてくれるのではないかと期待してしまう自分がいます。


普段なかなか試合に出れない選手が多い中、お互いの連携がうまくいきません。
パスミスが目立ちます。


それでも前田が中心になりボランチからウイングバックへ。
さらに逆サイドへとボールを動かします。


いつもの大分の試合になりそうな流れですが、精度を欠くために流れに乗れそうで乗れない時間が続きます。




左側のキッカーは姫野。


右側は黒木のようです。


31分、32分と相手エリアに攻め込み、シュートまでの形を作ります。
しかし惜しいところで相手GP中村にセーブされ、ゴールを割るところまでいきません。


前半 0-0 で迎えた後半。


どちらが先制点を取り主導権を握るかが重要な中、修さんからのボールを空中でトラップした大将が伊佐に出すも実らず。



その前の大将から黒木へのパスも惜しくも流れてしまいましたが、どれかが決まっていれば、流れは変わったかもしれません。


そんな中、両チームのイライラが伝わってきます。
伊佐が倒され ムっとなる場面も。



試合が動いたのが53分。
7番大谷のボールは大分の最終ラインの裏を狙うロングボール。
これに合わせたのが9番クリスティアーノ。
左足で決めたゴールはお見事の一言。


続いて59分。
ソンスが相手ゴール前の國分にスルーパス。
完全にフリーの國分だったがシュートを選択せずになぜか前田に横パス。
これを奪われカウンターをくらい、11番のディエゴオリベイラに試合を決定する2点目を入れられる。
2点とも相手の個の力の高さを見せつけられたゴールでした。




片野坂監督が動きます。
61分。
大将からごっちゃんに交代。


同じく61分。
たっちゃんからフックに交代。



70分
岸さんから翼に交代。


この日の入場者数は「3715人」


いくら相手がJ1のトップクラスとはいえ何とか一矢報いたいところ。


しかし選手の気持ちとは裏腹に無情にも時間だけが過ぎていきます。





そんな中アデショナルタイムが表示された直後。
ごっちゃんがボールを浮かせたままドリブル・・・



2度目か3度目の時に13番小池と接触。
足と足がぶつかり、ファールくらいかな?と思っていたら「レッドカード」だという。


このジャッジに片野坂監督と吉阪コーチが猛抗議。
必死に2人を止める吉村コーチ。


主審がいつレッドカードを出したのか、オーロラビジョンにいつそのことが出たのか?
もしかしたら出していないのか?
まったく分かりませんでした。


ただそれがあった直後。
ごっちゃんと接触した13番小池の足を心配する片野坂監督の姿に感動しました。



2-0 試合が終わりました。


倒れこむ黒木。


伊佐。


黒木には水を持っていき・・


伊佐には手を貸しました。




主審のジャッジには憤慨しながらも選手には常に思いやりを持って接する監督だからこそ、選手はよけいに勝ちたかったはずです。


今日が初めてのスタジアムDJの「KEIGO」さん。
慣れないながらも聞きやすい声で一生懸命さが伝わって来て好感が持てました。
最後に「お気をつけてお帰りください」の声にサポから「ありがとう」の声がありましたよ(笑)
次はトリニータの「ゴ~ル」を叫んでくださいね(笑)


終わってみれば3枚のイエローカードと1枚のレッドカード。
よくもまぁ大分ばかり4枚もくれたものです。
これでごっちゃんは次節 愛媛戦は出場できません。


ではいつも大分がリーグ戦でこんなにカードを貰っているのかというと真逆です。
この下の表は21試合が終わった時点での数字です。
大分は反則ポイント「-14」のダントツの1位です。

では反則ポイントってなに?
 〇サッカーにおける反則点数。それはすなわち、警告や退場に当たります。
                       
イエロー、レッドの枚数が反則ポイントを左右します 
つまりトリニータは反則の一番少ないチームということです。


ちなみにマイナスのチームはJ2の22チームの内、わずか3チームしかありません。
なのにどうして今節こんなにもカードが多かったのか?
それは柏の球際が激しかったのでイエロー覚悟で止めたものなのか、主審の判定が無茶すぎたのかは分かりません。
が、しかし。
片野坂監督があんなに怒りを露わにしたことから考えると、おのずと答えは出てくると思います。



試合が終わりました。


引き上げてくる選手はほとんどが下を向いています。


もちろん負けると悔しいです。
見ているサポはもちろん、実際にプレーしている選手はもっと悔しいことでしょう。


ただ、相手は現在J1で首位のセレッソに勝ち点差わずか4で、4位と優勝を狙っているチームです。


それもサブメンバーではなく、ガチメンバーです。
負けたとはいえ、ガチで戦える機会はそんなにあるものではありません。


きっと後半、今日のメンバーが必要とされる場面がきます。
この経験はきっと役立つはずです。



「よく走った」
「よく戦った」
「スタメンを奪い取れよ」


汗だくの選手の背中には拍手が鳴りやみませんでした。



選手バスを見送りました。

暑い中、最後まで走ってくれた選手に感謝です。
「ありがとう」



早いもので3日後には愛媛戦です。
前回の対戦では容平が初ゴールを決めた縁起の良い相手です。
その容平も得点トップのごっちゃんもいませんが、だからこそ燃えなくてはいけません。
絶対に勝ちましょう!
         

がんばろう 大分トリニータ!
がんばろう 大分12番!


(なお、声をかけていただいたみなさん、お気遣いいただいたみなさん
ありがとうございました)


























コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スポパへ(天皇杯 柏戦の前に)行ってきました

2017-07-11 17:12:29 | 大分トリニータ
すでに終わっている試合をどうしてもライブのような感じで見たい時があります。
結果を知ると楽しみが半減するので、それまで一切の情報を遮断し、嫁にも絶対に結果を言わないように釘を刺します。
テレビの前に座り絶対に言うなよ、と嫁を目で制し画面に集中します(笑)
試合開始後しばらくは静かに見ていた嫁。
そのうちスマホで何かを調べ始めました。
まさかなぁ、と思っていると、突然
『もうすぐで、もうすぐAチームが点を入れるけんな。22分に入れるけん・・あと2分後やなぁ』
「は? 何を言よんの?」と呆れていると『ほらー、入れたやろ』とドヤ顔(笑)

『結果が分かったら面白くないやん』と私。
『別にどっちが勝ったか負けたかは言わんよ』
『でもこの試合、ロスタイムに何かが起こるみたいで・・・まぁこれ以上は言わんけどな』


・・・って言うてるやん、おしゃべり(笑)


というようなことを嫁に直接言えないのであえてブログに書いてみました(笑)
世のお父さん、ブログを始めませんか?  (笑)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

少し前の話。
スポパで顔見知りの女性から漫画の本を4冊いただきました。
「誇り-プライド」という題です。
J2チーム・函館トゥルーパーズを舞台に、交差するそれぞれの人間模様の話。
2巻から4巻は大分フェニックスというトリニータを題材にしたものです。
「キャプテン翼」の高橋陽一さんが書いたものですが、中に大銀ドームも出てきます。
その高橋さんの取材に同行したのが大分トリニータ機関誌「Winning Goal」編集長の姫野 裕一さんです。
この本は面白いので4冊を次々と回し読みしていきたいと思っています。
Kさん、ありがとうございました。


さて久しぶりのスポパにワクワクしてきます(笑)

明日は天皇杯ということで、ボールは天皇杯用を使用しています。



いつものようにスポパに10時前に着くと、選手はピッチに出てるはシニアサポさんは来てるは。
あれあれ?な状態で慌ててカメラをセット。
9時半始まりの夏時間になっていたのをすっかり忘れていました。

この日は「ソンスの30歳の誕生日」


選手から絶大な信頼を置かれている竹内がソンスにおめでとうのハグをしていました。

                 
ソンス 30歳の誕生日 おめでとう! 




公式では1部非公開となっていましたが、スタッフの方から今日は非公開がありませんと説明がありました。
よって紅白戦はないのでビブス姿はそのままアップします。


それにしても湘南戦、良い試合でしたね。
得点は入りませんでしたが、引き締まった本当に素晴らしい試合でした。
選手も手ごたえを感じたのではないでしょうか?
選手が楽しそうに練習しています。
大きな声も出ていますし、雰囲気はとても良いようです。


シキも日本語が分からないまでも、何とかチームに溶け込もうとしているのが分かります。


明るい性格のようですからトリニータにはピッタリでしょう。


今日はそんな楽しそうに練習している選手の表情を最初から並べていきたいと思います。
よって写真の枚数は多いです(笑)
まずは「竹内」


「レイ」
前節 スタメンで出場し90分間を走りぬき 見事に復活をアピールしました。


なぜかさんぺーが嬉しそう(笑)



それを見ていた岸さん、思わずニッコリ。


笑顔につられて「ぐっさん」も。


同じく「レイ」も。


もろに応えた「川西」



「翼」  少し冷ややか(笑)


加速する さんぺー。



思わずつられた「容平」


腕を上げすぎて「イタタタ」


「さんぺーの笑顔につられてしまったよ、あぶねー、あぶねー」(笑)


それを見ていたごっちゃん「苦笑い」


「ペー様はなにがそんなに嬉しいんだ?」 と伊佐(笑)


「副キャプテンである俺は笑うべきか否か? 」と迷う姫野(笑)


「笑っちゃえよ!」 とキャプテン(笑)


ちなみにセリフはたまに間違っていることがありますのでご了承ください(笑)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さてここからはセットプレーの練習です。
プレーが見事に決まったときの選手の「ドヤ顔」

「ヨシ!」は姫野。



「オレ 調子が良い!」  と川西。


クールな顔は「たっくん」


「よしよし」


「ナイス!」 とフック。


「決まったね」


「見てくれた」と伊佐。


「これがオレのプレーだよ」



「忘れないようにしよう」


「これやで!」



「我ながら惚れ惚れする」



「みんな見てくれた?」



「どう?今の 」


「昨日は ソンスにハッピーバースデーを言いすぎて喉が痛いねん」


「誕生日は決めないとね」


それにしても伊佐君の「ハッピーバースデー  ツ~ユ~~」は昨日 何回言ったんだよ。  嬉しかったけど(笑)




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ここからは選手がいかに楽しそうに練習をしていたかが伝われば幸いです。
写真はランダムに。






選手じゃないけど・・・(笑)







「ないしょ話」






「俺のこと好き?」


「は~~2人で何を言ってんだか」(笑)























「ウワーー!」



「あ! トンボ」









・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


練習が終わりました。


クールダウンです。



今日はソンスの誕生日なので恒例の水かけを楽しみにしていました。
が、 気配を感じたのかソンスはクラブハウスの中にサっと入っていきました(笑)


本日の主役がいなくなりました(笑)


このまま、まったりとした時間が流れる・・と思っていました(笑)


そこに帰ってきたのがこの男(笑)


水を手にするとまず「シキ」を襲い・・



2番目に「コテ」


続いて「レイ」と容赦がありません(笑)



油断した「コテ」に再び襲い掛かると・・・


今度は歩いてきた「川西」も標的に・・・(笑)



いち早く追撃を避けた川西は・・・


さんぺーではなく伊佐を標的に(笑)


負けじと油断した川西に背後から襲う伊佐(笑)



一方 さんぺーは次の標的を 惇 に絞り


「誕生日 おめでとう~~」と大声をあげる。


「間違ってるよ~」の翼の声に目をこすり・・


目を見開く(笑)


そこで終わればよかったのだが再び「コテ」のもとに(笑)


ところが待ち構えていた「コテ」の逆襲が始まる(笑)
かけたのは「水」ではなく「アクエリアス」


これがもろに目に(笑)


痛いのか洗い流す「さんぺー」
これを「自業自得」と世間では言うそうです(笑)



そんなさんぺーの悪行を知ってか知らずか、散らばっているペットボトルをかたづける「ごっちゃん」


でも、ふと気がつきました。


さんぺーは私たちがカメラで撮っていることは知っていました。
もちろんソンスの誕生日も知っているだろうし、いち早くクラブハウスに帰ったことも知っているはずです。



だからこそいろんなパフォーマンスをしたのではないか?
練習を見に来てくれた人々への究極のファンサービスではなかったのか?
クラブハウスに帰るさんぺーの表情を見ていて間違いないと確信しました。
さんぺーありがとう!


明日の天皇杯。
だれが出てもトリニータのサッカーをしてくれると思います。


J1相手に通じるかどうか?
楽しみな1戦です。
               
頑張ろう 大分トリニータ!
頑張ろう 大分12番!

















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第22節 大分VS湘南 0-0 スコアレスドロー

2017-07-09 19:07:09 | 大分トリニータ
まず初めに。
今回の豪雨災害でお亡くなりになられた方々とご遺族に対しまして、心からのご 冥福と哀悼の意を表します。
また未だ行方不明の皆さまの一刻も早い救助を願っています。

試合前の湘南サポさんの弾幕には涙が出そうになるくらい感動しました。


湘南サポーターのみなさん、本当にありがとうございました。


私も鳴り止まぬ雷と豪雨に怖さを覚えながら孫たち3人を案じていました。
一番小さい冬夜に


悠月に



青葉。
自然の怖さを改めて思い知らされました。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて
今年一番の蒸し暑さの中で迎えた湘南戦。
折り返しの大事な1戦です。
前節、千葉との大敗が気持ちの中で吹っ切れているのかどうか・・・心配です。
(いつも青葉と遊んでくれるやさしいお兄ちゃんとお姉ちゃんの2人です)


入場すると荷物を置いて東口に急ぎ、3人分の「マッチデーステッカー」ごっちゃんをゲット!


「豪雨災害義援金募金」をしていましたので少額ながら募金させていただきました。



西口では社長をはじめ選手も一緒に「豪雨災害義援金募金」をしていましたのでまずは高木から・・


続いて姫野・・・


ノガチョの順番にさせていただきました。


今日のニータンは「だいぎんスペシャルサンクスデー」とあってマイメロニータンでした。



「みどり牛乳」大分トリニータコラボパック発売記念試飲会です。
いくらでも飲みたくなる美味しさですね。


席に戻ってゆっくりしていると東口で「容平」が募金をしていると教えてくれたので再び東口に。
一日も早い復帰を願っています。


容平と言えばこれ!  1つはカメラバッグで1つは予備に(笑)


湿度87%。 蒸し暑い。
こんな日はこれでしょう(笑)



青葉は完食しました(笑)
お腹は大丈夫?


じゃがりこをいただいたところ、可愛いみーちゃんの顔写真入り。
最初見た時はビックリ!  すごいですねぇ。
ありがとうございました。


日本文理大学沖縄県人会による「エイサー」
エイサーは沖縄伝統芸能で、お盆に踊られる先祖供養の踊りとして伝えられてきたそうです。


毎月仕事で鹿児島に行っていたときに、沖縄から来た会社仲間が沖縄民謡をよく歌っていたことを懐かしく思い出しました。




「修さん」


「直人」



今日から2巡目となります。
湘南は現在、福岡とトップ争いをしている強豪チーム。


4連勝中と好調です。
しかも失点は17と一番少なく非常に守備が安定しています。


伊佐 いつものようにボールボーイくんといつもの握手(笑)
これが大事なんですね。


今日のゲームキャプテンは「竹内」


「岸さん」はサブ。


替わって「レイチェル」がスタメンに入りました


心配された雨も上がり、ドーム内に日差しが差し込んできました。
ただ風がないので蒸し暑い(笑)
選手もサポもこまめに水分補給をしないといけません。



開始早々、湘南のパスミスからサンペーがシュート。
これは惜しくもバーの上に。


開始2分。
コーナーキックの湘南。
キッカーが変わるというトリックプレーでハッとさせられるもボールはバーの上。


その後も5分、6分、10分と立て続けにシュートを打たれ、危ない場面が続きます。


そんな中、川西からフック、これにごっちゃんが走りこむもわずかに合わず。


試合は湘南のペースで進みます。


17分。
湘南のフリーキック。
キッカーは5番秋野。 ボールは4番のアンドレに。
ヘデイングが外れるも危ないシーンが続きます。


19分。
ごっちゃんのオーバーヘッドからボールは岸田へ。
慌てたのか岸田のシュートは枠外へ。


24分 給水タイム。




30秒から1分間。
1回目の給水タイムです。
後半にもう1回ありました。


27分。
細かいパス回しから3回目のコーナーキックの湘南。
直人がクリア。


29分。
トリニータ反撃。
川西から岸田と渡り



走りこんだごっちゃんがシュートするも惜しくもバーの上。




34分。
さんぺーが倒されるも笛は無し。
主審を確認すると「東城主審」・・・なるほどね(笑)



42分  大分チャンス。
大分2本目のコーナーキックもボールが流れるが直人まで帰ったボールは岸田から鈴木 惇へ。


惇の絶妙なボールをさんぺーがシュートするも相手キーパーに阻まれ、惜しくも得点できず。



0-0で迎えたハーフタイム

                   
「スタジアム ライトショー」

みんなで流れ星を作ろう!
携帯電話のモバイルライトを点灯してスタジアムに流れ星を作ろうという企画です。


もちろん七夕ということですが、たくさんの光が亡くなった方々への鎮魂のように感じました。


後半開始。


49分。
大分ゴール前でファールを取られます。
こちらから見てると「あわやPKか?」とドキドキ。
これはなんとか枠外へ。


51分。
相手 5番秋野にシュートを打たれるもボールは枠外へ。



大分も攻めの形が出てくるも相変わらず危ないシーンは続きます。




それでも体を張って守り、少ないチャンスをゴールに繋げようと走る選手。





62分。
そんな中、さんぺーが倒され相手ゴール前でフリーキックを得ます。
キッカーは惇。
入ったと思ったボールはわずかに外れ枠外へ。



77分
三平 和司 → 伊佐 耕平に交代
77分
小手川 宏基 → 前田 凌佑に交代




「8827人」
久しぶりに8千人を超えました。


78分。
相手湘南の選手の足がつり始めました。


80分。
大分のペースに。


84分。
疲れているはずの湘南ですがパスの上手さで大分ゴール前に運ばれます。
が、岸田がうまく止めました。


なんとかゴールを狙うも1点が遠い大分。






87分
川西 翔太 → 坂井 大将に交代。



前田からのボルを伊佐が頑張って岸田へ。
そのボールを前田、大将と惜しくも合わず。



結局、強豪湘南とがっぷり四つに組んだ勝負は0-0のスコアレスドローに終わりました。


お互いが勝ち点3を逃がした悔しい試合ではありましたが、見応えのある試合でした。


走る湘南に対して決して走り負けることなく、最後は大分が上回ってさえいました。


気持ちが前面に出た素晴らしい試合でした。
勝たなかったけれど負けてはいません。
今季、連敗はありませんし、昨季J1だったチームにまだ黒星はありません。


そんな選手にお礼を言おうと10人で選手バスを見送りました。


監督と大将が気がついて手を振ってくれました。


試合後、以前よりお願いしていたさんぺーのゲーフラーを撮らせていただきました。
みなさんクオリティが高くて、凄い。
ありがとうございました。


嫁の誕生日が6月でした。
手紙と一緒にプレゼントをいただきました。
ビックリしました。
ありがとうございました。


私は孫のような年齢の女の子に手紙をいただきました。
中には容平の写真が入っています。


綺麗な字でしっかりと書いています。
姫野選手が好きなんですね。
気持ちがほのぼのとしてきます。
本当に ありがとう。



これで9勝7敗6分
勝ち点33 目標勝ち点45まで  残り12。

もちろんこれから上方修正をするようですから、さらに上を目指すと思いますが、まずは当初の45点をクリアーしてもらいたい。

頑張ろう 大分トリニータ!!
頑張ろう 大分12番!!


(果物、野菜、お菓子をいただきました皆さん、本当にありがとうございました)


























コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上海へ(2泊3日)行ってきました(その3 最終日 豫園商城から帰国)

2017-07-07 17:06:32 | 
早いもので上海 3日目となります。

早目に起きて嫁と2人でホテルの周りを散策してみました。


ここは毎夜、生バンドをやっていました。


話を聞くとPM2.5は北京とその周りだけだということですが、晴れているのにすっきりしない空を見ていると本当はどうなんだ?と思ってしまいます。




AM 6時半。
朝食です。


とにかくパンと果物さえあれば大満足の私です(笑)


「上海といえば上海カニ」といわれるくらい有名なのになぜにこのシーズン?
と聞かれそうなので先に書きます(笑)
「カニが嫌いなんです。というか天敵なんです」
姿が嫌い、赤い色が嫌い、臭いが嫌い、横に歩くのが嫌い、カニという文字が嫌い、全部嫌いなんです(笑)


AM7時半。
さぁ出発、という時間になっても1人集まりません。
10分・・・20分・・・バスの中で時間が過ぎていきます。
今日のお土産を買う時間は「豫園商城」での20分間のみ。
とにかく孫たち3人のお土産を買いたい・・・。


AM 8時前 出発です。

上海では7階でもエレベーター無しでOKです。
そのために7階建ての建物が多いそうです。
途中でリニアモーターカーを見ました。
早すぎてカメラには撮れませんでした。
中国は実用化しているんですね。


「シルク工場」
シルク工場に到着です。


ここでは40分間が予定されています。


いろいろな説明がありましたが、時間が気になって頭に入ってきません(笑)


高級なシルクですが、買う人は買うんですね。
シルクを持ちきれないくらい買っていました(笑)
ところがここでまたまたハプニングが起き、出発できません。
予定時間はかなりオーバーしています。
周りのイライラが伝わってきます。


呆れて店の外で待つ私たちに怪しげな人が近づいてきました(笑)
手にはいっぱいおもちゃを持っています。
怪しくても構いません、私には願ってもない人です(笑)


当然 買いました(笑)
本音を言うとまだまだ買いたかったのですが、「スーツケースに入らない」と嫁から言われて諦めました(笑)
これで何とか3人の孫のお土産ができました。
良かった~。 ほっとしました。
やっと気持ちに余裕が出てきました(笑)



誰かがガイドさんに進言したのでしょうか?
突然 次の「寝具店」のショッピングが無くなりました。
予定していた40分間。
その時間を「豫園商城」に入れたい、と言い出したのです。
願ってもないことです。
朝の出発から始まったハプニングは結果オーライになりそうです。
(だからといって遅刻を擁護するものではありませんが)
25人で多数決をとります。
全会一致(笑)で可決されました。
バスを広いところに停め、「古城公園」の中を通って「豫園商城(よえんしょうじょう)」に向かいます。



その途中、公園の柵に洗濯物を干していました。


その柵の向こう側に、小さなお店が並んでいます。
本来、私が行きたかったのはそんな小さなお店屋さん。
もちろん言葉は通じないと思います。
でもそんな不自由なやり取りが面白いし、お店の方とのあの独特の「気まずい間」がなぜか好きなんです(笑)
変ですか?   (笑)


「豫園商城」
上海に来てお土産を買うならここは絶対に外せません。
日本の「浅草」のようなところとガイドさんから説明をうけました。


毎日のように世界各国の観光客でにぎわっているほか、地元の人も食事や贈り物を買いにいく場所として利用しているようです。


問題   「正面の建物は何でしょう?」

答    「アイスクリーム屋さん「DQ」」なんです(笑)
なんか違和感がありますね(笑)



問題  ではここは?


答    「漢方薬局「童涵春堂」 です。
なんとなく納得してしまいます(笑)





中華ファストフード店 「老隣居小吃世界」


ローカルショップが入る百貨店 「悦賓楼」



ここが一番有名な場所なんでしょう。
ここで最後の記念撮影を撮りました。


集合時間の10分前。
トイレに行きました。
ところが嫁が出てきません。
人がそんなに並んでいるわけでもないのに・・・おかしい。
何かあったんだろうとは思っても、私は女子トイレに入れませんので待つのみですが・・・それでも遅すぎます。
一度ガイドさんの待っている場所に行き、少し遅れるかもと断って、再度トイレに戻りました。
しばらく待ってやっと出てきました。
聞くと、並んでいても後ろから来た中国人が、並ばずに入っていくという。
そんなことを自分はしたくない、と並んでいたようです(笑)


これもお国柄なんですね。
「中国人は並ばない?」

中国人が列に並ばない(並べない)理由は、優先や順番待ちという根本的な考えがないのです。
だから割り込むのが当たり前で、中国人もそれが当たり前で特に悪気はないようです。


さて時間がないと走り回り、空港でお土産を見る時間もなく搭乗口まで急いだわたしたちですが・・・。
2時間半 待たされました(笑)
もともと、1時間や2時間の遅れは、遅延のうちに入ってないのが中国です(笑)
遅れるとだけ通知して、なぜ遅れるのか、どれくらい遅れそうなのかということは基本的には説明ししてくれません。
でもそれも含めての「旅」なんだ、と思うと決して腹は立ちません。


じゃあ「旅」ってなんだ?

心の洗濯。
新しい自分発見!
新たな出会い(場所、人)を得られる所。
珍しいものが食べられる!
知らない景色を見れる。
何気ない人の優しさに触れることができる。
ゆっくりと流れる時間の中に入れる。


人それぞれいろいろな感じ方があると思います。
私は嫁から「頭が固い」と言われます(笑)
「常識にとらわれすぎ」とも言われます(笑)

外国に行くとそんな自分の常識が常識で無くなります。
文化はもちろん、そこに暮らす人々との考え方の違いに驚きます。
でもそのおかげで正面からしか見てなかった様々な価値観を知ることができました。


「行くならロシアが良いわよ」と言っていたご年配のご夫婦様。
「トリニータのサポーターの方?」と話しかけてきた歌の上手いお姉さん。
最後まで面倒を見てくれたガイドの張さん。
その他 ご一緒した皆さん。
楽しい旅でした。
またどこかでご一緒するかもしれません。
その時を楽しみにしています。



上海へ(2泊3日)行ってきました・・ 完結です。        

ありがとうございました。
















本来ガイドさんとしては変えたくない寝具店をキャンセルしてくれた上に、搭乗時間が迫っているからと最後の最後まで面倒をみてくれました。























コメント
この記事をはてなブックマークに追加