大分トリニータ 第34節 11月20日 対岐阜 2-1 勝ち

2011-11-24 15:23:38 | 大分トリニータ




シュート数だけ見れば圧倒的優位で勝ったように錯覚して
しまうのだが・・・・・。

前半の45分は、うちはこんなに「魂の入ってない」試合をするチームだったのか
と思うほどの内容だった。

10月26日に「F東」がうちに負けた時に相手選手のコメントに「油断があった」との
言葉があった。
「F東」から見ればうちは「格下」の相手なのであろうが
プロと名の付く相手と対戦する以上「格下」という言葉は
存在しない。

うちにしても同じである。

どんなに現在、最下位であろうと油断をしていると
尖ったキバで一瞬にしてやられてしまう。

弱肉強食の世界である事を忘れてはいけない。
楽に勝たせてくれる相手など皆無なのだ。

ハーフタイムに起こったG裏の「ブーイング」及び「大分コール」は
選手を励ますというよりもこの残り3試合という切羽つまった
状況においてもまだそんな「心の入っていない」プレーを
するのかというサポーターの「悲しみのコール」に私は
聞こえた。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


というような事を書きながらも「デカ」の豪快なゴール、
「ニシ」の華麗なゴールを何回も見返しながら
勝った余韻に浸っている自分にあきれている。(笑)





マルさんの息子さん。
すっかり冬バージョン。









この日、何と「G裏町内会」の別府さんの還暦だという。
いやいや、誕生日おめでとうございます。

翌日の21日は「ケ○コママ」の「アラサー」の誕生日。笑

今月は「リカさん」の誕生日だし、

これは何としても勝って帰らんとイケン。







アニメの宣伝なのだろうが・・・








まったく知らないのでありがたさが解らない。
とりあえず顔が恐い。笑







「このままじゃ終われねえぞ!!最下位を抜け出せ!!」
とても人事とは思われなかった。
J1の時を思い出した。
気持ちは痛いほどわかる。








約20人ほどのサポの前で深々と頭を下げる選手。
勝ちたいだろうけど、うちも負けるわけにはいかない。
今日勝って3連勝して何としても一桁で終わりたい。







ビッグフラッグを3枚揚げるのは今季4度目。





引き続いて「トリニータコール」。
この一連の流れが大好きだ。







表彰を受ける「マエシュン」。





「おれ? ふーん」な-んてまるで人事みたいな顔が「らしい」といえば「らしい」。笑







今日のキーパーは「ケイスケ」ではなく「タンノ」。
「タンノ」・・ガンバレ!!






一万人の壁は相変わらず高い。










2-1   逆転勝ち。

今季ホームでは7度目の勝利。(天皇杯を除く)






ただ、一緒に戦い。








一緒に耐え








一緒に吠え








一緒に泣き







一緒に叫び







一緒に喜ぶ

そんな時を紡いできた仲間達とも
あと2試合。

私にはホーム最終戦の1試合しかない。

今季2連勝まではある。

だが3連勝はまだない。

「栃木」
「北九州」

と倒しぜひ3連勝といきたい。

「栃木」戦に参戦されるみなさん。

よろしくお願いします。

最終戦に繋げて下さい。

























コメント

大分トリニータ 第34節 11月06日 対千葉 1-1 引き分け

2011-11-09 20:20:28 | 大分トリニータ





終わった瞬間「あーあ、引き分けかぁ」と思わずつぶやいた。

もちろんシュート3本で勝てると思うほど心臓は強くない。

ただ、「負けなかったから良し」とは思わない。
千葉には勝ち点1だってやりたくなかった。

それくらい千葉に対する勝負へのこだわりはある。

まぁ、決まった訳ではないがこれで又、来期千葉とは
対戦できるだろう。
借りを作ったまま上がってもらっては困る。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



時間が早いせいか、雨のせいか閑散とした西口であやしい集団。





どこかのおばちゃんが「嵐みたい」と言ったとか言わなかったとか・・・プププ。







今回のこだわりは?   
このアップリケだそうです。
ニータンに聞くとジェスチャーで答えてくれた。





野菜の前で「主婦の顔」になっている奥様とハニーちゃん。
なんかレプユニとアンマッチで笑ってしまった。







大分市の観光キャンペーンのお姉さん。

だれかに似てるんだけどなぁ。
だれだろう?








本物のおさるっていうわけにはいかなかったんだろうなぁ。












ハーフタイム抽選会で「大分産乳製品セット」が当たった。
最近よく当たるんで調子に乗って宝クジを10枚買ったが見事にはずれた。
まぁそんなもんさ。





第38回マーチングバンド・バトントワーリング全国大会にて
金賞・銀賞を受賞した大分東明高校バトントワリング部と平松学園の演技。








カメラを向けるとすぐ意識してポーズを決める手前のタヌさんと18人の仲間達。







千葉サポ。総勢250人だそうです。
ありがとうございます。






そして、本日の「G裏町内会」のゲーフラです。






560日ぶりとなる「コテ」コールに涙するトリサポも。







ビッグフラッグの下で子供よりもはしゃぐ「おいさん」。  プププゥ。






まぁそういう私も大好きなんですけどもね。





試合前のセレモニーはすべて終わり。
さぁ試合開始。










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・








一点ビハインドでむかえた前半42分相手のハンドから生まれたP・K。
蹴るのは「マエシュン」。






落ち着いて左スミにゴ~~ル。
今季ホーム、初ゴール。






「マエシュン」が決めた瞬間の喜びに沸くG裏。








5千人の無料招待がありながらのこの人数はどうなんだろう?
私達サポーターの声かけが足りないのだろうか?



試合終了。

1-1  引き分け。


パスミスに加え安易なG・Kへのバックパス。
実質のシュートは2本という結果は・・・・。
大いに反省するところだろう。




選手がG裏にやってくる。
「コテー、おかえり」の声が聞こえる。






560日ぶりという長い長い時間をかけてやっと「コテ」が帰ってきた。








後で聞くとこの時涙したサポは多かったという。
たしか「悪魔くん」もそうだったよね。
心は「天使」だったんだ。 笑









朝、西口に並んでいると「どこに並んだら良いのですか?」
           「トイレはどこにあるのですか?」
と聞いてきたお母さんと息子さんの親子がいた。

おそらくドームは初めてなんだろう。
仲間と共に丁寧に教えたのだが、今日の試合を見て
どう感じてくれたのだろう?

次の試合も又来たいと思ってくれたのだろうか?

又来期も来たいと思ってくれたのだろうか?

私達がG裏の応援を見て感動したように
今日、何かに感動してくれたのだろうか?

私は少しの不安と大きな期待を持ってドームを後にした。




残り   4試合(ホーム2試合)





次節「札幌厚別」の天気は雪だという。

大分より遠征する仲間達。
関東より遠征する仲間達。

気をつけて。

「魂」を預けます。

勝ち点3・・・お願いします。


















コメント

大分トリニータ 第33節 10月30日 対愛媛 1-1 引き分け

2011-11-02 20:18:39 | 大分トリニータ



佐賀関よりフェリーでニンスタに向かう。
今季、自家用車を使うのは2度目となる。
じゃこてんを食べるためにここで休憩。








そして「伊予灘」まで一気と思いきや何と何と、道を間違える。
左に海。

なかなか自動車道に出ない。

おい!  ナビ!  誰がしたみちをセットした。


・・・・・・・・・・



まぁそれは良いんだけど・・・・。
横でクチナビがねぇ・・・・・。笑

予定より一時間も遅く到着。








ここで去年食べ損ねた「シラス丼」を食べる。
とりあえずここでのノルマを達成。





多分1時間ほど遅れて出発したはずの「ハニーちゃん」と遭遇。

う~~ん。
何のために早く出たのか?
ショック。






気を取り直し、「松山城」を観光しようとホテルに車を置いて歩いていると
「あれ? あの後ろ姿は、○○と○○だ」
二人仲良くコンビニへ。
周りの人はまったくしらんふり。
さすがアウェー。







まぁなにはともあれ「松山城」へ。






あまりに綺麗なお城にしばし見とれる。









城からホテルに帰る途中で繁華街で試合の動員を呼びかけているマスコットに出会う。
「お疲れ様です」
「トリサポです」、と奥様がニータンを見せる。






前回大銀に来なかった「たま媛ちゃん」に来期は来て下さいとお願いした。







そんなこんなで「ニンスタ」に到着。






実はここでも時間を間違え1時間早く着き過ぎた。
雨の為かまだ人はほとんどいない。



















友人から「イッペイくん」グッズを頼まれていたんだが
「靴下」と「イッペイどら」と「イッペイまんじゅう」しかなかった。







試合開始直前は雨はほぼ止んだが、それまではけっこうな勢いで降っていた。

私達はドームという本当に恵まれた所で試合を見ているんだなと改めて感じる。





去年に比べたら寂しい限りの人数だ。
しかし、サポの応援する熱気はすごかった。

私達は圧倒されつづけた。
大分のサポは応援は熱くてこころはあったかいとよく聞くが
本当にそのとうりだと思う。






二人の間にある「ハート」が泣かせる。
「2人は結婚するの?」・・・誰かが聞く。
「え?、え~?」と顔を赤くする彼女。

「・・・・いいなぁ」・・・と誰か。






久しぶりの「コテ・コール」に拍手がおきた。





試合開始前。








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





試合終了の長い笛。





1-1  引き分け。







雨の中90分間闘った選手が引き上げてくる







「おつかれ~~~」・・・誰かが叫ぶ。











「よくやった~~」・・の声。







「次は勝つぞ~~」







「大分は相手がF東だからいつも以上に最後まで頑張った」・・・F東戦の時の解説者の言葉。






「冗談じゃあない、うちはいつも最後の最後まで相手を追いかけ
プレッシャーをかけ、頑張ってるわよ」・・・は誰かの叫び。

うちの試合を毎試合見たうえでそんなコメントをして欲しいよなぁ。







雨の中、本当にお疲れ様でした。

「コテ」・・・数分でもピッチに立ちたかっただろうなぁ。









・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





試合当日はホテルに泊まり、
31日は道後温泉へ。






大分県から来ました、と言ったらそちらの方が温泉地として
有名ですねと言われたが。

とっさに良い言葉が思い浮かばず「そうですね」と言ってしまった。笑





3階の個室でいただいた「坊ちゃんだんご」。
風呂は誰もいなくて貸切でした。




坊ちゃん列車。






からくり時計。






この後、ランチを食べに「来島海峡大橋」まで足を伸ばす。















「来て良かった」と誰もが思うすばらしい景色だ。





帰りのフェリーの時間も迫り岬まで急ぐ。
途中「きらら館」まで来たところで風車を間近で見たくなり
すぐ近くにある「風の丘パーク」に行く。






ここで夕日が沈むのを見ながら今回の遠征の反省会。







さて次節いよいよあの「千葉」との戦い。

私としては
「絶対に負けられない試合」
「絶対に勝たなくてはいけない試合」

「引き分けなんかして欲しくない試合」

それが千葉戦だ!!

3年前に大銀ドームの駐車場で受けたトリサポとしての
屈辱を何としても晴らしたい。

できるなら完膚なきまでに叩きのめして欲しい。
立ち上がれないくらいダメージを与えて欲しい。

それが私の中の千葉戦だ。


もちろんチームは万全ではない。

サンペイがジョンハンがいない。

それでも勝ちたい。





残り  5試合(ホーム3試合)


一人でも多く大銀に連れて行く。

そして勝つ!!!





コメント