高原の庭物語

ペンションガーデンストーリーのオーナーのブログ。
趣味のガーデニングを中心に、自然の中での暮らしを綴っています。

ゴルフ場の一日

2015年09月15日 | 季節の話題や身近な出来事など
 昨日は全国的に秋晴れだったそうですが、標高1500mにある峰の原高原は、一日中、ガスっていました。そして、今日になって、ようやく日差しが届きました。さて、今日のブログでは久しぶりに、ペンションガーデンストーリーから車で2~3分の所にある、菅平グリーンゴルフの様子をご紹介します。


↑菅平グリーンゴルフは、奥に見えている根子岳(2207m)の
中腹にある、日本で一番標高が高いゴルフ場です。


↑14番のロングホールのグリーン。


↑池越えの6番、ミドルホール。


↑5番ホールと6番ホールの間にある白樺林。


↑17番のショートホール。


↑ゴルフ場の池で咲くスイレン↓



↑5番ホールのティーグランドの脇で、自生種のフウロソウが咲いていました。


↑今、ゴルフ場ではそこら中で、にょきにょきキノコが
出ています。これは、毒キノコのベニテングダケ。


↑シーズンオフの平日は、このゴルフ場で、たまにアルバイトを
しています。今日はまず、この機械に乗ってグリーンの芝刈り。


↑その後は、機械を乗り換えて、フェアウェイの芝刈り。


↑広いフェアウェイを行ったり来たり。


↑これはブロアーという機械で、私が刈った刈りカスを
フェアウェイからラフへ吹き飛ばしています。


↑この機械は、ラフの芝を刈っています。


↑この機械は、グリーン周りの芝生を刈っています。ティーグランド、フェアウェイ、グリーン、
ラフなど、場所によって芝の刈り高(長さ)が違うので、それぞれ専用の機械が必要なんです。
コメント