高原の庭物語

ペンションガーデンストーリーのオーナーのブログ。
趣味のガーデニングを中心に、自然の中での暮らしを綴っています。

夏空、ガーデンソイル

2019年06月30日 | ガーデン・ソイル

 今日は、全県で一日中、雨が降る予報だったのに、10時前には雨が上がり、昼前には青空が広がりました。その後、強まる日差しと共に25.8℃まで上がり、今年3番目に高い気温を記録。ここまで、大きく予報が外れるのも、珍しいことです。

 

↑久しぶりに、買い物で町に降りた帰り道、ガーデンソイルに寄ってきました。

 

↑日陰のアナベルも、白く満開に。

 

 

 

↑カンパニュラ。

 

↑鮮やかな紅紫のベルガモット。

 

↑アキレア(黄色い花)が咲き始めていました。

 

↑ラベンダー。

 

↑夏空に向かって伸びるアリウム。

 

↑シシウドの園芸種、アンジェリカ・ギガス。濃紺の花を咲かせます。

 

 

 

↑テウクリウム(ヒルカニカム)。以前、ガーデンストーリーにも植えたのですが、2~3年で絶えてしまいました。

 

↑ソイルさんでは梅雨時の花のひとつ、ホリーホック。

 

↑雨上がり、百合のつぼみにとまって羽を乾かすアゲハチョウ。

 

↑駐車場から花がいっぱい。手前の花は、段々咲きのレモンベルガモット。

 

↑ショップ前の花壇で咲き乱れるノラニンジン(ワイルドキャロット)。

コメント

Getting taller

2019年06月26日 | ガーデン・ソイル

 先日、アーチを買いにガーデンソイルに行った時に写した庭の様子です。人の背丈と同じくらいの高さまで、草花が伸び始めていました。

 

↑クナウティアやスカビオサが全盛。

 

↑早くもアナベルが咲き始めていました。

 

↑遅咲きのバラ、ドロシーパーキンス。

 

 

 

↑紫の花はプルネラ(ウツボグサ)。

 

↑黄色い花はダイヤーズカモミール。キク科の花で、ハーブのカモミールとは違う種類です。

 

↑ガゼボの屋根に絡んだブラッシュランブラー。

 

↑しっとりした雰囲気のこの場所は、グラスガーデン。

 

↑キッチンガーデンの奥で群生しているホリーホック。

 

↑スモークツリー、シモツケ、ニセアカシアなど。

 

 

 

↑スカビオサ、オカトラノオ、リクニスなど。

 

↑駐車場脇の塀にはわせてあるのは、白花のドロシーパーキンス。

 

 

 

↑風にそよぐガウラ。

コメント

初夏を迎えたガーデンソイル

2019年06月19日 | ガーデン・ソイル

 花盛りの時季を迎えつつある、初夏のガーデンソイルに行ってきました。

 

↑ここは、元々、芝でしたが、3年前に花壇に改造しました。

 

↑ジギタリスは存在感があります。

 

↑エゴポティウムが立ち上がり、ゲラニウムが咲き始めました。

 

↑花穂のカーブと、紫のグラデーションがきれいなクガイソウ。

 

↑庭の奥にあるメインガーデン。

 

↑遅咲きのバラ。

 

↑シモツケやスモークツリーも見ごろ。

 

↑右の細長い花は、バーバスカムのウエディングキャンドル。

 

↑スカビオサとクナウティアの混植。両方とも、こぼれ種で増えていきます。

 

 

 

↑右の青い花は、一年草のニゲラ。

 

↑賑わう苗売り場。

 

↑ガーデンソイルは、ガーデンストーリーから、車で20分ほどの距離にあります。

コメント

Garden Soil in June

2019年06月14日 | ガーデン・ソイル

 ガーデンストーリーと同じ須坂市にあるガーデニングショップ、ガーデンソイルに行ってきました。峰の原高原からソイルさんまでは、車で20分ほどの距離ですが、標高差は1000m以上あるので、花の咲き進み具合いは、2ヶ月くらいの違いがあります。

 

↑暑くもなく、寒くもなく、雨も適度に降って、草花にとってもすごしやすい季節。

 

 

 

↑バラもまだ咲いています。手を入れすぎず、野生的に咲かせるのがソイル流。

 

↑ウツボグサ。

 

↑スカビオサやクナウティアがたくさん咲いていました。

 

 

 

 

 

↑昨年の台風で、ニセアカシアが倒れた場所は、こんな雰囲気に生まれ変わりました。

 

↑カシワバアジサイは雪や寒さに弱く、峰の原高原では、なかなか大きくなりません。

 

↑クガイソウの園芸種やバーバスカムの尖がった花穂。

 

 

 

↑屋外では苗や資材、ショップの中では、雑貨や食器などが売られています。

 

 

 

 

 

↑キッチンガーデンでは、リーフ類が収穫期を迎えていました。

コメント

Garden Marche

2019年05月19日 | ガーデン・ソイル
 この週末、ガーデンソイルで、年に一度のお祭り“ガーデン・マルシェ”が開催されました。マルシェはフランス語で市場という意味。花の季節を迎えたソイルさんの庭に、アクセサリー、バッグ、布、服、雑貨、ドライフラワー、アロマ、食べ物屋さんなど、たくさんのお店が軒を連ねました。
 
↑このサルビア・プラテンシスは、庭本番の季節がやってきたことを告げる花のひとつ。
 
↑マルシェに備えて、苗や雑貨もたくさん仕入れてありました。
 
↑この週末は、ショップのデッキが市場に変わりました。
 
↑ガーデンハウスや作業小屋も、出店スペースに早変わり。
 
↑ソイルさんの庭から、りんご畑を通り抜けて50mほど歩くと、このバーンがあります。
 
↑普段は作業場&納屋として使われているこのスペースにも、出店が並びました。
 
 
 
 
 
↑ソイルさんの庭は、植物たちが成長モードに入りました。
 
↑フジやウツギも満開。
 
↑大株に成長したチョウジソウ。ガーデンストーリーの庭では、なかなか大きくなってくれません。
 
↑こぼれ種でこんなに増えたカモミール。
 
↑メインガーデン。
 
↑キッチンガーデン。
 
↑これから秋にかけて、様々な庭風景が演出されていきます。
 
 
<ペンションガーデンストーリーからのお知らせ>
 ・車でガーデンめぐり → 詳しくは、ここをクリック
 ・ガーデニング教室 → 詳しくは、ここをクリック
コメント

宿根草選び

2019年05月06日 | ガーデン・ソイル
 ゴールデンウィーク最終日、同じ須坂市にあるガーデンソイルに、宿根草の買い出しに行ってきました。ガーデンソイルは、ほとんどのガーデニング雑誌に掲載されたことがある、素晴らしいお庭のガーデニングショップです。


↑5月に入っても寒の戻りが続いたため、チューリップがまだ元気でした。


↑花壇では宿根草がもりもり。


↑この春は、ネズミの被害が小さく、たくさん咲いたチューリップ。


↑秋植え球根のカマシア。北アメリカが原産です。


↑ソイルさんには、しっとりした雰囲気の場所もあります。


↑大株に育ったヒアシンソイデス。ヨーロッパや北アフリカが原産の球根植物。


↑りんごなどの花木が、この時季のアクセント。


↑アジュガも咲き始めていました。


↑ハーブの仲間、ボリジ。








↑チューリップと牡丹桜。


↑菜の花やコンフリが咲くキッチンガーデン。


↑フロックスやベロニカ、ワイルドキャロットなど、50ポットを超える苗を買ってきました(^^)

<ペンションガーデンストーリーからのお知らせ>
〇車でガーデンめぐり → 詳しくは、ここをクリック
〇ガーデニング教室 → 詳しくは、ここをクリック
コメント

春雨のガーデンソイル

2019年04月26日 | ガーデン・ソイル
 明日から始まるゴールデンウィークに備え、ペンションの買い出しで町に降りた帰り道、ガーデンソイルに寄ってきました。


↑駐車場の脇で咲くユキヤナギ。


↑宿根草が大きくなり始めていました。


↑水仙が終わり、チューリップの季節に。


↑春先の茶色かった庭が、緑に変わりました。


↑ホスタが、もう、こんなに大きくなっていました。


↑アネモネの仲間。昨年の秋、ガーデンストーリーも、初めて球根を植え込みました。


↑コンフリの園芸種。


↑この春は、ネズミの被害が比較的少なく、たくさん咲いたチューリップ。





↑今日は、雨が降ったり止んだり。私がソイルさんの庭を見ている時は、運良く小降りでした。





↑開花時期が長いクリスマスローズ。


↑こちらは、キッチンガーデン。


↑たくさんの宿根草の苗が並んでいました。


↑ワスレナグサも咲き始めていました。
コメント

季節の進み遅く…

2019年04月14日 | ガーデン・ソイル
 びんずる市に出かけた帰り道、ガーデンソイルに寄ってきました。3月下旬から続いている低温で、この春は、花の咲き具合いがとてもゆっくりです。


↑まだ、早春の風景が広がっていました。


↑ムスカリ。


↑アネモネの仲間。


↑宿根草たちも寒さに耐えながら成長。


↑チオノドグサ。


↑ようやく咲き揃った水仙。





↑ヒヤシンスの仲間。


↑小さなチューリップ↓




↑クリスマスローズは見頃を迎えていました↓




↑下向きに咲くので、写真に撮りづらい花です。


↑キッチンガーデンでは、作物の植え付けが始まっていました。


↑ショップには、たくさんのガーデニング用品や雑貨が並んでいます。
コメント

早春のガーデンソイル

2019年03月29日 | ガーデン・ソイル
 昨日、町に降りた帰り道、ガーデンソイルに寄ってきました。ソイルさんを訪れるのは、およそ一カ月半ぶりで、今年2回目になります。


↑ガーデンストーリーからソイルさんまでは車で20分ほどの距離ですが、標高差は1000mあります。雪は全く積もっていませんでした。


↑すでに、クリスマスローズが咲き揃っていました。


↑この時季は、庭のレイアウトがよくわかります。


↑水仙は、まだ咲き始めたばかり。ここに来て、下界も寒い日が多く、草花の成長も少し止まっているそうです。


↑庭に、何やら新しい構造物が。中を見ると、水栓の立ち上がりと、リール式のホースが入っていました。


↑クリスマスローズは名前にローズ=バラが付いていますが、もちろんバラではなく、キンポウゲ科の植物です。自然交配しやすく、たくさんの種類があります。


↑庭中の花壇では、すでに宿根草が芽を出し、成長し始めていました。


↑ミニアイリス。ちょっとピンボケですみません。


↑庭をつくり始めて、もうすぐ20年になります。


↑クリスマスローズは、「クリスマスの頃に咲き始める、バラのように美しい花」ということで、クリスマスローズと呼ばれるようになったそうです。


↑チオノドグサの学名は、ギリシャ語でChionodoxa。これをそのまま読んで、チオノドグサになったそう。ちなみに、chionは雪、doxaは輝きという意味。“雪の輝き”なんて、本来はいい名前です。


↑宿根草の苗の入荷が始まっていました。


↑ソイルさんのグリーンハウス(温室)。ここで、種から育てている花もあります。


↑ショップには多肉植物もたくさん。


↑ガーデン資材はもちろん、雑貨や食器なども売っています。
コメント

For the coming season

2019年02月15日 | ガーデン・ソイル
 この冬一番の冷え込みが続いていますが、今朝も-18.9℃まで気温が下がりました。さて、今日の午後、市役所で、オープンガーデンの新しいガイドブックの校正会議がありました。運良く、スキー学校の仕事がお昼までだったので、久しぶりに山を降りて、市役所へ行ってきました。峰の原高原がある須坂市では、花と緑の町づくり運動の一環で、市(行政)がオープンガーデン事業を主宰しているのです。


↑会議では、参加者が、それぞれの庭の紹介ページをチェック。これは、ガーデンストーリーの新しい紹介ページ。


↑市役所で会議を終えた後、3ヶ月ぶりに、ガーデンソイルさんに行ってきました。


↑ソイルさんは冬の間もオープンしています。


↑この時季は、庭のレイアウトがよくわかります。


↑所々、雪が残っていました。





↑すでに、牛ふんが撒かれていました。


↑何やら、新しい構造物も。





↑様々な宿根草のシードヘッドが、さりげなくカウンターに並んでいました。


↑ショップでは、ガーデニング用品をはじめ、雑貨や食器などが売られています。





↑3月に入れば、球根類の花が咲き始め、新しい庭のシーズンがスタートします。
コメント