高原の庭物語

ペンションガーデンストーリーのオーナーのブログ。
趣味のガーデニングを中心に、自然の中での暮らしを綴っています。

気分を変えて

2019年08月25日 | Today's garden

 上空の空気が、夏の太平洋高気圧から秋の大陸性高気圧に入れ替わり、今朝はひんやり11.8℃。6月24日以来、2ヵ月ぶりに12℃を下回りました。日々、着実に、夏が終わりに近づいています。さて、ちょっと気分を変えて、一眼レフではなく、携帯用の小さなデジカメで庭の写真を撮りました。

 

↑フロックス、ペルシカリア、バーベインブルー。

 

↑ヘリオプシスとバーベインブルー。

 

↑庭で採った種から育てた、完全自家製のエキナセア。

 

↑ベルガモット、アナベル、ダリア、ミナヅキなど。

 

↑アストランティア。7月に咲き終わった花と、最近咲いた新しい花の、面白い咲き合わせ。

 

 

 

↑ベルガモットとホリーホック。

 

↑フロックスとベルガモット。

 

↑この白い花もベルガモット。

 

 

 

↑今年は、ヘリオプシスが長持ち。

 

↑ピンクと白のベルガモット。

 

↑エキナセアもピンクと白。

 

↑てっぺんまで咲き上がったバーベインブルー。そろそろ見納め。

 

↑一日の庭仕事を終え、夕方のウッドデッキで一杯(^^)

コメント

元気よく

2019年08月23日 | Today's garden

 今年の梅雨は雨がしっかり降った上に梅雨明けが遅く、ガーデンの植物は成長期に、必要以上にたっぷり水をもらいました。そのため、全体的に徒長気味。ひょろひょろっと背を伸ばすと、当然倒れやすくなるので、例年より草花の手入れが大変な気がします。

 

↑この4日間、ペンションの仕事の合間と、雨の止み間を縫って、庭中の花壇を整理しました。

 

↑倒れている草花を立て、枯れた草花を掃除したので、全体的にシャキッとした感じに。

 

↑コンサバトリーの外に広がるフロント・ガーデン。

 

 

 

↑ペルシカリアのピンク。

 

↑寒さにはあまり強くないルドベキア。大株にならずに、絶えていきます。

 

 

↑オレガノの花が見ごろ。

 

↑シンメトリーに畝を配したキッチンガーデン。

 

↑ベルガモットも徒長気味で、なよなよしています。

 

↑赤のベルガモットも、例年に比べると、弱々しい感じ。

 

↑今の状態をよく観察して、来年の計画を練ります。

 

↑全ての草花が、元気で気持ちよく育つように考えながら、手入れをしています。

コメント

降ったり止んだり…

2019年08月22日 | Today's garden

 停滞する前線の影響で、今日も雨。最高気温も22.4℃止まり。5日前は27℃だったので、そこから、1日1度ずつ、下がりました。もう一度、夏空が戻ってくるのか、それとも、このまま秋になってしまうのか。せめて、8月いっぱいは、夏らしさを感じていたいのですが…

 

↑手前は、アナベル、ベルガモット、サラシナショウマで構成したホワイトガーデン。

 

↑夏の終わりを彩るピンクのフロックスが咲き始めました。

 

↑ガーデンストーリーで一番大きなダリア。これまでで、一番たくさん、花を咲かせています。

 

↑ピンク系のベルガモット。4年前の秋、庭で種を採って、3年前の6月、ナーセリーに種を撒いて、2年前の5月、ナーセリーからここに移植。そして、今年、たくさん花を咲かせました(^^)

 

↑ボンボンダリアと、ペルシカリア。

 

↑手前から、エキナセア、ホスタ、ゲラニウムのロザンネ、アナベル。

 

↑この春、リニューアルしたベンチが、素敵なシーンを演出してくれています。

 

↑このアイアン製アーチも、今年、庭に仲間入りしたもの。

 

↑バーベインブルーを真上から見るとこんな感じ。背が高い花なので、このアングルで撮るのは、ちょっと大変。

 

↑標高1500mでは、アナベルも夏に咲く花のひとつ。

 

↑増える花があれば、絶えてしまう花もあり。庭の風景は、図らずも、年々、変化します。

 

↑手入れを終えて、平然さを取り戻した草花。もう、台風は来ないでほしい。

コメント

草花の声を聞きながら

2019年08月21日 | Today's garden

 8月にしては珍しく、前線が停滞している影響で、今日も雨が降ったり止んだり。昨日の芝刈りに続いて、今日は、先日の台風10号と、昨日の雷雨で乱れてしまった草花の整理に精を出しました。急ぎ足ではありましたが、何とか、庭を一周することができました(^^)

 

↑今日の最高気温は23.9℃。およそ一カ月ぶりに、一日の最高気温が24℃を下回りました。

 

↑赤、ピンク系に続いて、白のベルガモットが咲きました。

 

↑玄関と駐車場を結ぶ階段の両側で、たくさん、花が咲きました(^^)

 

↑ピンクのフロックスも咲き始め。

 

↑雨風に強く、開花期間が長いエキナセア。

 

↑一輪のルドベキア。

 

↑手前の紫の花はバーベインブルー、赤い花はペルシカリア。

 

 

 

↑ウッドデッキの周りは、濃い赤系の花と銅葉の植物をまとめて。

 

↑オレンジ系のダリアも、3種類をまとめ植え。

 

↑こちらは、ダリアのティトキポイント。

 

↑夏を彩ってきたヘリオプシス(黄色の花)は、そろそろ見納め。

コメント

夏の花咲くガーデンストーリー

2019年08月17日 | Today's garden

 今朝は14.7℃で、全国の観測地点で一番低い気温。一カ月ぶりに、朝の気温が15℃を下回りました。

 

↑台風を境に、一年で最も暑い時季が終わり、季節が一歩進みました。

 

 

 

↑夏が似合うルドベキア。

 

↑涼しげなニゲラ。

 

↑ピンクの濃淡、ベルガモット。

 

 

 

↑ダリアのティトキポイント。

 

↑この花は、名前がわかりません。

 

↑色褪せたアルケミラモリスとアストランティア。

 

↑一鉢で、ここまで大株に成長したペルシカリア。

 

↑このホスタは、この春、株分けしたばかりなのに、たくさん花が咲きました。

 

↑こちらも大株に成長した、自生種のオオバギボウシ。

 

↑ミソハギが咲き始めました。

 

↑この黄色い花はヘリオプシス。

 

コメント (2)

台風、接近中!

2019年08月15日 | Today's garden

 台風10号は、中国地方を縦断して日本海に抜けましたが、峰の原高原では、木々が大きくしなるほど、かなり強い風が吹き続けています。庭の草花への、ある程度の影響は避けられない状況になってきました(>_<)

 

↑台風に備えて、パラソルやテーブル、プランター類など、風に飛ばされそうな物は全部片づけました。

 

↑お昼すぎ、強い風が吹き始めた庭で、花のアップ写真を撮りました。これは、濃いピンクのベルベット。

 

↑ダリアのティトキポイント。

 

↑ワインレッドのボンボン系ダリア。

 

↑ベロニカとゲラニウム。

 

↑白い一重のダリアと、濃い赤のイソギンチャク系ダリア。

 

↑エキナセア。

 

↑ホスタ。

 

↑今年植えた、新色のホリーホック。

 

↑アキレアのレッドベルベット。これも、今年のニューフェイス。

 

↑ブルーレースフラワー(一年草)も、今年初めて植えました。

 

↑この多肉系の花は、名前がわかりません(^^;

 

↑遅れて咲いたアストランティア。

 

↑フロックスのブルーパラダイス。

 

↑ズッキーニの受粉は、毎朝の作業。

コメント

夕暮れ時 -2-

2019年08月14日 | Today's garden

 今日の最高気温は25.9℃。7月29日に梅雨明けして以来、初めて26℃を下回りました。そして、お昼頃からは、台風10号の接近に伴い、段々と風が強くなってきました。ガーデンストーリーの庭は花盛りなので、台風の影響が、少しでも小さいことを祈るばかりです。

 

↑昨日のブログの続きで、夕暮れ時の庭の様子をご紹介します。

 

↑スカビオサとヘリオプシスの共演。

 

↑オレンジ系のダリア。

 

 

 

↑ダリアのティトキポイントは16年物。毎年、秋に掘り上げて、冬の間は室内で保管します。

 

↑白いダリアとフロックスのブルーパラダイス。

 

↑ゲラニウムのロザンネとベロニカ。

 

↑ウッドデッキの際で咲くダリアとペルシカリア。

 

↑モロッコインゲンの収穫が始まったキッチンガーデン。

 

↑赤に続いて、ピンクのベルガモットも咲き始めました。

 

↑今年はたくさん咲いたエキナセア。

 

↑ガーデンストーリーで一番大きなダリア。

 

↑明日の午後からあさっての朝にかけて、台風の影響がもっとも大きくなる予報です…

コメント

夕暮れ時 -1-

2019年08月13日 | Today's garden

 依然として、日中は日差しが強く暑いですが、朝夕の空気はひんやりするようになってきました。今日は、涼しい風が吹き始めた夕方の庭で、写真を撮りました。

 

 

↑西日が当たって、少し黄色み掛かったアナベル。

 

↑バックヤード・ガーデンを横切る芝の小道。

 

↑ベルガモットとホリーホック。

 

↑花がいっぱいの今の花壇の様子をよく観察して、来年のガーデニング計画を立てます。

 

 

 

↑標高1500mの西日は、優しい光。

 

 

 

↑夏を彩る赤のベルガモット。

 

↑ダリアのオレンジ系三種。

 

↑エキナセアは、優しいピンク色。

 

↑周りの草花に埋もれないよう、毎年、世話をしてあげるヘメロカリス。

 

↑夏の間も、刻々と変化を続ける草花。赤のアキレアは、色が薄くなってきました。

 

↑雪融け直後の庭が信じられないほど、植物が大きく育ちました(^^)

コメント

In the morning sun -2-

2019年08月12日 | Today's garden

 夏、真っ盛りですが、朝の優しい日差しの中で、庭の花たちは輝いています。

 

↑エキナセアは、開花している日数が長いので、ありがたい花。

 

↑ペルシカリア(手前)とバーベインブルー(奥の紫の花)。ここは、去年作った、比較的新しい花壇。

 

↑夏に涼し気。薄紫系の花たち。

 

↑赤いベルガモットも、夏を彩る花のひとつ。

 

↑ホスタも、夏にたくさんの花を咲かせてくれます。

 

 

 

↑アルケミラモリスも、長い間、花を楽しめます。

 

↑スカビオサとヘリオプシスの共演。

 

 

 

↑ダリアのティトキポイントは、八重と一重を混ぜて、咲かせています。

 

↑2軒お隣、ペンションのいちごさんからもらったニゲラが咲きました(^^)

 

↑この春、植えたワイルドキャロット。

 

↑剛健で育てやすいアナベル。

コメント

In the morning sun -1-

2019年08月11日 | Today's garden

 例年より少し遅れて、一年で最も暑い時季を迎えています。昼間の日差しは、花を撮るには強すぎるので、朝の柔らかな光の中で、庭の様子を撮影しました。

 

↑ガーデンストーリーでは、真夏に咲く花のひとつがエキナセア。今年は、少し虫に食べられて、花びらがなくなってしまった個体が発生(>_<)

 

 

 

↑東の空から、優しい光が降り注ぎます。

 

 

 

↑朝の光を浴びるベルガモット。

 

↑こちらは、フロント・ガーデン。手前の赤い花はペルシカリア。

 

↑周りの草花の影響で、ベロニカはちょっと徒長気味。

 

 

 

↑ピンクのベルガモットも咲き始めました。

 

↑奥の花は、一日花のヘメロカリス。

 

↑咲き始めからの、花の変化の様子がよくわかります。

 

 

 

↑ガーデンストーリーにお泊まりの際は、朝の涼しい庭を、ぜひ散策してください(^^)

コメント