高原の庭物語

ペンションガーデンストーリーのオーナーのブログ。
趣味のガーデニングを中心に、自然の中での暮らしを綴っています。

The end of October

2013年10月31日 | Today's garden
 今日で10月が終わりですが、今年の10月は例年に比べて暖かかったので季節の進行が遅く、明日から11月という気がしません。庭の片付けは、まだ始めたばかりなので、来月も穏やかな日が多ければありがたいですね。さて、ルーシーの朝の散歩から帰って来た後、庭を1周して、まだ咲いている花を探してみました。花を中心にしたガーデンの撮影は、おそらくこれが最後。いよいよ、見納めです。


↑冷たい空気に包まれた朝のガーデン。


↑ワインレッドのルドベキアは、これが最後の一輪。


↑こちらは、オレンジのルドベキア。


↑ダリアはまだ咲いていますが、近々、掘り上げる予定です。


↑バラはいくつかつぼみを付けています。


↑バレリーナも少しだけ、咲いています。


↑早く家に入って、朝ごはんを食べたいルーシー。


↑夏に切り戻したデルフィニウムが、再び咲きました。これまで、つぼみを付ける所まで
いったことはあるのですが、花が開いたのは初めて。来年のことを考えれば、ここで
へたにエネルギーを使わせないために切り詰めた方がいいのですが、よくがんばりました!


↑玄関ホール。


↑シュウメイギクもまばらになってきました。


↑遅れて咲いたアキレア。


↑今年、一気に株が弱ってしまったトラノオ。


↑ウバユリの種袋が開き始めました。中には、ぎっしり、種が詰まっています。


↑この秋は、楢のドングリが大豊作。足の踏み場がないくらい、地面に落ちています。


↑赤く染まったブルーベリー。


↑キッチン・ガーデンに残る唐辛子。


↑ミナヅキ。


↑ルドベキア・タカオ?


↑ダリアのティキポイント。


↑晩秋のバックヤード・ガーデン。
コメント

ガーデン・ソイル

2013年10月30日 | ガーデン・ソイル
 用事があって町に降りた帰り道、同じ須坂市にある本格ガーデニング・ショップ「ガーデン・ソイル」さんに寄ってきました。ソイルさんは、須坂市街地から峰の原高原に戻ってくる途中にあります。


↑ソイルさんの庭にも、もうすぐ、紅葉の季節がやってきます。


↑寄ったのは、夕方の4時半くらいでしたが、すでに薄暗くなり始めていました。


↑気温が足りず、峰の原では咲かないメキシカンセージ。


↑アスター系の花がたくさん咲いていました↓







↑ボリュームのある花姿のダリア。




↑グラスガーデンとガゼボ。




↑ショップ内には、ガーデニング用品をはじめ、雑貨や食器なども売られています。


↑帰る頃には5時を回り、ショップの窓から、中の明かりが見えました。
コメント

カエデの紅葉

2013年10月29日 | Today's garden
 白樺や楢(ナラ)の紅葉が終わりに近づき、今度は楓(カエデ)の紅葉が本番を迎えました。ガーデンストーリーの庭では今、オレンジに染まったカエデが、とても鮮やかです。


↑お昼過ぎまでは穏やかに晴れ、上着がいらない程の陽気でした。








↑手前の緑の葉はアナベル、その向こうの赤い葉はオオデマリ。




↑ピンクに色を変えつつあるミナヅキ。






↑アーチ手前の花壇は、すでに刈り込みが終わっています。






↑ティキポイントは、台風の後も、がんばって咲き続けています。




↑木柵の右側の赤い灌木はブルーベリー。
コメント

初氷

2013年10月28日 | 季節の話題や身近な出来事など
 ついに今朝は-1℃まで気温が下がって、この秋初めて、氷点下を記録しました。


↑落葉したカエデの葉が、霜で白くなっていました。


↑近所にある「見晴らし台」(アルプスの展望台)もツルツル。


↑バードバスに溜まっていた水が氷って、初氷を観測。


↑緑の葉は、縁が白く氷っていました。


↑車の屋根も霜で真っ白。


↑フロントガラスには、氷の結晶によって、植物柄の模様が描かれていました。


↑紅葉前線は、徐々に山を下っています。


↑北アルプスは、一段と白さを増しました。


↑台風の影響か、遊歩道のミズナラが、根から倒れていました。
コメント

予定変更

2013年10月27日 | ルーシー
 今朝は1℃まで気温が下がって、この秋の最低気温を更新。日中も北風が冷たく、最高気温は6℃止まりでした。さて、今日は、清里の「カントリーフェスタ」に行く予定でしたが、台風の影響で、残念ながら中止になってしまいました。ペンションに飾るカントリー雑貨を仕入れるため、毎年、足を運んでいるイベントですが、来年の秋までおあずけです。


↑霧に包まれた、今朝の峰の原高原。この秋初めて、ニット帽と手袋をして、朝の散歩に出かけました。








↑たまに2本足で歩くルーシー。というのは冗談で、ボールをキャッチするために立ち上がった瞬間です。


↑ここからは、夕方の散歩で撮った写真。


↑久しぶりに、フライングディスクで遊びました。






↑日がずいぶん短くなり、5時前には太陽が沈みます。








↑ここは、お隣、菅平高原のダボスの丘。冬はスキー場になります。


↑四阿山(日本百名山/2354m)の上の方は、霧氷で白くなっていました。
コメント

ハンギング教室

2013年10月26日 | 季節の話題や身近な出来事など
 台風27号は、日本の南の海上を進んだため、峰の原高原に直接的な影響はありませんでしたが、昨日の夜から降り始めた激しい雨は60mmを超え、かなりまとまった量になりました。また、昨日は南風で15℃あった気温が、台風一過の北風と共に、現在、4℃まで下がっています。
 さて、現在、峰の原高原では、地域の案内看板を新しくする事業が進んでいます。新しい看板には、ハンギング・バスケット用のポールを取り付ける予定で、その講習会を「ガーデン・ソイル」さんで開きました。


↑新しい案内看板の設計図。今までは木製でしたが、新しいのは
鉄とアルミ製で、これまでより大きく、しっかりした作りです。


↑現在、着々と支柱の設置工事が進んでいます。完成は11月中旬になりそうです↓



↑案内看板に吊るすハンギングの資材も、ソイルさんで購入。


↑ハンギング・バスケットは全部で14個。講習会には、地域の代表者が集まりました。


↑来年の春用の寄せ植えなので、パンジー、チューリップ、アイビー、イチゴなどを植え込みました↓









↑こんな感じでハンギング・バスケットの完成です!
コメント

秋色のガーデン

2013年10月25日 | Today's garden
 台風の接近で南風が吹き込んでいる影響で、今朝は11℃という、この季節にしては、とても暖かい朝でした。日中は曇り空で、時々、小雨が舞う程度でしたが、このブログを書いている最中に、強い雨が降り始めました。


↑秋色に包まれたガーデンストーリー。


↑木々や草花だけでなく、芝生も黄色くなりました。




↑手前から、緑、赤、黄色と、きれいに色分けされています。


↑白樺に囲まれた、道路へとつながるスロープ。一輪車が通れるよう、階段を設けていません。


↑まだ暖かいので、メアリーローズもきれいに咲いています。


↑ウッドデッキから見たバックヤード・ガーデン。






↑シュウメイギクなど、まだ咲いている花や、種を落としていない花を
除いて、宿根草やハーブなど、本格的な刈り込みを始めました。






↑キッチン・ガーデンは、ほぼ片付けが終了しました。

コメント

秋本番

2013年10月24日 | 風景写真
 ペンション村の紅葉が見頃を迎えたので、今朝は、いつものコンデジではなく、一眼レフを持って、ルーシーの朝の散歩に行ってきました。


↑例年より1週間以上遅れて、紅葉のピークになりました。


↑台風による落葉や、10月に入ってからの高温で、色づき具合を心配していましたが、
この秋も、はっと驚くほど、きれいな紅葉を目にすることができました(^^)


↑白樺は、色づく前に、だいぶ葉が落ちてしまいました。




↑今朝は、スキー場まで行ったので、いつもより長い散歩です。




↑峰の原高原の紅葉は、ほとんど赤がなく、黄色一色に染まるのが特徴です。




↑眼下の山肌も色づき始めています。


↑スキー場のリフト。








↑週末の台風27号で、葉が一気に落ちたり、色が茶色くならないか心配です…
コメント

Today's garden

2013年10月23日 | Today's garden
 今朝も冷え込みはありませんでしたが、日中は11℃までしか上がらず、朝と昼の寒暖差が少ない一日でした。


↑曇り空の一日でしたが、南風だったので、寒くありませんでした。


↑レンゲツツジやカエデが赤く染まりました。




↑ダリアの中で、一番元気なティキポイント。


↑シュウメイギクも、まだ、きれいに咲いています。


↑バックヤード・ガーデンの紅葉。




↑カエデが色づき始めました↓



↑白からピンクに変わりつつあるミナヅキ。


↑そろそろ、本格的に、宿根草やハーブを刈り込む時期が近づいています。
コメント

紅葉のゴルフコース

2013年10月22日 | 風景写真
 峰の原高原に、本格的な紅葉の季節がやってきました。今年は、10月前半が暖かかった影響で、例年より1週間以上、遅い紅葉です。今日は、ペンション村のすぐ上にある「菅平グリーンゴルフ」で、秋色に染まったゴルフ場の写真を撮ってみました。


↑朝は、眼下に雲海が広がっていました。さすが、標高日本一のゴルフ場です。


↑登りのパー5、No.14ホールのグリーンから、フェアウェイを望む。


↑ゴルフ場は地面がきれいな緑で覆われているので、木々の紅葉が映えます。


↑菅平グリーンゴルフは、根子岳の中腹に位置します。写真はNo.3、ショートホール。


↑ミズナラの黄色と、空の青のコントラストがきれいです。


↑ミドルホール、No.11のグリーンから。




↑ゴルフ場の北斜面は、とても急な傾斜になっています。


↑No.2、ミドルホールから、インコース方面を望む。






↑一見、夏のような空です。




↑赤い灌木は、自生種のレンゲツツジ。


↑ミドルホール、No.5のグリーン脇に、珍しく、赤く染まったミズナラがありました。
コメント