高原の庭物語

ペンションガーデンストーリーのオーナーのブログ。
趣味のガーデニングを中心に、自然の中での暮らしを綴っています。

The end of February

2017年02月28日 | 風景写真
 夕方、ルーシーの散歩で、スキー場の上まで行ってきました。


↑スキー場のリフト降り場。


↑Kissing to the sun.


↑日没は5時40分ごろ。ずいぶん、日が長くなってきました。




↑北アルプスが、もっときれいに見えるかと期待していたのですが、今日はちょっと霞んでいました。


↑The sun is going down on Lucy.


↑明日も晴れの予報です(^^)
コメント

A silent morning

2017年02月27日 | ルーシー
 依然として厳しい寒さですが、朝起きて雪かきがなく、さらに空が青いとほっとします。


↑朝の散歩は-10℃の世界。


↑ちょっと、凛々しく?




↑青空に映える白樺の霧氷↓



↑今朝は、常緑樹の松の木も真っ白。










↑雪に閉ざされた公園。
コメント

庭の記憶

2017年02月26日 | Today's garden
 2月が終わりに近づき、日中の日差しは少しずつ強くなってきていますが、昨日は-18.9℃、今朝は-16.3℃と、以前として厳しい冷え込みが続いています。まだまだ春は遠いので、雪深い今日の庭と、花が咲く昨年の庭を、写真で見比べてみることにしました。


































コメント

白い風景、再び

2017年02月24日 | 風景写真
 昨日の9℃から一転、今日の最高気温は-5℃。一日で14℃も下がり、真冬の寒さが戻ってきました。そして、この寒さと共に、真っ白な風景も戻ってきました。


↑枝に付いた水蒸気が凍って霧氷になり、木々は真っ白。


↑雨で湿った雪が凍って、ルーシーなら新雪の上でも沈まなくなりました。


↑昨日は上着もセーターも脱いで除雪をしましたが、今日は北風が冷たく、凍える寒さ。


↑白樺林。




↑日中は青空が広がりました。


↑気温が低かったので、日が出ても、木々は白いまま。


↑からまつ林。


↑そして、夕暮れ時。


↑夕日に照らされる木々。




↑明日も晴れの予報です(^^)
コメント

乱高下

2017年02月23日 | 季節の話題や身近な出来事など
 青空は一日で去り、今日は再びの雨。雨が降るのは今年に入ってすでに4回目。寒さが厳しいこの時季に、こんなに頻繁に雨が降るのは珍しいことです。さらに気温の変化も激しく、昨日の-18.7℃から、今日は、今年最高の8.9℃を記録。1日で27.6℃も上がった計算です。この暖かさのせいで、おととい降った雪が、さっそく屋根から滑り落ちてしまいました(T_T)


↑今月は除雪の繰り返し。天気に翻弄されています。


↑落ちた雪を放っておくとカチコチに凍ってしまうので、その前に運び出さないといけません。


↑とりあえず、2時間ほどで、建物南側の除雪を終了。


↑歩いて屋根に乗れるので、ちょっくら屋根の上へ。


↑前から気になっていた、煙突に引っ掛かっていた雪の塊を崩しました。


↑屋根から見たフロントガーデン。


↑ちなみに、これは昨年の8月に写した庭の様子。


↑気になっていたと言えば、ガーデンシェッドの屋根の雪も気になっていました。


↑雪は水分を含むとどんどん重くなるので、こちらも下ろしておきました。


↑ついでに、棚が壊れる前に掘り出しておこうと思ったら、すでに壊れた後でした。雪が
融ける時の破壊力はすさまじく、分厚い金属製のL字金具が2本とも折れていました(T_T)


↑お昼からは、建物北側の除雪。再び、雪と屋根がつながってしまっていました。


↑こちらも2時間以上、除雪作業を続けました。


↑Before & after↓

↑今後しばらくは、雪が降らないことを祈るばかりです。
コメント (2)

朝の散歩

2017年02月22日 | ルーシー
 今朝は新たな積雪もなく、屋根からの落雪もなく、お天気も良く、かなりほっとしながら(あー、やれやれ)、ルーシーの朝の散歩に行ってきました。


↑少し丘を登ると、北アルプスが迎えてくれました(^^)




↑今朝は-18.7℃。全国の観測地点で7番目に低い気温。


↑散歩の途中、根子岳の尾根から朝日が昇り始めました。


↑ルーシーの遥か後ろに、長野市街地と戸隠連峰。


↑今朝は霧氷がきれいでした。






↑子供を保育園に送った帰り道、運転しながら撮った一枚。
コメント

Snowed, again!

2017年02月21日 | 季節の話題や身近な出来事など
 昨日は4.5℃まで上がって雨模様でしたが、今日は一転、真冬の寒さ。最高気温は-6.5℃止まりで、再び、雪に見舞われました。これで4日連続の除雪。しかも今日は、作業に5時間ほど掛かりました。


↑朝は吹雪。もう雪はいらないのに、ため息が出てしまいます…


↑かまくらの出入り口。昨夜の天気予報では「菅平周辺の積雪は15cm程度」と言っていたのですが、実際には、この積雪です。


↑夜通し風が強く、冬の嵐。


↑玄関から道路に出るだけで一苦労。


↑私が除雪した後を、トボトボ付いてくるルーシー。


↑とりあえず、ルーシーの散歩へ。


↑駐車場の雪かきをしていると、朝8時頃になって、ようやく除雪車がやってきました。


↑吹き溜まった雪は重く、気合いを入れて投げないと、また足元まで転がり落ちてきます…(^^;


↑昨日まであった通路は、完全に雪で埋まってしまいました(T_T)


↑それでも、休憩を取りながら、少しずつ除雪を進めます。


↑お昼からは、屋根の下の除雪↓



↑続いて、建物の反対側。


↑例年だと、この雪の山をある程度崩しておくのですが、この冬は、これが
精いっぱい。その場しのぎを続けながら、春を待つしかありません…


↑夕方、子供を保育園に迎えに行く頃、ようやく青空が見えてきました。
コメント

雪国の子供たち

2017年02月20日 | 季節の話題や身近な出来事など
 息子が通っている保育園では、冬の間、週に3回ほどの割り合いでスキーをします。普段は、平らな園庭でスキーを履いて走り回るだけですが、交代で保護者が同伴して、スキー場まで行く日もあります。今日は、私がその担当日。子供たちと、スキーを楽しんできました。


↑雪に囲まれた保育園。


↑なんと保育園に、子供たちのスキー置き場があります。


↑スキー場に向けて出発! 歩いて300mほどの所にスキー場があります。


↑準備運動のあと、元気よく、ゲレンデに飛び出す子供たち。


↑どうやって滑るかは、担当の保護者に託されます。ほとんどの保護者が、スキー学校で働いていたり、
かつてはスキーの選手だったりするので、子供たちにスキーを教えるのに問題ありません。今日は、
クラウチングスタイルを練習。姿勢の取り方を教えた後、真っすぐに滑る練習から始めました。


↑2本のスキー板を揃えて滑れるようになったら、アーチを左右に振って、クラウチングのままでターンを
練習。普段、園庭で走り回っているだけあって、子供たちは、スケーティングで、すぐに登ってきます。


↑うちの息子。最初はスキー板がハの字で、後傾気味でしたが…


↑段々、スキー板が揃ってきて、格好も様になってきました(^^)


↑スキー場には、有料のキッズパークもあって、動く歩道が完備されています↓



↑慣れてきた子供たちは、つながって滑ったりして、思い思いに楽しんでいました(^^) 保育園での
子供たちの様子をじっくり見たのは、今回が初めて。行動が早い子、慎重な子、しっかりした子、
人懐っこい子… それぞれの個性と成長を見ることができて、私にとっても楽しいひと時でした。


↑2時間のスキーを終えて、ゲレンデをあとにします。


↑みんな、無事に帰園。再来月からは、いよいよ小学生。学校に上がれば、本格的にスキーの授業が始まります。
コメント

除雪に追われる日々

2017年02月19日 | 季節の話題や身近な出来事など
 金曜日の雨で屋根から落ちた雪を、2日掛かりで片付けたばかりだったのですが…


↑昨日の夜から今朝にかけて、再び20cmほどの積雪がありました。


↑そして、積もったばかりの屋根の雪が、昼前、さっそく落ちてしまいました(T_T)


↑昨日、きれいにしたばかりだったのに…


↑仕方なく、3日連続の除雪作業。


↑ガーデンシェッドは、半分ほど雪に埋まっています。


↑どんどん遠くなる雪捨て場。


↑ルーシーが2匹。


↑建物裏への通路の途中にできた雪の階段。本来、ここは平らな場所です。


↑ここも本来は平らですが、この冬の大雪で、この有り様。
コメント

The lessons in English

2017年02月17日 | 季節の話題や身近な出来事など
 予報通り、晴れ→曇り→雨→雪…と、目まぐるしく天気が変わった一日。関東では春一番が吹いたそうですが、菅平高原も風が強く、お昼からは雨が降り始めました。そんな悪天候の中、東京から来た大学生とスキーを滑ってきました。


↑スキー教室を前に、総勢160名の生徒さんが記念撮影。留学生が中心の、サークルのスキー教室です。


↑ほとんどの留学生は日本語OKですが、中には、あまり日本語が話せない学生さんがいて、
私は、その生徒さんたちを担当して、英語でのレッスン。今年で、4年目になります。


↑日本の大学に通っているのに、なぜ、日本語が上手でないかというと、
全ての授業が英語で行われるため、日本語を勉強する必要がないそうです。


↑私が担当した生徒さんたちは、雪が降らない国から来た人がほとんど。本当なら、なだらかな
ダボスエリアでレッスンをしたかったのですが、強風のため、リフトが止まってしまいました。


↑仕方なく、太郎山エリアでレッスン。


↑表太郎ゲレンデのトリプルリフト。風の影響を受けにくい場所に架かっています。


↑裏太郎ゲレンデに架かる、高速クワッドリフト。


↑クワッドリフトの乗り場にある、猫バスのかまくら。
コメント